FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

たくさん、飲ませて

2018.06.04 (Mon)


すぐ横を流れる川面に、夜の街の喧騒の灯りが、映りながら流れ過ぎて、
道の両側に並んでいる沢山の屋台には、
もつ鍋やとんこつラーメンの看板が見えていました。

fb7bb84e.jpg

誰かに名前を呼ばれた気がして振り返ると、
街の灯が届きそうもない、暗い階段の続く路地の、少し先の踊り場に、
私を手招きする男性の影が見えていました。

684b2957.jpg

何も考えないままに、引かれるように、彼のもとに近づいた私、
そして、その男性の足元、暗がりの中に膝間づいた、女性の姿に気が付いたんです。

1217-45s.jpg

「順子さんがいけないんですよ、あんなことコメントに書くから」

そう言った、彼の足元には、チャックのトランクスがだらしなく脱ぎ降ろされ、
夜目にも、驚くほど太い彼の男の人のものは、
その膝間づいた女性の、肉感的な濡れたくちびるに咥えられ脈づいていたのでした。

「柚葉さん、あんな純情なこと言ってたくせに、驚くほど上手なんですよ」

彼の裸のお尻に両手を回した彼女、
男の人のものの、長さや太さをくちびるで味逢うようにして、
ゆっくりと髪を揺らしていたんです。

75086bfc-s.jpg

幾らかの間、彼女の唾液と、彼の愛液が混ざりあう、嫌らしい音を聞かされましたが、
それは、男の人と女の人の営みを見せられた私が、
身体を燃え上がらせるように熱くするのに、充分な時間でした。

「あぁ もうすぐ、いいんですね」
そう言うと、ゆっくりと顔を上げた彼女、二度三度、あご先を揺らしたんです。

そんな彼女の許しのうなづきを見て、目を閉じた彼、
女性の髪を優しく引き寄せると、突き上げるように腰の動きを速め、
曇ったような声を聞かせ、膝をがくがくって揺らしました。

あぁ、出しちゃったんだわ、彼女のお口の中に、男の人の液。
今、出てるんだわ、あぁ、いっぱいみたい。

8a97e372-s.jpg

幾らかして、震えが止んだ彼の腰から、彼女、ゆっくりと、くちびるを離しました。
目を瞬かせ、口元に指先を添えた彼女の喉元が揺れて
驚いたことに、彼のもの、飲んじゃったことが、分かったんです。

あぁ、飲んじゃったのね。
身体がぶるって、震えたのが分かりました。
そんな私の慌てぶりがわかったのでしょうか、彼、私を引き寄せると、
自分の前に膝間突かせたのです。


「順子さんも、いいでしょ」

なぜだか、何の抗いもありませんでした。
求められるがままに、彼の前に膝間づいて、
彼の求めるがままに、
目の前に突き出された、震え濡れた男の人のものにくちびるを寄せ、
幾らかのためらいも感じることなく、お口の奥にまで、咥え込んでいたんです。

6425d3ea-s.jpg

「今まで、何人の男のもの、こうやって咥えたの、
 何人の男のもの、飲んであげたの」

霧の懸かったような気持ちのまま、恥ずかしくて髪を振りましたが、
でも、その時には、彼のものにねっとりと舌を絡め、言われもしないのに、
彼の男の人の液を欲しがって、髪を揺らし始めている自分に気が付いていたのです。

「順子さん、胸、見せて」

そう言われた私、貧血を起こしそうな激しい息遣いの中で、
薄いブラウスのボタン、慌てるようにして外すと、ブラのブロントホックを外しました。
拒んでもよかったはずなのに、熱くなってしまった身体の求めるままに、
そうしてしまったのでしょうね。

たわわな乳房が、彼の見下ろしている目の前に、こぼれでました。
恥ずかしいほど尖っている薄桃色の乳首を、
街の裏路地の微かな灯が染めていました。

1735-690x900 (1)

その両乳房に、伸び出てきた彼の熱い手の平が被さってくると、
ゆっくりとその柔らかさを確かめるように、揉み始めたのです。

「あぁ、我慢できない」

私の胸の肌触りに感じてくれたのでしょうか、
逞しいもの、お口に含んで幾らもしないのに、彼、危うくなって、
私の頬に優しく両手を添えると、それまで以上に、男の人のもの、硬くしたのです。

