FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

M先生とのこと9 I先輩

2018.03.26 (Mon)


「部屋の鍵、開けとくんだよ」
そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

暫くして、そっと入ってきた人影。
薄暗い部屋のベッドの上、浴衣の後姿をぎゅって、抱きしめられ、
胸元に温かな手の平が忍び込んでくると、素肌の胸を被いました。

3ced830e-s.jpg

えっ、その時、すぐに気づいたんです。
先生じゃないって。

「先輩!」
「君が待ってるって、先生に言われたよ」
「そんなこと…」

慌てて振り返った私の身体、先輩もう一度強く抱きしめると、
仰け反った私に、自分のくちびるを寄せてきたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

本当に慌てたんです。
けど、先生が言われたと言われた言葉にも、ひどく乱れた自分を感じましたが、
落ち着く時間を与えてくれないままに、
先輩のくちびる、慌てた私の、可愛らしい乳首に吸い付いてきたのでした。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

「駄目ぇ」
自分の身体に広がる桃色の感覚から逃れるように、そう、言ったのに、
ころころって、先輩、私の乳首、甘噛みしながら、
片方の乳房、ちょっと乱暴に揉み上げたのでした。

「すごいおっぱいなんだね。想像してた通りだ」

乳首からくちびるを離した先輩、私の恥ずかしい姿見下ろすようにして、
両手で私の乳房、ゆっくりと揉んだのでした。

「かんにん」

でも、先輩、許してはくれなかったんです。
ベッドの上から、上質な羽毛布団が床にずれ落ち、
そして、浴衣も帯も、脱がされた、裸の私の身体。
清潔な白いシーツの上には、うっすらとしたルームライトに照らされた、
何も身に着けない、若い二人の裸体が絡み合っていたのです。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg

I先輩と身体の関係を持つこと、絶対にできないって思いました。
だって、先生とのお付き合いのことがあったし、
先輩に抱かれたことわかって、先生に嫌われたくなかったから。
でも、先生に言われたって言葉。

「君が待ってるって、先生に言われたんだよ」

混乱したままの私、それまで以上に強い力で、抱きしめられたんです。

両手を、被さってきた先輩の胸に当てて、私、抗いましたよ。
けれど、先輩の腰、私の太腿を上手に押し開いて、男の人のもの、
私の秘唇を突き始めたのでした。

首筋や頬に、そして、耳元に先輩の熱い息と、くちびるを感じると、
なんだか、良い匂いのする先輩の背中、
なぜだか両手で、引き寄せようとしてたんです。

berochu_5205-064s.jpg

息を荒げながら、私、尋ねました。

「先生、本当にそんなこと、言ったんですか」
「先生、順子ちゃんに、自分が抱かれなさいと言ってたって、そう、言ったんだよ」

その言葉のせいだったからでしょうか、
うっすらと濡れ始めてしまった私の秘唇、先輩の熱い男の人のものが、押し広げ始めました。

どうして先生が、私のこと、I先輩に抱かせようとしたのかしら、

先生とのお付き合いが始まって、数か月。
私、先生からの愛情とか、そのようなもの、期待していたわけではありませんでした。

それって、とても、無理なことだと思えたからです。
けれど、やっぱり、大好きな先生の近くで、少しでも一緒の時間を過ごしたかったし、
そのために、先生の求められるままに、先生が望まれるままに、
私を先輩に抱かせること、自分の身体を開くこと、仕方のないことのように思えたんです。



でも、そんなことを思う間もなく、
先輩のもの、身体の一番奥にまで、届いてしまったのでした。

仰け反って、か細い声、先輩に聞かせました。
思いもよらない成り行きだったけど、
そのこと、もし、本当に、先生が望んでいることだったら、
もう、仕方のないことのように諦めるしかなかったのでしょう。

