FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

金沢城公園の雪

2018.03.05 (Mon)


p1020421.jpg


さっきまで、二人で眺めていた見慣れたはずの街並みに、
ひとつ、ふたつ、白や赤いネオンが、まるで、お化粧をするように、
美しく瞬いているように映えていました。

広いベッドのシーツの上には、
何も身に着けない、二人の裸が繋がり絡み合い、
滲み出た愛液が混じり合う、絡み合う恥毛の、恥ずかしい音が聞こえるようでした。

太い男の人のものが、身体の奥で脈打ち出したのが感じられ、
その動きに誘われるようにして、
私は、悦びに向かって白い身体を仰け反らせようとしていたのです。

唸るような曇った声と、細い悲鳴のような声が混じり合うと、
同時に昇り詰めることを望んだ私の言葉に応えるようにして、
それまで以上に、硬く大きく膨らんだ男のものから、
温かいものが注がれ始めたことが感じられ、
私の身体の奥の襞が、上手に合わせるようにして、その愛してやまないもの、
絞るように包み始めていたのです。

大切な男の人の液、すっかり、自分の身体の奥に注いでもらいたかったのでしょうね。
熟れた白い腰を、繋がった男の人の腰に何度も擦り付けるの、
自分でもはっきりと分かったのでした。

無題1

私の身体の周期を見計らって、誘ってくれる夫婦での外泊。
今夜は、行きなれたモーターホテルじゃなくて、
この街でも、ひときわ目立つシティーホテルです。

pic_kv05.jpg

夜はお肉だからって、ランチはオープンキッチンのビフェで頂きました。
いろいろなお料理があって、それも、色とりどり、選ぶのに困るくらい。
シェフがいらっしゃって、味も本格的でした。お薦めですよ、皆さんもどうぞ。

rest_head_fruitier_img.jpg

チェックインには少し早かったので、
ちょっと遠いし寒かったけど、久し振りに金沢城公園まで、歩いて行ってきました。
30分程かかりましたが、お腹いっぱいだから、丁度良かったですよ。

綺麗な雪景色の金沢城公園。
今年は、驚くほどの雪が降って、いろいろとたいへんだったけど、
空気さえ凛として澄み切ったこんな素敵な景色を眺めていると、
この街に生まれた幸せ、やっぱり、感じましたよ。

7cbd17a44ef7bce8952c2ea0a09fcfb1.jpg

帰りはタクシーでホテルまで戻って、チャックイン。
まだ、明るかったのに、部屋に入るなりパパ、
近くの駅を見下ろしていた私のこと、抱きしめてきたのでした。

caption.jpg

まだ、治まらない麻痺の走る身体、けだるそうに起こすと、
秘唇から、ゆっくりと抜かれ出た、大好きなパパのもの、
私、頬摺りして、お口に含みました。
時折、どくんって、名残の液、舌先に感じましたが、
唇で挟んで、残っている大切なもの、全部飲み干してしまいたかったんです。

そんなしてたらパパのもの、あらっ、最初と同じくらい、おっきく、硬くなってきました。
恥ずかしかったけど、私、パパの腰に跨ると、
指を添え、ゆっくりと自分の中に収めたんです。

あぁ、幸せ。
大好きなパパのもの、身体の奥の、そのまた奥にまで、下から突き上げられ、
これ以上はない、満たされた時間を感じていました。

sex_5795-056s.jpg

そんな身体の求めるがままに、悦びを引き寄せようと、
恥ずかしいほど腰を振り動かしながら、細い声を漏らしてました。

「すごいね、順子、誰に習ったんだ」

そんな応えられるはずもないパパからの質問、聞こえないふりして、
あえなく襲ってきた悦びの頂に、自分を任せてしまっていたのでした。

がくがくって、腰が震えました。
そして、それと同時に、私の身体が浮き上がるように突き上げられた腰に、
大好きなパパと一緒に、悦びの時を迎えられた幸せを感じていたのです。

sex_5141-039s.jpg

よく効いたエアコンのお陰で、
一時間ほど、何も身に着けないまま、二人で裸の身体を絡ませ、
ベッドの上でまどろんでいましたが、
予約していたホテルの鉄板焼きの時間があったので、
シャワーを使いましたよ。

ふらつく私を抱きしめるようにしてバスルームまで、パパ、連れて行ってくれましたが、
あぁ、ちょっと、狭いのが残念。
でも、お互いの裸の身体を絡ませ合いながら、シャワー使えたから、
良かったかもしれませんね。
だって、また、おっきくしたもの、私の頬に、擦り付けようとしたんですよ。

あぁ、良かった、硬くなってくれて、夜はまだ長いんだもン。ふふ。

1873-24s.jpg



関連記事
14:45  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

一条戻り橋6

2018.02.26 (Mon)


揺すられる身体の揺れで、ぼんやりと目を開きましたが、
それは、シーツの上に伏した自分の身体に、さっきと同じように、
あの恐ろしい男の人のもので、後ろからしっかりと繋がっていた彼の、
私の肉襞を味わうような、緩やかな動きだったのでした。

back_5252-035s.jpg

幾らもしないうちに、また、襲い掛かってきた、恐ろしいような快感。
これ以上はない力でシーツを握り締めると、
動物のような声を漏らしながら、悦びの頂に昇り詰めようとしていました。

主人のことは、こころにありませんでした。
ただ、自分の熟れ始めた女体が求めるがままに、
正直に、身体とこころを、その瞬間に委ねていたのです。

「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

24135-690x900.jpg

女将さんが言った事は嘘ではありませんでした。
彼のものを、自分の身体が、そして、こころが、
間違いなく忘れることができないように、しっかりと染め上げられたこと、
ただ、正直に納得すると、
差し迫ったような、曇った彼の声を聞かせられながら、
まっしろな頂に、昇り詰めて行ったのでした。

