FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

台湾旅行5 上がらなかった幕

2017.03.27 (Mon)


レースのカーテンの向こう側に、
思っていたよりも、近代的なビルの光が、並んで見えていました。

Nさん、私と身体を重ねるために、身に着けているものを脱いだときに、
ルームランプの調整をしてくれたのでしょうね。
枕もとの、微かな光が、私の身体に触れている、Kさんの上半身が染めていました。

e887bae781a3.jpg

筋肉質だと思える、硬い逞しい腰が、
それを待ち望んでいるだろう、私の恥ずかしく濡れた秘唇に、
幾らか乱暴だと思えるほど、強く押し当てられてきて、
私、仰け反りながら、細い声、彼に聞かせたのです。

630x388.jpg

もう、後戻りの出来ない瞬間が訪れるだろうと、覚悟をさせられた時間が流れ続けましたが、
もうろうとしていた頭の中の、うっすらとした霧が、
ゆっくりと、晴れだしたような気がしました。

人妻として、求めてはならないその時が、
いつまでも、訪れないままの時間が過ぎていったからです。

Nさんの、聞いたことのないような、曇った声が聞こえ、
手を引かれると、彼の男の人のもの、握らされました。

あぁ、まだ、なのね。柔らかいままだわ。
そう思いましたが、人妻として慣れた私の手のひら、
ゆっくりと、それ、摩り始めたのでした。

上場会社の部長として、社会的にも活躍されながら、
「女の人とのことで、随分と、泣かされたのよ」
そんな奥様のお話のことも思い出されました。

端正な顔立ち、逞しくて、スマートな体つき、
深い教養と、上品なユーモア。
本人がそうでなくても、周りの女性が、彼のこと、放っておかないこと、
無理もないことだと思えました。

que-1192103806.jpg

夫との旅行であったはずの、地中海旅行でも、
彼への淡い感情、抱かずにはいられなかったこと、正直な気持ちだったのです。
パパ、ごめんなさいね。

その旅行中に、なりゆきのままに、二度、彼に抱かれ、
幾度も、彼の精液、抗いながらも、身体の奥に受け入れました。

あれから、随分と、日は流れたけど、
その時に、私に注がれた、彼のしるし、
今も、身体の隅々にまで、染み渡っているような気がします。

d0f5c9dc-s.jpg

彼に抱かれる、夫ではない男性なのに。
けれど、一度、抱かれた女として、彼の望む営みのために、
今、こうして、握らされているもの、
彼の望むようにしてあげること、それは、私の努めのように思えました。
男の人と女の人が、他人でなくなるって、そういうことなんでしょうね。

白く細い指を絡め、彼の男の人のもの、ゆっくりと摩り続けました。
けれど、地中海の時のように、しっかりとはなってくれないままでした。

私がいけないんだわ。
求められもしないのに、私、彼の柔らかなもの、そっと、お口に含むと、
溢れるような唾液の、はしたない音を立てながら、
舌を絡め、吸い立てたんです。

01668.jpg

厚い筋肉質の胸元にある、可愛らしい乳首にも指を這わせもしましたが、
やっぱり、彼のもの、変わらないままだったのでした。

長い時間が過ぎたような気がしました。

赤く熱を帯びていた私の身体が、少しずつ、冷めていくように思えたその時、
「うっ」と、いう、彼の曇った声が聞こえ、お腹に力が入ったこと感じられました。

そして、それまでと変わらないまま柔らかだった彼のものから、
間違いのない、強い匂いのする彼のしるし、
私のお口の中に、だらだらと流れ出したのです。

それは、女の人を、強い悦びに誘う熱さには、程遠いものでした。
いくらかの勢いさえないままに、ただ、私のお口の中に、流れ出ただけだったのです。

激しい息遣いも、燃え上がるような身体の熱さも、ありませんでした。
ただの、液体のように、お口に注がれた彼のものを、感じているだけだったのです。

02455.jpg

なぜだか、飲み込むはできずに、傍らにあった、清潔な白いバスタオルの上に、
ゆっくりと、けれど、一滴も残ることないように、吐き出しまいました。

それは、私のこと、女としての悦びに誘うことのできなかった、
彼の液の行き場所として、ふさわしい、仕方のない処だと、思ったのかもしれませんね。

a339df84-s.jpg

僅かに、薄っすらと茜色の広がる部屋の中に、
Nさんの、少しだけ荒い息遣いが聞こえていました。

裸の姿だった私は、そっと、身体を起こし、ベッドに掛けなおすと、
ベッドサイドの下にあったテッシュを抜き出し、
もう一度、口元を拭いました。

Nさんは、何も言いませんでした。
そして、私も、何も言えませんでした。

隣のベッドの上に置かれていたナイトウエア、裸の肌に掛けると、
一人だけには広すぎる広いベッドに、そっと、横になったのです。


こうして、静かに幕を降ろしたNさんとの夜、
次の日の穏やかな朝がきても、その幕は上がらぬままだったのです。

e887bae781a3.jpg
関連記事
14:54  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

