FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

恩返し

2019.08.01 (Thu)


「主人、帰ってくるの。これで、順子へのご恩返しができるわ」って、
大学時代の先輩だった、明子さんからの電話がありました。

大学に入学仕立てだった私たちに、
学科の先輩としていろいろとお世話していただいた明子さん。
卒業した後も、時折開かれる同窓会や、女子会の旅行などで親しくしてもらっていました。

久し振りに順子の顔が見たくなったって電話があり、
私の街まで遊びにきてくれたのは数年前のことでした。

caption.jpg

その日、大阪からやってきた明子さんを、駅までお迎え、
二度目だっていう街のご案内をした後、主人と合流しての夕食の時、
困ったこと、頼まれたんです。

「ねぇ、順子。旦那様、今夜、貸してくれないかしら」
和食を楽しみながら三人で談笑した後、主人がちょっと席を離れた時のことでした。

大学を卒業して、幾つか上の商社マンの素敵な旦那様と結婚。
パリでの生活を、永く過ごしてたんですけど、
お母様の身の回りの世話をって、ご主人をパリに残して実家での生活。
仲の良い旦那様とは、一年に数回しか会えないのよって、聞かされてました。

「今、ちょっと、危ないのよ。身体が男の人、欲しがってたいへんなの。
 順子の旦那様だったら、安心して抱いてもらえるし、ねぇ、いいでしょ」

fu-051-s.jpg

唖然としました。
女としての身体、男の人欲しがるのって、私にだって、よくわかります。
ほんのちょっとしたことで、身体が燃え上がり悶えるのって
ありますよね。
そんな時、旦那様がいないんじゃ、えぇ、確かに危ないわ。
けど、明子さんのお相手が、主人ということになると…。

sex_5165-158s.jpg

「そんなことしちゃ、叱られちゃうわよ、旦那様に」
そう言うしかありませんでしたが、

「実はね、私がパリでも随分とアバンチュール経験してること、主人も知ってて、
今日のことも、話してあるの、主人だって、結構、楽しんでるのよ」

私、驚いて明子さんの顔、見ました。

「大丈夫よ、変なことにはならないから、今夜だけで、いいの。
それに、ご恩返しはするわ、主人、けっこう、上手だから、
きっと、順子も喜んでくれると思うの」 

そう言うと、丁度戻ってきた主人に、華のような笑顔を向けたのでした。

「順子のお許しいただいたわ、今夜一晩、あなたの奥様になること」
驚いたパパの顔、私に向けた視線、うつむくしかなかったのです。

女性が強引に身体を求められたときに、男性から言われる、一番、嫌な言葉。
「減るもんじゃないし」

ju65s.jpg

確かに、夫とのこと、許してあげることで、
私への愛情が薄れることって、ないだろうと思うんだけど、
妻としてやっぱり、困るわ、
そう、思い直したのは、後戻りのできない、
自宅に一人で帰る、タクシーの中だったのでした。



関連記事
15:19  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

マスカレード 始まり

2019.07.26 (Fri)


ダウンロード

数週間前、駅近くにある加賀屋さんのお店でランチしていました。
少し時間が外れていたので、お客さんは少なくて、奥のテーブルで寛げましたよ。
ランチ限定のお料理も、流石、加賀屋さんの支店だけあって、美味しかったですね。

s_0n5d.jpg

「ねぇ、順子。神戸でのパーティー、どうだったの」
「神戸のパーティー?」
「そうなの、葵さんには話してないけど、神戸でちょっと面白いパーティーがあって、
 それに順子、行ってきたのよ」
「へえ、それで、どんなパーティーなの、順子」
「えっ、ええ、まぁ」
「それが、ふふ、ちょっと、恥ずかしくて、ここでは言えないわ。
ただ、しっかり楽しんだの、間違いないんだよね、順子」
「もう、言わないでよ、桐子さん」
「ふふ、何慌ててるの、あなたがどうだったか、Tから聞いてるんだから」

私、慌てて目を伏せて、治部煮に箸を向けましたが、
そんな私に追い打ちをかけるように、桐子さん、驚くようなこと言ったんです。

「ほら、若い子、いたでしょ。彼、順子のこと、忘れられないって、
きっと、すぐに、逢いたいって連絡があるわよ。
また、お相手、してあげてね。ふふ」

d79901f6-s.jpg

関連記事
09:04  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

ハワイ旅行7 帰国

2019.07.08 (Mon)


ハワイ旅行六日目 帰国

bathroom_6086-006s.jpg

今日は、日本に帰る日。
昨夜、遅くまでパパから愛されて、ちょっと、眠かったけど、
私だけ早めに起きて、最後の荷物のチェックを終えました。
シャワーを浴びて、着替えを済ませると、あぁ、やっとパパ、起きたみたい。

「少し急がないと、里子さんたちみたいに、遅れるわよ」

ドレッサーの前で、髪を梳かせながら、浴室から出てきたパパに言うと、

「まだ、ゆっくりかまわないさ」

そう言うと、ふいに私を立たせ、スカート、捲り上げたんです。

「えっ! 駄目よ、もぅ」

そんな困ったように言いながら、それは、まんざらでもない声だった気がします。

昨日の夜、熱い液、私の中に注いだのに、
抱かなかったこれまでの分を補うように、今朝も、またなの?

両足から抜いたTバックの水色の下着、椅子の上に置きながら、
両手で腰を抱かれ、バスタオルが滑り落ちたパパの腰から、
驚くほどおっきくなった、私の大好きなものが、そそり立っているのを見せられると、
あっと言う間に、自分の秘唇、それを迎えるために、
しっとりと潤いだしたのが分かったんです。

tachi_back_4909-022s.jpg

いやっ、いやって、逃げるように腰を振りましたが、
パパったら、

「いっぱい、出してあげるから」って、

二人が繋がり合う場所、探りだしたんですよ。

「いやぁん」って、ちょっと、笑いながらそう言ったけど、
自分でも驚くような、色っぽい声を漏らしてしまっていたんです。
パパ以上に、私の方が、欲しくて、欲しくて、しょうがなかったんでしょうね。
驚くように硬くて、太いパパのもの、身体の奥に、突き入れられ、
桃色の声が恥ずかしくて、お口、手の平で被いましたが、
それは、幸せな時間を迎えたこと、実感できる瞬間でもあったんです。

空港まで送ってくれるバスの出発の時間には、まだ、余裕があったんですけど、
ツアーの皆さん、バスにお揃いでした。

「ごめんなさい」
「あらっ、嫌だぁ、もしかしたら、仲良ししてたの?」
「えっ、恥ずかしいけど、実は、そうなの。里子さんところと一緒だわ」
「まぁ、ごちそうさま。でも、大丈夫、私みたいに、逆流してない?」
「ええっと、まだ、分からないわ。バスが揺れたら、どうなっちゃうのか」
そう言うと、もう一度、幸せな時間を手繰り寄せるようにして、目を閉じたんです。

あぁ、やっぱり、駄目みたい。あんなに、たくさんだったから。
でも、仕方がないわ。それは、それだけ、愛されてるってことなんだから、

creampie_sex_5094-015s.jpg



ホノルル空港に着いて、トランクを降ろしているとき、
M先生が急に木立を指さして、慌てて言ったんです。

「あっ、ほら、あそこ、あそこ。シロアジサシ!白い鳥が見えるでしょ」

先生の指先の向こうの枝に、えぇ、分かるわ、白く細い鳥が。

「珍しい鳥なんですよ。日本では、殆ど、見ることできないし、
こっちでは、マヌオクーって呼ばれてて、天空の妖精とも言われてるんです。
ホノルルの市鳥なんですよ。
可愛いし、上品だし、私は、綺麗なもの、どうにかして、手に入れたいんです」

そんなM先生の、ちょっと興奮した言葉と、そして、私を見つめた眼差しに、
私、思わず胸元に、手を当てたのでした。

manu-o-ku-white-tern-04.jpg

お昼過ぎに、ホノルル空港を出発、一路、成田空港に向かいました。
帰りも、ビジネスクラスで、機内食も、お飲み物も、往路と同じように良かったですよ。


成田空港に着いた後、都内に移動して、品川の大きなホテルに到着。
あぁ、里子さんたちは、別に予定があるとのことだったので、
途中から別行動になり、明日、東京駅で待ち合わせすることになりました。
一度、部屋に入ると、窓越しに都内の景色を楽しみながら、
シャワーを使って、さっぱり。

楽しみにしていた「ライオンキング」の観劇が、5時30分の開場予定だったので、
早めの夕食は、ホテルの4階で中華料理を頂きました。
ハワイでは、お肉が中心だったので、ここでのフカヒレや粽など、美味しかったですね。

「ライオンキング」いつも通り、良かったです。
前回と違う主人公の男の子が、今回も立派な演技と歌で、
すごいなぁって、感心させられました。

ホテルに戻って、お部屋のジェットバスに、パパと入りましたよ。
窓の外に見える東京の街並み、
お昼と違って、お化粧をしたような色とりどりのネオンの瞬き、綺麗でした。

images.jpg

白い泡の中で、後ろからパパに抱っこされながら、
乳房に這いまわるパパの指先に応えるように尖った乳首、
首筋に熱い息と、濡れた舌先を感じると、
身体を仰け反らせ、私のためだけにおっきくなってくれた大好きなもの、
桃色の喘ぎ声を聞かせながら、摩り続けていたのでした。
そうして旅行最後の、紛れもない夫婦の時間、楽しんだんです。

ダウンロード



こうして、ハワイ旅行が終わりました。
いつまでも、忘れたくないこと、
そして、忘れたい、思ってもないこともあったけど、
最後に、大好きなパパに、しっかり愛してもらって、
思い出に残る、大満足な今回のハワイ旅行になったんです。

今度はどこへの旅行、おねだりしちゃおうかなぁ?

full-moon-hawaii.jpg

関連記事
14:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)
PREV  | HOME |  NEXT