FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

みどりさんの彼と3

2018.01.22 (Mon)


パーテイー、お開きになって、後片付け。
思ったより早く終わったんですけど、みどりさん、ベンチから立てなくなってました。
珍しいからって飲んでた、バーボンっていうお酒がいけなかったのかもしれませんね。

dc052026バーボンチョコ


今夜は、みどりさんのところに泊まらせてもらう予定だったので、
一緒に帰ろうとしたんですけど、彼女の脚がふらついてとても無理。
当たり前のように、みどりさんの彼に、一緒に連れて行ってもらうことになったんです。

みどりさんの実家は大阪だから、通えないこともないのに、
学生には贅沢な3DKのマンション。

033_外観(夜)_Y_535


彼と私とで、抱きかかえるようにして、部屋に運び込むと、
ベッドに寝かせました。

彼が部屋から出て行くのを見計らって、
みどりさん、身体締め付けてるときついだろうと思い、
ブラ外して、パジャマに、着替えさせてあげたんですよ。

4b528ee6-s.jpg


彼もいるから、私、一息ついたら帰ろうとも思いましたが、
みどりさん、隣の部屋に、私が泊まる準備してくれているからって、
彼がそう言うから、シャワー浴びることにしたんです。

脱衣場で裸になると、
バスルームで細いシャワーの飛沫を身体に浴びました。

012123.jpg


バーベキュー会場でいたずらされて、
なんだか潤ってしまっていた身体に、シャワーのお湯、気持ち良かったのに、
かちって音がして、ドアが開いたんです。

きゃって、声が出ました。
だって、何も身に着けていない、裸の彼が入ってきたんですもん。

両手で、胸を隠しましたよ。
けれど、隠しきれないふくらみと乳首、彼に見られたのは明らかでした。
それに、彼の身体から突き出た男の人のもの、
おへそに付くくらい、おっきくして跳ね動いていたんです。

04020160-s.jpg


「すぐに済ますから」って、彼、私のこと、抱き寄せると、
太腿に、驚く程熱い彼のものが触れて、私、震えました。

親友と言ってもいいほど仲の良いみどりさんの彼、
その彼と、こんなして裸の身体を寄せ合っているなんて、
絶対に、駄目だって思うのは、当然ですよね。
なのに、彼、私の片方の脚の裏を、バスタブの縁に乗せると、
腰、押し付けてきたんです。

開いた太ももの付け根に、
彼の男の人のものの先が、あてがわれたことがわかりました。

私、髪を激しく揺らして、彼の胸に当てた両手に力を入れて抵抗したのに、
あぁ、私の身体、彼の熱いもの、
一気に身体の奥にまで、迎え入れてしまっていたのです。

020109.jpg


男の人のもの、奥にまで届いたことが知らされた私、
仰け反って顔を上げたところに、彼のくちびるが重なってきて、
探し出された舌を吸われたのです。

01313.jpg


「なんて、絞まるんだ」
そう、唸るように言った彼の腰が、乱暴に振られました。
潤いが足りないだろうと思ったのに、
私の身体、彼のものをもっと奥にまで誘うように、おびただしい蜜液を滴らせていたんです。

ごめんなさい、みどりさん。
私のいけないのよ、彼のこと、もっと、しっかりと拒めなかったから。
胸を揉まれながら、唾液を吸われながら、
私、彼の首に両手を回して、されるがままに、抱かれ続けられたのでした。

「駄目だ!」
そう、小さく言うと、彼、それまで以上に、強く腰を押し付けてきました。
彼のおもむくままに、身体の奥に男の人のもの、注がれることがわかると、
私、思わず、彼の逞しい腰に両手を当て、
その液を迎えるために、嫌らしく腰を動かしていたんです。

頭の中が真っ白になるような悦びを感じ、
それまで以上に、私の身体の中で膨らんだ、彼の男の人のものが何度も跳ね、
おびただしく温かいものが、奥の肉壁に注がれたことが分かったのです。

名残惜しそうに、私の中で脈付きながら動き続けている彼のもの、
その動きに誘われるようにして、
彼のものを咥えこんでヒクついている私の秘唇から、
温かい男の人の液が、少しずつ滴ろうとしていました。


関連記事
15:12  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

みどりさんの彼と2

2018.01.17 (Wed)


99c754fd.jpg


宴もたけなわ。
私、酔いを醒ましに、バーベキューハウスの裏手にある、
林の入り口のベンチにひとりで行ったんですけど、
あら、みどりさんと彼、座ってるの見つけたんです。

丁度そこに、アメリカンフットボール部の、キャプテンが来たんですよ。

「あいつら、いちゃいちゃして、君もここ、座ったら」
って、手を引かれて、ベンチに座らせられました。
皆がいるところからは、いくらかの木立が、丁度、陰になっていました。

やだぁ、みどりさんたち、
だって、座ったまま抱き合って、キスしてたんですよ。
二つ離れたベンチでの、二人の様子を見て、
恥ずかしそうにしている私の腰を、その先輩の手が引き寄せたんです。