台湾旅行4 懐かしい唾液

2017.03.21 (Tue)


パパと奥様、そして、OPに参加したツアーの皆さんと、
はぐれたようにして、夜店の街を散策しました。

DSC_0268.jpg

組まされた腕、Nさんの肘が、私の胸の膨らみを、
確かめるように、何度も、押し付けられてきましたが、
もう、仕方のないことだと、諦めるしかなかったのです。

big_boobs_5312-106s.jpg

夜店を冷やかし、二人で歩きながら、
可愛らしい小籠包とマンゴーカクテルを頂きましたが、
カクテルが美味しくて、二杯も飲んでしまったんですよ。


ホテルには、タクシーで帰りました。
どうせ、私はパパとの部屋に戻るんだからって、そう、思ったのに、
エレベーターに入ると、何も言わないままのNさん、
腕を絡めたまま、自分の部屋のある階のボタンを押したんです。

dsc00104.jpg

「ご主人には、前から、話してあるから」

えっ、前から? 話してあるからって、何を?

その答えを見つけられないままに、Nさんたちの部屋の前まで来ると、
そのまま、背中を押され、仕方なく入るしかなかったのです。

数歩、部屋の中に入ると、
案の定、思わず声が出るほど、強く抱きしめられました。

両腕の手のひらを、Nさんの逞しい胸板に当てて、
押し返そうとしたけど、
仰け反って目を閉じた隙に、くちびる、重なり合い、
彼の熱い舌先が分けた私のくちびるに、ぞろりと差し込まれてきたのです。

1873-12s.jpg

懐かしい匂いのする唾液が、口の中に広がりました。
逃げ惑う私の舌に、分厚く長いNさんの舌が絡みつき、
そして、唾液と一緒に、吸いたてられると、

頭の中に、あっという間に、薄いもやが掛り始めたように思え、
身体中から、力が抜けていくのが分かりました。
抱きかかえられていなければ、そのまま、
カーペットの床に、崩れ落ちたのかもしれません。

二人のくちびる、唾液の糸を引きながら、やっと、離れると、
身につけていた、薄いブラウス、短めのスカート、ゆっくりと脱がせられ、
傍らの椅子に掛けられました。

恥ずかしそうに、ブラに隠された乱れた息遣いの胸、両手で隠しましたが、
背中に回されたNさんの指、
驚くほど上手に、ホックを外すと、
たわわな白い乳房、彼の直ぐ目の前に、こぼれ出たのです。

b9f70468-s.jpg

それまで以上に、Nさんの息遣いが、荒くなったようなきがしました。
そして、私の自身も、治まらない息のままに、

「かんにんして、このまま、返して」

そう言いましたが、私の言葉、聞こえないように押し倒され、
広いベッドの上に横たわるまで、幾らも、時間は、かかりませんでした。

何も身に着けない、産まれたままの身体にさせられ、
その白い身体に、彼の、逞しい身体が、覆いかぶさってくると、
濡れたくちびるが、私の、耳元、首筋、そして、くちびるを這いまわったのです。

b88bbe488efb88ed63de8b6ff0e8a2e7-630x456.jpg

正直に告白すると、
抗いながらも、地中海での時間、少しずつ、身体が思い出し始めていました。

二度の過ち。
すぐ近くに、最愛の夫がいたというのに、
Nさんの欲望の求めるがままに、自分の身体を開き、彼の温かな男の人のしるし、
とうとう、受け入れてしまった時間を。

d0f5c9dc-s.jpg

それは、これまで経験がないほど、強い、悦びの時間でした。
気を失うかもしれない、そうも思えるほどでした。
そして、もっと、もっと、深い悦びにいざなってもらえるように、
人妻であるはずのこの身体のすべてを、Nさんに、与え続けた時間だったのです。

半年振りの私の裸の身体、
長い時間、Nさん、見下ろしているのがわかりました。

9bf5cbd0-s.jpg

あの、怖いくらいに太い男の人のもの、受け入れるために、
自分の女の身体が、正直に、準備を整わせていたのが、
恥ずかしいけど、自分でも、感じらていたんです。

人妻として、夫ではない男の人のもの、受け入れること、
ひどく、抵抗があるはずなのに、
おびただしく濡れてしまった身体の奥から、
つぅーっと、透明な愛液が、伝い流れ出していたのでした。

Nさんの熱い両手が、柔らかな白い太ももの内側に触れ、
ゆっくりと開かれて、彼の熱い身体が触れてくると、
覚悟を決めたことを告げたような、
自分の桃色の細い声、聞くことになってしまったのでした。

