FC2ブログ
02月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫03月

M先生とのこと7 納涼床2

2017.02.20 (Mon)


少し早目にホテルに着くと、予約してあった納涼床に案内されましたが、
近くにいる男の人たちの横を歩くとき、なんだか、視線感じて、恥ずかしかったんです。

裾が乱れないように、腰を下ろすと、
夕暮れの川面に、何かしら啄んでいる、数羽のアオサギが見え、
お昼は暑いほどの気候だったのに、
少し早いと思えた納涼床に、涼しげな風が吹き抜けてました。

room01 (1)

「早かったんだね」

暫くすると、先生、ひとりで来られて、隣に座られましたが、
なんだか、良い匂いがしました。
衝立があったからでしょうか、先生、人目を気にしないで、
私の、太股に、手のひらを乗せられたんです。

「約束、守ってるよね」

私、少しだけ慌てましたが、小さく頷いたんです。
そんな私の応えに、先生、嬉しそうにされて、
浴衣の裾から、手を忍ばせるようにしたんです。

「先生!」って、私、小さな声。
前は河原だし、衝立のお陰で人目の心配はないけど、
後ろにあるホテルのお部屋からは、偶然、覗かれているかもしれないわ。

s_0058.jpg

先生に、そうされたこと、本当は嬉しかったけど、
やっぱり、ここでは困るわ。

「すいません、遅くなりました」

暫くすると、先輩たちが揃って来られました。
先生から言われて、皆、浴衣姿、それぞれの柄、いいですね。

「まぁ、順子の浴衣、良いわね、それに、髪飾りも素敵だわ」
「本当、柄も可愛いし、順子にぴったりだけど、
 でも、おっぱい大きいのって、こんなとき、困るのね」

4d8e12c6a.jpg

その言葉に、皆の視線が、私の胸元に注がれたのわかりました。

着物用のブラ、叔母さん、用意してくれてたけど、
先生の約束を守って、素肌に浴衣、着てきたんです。

やっぱり、ブラ着けてる時と違って、こころもとないし、
ふくらみ、ちょっと、隠せなくて。
紺色の柄だったから、良かったけど、
その時、もう、着物に擦られて、乳首、少しずつ、膨らんできてたんですよ。

oppai_5297-078s.jpg

運ばれてきたお料理、
はもつくしや、湯葉、そして、鮎。

02540-25263-pc.jpg

男性の先輩方には、ちょっと、ボリューム不足だったかもしれませんが、
やっぱり、美味しかったですよ。
日頃は、とても食べられないお料理、喜んで頂きました。

今度行く、山陰のこと、先生、お話されました。
石見銀山や柿本人麻呂、そして、万葉集のことなど、
難しくなりそうなお話でしたが、
私たちが旅行を楽しみにするように、上手に、説明していただいたんです。

いつものように、お酒、随分と飲まれていました。
お強いから、醜態さらさるようなこと、ないんですけど、
それに、楽しいお酒だから、皆も、一緒に盛り上がったんですよ。

夕闇が広がり、すっかりと夜が川面を流れ始めたころ、
楽しかった宴の会、散会になりました。

先輩方は、もう少し、どこかで飲まれるとのこと、
随分と誘われたんですが、
私は、ひとり、そのまま帰ることにして、ホテルの前で、皆とお別れしたんです。

4567315af443c-6b55-49f8-ac54-331917051240_m.jpg



関連記事
15:45  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

M先生とのこと7 納涼床

2017.02.17 (Fri)


「納涼床にでも、行こうか」
そう、先生が言われ、コーヒーカップに口を付けられました。

先生のテーブル越しに座っていた先輩、

「いいですね、って、高いから、我々学生にはちょっと無理かなぁ」
「いいよ、出してあげるから、山陰に行くメンバーに、声、掛けてくれないか」
「ええっ、いいんですか。そりゃあ、断る奴なんていないですよ ねぇ」

本当に嬉しそうな笑顔の先輩、私の方に、端正な顔、向けたんです。
教授室で、島根への旅行の打ち合わせをしている時のことでした。

納涼床、京都の夏の光景として、有名ですよね。
私も、叔父さんたちに連れられて、時々、行ってました。

room01 (1)

鴨川沿いのホテルの前に造られた納涼床、
夕刻、川面からの涼しい風に吹かれて、美味しい京料理をいただきます。

でも、先輩が言ったように、ちょっと、お値段が。
学生には、敷居が高いですよね。
先輩、皆に連絡してくれて、週末に行くことになったんですよ。

02540-25263-pc.jpg

あぁ、それから、先生のご希望で、皆、浴衣で来るようにってご命令でした。
奢ってもらうんだから、仕方がないわね。
でも、皆と違って、私、下着を着けないで行くのかしら、
やだぁ、心配だわ。

009117.jpg

浴衣、叔母さんに連絡すると、取りにくるようにって。
昔、ミスなんとかに選ばれたことがある叔母さん、
私と同じくらいの身長で、着物、よく借りてたんです。

「順ちゃんは色が白いから、濃いめのが良いわね」

って、朝顔の柄の紺色の浴衣、黄色の帯を用意してくれてました。
良かったわ、もし、白地で透けたりすると、下着、付てないの、わかっちゃうから。

「簡単でいいから髪は上げるのよ、それから、髪飾りもつけなさい」

昔から、叔母さん、着物にはうるさくて、
お陰で私、振袖なんかも、自分で着付けできるようになりました。



シャワーを浴びて、浴衣、着ました。
姿見に映る、裸の私。
白い肌、括れた腰、そして、豊かな乳房。
自分でも言うのもおかしいけど、綺麗だと思えました。

oppai_5297-037s.jpg

先生が、少しでも私のこと振り向いてくれるように、もっと、もっと、素敵になりたい。
たわわな乳房、組んだ両手でそっと持ち上げると、そんなこと、思ったんです。
下着、随分と迷ったんですが、先生から言われてるようにしました。

