FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉3

2018.09.24 (Mon)


140527a_0006-580x829.jpg

「まぁ、お綺麗な方ね」
そう言って、湯船に身体を浸したご婦人、ふくよかな白い肌が素敵でした。
九谷焼のアートパネルが設えてある内風呂、
山城温泉のとろりとした泉質に抱かれて、その見事な焼き物の壁を眺めているだけでも、
本当に癒される時間でしたよ。

「さっき、廊下で話されていたのご主人でしょ、美男美女のご夫婦なのね」

東京からご夫婦で北陸旅行に来られているというご婦人、
豊かな胸元にお湯を掛けながら、暫くお話をされていましたが、
まさか、目の前の私が、夫ではない男の人と、ただならぬ時間を過ごすかもしれないこと、
もちろん、思われるはずもなかったでしょうね。

53670291300000001.jpg

「風呂から戻って暫くしたら、食事前に一度、部屋にお邪魔するよ」
「駄目ですよ、困りますから」
「いいだろう、僕たち、もう、他人じゃないんだから」
「そんなこと、言わないでください」
「部屋に入ってきていいんだったら、ルームナンバーに射してある花を、抜いておくんだよ」

E5BB8AE4B88BE381AEE88AB1.jpg

お風呂から部屋に戻ると、当たり前のように鍵、掛けました。
ドアに飾ったあった可愛らしいお花は、そのままにしておきました。
開かないドアのノブを手にしたNさん、どう、思うかしら。
でも、それは、彼の妻ではない私がしたことだから、
諦めてくれるかしら。

始めてお逢いした、クルーズ説明会の夜。
薄っすらと街の灯が忍び込む、人目を避けたフロアーで、
成り行きのままに重ねあってしまったくちびると唾液の味を、
そして、胸元に忍び込んできた彼の手の感触、なぜだか急に思い出され、
浴衣の胸元に手のひらを当てた私、
まぶたを閉じると、小さな息、そっと漏らしてしまっていたのです。

010120.jpg

広い玄関、踏込、気持ちの良い畳の上を裸足で歩くと、
素敵な和室とツインのベッドルーム、
そして、露天風呂を備えたテラスの向こう側には、
やがて、穏やかな夕陽が染め始めるだろう、山城温泉郷の落ち着いた街並みが、続いていました。

私ひとりのために、いえ、もしかしたら、自分と私との時間のために、
こんな贅沢なお部屋を予約してくれたNさん、
やっぱり、申し訳ない気持ちと、彼の笑顔がこころに湧き上がり、
ルームナンバーに飾ってあったお花、もう一度、目に浮かべてしまっていたのです。

ダウンロード

関連記事
09:41  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)

山城温泉2

2018.09.18 (Tue)


平穏なウイークデーの夜。
洗い物が終わって、リビングのソファーにいる主人の隣にいつものように座ると、
私の腰を抱き寄せ、耳元にくちびるを寄せてきました。

「Nさんが逢いたいって」
「だって,奥様の具合が悪いんでしょ」
「あぁ、それは、そうらしいけど」
「えっ! 何?」
「君と二人だけで、逢いたいって」
「困るわ、二人だけでお逢いするなんて、駄目よ、お断りしてくださいね」

そう言ったのに、主人たら、ちょっと乱暴だと思えるほど、
私のブラウスのボタンと、ブラのフロントホック上手に外すと、
目の前にこぼれ出た、今は、主人だけのものであるはずの乳房の谷間に、
息を荒げながら、顔、埋めてきたんです。

nipple_6577-006s.jpg

地中海や台湾旅行で、ご一緒にさせてもらったNさんご夫婦。
地中海旅行の後、すぐに、又、逢いたいって連絡いただいてたんですけど、
奥さまの具合が悪くて、結局、年末の台湾旅行になったんですよ。

ただ、皆さんには、お話してなかったけど、
実は、台湾旅行の前に、Nさんと二人だけで逢った、そんな時間があったんです。



リビングのソファーの上に、
着替えが入っただけの、小ぶりなトラベルバック、ポツンと置かれていました。

「あなたの傍に居たいわ。遅くないから、お断りして」

身綺麗に準備を終えた私を見ていた主人、急に後ろから抱きしめてくると、
「すぐに済ませるから」って、さっき、シャワーを使って身に着けたばかりのショーツ、
慌てて脱がせてきたんです。

二度三度と、大好きな主人のいつになく固いものが、
私の柔らかな扉をこじ開けようと、押し当てられてきましたが、
潤いが足りなくて、とても、受け入れられないと思えました。

「僕のものを残したまま、彼に逢いに行くんだ」

そう言われた私、諦めたように、もう一度、そっと、太もも、開いたのでした。

pakopako_sex_6828-016s.jpg


山城温泉は、私の街からそう離れてはいない温泉郷です。
北大路魯山人先生に縁のものも多く、人をお招きするには良いところがたくさんありますよ。
その時、Nさんから言われた旅館も、とても、有名なところです。