「順子さん、飲んでくれるよね、僕の精液」

私、慌てると、嫌々って、髪を振りました。
お口に含んで、気持ち良くしてあげても、
彼の男の人の液、飲んであげることって、思ってもいなかったのです。

彼の腰に両手を突いて、抗いました。
その時、私の耳元に、熱い息がかかりました。

「順子さん、お願いだから、飲んであげて、彼、きっと喜ぶから」

あぁ、それって、さっきまで、彼のものを咥えて、
そして、最後には、彼の男の人の液、飲み下した彼女の熱い息だったんです。

彼女のくちびるが私の髪を分けて、みみたぶを優しく噛むと同時に、
お口の中の彼のもの、それまで以上に太く脈打ち始めてしまったんです。

9708b51b-s.jpg

「あぁ、駄目だ」

そんな狼狽えた彼の言葉と、
いつの間にか胸元に忍び込んでいた彼女の細い指先に、
きつく摘ままれた乳首の快感に、
思わず諦めるように、うなづいてしまうと、
正直な、こころの中では、

「出して、たくさん、飲ませて」

そんな恥ずかしい言葉が、ぐるぐると、回っていました。

塊のような、彼の精液の驚くほどの量と、
青臭い強い匂いにむせそうになりながら、
一滴も残さないで、私のお口の中に出してくれるように、
固く太いものの先に舌を絡ませながら、くちびるをすぼませながら、
いつまでも髪を揺らすと、
彼、腰をがくがくってさせながら、
女の人のような細い声、漏らしてくれたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg


「男が精液を放っても、腰の動きや手の平の動きをすぐに止めたら駄目だ、
 男がもう満足だって言うまで、動かし続けるんだよ」

M先生から抱かれて、幾らもしない頃、
女の人が、男の人を気持ち良くするための、たくさんのテクニック、
いやおうなく仕込まれましたが、これも、そのひとつですね。
お口や胸を使って、パパに出してもらう時、そうしてます。
パパが唸るような声を出して、大好きな液、たくさん出してくれる時って、
やっぱり妻として、嬉しいですものね。

その大好きな夫ではない、知人の男の人の精液が、喉の中を伝い流れます。
そして、私の身体の中に浸み込んで、他人ではなくなった約束として、
いつまでも、残り続けるんでしょうね。

02455.jpg



コメントを書いていただいて、いつも、ありがとうございます。
最近は、素敵な女性にも書いていただくようになって、
男性陣にも励みになっているようで、私も、とても、嬉しく思っています。

数日前、周期のことで、主人を迎えられなかった夜、
いつものように、お口と胸で済ませてもらったんですが、
その日の夜見た、恥ずかしい夢のことを書いてみました。
おぼろげに思い出される夢の断片を、繋ぎ合わせたものです。

柚葉さん、コメントでのお名前、使わせていただいてごめんなさい、
気を悪くされないでくださいね。

皆さん、お忙しい中、いつも、コメント書いていただいて、ありがとうございます。
重ねてお礼申し上げます。
今後とも、よろしく、お願いしますね。
                                           順子

関連記事
20:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

城崎旅行4

2018.05.30 (Wed)


ccc1d9c5-s.jpg

主人一人だと思っていた部屋に戻り、襖を開けると、窓際の縁側に、
主人と奥様の姿がありました。

「早かったんだね」

濡れた唇で、そう、奥様の身体を自分の後ろに隠すようにして言った主人、
何かしら慌てているようにも感じたし、
奥さまの後ろ姿、浴衣の重ねを直しているようにも見えたんですよ。



slider2.jpg

随分と陽が落ちた夕暮れの淡い光微かになり、
川面を、そして、温泉街の街並みを、少しづつ薄墨色に染め始めていて、
そこに、茜色の電灯が浮かんでいました。

志賀先生が何度も滞在されたことで有名な「三木屋」さんの角から、
細い路地にを通り抜けると、
細くなった大谿川に、所々に小さな石橋の掛る細道に出ましたが、
自動車の行き交う本通りよりも、こちらの方が、更に風情があって素敵でしたよ。