若い先輩の、ちょっと、乱暴にさえ思える強い動きに、
私の身体、正直に応え、何度も悦びの声あげさせられました。

missionary_position_5262-049s.jpg

「あぁ、堪らないよ、順子ちゃんの身体」って、

先輩、そう、言ってくれましたが、そのことって、喜んでいいことなのか、
その時の私には、分かりませんでした。

そんな私の身体を充分に楽しんだのでしょうか、
それまで以上に、腰の動きが激しくなり、男の人の悦びの時が迫っていること、
察せられました。

「先生が教えてくれたよ、大丈夫なときなんでしょ」

涙で滲んだ瞼をそっと開くと、私、それだけは駄目だって思ったのに、
I先輩、私の両ひざを、乳房に付く程深く折り曲げると、強く腰押し付けてきたんです。

先輩の曇った声が聞こえたと同時に、
子宮口を押し開くように、更に奥まで挿しこまれた硬い男の人のものの先から、
温かな液、注ぎ込まれてきたのが分かりました。

141209-0056.jpg

嫌悪感さえ感じてもよかったその瞬間だったのに、
私、先輩の首筋に噛り付くと、恐ろしいような声あげるのが怖くて、
自分からくちびるをねだったのでした。

射精は、長く続きました。
そんな男の人の噴出を身体の奥に感じながら、
目の前が真っ白になるほどの強烈な頂きに、登り詰めていったのです。

先生のことも、今、自分のことを抱いている先輩のことも、
考えられませんでした。
ただ、自分の女としての若い身体が、注がれた彼の男の人の液に誘われるようにして、
正直に、昇り詰めていたのでした。

1879-11s.jpg

先輩が、私の部屋に来た時間が早かったせいでしょうか、
その後も、彼、長い時間、繋ぎ合った私の裸の身体、放してはくれませんでした。

息も絶え絶えに、肩を震わせている私の身体を、幾度も抱いた先輩。
緩やかに揺さぶられて、涙に潤んだ目の先には、
明け方に近い白んだ空が映っていたこと、今も覚えています。







関連記事
13:05  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

M先生とのこと8 松江

2018.03.22 (Thu)


思いもかけずに始まったM先生との身体の関係、
毎週、講義を受ける以外にも、先生の研究室で、そして、マンションで、
特別にお逢いする時間が、続いていました。

baa621fe791cea64485502859def163c-630x865.jpg

M先生との初めての初夏。
前に書いたように、研修旅行に連れて行ってもらうことになったんです。
系列大学で、M先生の講義を受けている学生さんたち6人と、先生と私。
山陰の、松江や石見など、先生にいろいろと教えて頂きながら、見学する予定でした。

img_12.jpg

マンションの窓際に、下半身を裸にした私を立たせると、
後ろから、自分の大きくなったもので、たっぷりと濡れた私の秘唇を押し開き、
ゆっくりと腰を押し付けてきたんです。

sex_5141-008s.jpg

「旅行、楽しみだね」
「あぁ、先生」
そう言って振り返ると、私、慌てるようにして先生のくちびる、ねだったのでした。

d666b5251d8a8dca8979d52ce1105dfa-630x521.jpg

こんなことしてていいのかしら。
大学の友人や、サークルの仲間にも、
先生とのこと、悟られないようにして、過ごしてましたが、
自分自身が、そんな関係に翻弄されていること、
やっぱり、いたたまれない気でいたの、正直な気持ちだったんですよ。

けれど、今だって、こうして、下から突き上げるように腰を押し付けられ、
身体の奥に、先生のものが届くと、私、目の前の手すりに両手を置き、
もっと、深くまで入れてもらえるように太ももを開き、
腰、揺らしてしまってたのでした。

02176.jpg

離れられないわ、忘れられないわ、先生のこと、先生の身体。
女として、自分の身体が、どうしようもなく、先生のものを求めていること、
仕方のないことのように思え、諦めたようにして、
恥ずかしい桃色の声、漏らし続けていたのでした。

研修旅行のこと


電車が松江駅に付くと、I先輩、市内を遊覧するという観光バスの停留所に皆を案内して、
そのバスが、松江市内を循環する途中で、
今夜のホテル前に停まるんだって説明してくれたんです。
赤色のレトロ調の可愛らしいバス、座席も窓も広くて、まぁ、素敵だわ。

20121026055901.jpg

大きな川を渡ると、よく磨かれた窓の外に、
お城やその周りのお堀、武家屋敷などを見ることができました。
松江の街は、家族で数回来たことがありましたが、今回はやっぱり、時別な気がします。

バスの一番後ろに席に、並んで座っている先生から、
皆に分からないように、そっと、手を握られると、
今夜のことを約束させられたように思えて、俯くしかなかったのでした。

img_23.jpg

夕食は宍道湖七珍といわれる、松江のお料理。
明日からの見学地のお話をしながら、皆で、美味しくいただきました。
スズキの奉書焼きやシラウオ、珍しくて美味しかったこと、覚えています。

03_04.jpg

先輩方は、二人部屋。
私は、個室を予約していただいてました。
大学が違うから、私が気を遣うだろうからって、I先輩、配慮してくれてたんですよ。
先生は、もちろん、グレードの高い個室です。