630x388.jpg





関連記事
15:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

台湾旅行3 高雄

2017.03.13 (Mon)


胸元に広がる、甘い感触に目を覚ましました。
キングサイズのベッド、それも、ツインのお部屋なのに、
当たり前のように、ひとつのベッドで抱き合ってお休みしましたよ。
シルクのナイトウエアの胸元から差し込まれていたパパの手のひら、
私のたわわな乳房、ゆっくりと楽しんでいたんです。

c3737040-s.jpg

今回の旅行は三泊四日の日程。二日目の今日は、台南の高雄に向かいます。
新幹線を使って、快適な二時間弱の移動。
Nさんたち、隣の席で仲良く、談笑されています。
ごめんなさい、飛行機の中では、あんな失礼な夢、見ちゃって、
本当に素敵なだんな様、奥様のものなんですよね。

DSC_0152.jpg

高雄の観光地として有名な蓮池潭の水面は、穏やかで、
なんだか、それまで以上に、心が晴れました。

DSC_0171.jpg

水辺にある有名な龍虎塔に昇り、湖の景色を楽しんでいると、
後ろかららせんの階段を上がってきたのは、パパとばかり思ってたのに、
あらっ、Nさんだったんです。

約束をしていたように、身体を寄せてきて、腰、抱き寄せられました。
髪を分けた濡れたくちびる、熱い息の中で、耳たぶに触れてきたんです。

「逢いたかったよ、たまらなかったんだ」
「駄目ですよ、そんなこと言ったら」
「今夜、いいだろ。この前みたいに」
「いや、かんにんして」
「そんなこと、言わないで、
 だって、ほら、もう、他人じゃないんだから」

そう言うと、近くに人がいないことを良いことに、
私のお尻の柔らかさ、味わうように、ゆっくりと撫でまわしたのでした。

e58b02d7beac3ddf721aa92fcc59c562-630x937.jpg

一年ほど前、地中海旅行の説明会で、お逢いしたNさん。
始めてお逢いしたというのに、その時も、驚くほどのいたづらをされましたが、
地中海旅行中の素敵な船の部屋、
とうとう、その驚くほど、硬く、太い、男の人のもので、
身体の関係、結んでしまったのです。
それも、夫に承知の上で。

berochu_5205-064s.jpg

そして、旅の終わりに近いマルセイユでの午後。
Nさんが昔から知っていたのでしょうね、街中の素敵なホテルに連れ込まれ、
窓から遥か遠くに望める、丘の上の、
ノートルダム・ド・ラ・ガルドノートルダム・ド・ラ・ガルドを見ながら、
動物たちのように、繋がり、悦びの声を上げさせられたのでした。

15.jpg

二度とも、Nさんの、おびただしい男の人のしるし、
身体の奥に、しっかりと、何度も注がれました。

気持ちは抗いながらも、
正直な身体の求めに応えるようにして、目の眩むような悦びを告げながら、
抱かれてしまった女としての勤め、Nさんの求めるがままに果たしたのです。

d0f5c9dc-s.jpg

そして、今、半年振りにお逢いしたNさんとの、
心配していた、再びあってはならない時間が、
ゆっくりと、流れ出そうとしていることがわかりました。

抗うように、その手のひらから逃げようとしたのに、
もう、私の身体、そんな彼の言葉に正直に応えるようにして、
熱く、そして、しっとりと、潤いだしていたのです。



高雄の街を一望できる寿山公園、
中華料理のお昼を頂いて、また、バスで北上して、
オランダ人が築城したと言われる施設などを見学しました。
夕方近くには、街中の宮原眼科っていう、
お菓子屋さんに来店、女性には随分と人気でしたよ。

DSC_0192.jpg

DSC_0243.jpg

客家料理と言われる中華料理を楽しんだ後は、
一度、今夜のホテルに到着しましたが、
名物の夜市へのOPツアーがあったので、皆で行くことにしました。

逢甲大学の周辺には、沢山の夜店が並んでいて、
洋服や食べ物などを求める観光客や地元の人でいっぱい。

パパとNさんたちと四人、初めは並んで歩いてたんですけど、
人ごみの中で、だんだんと離れ離れに、
でも、すぐに、傍らから、Nさんに手を引かれたんです。

「僕たちは、こっちに」
「でも」
「いいさ、あっちは、あっちで、ほらっ」

そう言われながら、遮る人ごみの肩越しに、ちらりと見えたのは、
笑顔を見合わせながら、お互いの腕、抱き寄せるように組んで歩き去る、
パパと奥様の後ろ姿だったのでした。

DSC_0268.jpg



関連記事
16:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
PREV  | HOME |  NEXT