温泉で温まった身体を包む浴衣姿に、夕暮れの涼風が吹き抜け、
満たされた気持ちを感じていました。

00232.jpg

散歩を終えると、さぁ、楽しみしてたお夕食、メインはもちろん、紅ズワイ蟹。
香住魚港から直送の紅ズワイ蟹を、特に香住蟹って言うんですね。
浜茹・しゃぶしゃぶ・焼き蟹・甲羅焼の他にも、雑炊とか、お肉とか、
美味しく、食べ切れないほどでしたよ。

s_img_139310_1-600x399.jpg

お酒は、地酒の「香住鶴」、独特の風味があって、えぇ、とっても、美味しかったですけど、
隣のNさんから勧められて、駄目、飲みすぎちゃったみたい。
そんな私の膝に手のひらを這わせて、Nさん、嬉しそうに笑っていたのです。

kasumitsuru.jpg

「お飲み物はいかがですか」
夕食を済ませた後、温泉街の散策を終えて戻ってくると、
綺麗な女将さんが迎えてくれ、フロントの横にあるソファーに案内していただきました。

footprints.jpg

「ロープウェイに乗られた後は、『城崎にて』で書かれたイモリの場所を尋ねられたらいいですよ。ちょっと、歩きますけどね」
なんて、次の日の散策の、相談にのってもらってたら、
「お飲み物、お持ちしました」
って、ハンサムな青年が、冷たいカクテル、持って来てくれました。

「ほらっ、駄目でしょ、そんな突っ立ったまま、それに、片手でなんて」
そんな女将さんの言い方に、ちょっと、びっくりすると、
「次男坊なんですよ」って。

img_134614_1.jpg

跡取りの長男さんは、大阪で料理の修行中、次男の彼は、京都の大学でお勉強中、
時折、帰省した時は、
こんなして家の手伝いをしてくれてるとのことでした。

「旅館の息子が法律勉強したってしょうがないって言ったんですけどね」
そう言った女将さんでしたが、笑みがこぼれて、本当は嬉しそうでしたよ。
幼さが残るような端正な顔立ち、背の高い、清潔そうな男の子でした。

SHOUTA3.png


男の人にしては、細いパパの指先が、
私の最も女らしいひだを、ゆっくりと開くと、
しとどに濡れそぼった柔芽に、ぞろりと舌が触れてきました。
その舌先をもっと欲しくて、白い太もも、自分から開くと、
やるせない甘い声を漏らしながら、腰、うねらせていたんです。

溢れるほどの愛液を啜る音を聞かせられながら、
幾らもしないうちに、腰が跳ね上がり、身体を震わせ、悦びの頂に昇り詰めたんですよ。

kn233_201406181556207a2s.jpg

身体の麻痺が治まらないうちに、もう一度、太ももの付け根に顔を埋めようとしたパパに、
私、潤んだ目で見上げると、すぐに欲しいこと、微かな声で告げていました。

堪らなく欲しかったパパの大好きなもの、溢れるほど滴らせた愛液の中で、
私の身体の奥に届いたことを感じると、それだけで、鋭い悦びを感じた私、
パパの背中を抱きしめ、嫌らしく腰、擦り上げ,
幾らもしないうちに、二度、悦びを告げました。

berochu_5205-052s.jpg

尊敬する志賀直哉先生のゆかりの素敵な街を散策し、美味しい蟹を頂いて、
そして、大好きなパパのもの、身体に奥に迎えて、
やっぱり、これ以上なく、こころも身体も、満たされていたんでしょうね。

「出されたのか」
それは、先ほど、パパたちが居なくなった後の家族風呂での、
Nさんと私の間で流れた時間を尋ねたことに他なりませんでしたが、
大丈夫ではない日なのに、夫ではない男の人の印、
身体の奥に迎え入れたのかもしれない妻。


何も応えないで、パパの首筋に顔を埋めたままのそんな私に、
もしかしたら、パパ、感じてしまったのでしょうか。
急に息を荒げ、それまで以上に激しく腰、突き入れてきたんです。

02291.jpg

「あぁん、パパ、今日は駄目。お口にお願い」

私、大きな柔らかな枕ふたつうしろ髪に当てると、慌ててその時の用意をしました。
月の内、パパの大切な液、身体に迎えられない数日は、
そうして、満足したもらってるんです。