11212851306624150.jpg

電車で行けば、それほど、時間は掛りませんが、
途中で、知っている人と逢うと困るからって、
主人が山城温泉近くの駅まで送ってくれることになりました。

あんな風に言われたけど、途中で溢れてきたら困るから、
身体の奥に出された大切な主人の印、お手洗いで、流してきたんです。

「あぁ、こんなにいっぱい」

自分の秘唇から、つうーって、滴り落ちる塊のようなまだ温かい液、ぼぉって、眺めていたのでした。

あんなにいっぱい出してくれるほど、私のこと、愛してくれているのに、
どうして、今、その私を、他人であるNさんに逢わせようとするのかしら。
すっかり、滴らせたつもりだったはずの、名残のものを身体の奥に感じながら、
逢ってはならないはずのNさんに逢うための私、助手席で目を閉じているしかなかったのです。

007_o.jpg

関連記事
12:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

山城温泉

2018.09.14 (Fri)

rich_sex_6734-109s.jpg


「堪らないんだ、君の身体」

私の耳たぶを優しく噛みながら、熱い息の中でそういった彼、
それまでにも増して、えぐるように、腰を突き上げてきたのです。
それは、男の人が、自分の思いを、女の人の中に、注ぐ前触れであること、
人妻の私の身体に、否応なく思い知らせたのでした。

「このまま、出してあげるから」

そう言い終わらないうちに、
彼の息遣いがそれまでにも増して、荒くなったのがわかったのです。
朦朧とした潤んだ瞼を開くと、
彼の厚い胸板に、両手を当てて、幾らかの抵抗の気持ちを表しました。

これまでの彼との営みの時間で、それは初めてのことではなかったし、
心配な時期ではなかったけど、
夫ではない彼の生のままの精液を、このまま身体の奥に注がれてしまうこと、
当然ながら、人妻として、居たたまれないことだと思えたのです。

けれど、その僅かばかりの抵抗は、彼にとって、殆ど、意味をもつことなく、
たわわなあ乳房を揺らして、幾らか抗って仰け反った私の白い裸体は、
むしろ、彼を楽しませたのに過ぎなかったのでしょう。

pakopako_sex_6828-026s.jpg

「さぁ、一緒に、良くなるんだよ」

左右に髪を揺らし、彼の強い突き上げに耐えていた私、
その余りの快感に、我慢できない恥ずかしい桃色の声、聞かせ続けていましたが、
とうとう、彼の求める悦びの頂、
もう、すぐそこに迫ったこと、細い叫び声をあげて告げていたのです。

「欲しいんだろう、僕のもの」

そんな彼の言葉に、二度、三度、髪を揺らしました、
でも、それは、正直な気持ちではなく、
彼を迎え悶える私の桃色に染まった身体が、
その答えだったこと、きっと、彼、分かっていたのでしょうね。

人妻でありながら、夫ではない男性の、汗で滑る広い背中、
喘ぎの中両腕でしっかりと抱き締め、
そして、言われもしないのに、これ以上は無理だと思えるほど、
自ら開いてしまっていた白い太ももの間で
激しく突き動かされる逞しい腰には、
身体の求めるもの、もっともっと深く、そして、もっともっと奥に欲しくて、両足を絡め寄せていたのです。

sex_5741-052s.jpg

「さぁ、いっぱい、あげるよ」

それまで、両肘で身体の重さを私に感じさせないでくれていた彼、
とうとう、覆いかぶせるように身体を倒してくると、私の身体を両腕で抱き締め、
荒い掠れた声で、そう言ってきたんです。

めくるめく瞬間の訪れを察した私、
理性の抗いが溶け、後は、彼を迎え熟れ始めた、女の身体の望みのおもむくがままに、
恐ろしいような悦びの頂に昇り詰めること、許しを請いながら告げていたのでした。

「あぁ、なんて締まるんだ」

それまでには感じられなかった、慌てた曇った声を聞かされ、
それまで以上に、身体が浮き上がるほど激しく動いていた逞しい腰が、
二度、三度、更に深く、強く突き入れられ、
身体の奥のもの、大きく膨れ上がり、おびただしい量の熱いものが、
注がれ出したことが感じられた瞬間、
目の前が真っ白になるような、悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

ahegao_6621-048s.jpg



ほんの、僅かな時間だったのでしょう、
薄っすら意識が戻ると、重なった二人の身体が、まだ、繋がり合ったままなのに気が付きました。

「ほらっ 締まってるよ」

硬さを失わない彼のもの、私の濡れた肉壁が、言われたようにじんわりと締め付け、
彼の名残の液を一滴残らず搾り取っていること、感じられました。
それは、私がそうしているのではなくて、男の人のもの、もっと欲しがっている、
私の身体がしていることだったのです。
そして、今、身体の奥を満たす彼のしるしと、今朝、夫から注がれたしるしとが溶け合い、
私のたまご、競うようにして探しているようにも思えたのです。

「君の中は、僕のために、生まれてきたようだよ」

彼から前に、そう言われたことがありました。
けれど、今、性器を繋ぎ、恥毛を絡ませ、悦びの頂点を、上手に合わせあった二人、
言われた通りだと、諦めるしかなかったのです。

身体の麻痺と喘ぎが治まりかけると、彼の手のひら、もう一度、私の身体中を這い回りました。

「思い出深い夜にしようね」

そう言った彼の温かな手のひら、あれほど楽しんだたわわな私の右胸に、被さってきたのです。
 
身体の相性、今夜も思い知らされてしまった私、
ベッドのサイドテーブルに上には、ルームナンバーに飾ってあった可愛らしいお花が、
私のこころの移ろいのままに、そっと、置かれていたのでした。

E5BB8AE4B88BE381AEE88AB1.jpg


関連記事
15:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT