FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

「幸せの行方」 その19 城崎温泉3

2018.11.20 (Tue)


kinosakinite2.jpg

雪道を駅まで歩き、そこから、ホテルのバスで戻ってきたのだが、
義母は大浴場にでもいったのだろうか、
宴会の始まる寸前に、慌てるようにして、戻ってきた。
髪を慌てて乾かしているところをみると、
よほど、ゆっくりとお湯に入っていたのかもしれない。

大広間での宴会は、
各部署からの出しものもあり、大いに盛り上がっていた。

bf__.jpg

酣の中で宴が跳ねると、順子は一度部屋に戻り、
薫を抱いて、ホテルの中をゆっくりと散策した。
ロビーから見ることのできる庭の緑には、
思いの他雪が残っていて、素晴らしい眺めであった。

ホテルの浴衣と半纏での装いではあったが、
見事に美しい順子に、振り向く酔客がいることを、意識させられたし、
その胸に抱かれた薫を見た夫人たちからは、
可愛らしさを褒める言葉を掛けられた。
あの人のことを、少しの時間でも忘れることができれば、
今は、申し分のない時間だったのだが。

部屋に戻ろうと、エレベータホールに向かった時、
義母の後姿を見つけた。
声を掛けて一緒にと思ったのだが、
急いでいたのだろうか、彼女はこちらの方に気づくこともなく、
エレベーターのドアが閉じてしまった。

imagegallery_EVH3_lv1.jpg

苦笑して階を告げるランプを見上げると、
義母を乗せたエレベーターは、
何故かその階を過ぎて別の場所に止まったことがわかった。
誰かに用があったのだろうか、
けれど、何が可笑しかったのか、急に笑い出した薫を見て、
順子は、そのまま優しい母親の顔に戻ったのだった。

薫と二人だけの部屋で、母親としての時間を過ごしていた。
随分とお利口にしてくれていて、全く手が掛からなかった一日であった。
そっと寝かせつけると、ひとり窓際の椅子にゆっくりと座る。
思いもよらず、僅かではあったが、柏木との時間を過ごせた。
くちびるに指を当ててみると、
その時の感触が蘇るようで、熱い吐息が漏れた。
逢えたからといって、それで、どうなるものでもなかったが、
少しだけ、気持ちが緩やかに溶けかけたようにも思えた。

d055939f-984a-47d3-91ba-6862258a4898.jpg

それに、今、同じホテルのどこかに、彼が居るという。
もしも、連絡を取れば、この部屋でもう一度あえるのだろうか。
そして、抱きしめてもらえるのだろうか。
そう思うだけでも、息が乱れはじめたことがわかった。
順子は、浴衣の重ねから手を忍び込ませ、
下着を外していた乳房に、手のひらを被せた。
乳首を細い指に挟んで、
今だけは、自分だけのものである乳房を揉んでみると、
穏やかな快感が身体中に広がり始めた。
けれど順子は、柏木のことを思いながらも、
母親として、妻として、ここだけでの薄い喜びに酔うしかなかったのだった。

erogazou_7307-049s.jpg



次の日の朝、桐子の部屋で、朝からお湯を使った。
朝の空気の中に、湯気が沸き立つ豪勢な露天風呂は、
やはり、気持ちが良かった。
還暦を少し過ぎた母であったが、
その肌の張りと瑞々しさは見事というほかなかった。

drop_nude_7286-044s.jpg

義母と同じ歳になった時に、
自分はこんな風に美しい身体でいられるのだろうかとも思ったのだが、
その、義母の白い背中を流している時、ふと、気が付いたことがあった。
白い首筋の後ろの肌に茜色の印を見つけたのだ。
明らかではないにしても、唇の跡のようにも見て取れたし、
はっきりとはしないのだけれど、
昨夜湯を使ったときにはなかったような気がするのだが、
よくは分からなかったことだったし、尋ねてみる勇気もなかった。


関連記事
20:42  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

「幸せの行方」 その18 城崎温泉2

2018.11.13 (Tue)


kinosakinite2.jpg

5時間近い列車の移動が疲れたのだろう、
あれから起きることなくすやすやと寝てしまっている薫を光子に預けて、
義母と街中の散策に行くことになり、
丁度街中まで行くホテルのバスに、一の湯前まで送ってもらうことにした。

バスから降りて大谿川の橋を渡り小路に入ると、
すぐに楽しみにしていた城崎文学館が見えてきたが、
支払いを済ませて館内を見て回ろうとした玄関ホールで、
義母の携帯電話の着信音が聞こえた。

800x800-4.jpg

何か話をしている様子だったので、
順子はゆっくりと先に二階に上がって、文豪たちの見事な墨書を眺めた。
フロアには順子の他に人の気配はないように感じられたのだが、
暫くすると僅かにあの懐かしい良い匂いがしたような気がして思わず顔を上げた。
墨書が展示されている順子の目の前の硝子に映って、
自分の真後ろで低い展示棚を覗いている男性の後ろ姿が見て取れた。
それは見間違うことなくあの人の背中だったのである。