叔母さん、着物用の下着も、準備してくれてたんですけど。

関連記事
16:46  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

Eカップ

2017.02.15 (Wed)



最近は、雪が多くて、外出できていなかったので、
今日は、葵さんと、桐子さんとで、
お買い物プラスランチに行くことになりました。
春物は、一度買っていましたが、その他のものと、下着を買う予定だったんです。

8c733b97.jpg

北海道旅行から帰って来てから、数日した夜、
ちょっと、寒かったので、隣のパパのベッドに潜り込みました。

スプーンが重なり合うようにして、パパの温かさ背中に感じてたんですけど、
パジャマの前のボタンを二つ外したパパの手のひら、
胸元に滑り込んでくると、上手に、フロントのホック、外したのでした。

f9c06e64dfa93201560b0b067bcd42aa-630x407.jpg

あぁ、良い気持ち、感じちゃうわ。
ゆっくりと、乳房を揉んでくれるパパの手のひらに、自分の手を重ねて、
微かな声、漏らしました。

「また、おっきくなったんじゃないの」
「そうかしら」
「僕には、うれしいばっかりだけど」

結婚する前、私と一緒になってくれる理由を聞いた時、
「たわわなおっぱいと、華のような笑顔」って言ってくれたパパ。
恥ずかしかったけど、嬉しかったこと、覚えています。

01122.jpg

「そういえば最近、ブラ、少し、きつくなったかなぁって、おもうことあるわ。
 それとも、張りがなくなったのかしら」
「そんなことないよ、前と同じみたいに、ぴちぴちだよ」

バストサイズは、88㎝ カップはDカップだけど、
大好きなパパに、いつも、愛してもらって、確かに、少し、おっきくなったのかもしれませんね。

中学の初めのころから、自分でも驚くほど、どんどんとおっきくなっていったバスト。

jj159.jpg

高校時代は、口の悪い親友が、初めての人に私を紹介するとき、
「おっきなおっぱいの、順子でーす」
なんて、言ってたし、
学校でも、街中でも、男の人の嫌らしい視線が、
自分の胸元のふくらみに痛いほど注がれること、意識していました。
それって、嫌じゃなかったけど、
やっぱり、恥ずかしかったですね。

と、言うことで、春物のセーターとか買い込んだ後、
ランジェリーショップに行くことにしたんです。

1792300501.jpg

お店の方に、カップのサイズのこと、訊ねると、
計ってみましょうねって、広い試着室に案内されました。

コートはハンガーに掛けていただいて、セーターを脱いだんですけど、
素肌の方が、しっかり測れますよって言われて、
ブラを外すと、たわわな乳房がこぼれ出ました。
綺麗な女性の方だったんですけど、やっぱり、ちょっと、恥ずかしかったですね。

b9f70468-s.jpg

「まぁ、綺麗なバストですね。女性の私でも、惚れ惚れしちゃいますよ。
 大きいのに、しっかりと張りもあって。だんな様、お幸せですね。ふふ」

上半身を前に倒して、乳房が下がった状態で測るんですね。
今度、初めて知りました。
今まで、適当だったんだぁって、そう、思いましたよ。

店員の方の手のひらが、乳房を揉むように持ち上げたり、
何度も測りなおす度に、特別に柔らかなメジャーに擦られて、
乳首、固く尖ってしまいました。
暖房の効いた試着室の中で、同性とはいえ、裸同然の身体を撫ぜられるように触られ、
なんだか、ぼおぉってしてしまいそうで。

「じゃぁ、この中から、いくつか、着けてみてくださいね」

そう言うと、横のラックに置いてあった何種類のブラから、
サンプルを手に取って、手渡してくれたんです。

Kamimado_002080_1.jpg

あぁ、今までのものより、随分と楽な気がするわ。
そう、言ってみると、彼女、ブラの中に手のひらを、そっと滑り込ませ、
下から乳房、ゆっくりと、持ち上げたのです。

カップの中に、ふくらみ、ちゃんと入ってるかどうか、調整してたんでしょうね。
何着か、着けなおす度に、彼女の温かな手のひらに乳房、揉まれるように持ち上げられ、
固くなっていた乳首が摩られていました。
恥ずかしいけど、どうかしたら、桃色の吐息が漏れそうで、私、慌ててたんです。

5a7009ed326bd97687a3e4c91d6786a3.jpg

「奥様、カップのサイズ、やっぱり、ひとつ大きくされた方がいいみたいですね」

試着室から出で、ナイトウエアを見ていた桐子さんたちのところに行くと、
いくつかのブラ、ケースの上に並べ終えた店員の方に、そう、説明してもらいました。

「まぁ、順子、また、おっぱい、おっきくなったの」
「だんな様に、愛されて、どんどん、おっきくなっちゃうのね」
「確か、今までDカップだったでしょ、これって、Eカップ?」
「おとなしそうな顔してるのに、裸の身体は、いやらしい巨乳なんだから。
 本当、順子には、かなわないわ」

二人に、恥ずかしいこと言われながら、
ケースの上に並べられた素敵なブラ、眺めていました。
Eカップ! やっぱり、恥ずかしいわ。

でも、Eカップになったこと、パパが一番、喜んでくれるかしら。
「Eカップので、挟んでくれよ」って、おねだりされるかも、しれませんね。

pa64.jpg

関連記事
09:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
PREV  | HOME |  NEXT