FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと3 誘い

2019.01.28 (Mon)


19.jpg

贈り物で頂いた車海老の背ワタを、爪楊枝で抜き取りながら、
夕食の準備をしていましたが、
なぜだか、急に手を止め、虚ろな眼差し、キッチンのブラインドに向けました。

a42bcd0c.jpg

竪町のバーでの出来事以来、そんな時間が増えたようにも思えていました。
彼から飲まされた、カクテルの酔いに、
そして、強引な彼に任せて、
夫ではない男の人と、くちびる、重ねあってしまったのです。

そんな、人妻として、あってはならないこと、
初めてではなかったけど、
今度のことは、私にとって、これまで以上に、こころと身体に刻まれたことだったのでしょうか。


洗って濡れた指先が、くちびるにそっと触れると、
あの時の、彼とのくちづけの味を、思い出そうとしたのでしょうか。
だらだらと唾液をしたたらせながら、お互いの舌を絡ませ合いながら、
恥ずかしい声、漏らし続けてしまったあの時のことを。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

そんなくちづけの味を、思い出すまでもなく、
彼のことがこころに浮かぶと同時に、身体は正直に、燃え上がろうとしていたんです。
なぜだか、分かりませんでした。
確かに、彼は、一回りほど年下の、若くて魅力のある、
心惹かれる青年であることは、間違いはありませんでしたが、
人妻あるが私が、これほど身を焦がしてしまう人ではないようにも思えたのに。

夕食の準備の途中だったのに、ふらふらと、寝室のある二階へ向かいました。
そして、階段を登りながら、おびただしい蜜液が、
明らかに下着を濡らしてしまっていることに、私、気が付きました。
それは、あの時、求められながらも、かろうじて拒んだ、
彼を迎え入れるための、しるしのようにも思えたのです。

この燃え上がるような身体の疼きを、
今は、自分の指を使って、治めるしかないと思え、
胸元に手の平を添えると、小さな息、ひとつ漏らしたのでした。

onanie_6888-028s.jpg

「えっ、何か言ったの」
「このエビフライ、美味しいねって言ったんだよ」

そう言った夫の、脂ぎったくちびるを見つめながら、
その瞬間、こころは、目も前の夫ではない、違う男の人のくちびる、
重ね合い、啜り合った、彼のあのくちびるを思っていたのでしょうね。

147e90fc3c338c69b76b80d7f59b0853.jpeg


時間が解決してくれるだろうとも、思っていました。
あの夜のことは、思いもかけない時間だったけど、
暫くすれば、きっと、忘れられるわ、と。
けれど、彼は、許してはくれなかったのです。


竪町での恥ずかしい夜から、二週間ほどしたお昼時、
彼からの、待っていてはならない、その誘いの連絡があったのでした。

私のことを想うと、仕事が手につかないって、
ご主人のことがあるだろうから、平日のお昼に、逢いたいって。

「私もあの時のこと・・・」

夫のある人妻として、言ってはならないこと、そう、彼に告白してしまいそうになり、
電話口で、ひどく取り乱してしまった自分のこと、今も覚えているんです。

ntr_6401-013s.jpg



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

ひろしとのこと2 蔦の店2

2019.01.21 (Mon)


腰に腕を回され、ちょっと強引に抱き寄せられても、
恥ずかしそうに笑みを浮かべながら、私、それほど、嫌がりませんでした。
酔いがそうさせていたって、言い訳していいですか。
それに、店の奥にあるカーテンで仕切られた個室、他の人には気付かれないんですよね。

そんな私の様子を見ながら、そっと、首筋に顔を埋めた彼、
私、赤く染まっていただろう耳たぶに、その熱い息を感じると、
身体をくねらせ、身悶えしてしまったのです。

imagesCAQAXHVC.jpg

「あぁん、駄目よ」

けれど、そう、甘い息を漏らしながら、
そっと、顎先に指を添えられ、くちびるが近づいてきたことも、拒めませんでした。

そんな私を見透かしたように、
いい匂いのする濡れたくちびるが、ねっとりと重なってきた時でさえ、
私、少しずつ息を荒げながら、彼の熱い舌先が、自分のくちびるを押し開きだすのも、
そのまま、許してしまっていたのです。
逢って、まだ、二度目の夜だっていうのに。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg

頭の中が、赤く染まり、身体が熱く燃え上がりだしたのが感じられました。
薄いブラウスの胸元を押し開いて、忍び込んできた彼の手のひらが、
ハーフブラの上から、胸の膨らみをちょっと乱暴に揉み上げだしたのです。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

「あぁん、嫌ぁ」
「思ってた以上に、大きんだね」

小さな掠れた声を漏らした唾液に濡れた唇に、
もう一度、彼のくちびるが這いまわるように重ねられると、
差し込まれて舌を、抗うこともしないで、むしろ、私の方から迎えてしまうと、
絡ませあい、吸いあっていたのかもしれません。