「あぁ、もう」

焦ったような曇った声が聞こえると、
私の身体に跨ったパパ、
慌てるようにして抜き出した愛液にまみれたそれ、近づけてくると、
私、頬ずりもしないままに、お口に含みました。

それと同時に、塊のような、驚くほどたくさんの大切なパパの液、
膨れ上がり脈を打つものの先から、音を立てるようにして、打ち出されてきたのです。

12c92dea.jpg

一滴も零すことは妻である自分にとって、ひどく耐えられないことです。
お口の中に溜まった大切な液、喉を伝って、
そして、身体の中に浸み込んでいくのでしょうか。

大好きなパパに染め上げれることって、こんなことだと思うし、
妻である私にとって、ひどく、幸せな気がするんです。

喘ぎながら、大好きなものの中に残っているかもしれない、
大切な名残の液、音を立てて、吸いたてていました。
パパ、そんな私と目を合わせながら、ゆっくりと髪、撫ぜてくれていたんです。

fellatio_4759-024s.jpg




関連記事
14:32  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(16)

城崎旅行3

2018.05.23 (Wed)


oppai_5297-077s.jpg

「じゃ、こっちは、先にあがるから」

そう言うと、主人、奥様の肩にちょっと触れると、申し合わせていたかのようにして、
二人揃って、立ち上がったのでした。

えっ、そう思って慌てましたが、

「僕たちは、もう暫くいいじゃなか」

主人たちの後姿が、湯殿のドアの先に見えなくなると、
それまでにも増して、身体を近づけたNさん、
そっと、私の肩を抱き寄せると、
髪を分けるようにしたくちびる、首筋に触れてきたんです。

cf148b24-s.jpg

「君のこと、思い出す度に堪らなかったよ、この肌、この胸」

そう言いながら、彼の広い手のひら、私の身体を這い回りだしたのでした。

「駄目ですよ」

そう絶え入るように微かに言った私、
けれど、女って弱いですよね。
一度身体を許してしまっていた、もう、他人ではないNさんのこと、
しっかり拒むこと、出来なかったのでした。

尖った乳首を指の間で挟まれ、
その鋭い甘い快感に首筋を仰け反ったのを見計らったように、
巧みにくちびるを奪われると、
ぞろりと滑り込んできたNさんの太く長い舌先。
そして、どろりと懐かしい匂いのする唾液、注がれ飲まされたのです。

deep_kiss_6511-020s.jpg


桃色のものが頭を多い、恥ずかしい喘ぎ声を漏らしていました。
既に、私の最も女らしい溝を知っている彼の指先が、
上手に柔芽を探しだし、緩やかに摩り始めました。

思わず、彼の首に顔を埋めた私、
彼の指の誘いのままに、甘い声、漏らしてしまっていたのです。

彼の太い二本の指が身体の中に入り込み、そして、広がりながら動き出すと、
驚くほど僅かな時間で、身体を強い麻痺が襲い、
そんな私の姿笑みを浮かべ見下ろす彼の望むままに、
悦びに昇り詰めることを告げながらも、
その強い快感に恥ずかしい声を出してしまうことが怖くて、
私の方から彼のくちびるに、吸い付いてしまっていたのでした。

deep_kiss_6511-021s.jpg

荒い息の治まらないまま、舌を絡ませながら、
引かれるままに、彼の男の人のものに、指を絡めていました。
それは、地中海の船の中で、街のホテルの部屋の中で、
幾度となく、私を狂わせた、あの逞しい男の人のものに他なりませんでした。

台湾で、心配したこともあったけど、
あぁ、この街で、自分の身体が、もう一度、彼のもの、受け入れること、
息を弾ませながら、観念させられたように思ったのです。


「さぁ、あの時みたいに、可愛い声聞かせるんだよ。すぐに済ませるから」

そう言うと、Nさんに抱きあげられ、
湯殿から立ち上がった私の片足を湯船の淵に付かせると、
下から嫌らしく、腰を摩り上げようとしたんです。

今しがたまで、彼の指を迎えていた秘唇には、
そんな彼のものを、迎えるための、透明な蜜液、滲んでいたのかもしれませんね。

furo_agari_4991-169s.jpg



関連記事
16:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(9)
PREV  | HOME |  NEXT