食事が終わってから、先輩方は夜の宍道湖の湖畔を散歩するってお出かけ。
私は、自分の部屋に帰りました。
目の前に、暗い宍道湖の水面と、遠くに嫁が島のうっすらとした影が幾らか見えて、
とても素敵でしたが、

「部屋の鍵、開けとくんだよ」

そんな先生の言葉思い出すと、ベッドに横たわり、私、そっと、目を閉じたのでした。

523c7faa22ad343828458643a4f5b48c.jpg





関連記事
13:37  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

香林坊での街ブラ

2018.03.13 (Tue)


「奥様の髪、本当にお綺麗、しっとりと艶があって」
ハサミを持ったスタッフの方にそう言われて、嬉しかったですよ。
今日は、里子さんと香林坊のビューテイサロンに、カットとケアに来てます。

08104550_4793.jpg

「そうでしょ、髪だけじゃなくて、毎週エステにも通ってるから、かなわないわ」
「あぁ、やっぱり、そうなんですね、肌も白くて」
「透けるようなもち肌にEカップ、そして、くびれた腰、女の私だってほれぼれするわ」
「旦那様、お幸せですよね、素敵な奥様のこと、独り占めなんだから」

そんなスタッフの方の言葉に、
鏡に映った里子さんの意味ありげな微笑み。

言われた「透けるようなもち肌にEカップ、そして、くびれた腰」
本当は、主人だけのものではないこと、里子さんは知ってて、
ちょっとどきってしましたが、
そんな恥ずかしいお話、顔を伏せて聞こえない振りしたんです。

big_boobs_5312-025s.jpg

お昼は、里子さんの行きつけの、ホテルのお店でアンサンブルランチ、
いろいろなお料理が、可愛らしく少しずつお皿の上に飾ってあって、美味しかったですよ。

top_main_04-1.jpg

「ごめんなさいね、急に旅行、誘って」
「ううん、いいのよ。ハワイ久し振りだし、主人は初めてなのよ。
去年から担任がないから、年度初めも余裕がありそうなの」

里子さんの旦那さん、M先生。高校の理科の先生で、
皆でお邪魔するTさんの別荘でも、時々、ご一緒してるんです。
仕事柄でしょうか、真面目な人柄で、鳥や植物のお話してくれてます。

「一緒に行く予定だったご夫婦、都合が悪くなったみたいで」
「えぇ、知ってるわよ、Nさんたちでしょ、読ませてもらってるから」

そうなんです。
里子さんには、「バージン★ママ」私が書いてるって、知られてるんですよ。
ということは、Nさんとの恥ずかしいこと、
もちろん、里子さん、全部、知ってるってことなんです。
けれど、Nさんから、ハワイ旅行お断りの連絡があった後、
「だったら、里子さんたちを誘ってみればいい、この間のスキーにも行けなかったから」
そう、夫から言われ、すぐには返事できませんでした。

41010.jpg

今シーズンのスキー、いつもの白馬乗鞍温泉スキー場に、
いつものように、Tさん夫婦、Sさん夫婦、そして、私たち夫婦で行ってきたんですが、
いつか書くことになるかもしれませんけど、
一緒に行ったTさんから、夫にも話してないような悪戯されちゃったの、
それは仕方がないけど、
実は、里子さんと主人、身体の関係あること、私、知ってるんです。

里子さんと主人のこと、こちらからどうぞ 

sex_5741-104s.jpg

「楽しみだわ、久し振りのハワイのビーチ」
そう言って、デザートのぺテイナイフを皿に置くと、
そっと目を閉じた里子さんのこと、やっぱり、いろいろと心配してるんですよ。

去年のクリスマスの夜、主人からサプライズで言われたハワイ旅行。
4月の初めにNさんご夫婦とご一緒する予定でしたが、
年が明けてから、奥様から連絡があって、今回は遠慮するとのことでした。

理由は特におっしゃらなかったんですけど、
Nさん、私のこと、とうとう、抱けなかったこと、
それが、理由だったのかしら。
だったら、なんだか、私の方が、申し訳ない気持ちなんですよ。

私とのことがなかったとしても、皆でハワイ楽しめたら、
それはそれで良かったのにって、そうも思えたのですが。

20766237_1860250977625665_5069001831024164864_n.jpg

ホテルから出て、香林坊で春物のお買い物をしましたが、
街中で、少しだけ、穏やかな風を感じました。
今年の冬、本当に雪でたいへんだったけど、
やっと、段々と、春らしく、なってくれているようです。

topheader.jpg




関連記事
09:43  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
PREV  | HOME |  NEXT