粘り気の強い唾液がどろりと流し込まれた時も、なんのためらいもなく、
音さえ立てるようにしながら、啜り飲んでいたのです。

deep_kiss_6511-015s.jpg

「ほらっ」

そう言われて手を引かれ、眩しそうに眼を開くと、
彼のいやらしそうな笑みが見下ろしていました。

引かされた手のひらには、
いつの間にか、スラックスの前から飛び出すようにした、
彼の熱い男の人のものを、握らされたのです。

tekoki_2367-060s.jpg

「あぁ、なんて、大きくて太いのかしら、それに、こんなに反り返って」

そう思って、思わず引こうとした手を、彼の手が、強引に包みました。

「でかいでしょ。ほらっ、こうやって動かしてみて」

私の手の動きに誘われるようにして、
その先から、透明な液が、だらだらと伝い流れ、私の手のひらを濡らしました。
ぼおってして、甘い声を漏らしてしまっていた私、
彼の手の平に包まれたまま、自分の手、ゆっくりと動かしてしまったのです。

tekoki_2367-040s.jpg

「下着脱いで。後ろから入れてあげるから」

そんな恐ろしいこと、私、その言葉に、少し覚めたのかもしれません。
耳元で、荒い息の中でそう言われて、拒めそうもない自分に呆れていましたが、

「ごめんなさい。私、人妻なのよ。そんなことできないわ」

そう、掠れた声で言うと、
それまで以上に膨れ上がった、熱い彼のものから手を離し、
ふらふらとしながらも、かろうじて、立ち上がって、
白いブラウスの胸元、やっとの思いで、直したんです。

100000.jpg

その夜、かろうじて、
彼と身体を繋げ合うことも、若い精液を飲まされることもなく、
身体の求める欲望を押さえながら、やっとの思いで、お家に帰ることができたんです。

けれど、今思えば、それは、
私とひろしとの、ただれるような時間の、
ほんの幕開けにしか過ぎなかったのでした。





関連記事
14:24  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

ひろしとのこと 蔦の店1

2019.01.15 (Tue)



02768003245.jpg

もう、結構遅い時間のはずなのに、
竪町の道沿いは、続くお店の光が明るく差し伸びてきて、
素敵な感じだったのを覚えています。

そんなタテマチストリートから、ひとつ横道に入ると、
随分と光の量が少なくなって、時間相応の様子でした。

「この通りかしら」

香林坊や片町には、通いなれている私でしたが、
どちらかと言うと、若い人が中心の竪町には、知らないところが多いんですよ。

「あぁ、ここね、まぁ、蔦の葉が素敵ね」

そう思って、確かに彼から教えられたお店の、
本当に小さな目立たない透明のサインボードを、見つけることができたんです。
でも、今思えば、その店を見つけられないままに、
通り過ぎた方が良かったのかもしれません。

a42bcd0c.jpg

私が少し早めに来たせいでしょうか、
マスターに言われて、予約してあった個室に一人、
逆に少し遅れてきた彼に、随分と待たされた気がしました。

でも、そんなひとりだけの時間って、待っている彼のこと、
思いもかけず、こころに浮かべ続ける時間でもあったんでしょうね。

640x640_rect_6494456.jpg

二週間ほど前、主計町のお店で、
中学時代からの友人である、南さんに紹介されたひろし君、
長身で、今流の細面のハンサムな素敵な青年でした。
関東の有名大学を卒業した後、
この街で、金融機関の支店に勤めているっていう固いお仕事なのに、
初対面の私に、ちょっと、恥ずかしいこと言ったんですよ。

そのときのことは、こちらからどうぞ


数日前、夕食の下準備をしてたら、ひろし君から電話。
あぁ、南さんが、私の連絡先、ひろし君に教えたって言ってたわね。

「駄目よ、その日は、主人が出張で東京に行ってるから、私、大人しくしてないと」
「それって、遅くなっても、時間心配しなくていいっていうことですよね」
「困るわ、二人だけなんでしょ」
「あぁ、この間みたいに、南も一緒なんですよ」

ntr_6401-013s.jpg

後から来た割には、悪びれる様子もなく、
当たり前のように彼、私の隣に、ことわりもしないで腰を下ろしました。
それも、恋人たちが、身体を寄せ合うような距離だったせいか、
彼の体温を感じ、そして、なんだかいい匂いがしました。

「この間は、楽しい時間をありがとうございました」
「いえ、こちらこそ、楽しかったわ。南ちゃんは、まだかしら」
「あぁ、あいつ、急な用事ができて、今夜、来られないって。
二人だけの秘密の夜にしましょうね」
「えっ! そうなの」

それが、本当に南さんの都合だったのか、
それとも、初めから、私と彼と、二人だけのつもりだったのか、
後になって、わかることになったんです。

とにかく、ちょっと、慌てましたよ。
だって、彼、そんなこといいながら、あの時と同じように、
私の薄いスカートの太ももに、手のひらを乗せたんですもの。

彼が注文してくれたのは、ロングアイランド・アイスティーっていう、
聞いたことがないカクテル。
名前の通り、アイスティーの風味で、甘いけど、さっぱりして美味しかったですよ。
彼は、ドライマティーニを、舐めるように、傾けていました。

21434036_120757371987228_178241894403276800_n.jpg

「横顔みてると、堪らないです」
「やだぁ、早く結婚したら、そっちの方が、親御さんたちも、安心されるわよ」
「それって、前もいったじゃないですか、今の生活に満足してるんですよ」

二杯目に頼んでくれたのは、ルシアン。
これも、ジンとワオッカがベースらしいけど、口当たりのよいカクテルでした。
カクテルが来る度に、ひろし君がいろいろと説明してくれて、楽しかったです。

20121204131339b3d.jpg

「カクテルって美味しいけど、なんだか、怖いわ、酔わされそうで」
「えぇ、順子さんが飲んだ二杯のカクテル、別名がレディキラーって言うんですよ」
「まぁ、私、大丈夫かしら」
「いいじゃないですか、気を失うほど、酔ってくださいよ」

そんなお話をしてること自体、私、彼の思惑通りに、
だんだんと酔いだしていたんだろうと、思います。
彼が高校時代に、私と同じように登山部だったことや、
東京での学生時代の話など、お話も上手で、すっかり打ち解けてしまっていたんです。


関連記事
20:44  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
PREV  | HOME |  NEXT