43aedd7b.jpg

何かしら恥ずかしいこと、叫んでいたようにも思え、
気が付くと、初夏だと言うのに、幾らか冷たく感じる清潔なシーツの上に、
横たわっていました。
けれど、軽い夏布団の掛けられた身体からは、
さっきまで身に着けていた、薄いワンピースが脱がされ、
ベッドの傍らの椅子の背もたれに、だらしなく掛けられていること、
潤んだ視線の先に見て取れました。
そして、胸元に当てた手が、恥ずかしい下着姿であることを教えてくれたのです。

部屋の隅にあったモダンなデザインの行燈から漏れる、
茜色の淡い光が、高い天井をほんのりと染め上げていました。

ゆっくりと身体を起こすと、夏布団が滑り落ちて、
下着姿の胸元に、思わず手を当てたのです。

497ccfd7.jpg

その時、音もなく敷居を滑るモダンなデザインの襖が開くと、
寛いだ部屋着の彼が、顔を覗かせました。

「あぁ、目が覚めたようだね。ちょっと、びっくりしたよ。
ソファーに寄り掛かったまま、何も言わなくなっちゃって、
そんなに飲ませてないんだけどね。どうする、泊まってく?」

滑り落ちようとした夏布団を手繰り寄せ、
夫ではない男の人に家に、泊まれることなどできないはずの人妻なのに、
私、すぐに断ることできないでいました。
それは、今しがた見た、恥ずかしい夢のせいだったのかもしれませんね。

それに、夫が京都に来るのは来週、
叔父さんは今夜と明日は、いつものように大学の宿舎だし、
大好きな夫いる人妻であるはずなのに、
そんなこと、僅かの間に巡らせている自分に驚いてもいたのです。

その夜、彼との間で、どんな時間が流れてしまったのか。
それは、ごめんなさい。
ひ・み・つ です。
ふふ。

mig.jpg

関連記事
14:37  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

一条戻り橋5

2018.02.23 (Fri)


彼の手が、優しく後ろ髪にあてられ、裸の腰が近づいてくると、
驚くほど熱い男の人のものが、
私のくちびるを押し開こうと触れてきたのがわかりました。
けれど、その先から滴る透明な液と、私の唾液に助けられているはずなのに、
彼の望むこと、とても、無理だとも思えたのです。

e1590a0e6552bf62d20b3b30569dd0a2-630x495.jpg

はしたないほど、お口を開いて、
喉の奥にまで、彼のものを含んだつもりでしたが、
それは、彼のもののすべてから比べてみれば、ほんの僅かにしか過ぎませんでした。

涙を浮かべながら、彼のゆっくりとした腰の動きのままに、
いつのまにか、彼の逞しい裸の腰を両手で引き寄せるようにして、
お口の中で、更に膨れ上がり脈を打つものに、まるで、許しを請うように、
激しい喘ぎの中で、ただ、一生懸命、舌を絡みつかせていたのです。
そして、その舌に応えるようにして、
脈打つ彼のもの、ますます、大きく太くなってくれていたのでした。

01668.jpg

このまま、彼の濃い、おびただしい精液、飲まされても良いと思いました。
いえ、そのすべてを飲ませて欲しいと、
むしろ、私の方から、そう思っていたのが、正直な気持ちだったのかもしれません。
それほど、その長大なものを知らされた私の身体と気持ちは、
もう、彼のそれの、従順な虜にさせられていることを、
しっかりと、思い知らされていたのでした。

cum_eating_4549-082s.jpg

男の人の身体と繋がり合う、最も自然な形を望まれていることが察せられ、
両方の白い太ももの内側にそっと熱い手を添えられると、
むしろ、私の方から、これ以上は無理だと思えるほど、
開いた恥ずかしい姿を、彼の前にさらし、
彼のものに合わせるように腰を浮かし、迎えるその時を、求めてしまっていたのです。

see24.jpg

その先から滴り落ちる透明な液と、
正直に身体の奥から滲み出す私の愛液の、混ざり合うような恥ずかしい音が、
二人の性器がゆっくりと擦られ合う度に、聞こえてくるようでしたが、
そんな居た堪れない時間が続くとき、とうとう我慢できないで、
腰をくねらせ、その時を求める桃色の声をあげたのは、私の方からだったのでした。

ju65s.jpg

お口を犯されたとき、自分の身体では、
とても迎えられないと思えた、恐ろしく太く長大な彼のもの、
けれど、その根元まで、一気に、
身体の一番奥の肉壁にまで、突き入れられてきました。
そして、幾らの隙間もなく、それがしっかりと届いたこと感じた瞬間、
大きく口を開き、聞こえない声を叫びながら、一瞬で、鋭い悦びに昇り詰めていたのです。

無題1

私をどうするつもりなのでしょう。
私はどうなってしまうのでしょうか。

えぐられるような腰の動きと、経験のない身体の奥を押し開くような感覚に、
何度も、何度も、悦びの頂に昇り詰めさせられていました。
胸を仰け反らせながら、声を嗄らしながら、涙を流しながら、
彼のもので、しっかりと繋がった恥ずかしい白い姿、
見せ続けていたのです。

ju65s.jpg

けれど、その重ね続く強い悦びに耐え切れなかった私、
いくらもしないうちに、とうとう、敢え無く気を失ってしまうと思った瞬間、
彼の背中越しに見上げた天井に、幾つかの眼差しが見えたような気がしました。
その光は、あぁ、一条戻り橋の下ですれ違った人から向けられた、
あの眼差しの不思議な光のようにも思えましたが、
もう、その時には、何も分からないところに、誘われていったのです。

mig.jpg

関連記事
15:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
PREV  | HOME |  NEXT