「僕たちも、ねっ」って。
えっ!って、驚きました。会ってまだ、ほんの僅かなのに、
慌てていた私の首筋の髪を分けるようにして、彼、耳元にくちびるを寄せてきたんです。

ぞくってする感覚が、身体を走りました。
そして、いやいやってする私の顔を少し強引に振り向かせると、
乾いたくちびるに、自分のもの重ねると、
熱い舌先で私のくちびるを分け、唾液に濡れた舌を滑り込ませてきたんです。

kiss1.jpg


やっぱり、酔っていたんでしょうね。
思いもかけないことだったのに、一瞬で、頭の中に霧がかかるようにぼぉってなって、
私、彼のするがままに舌を吸われてました。

呼吸が細い喘ぎ声に変わり始めると、
待っていたかのように、彼の大きな手が、私の胸に被さってきて、
ゆっくりとそのふくらみを揉み始めたんです。

1222 (2)


「おっきいんだね」
そう言うと、ポロシャツの下から手を滑り込ませ、背中のホックと上手に外したんです。

もちろん、抗いましたよ。
数メートル離れているとはいえ、近くにみどりさんたちがいるし、
皆の笑い声さえ、聞こえてるんですもの。

でも、あっと言う間に、彼の手のひら、
私の素肌の乳房に被い被さってくると、すぐに乳首を探し出して摘み上げ、
私に、甘い声あげさせたんです。

650f9994-s.jpg


抱き締められ、舌を絡ませ合い、ゆっくりと乳房を揉まれ、
木立から漏れ射す、淡い月の光に包まれながら、
自分の身体がとろけるようになっていくのがわかりました。

さっき、始めて会った男の人だというのに、
自分ながら、ふしだらだったと思います。

e523568a-s.jpg


ハウスの方から、彼のこと、呼ぶ声が聞こえました。
やっと、私の身体を離してくれた彼、
「経験、あるの?」
やっと、離してくれた私のくちびるからは、まだ、治まらない喘ぎが漏れていました。
何も応えない私を見て、どう思ったのでしょうね。

「また、逢えるよね。今度はゆっくり」って、
彼、もう一度、当たり前のように、くちびるを重ねると、
身体を離してくれたんです。

彼の肩口の向こうに、薄らとした朧月が見えたのを覚えています。

outside27.jpg




関連記事
16:14  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

みどりさんの彼と

2018.01.12 (Fri)


ここ数日、冬に戻ったような寒さで、震えちゃいますね。
最近は暖かかったから、気温に能天気な私も、ちょっと、大変です。
でも、これからは、春に向かって、暖かくなるんでしょうね。
(これ、書いているの、4月10日です)

そういえば、あの人との出来事も、こんな季節でした。

c3737040-s.jpg


「ねぇ、彼のサークルの新歓のお手伝い頼まれたの、順子も一緒に行ってくれないかしら」
って、同じクラスのみどりさんから言われたのは、
大学二年生の春の頃でした。

高校時代から同じ学校で、ずば抜けてお勉強のできたみどりさん。
京都の国立大学を受験したけど、残念ながら届かなくて、
今は、同じクラスの友人として、親しくしていました。
当然、学科で首席の成績で、私、とてもかなわなかったんですけど。

ba9e0301-s.jpg

彼っていうのは、その京都の国立大学の学生さん。
アメリカンフットボール部の副キャプテンなんです。
丁度、その日空いていた私、参加することにしたんですよ。

皆さん大学で練習した後、バーベキュー施設での、新入部員歓迎コンパ。
早めに行ってお料理の準備。
あら、私たちみたいな、他の大学の女子学生も多くて、びっくり。
アメリカンフットボールって、よくわからないけど、
女子学生のファン、結構、多いんですね。

admin_824de2ff4a543a2e7b13c7c700003c30_1352707334_.jpg


それに、部員の皆さん、おっきな人ばっかり、
アメリカンフットボールの選手って、
本場のアメリカの学生さん、2m・100Kgって、
それほど、珍しくはないそうですよ。

kbqTY4KzgvGYcvip.jpg


みどりさんの彼の音頭で乾杯、楽しいバーベキュー始まったんです。
お肉を焼いたり、皆さんに飲み物持っていったり、
みどりさんたちと、お手伝いしながら、もちろん、バーベキュー楽しみましたよ。

皆で食べるお肉、やっぱり、美味しかったですね。
それに、男子学生さんたち、珍しそうに私たちのとこに来て、
「へぇ、綺麗な子だね どこの学生? 何年生? 」って、
未成年なのに、何杯もビール、注がれたし、
みどりさんの友達ってこと分かると、
それまで以上に、親しげに話しかけてもらったんです。

でも、私の顔を見た後、その人達の視線、
ポロシャツの胸元を持ち上げるように突き出た、私の胸にそそがれているの、
痛いほどわかりました。
やだぁ、恥ずかしいわ。
でも、仕方ないですよね、男の子って、皆、おっぱい、大好きだから。

0771-600x856.jpg



関連記事
15:25  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(1)
PREV  | HOME |  NEXT