22.jpg

けれども、振り向くことさえできない、
階下には義母がいるのだ。

案の定上がってきた母親が、佇む順子の傍らに寄ってきて、
ここを見終えたら、お土産の蟹を買いに駅前の通りに行こうと言い出したのだ。

大谿川沿いの店を覗きながら、
駅前の通りにある魚屋まで僅かの時間で着くことができた。
院長や雅彦たちも、来週には別の班で城崎を訪れ蟹を堪能するのは分かっていたが、
それでもお土産として季節である見事な松葉蟹を数箱宅配にすることにしたのだ。

義母の相手をしながらも、あの人のことがこころを満たしていた。
動揺を気付かれないようにと努めたがどうだかわからなかった。
昔から嘘をつくのは上手ではなかったからだ。

けれど、順子が蟹の送り先を書き終えるのを、待っていたようにして、
先にホテルに帰るから順子さんはもう少しゆっくりしたらと、
なぜだか少し慌てたようにした義母は、
丁度通りかかったタクシーに乗り込んでしまった。


このままどこかに連れて行ってもらいたかった。
すべてのことを捨てて、この人のためだけの日々を過ごしたかった。
瞼を閉じると睫毛が震えているのが自分でわかった。
僅かに背伸びして泣きながら自分から求めた口づけは、涙の味が感じられた。
嗚咽の声が漏れるのは仕方がないと自分を許した。
どうしようもなく会いたかった人にこうして抱きしめられているのだから。

d055939f-984a-47d3-91ba-6862258a4898.jpg



数日前順子への電話を終えた後、彼女らが泊まる城崎のホテルを探した。
毎年数回山陰を訪れている柏木にとって、それはそれほど難しいことではなかった。
逢えばどうなるわけではなかった。
逢えば二人の行方が落着するわけではなかったが、
そんな自分をどうしようもないままに、
馴染みの上客として、同じホテルの部屋をとることができたのだ。

多くを話すことはできなかった。
何も話せなかったといってもいいかもしれない。
町外れの高台にある東山公園の展望台、
見下ろせば駅とそのホームに停まっている列車が見え、
その左手には円山川が望めた。
この時間に訪れる人もなく、そこにいる二人だけの僅かな時間が流れていたが、
それでも、永くいるわけにいかなかった。
あれだけ強く引き寄せていた柏木の背中から
名残惜しそうに順子の両腕がそっと滑るように離れると、
もう、母親の顔に戻る時間だったのだ。

また、暫くはきっと逢えないと思えたが、
いつまでも引き止めるわけにもいかなかった。
振り返ることもできないまま坂道を下りて行く順子の震えるような小さな後姿を、
居た堪れない気持ちで眺めているしかなかったのだ。

higashiyama-park1009_r.jpg

関連記事
15:23  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

「幸せの行方」 その17 城崎温泉1

2018.11.07 (Wed)


● 城崎

IMG_1891.jpg

京都駅に着くと幹事の職員が予約していた駅弁当を積み込み、
暫くすると飲み物と一緒に皆の席に配り始めた。
城崎には蟹を食べに行くので、
お昼のお弁当は但馬牛を中心としたものが用意されているらしい。
事務長が今回の責任者だが院長と副院長が来ていないからだろうか、
気の早い男性職員たちの座席では、
暗黙の了解で静かな宴会が始まっているようだった。


毎年恒例の慰安旅行が始まった。
大規模医療施設のため幾つかの班に分けての旅行となるが、
経費は各自の積立の他に、
福利厚生として病院からも多額の助成金が出ることもあり、
家族一同で参加するところも多い。
ハワイや韓国など外国まで足を延ばすこともあったが、
今年は蟹を食べに行こうと数年ぶりに城崎温泉に行くことになった。

pixta_25730448_M.jpg

三列シートのグリーン車はシートも広く、
薫を抱いている時も苦にはならなかったし、
幼い薫には時間的に少し永すぎる旅になるかもしれないと案じていたが、
いたって上機嫌で眠たくなると順子の胸元で大人しく眠っていてくれていた。

福知山駅を過ぎると、
山手の方に時折白いものが見えるようになり、
到着した城崎駅でも数日前に降ったのだろうか、
僅かだが道端に雪の残りを見ることができた。
迎えのバスに乗り柳の川沿いをゆっくりと走り、
木造の旅館の多い城崎では珍しい近代的なホテルに赴いた。
順子や義母たちなど、家族や友人たちと参加している人たちの階とは別に、
事務長を始め、
ひとりで参加している人たちは上の階にしてあるらしい。

kawaguchiya.jpg

とりあえず義母と光子の特別室で、一息入れることにした。
光子がお茶を入れてくれている。
屋根のある露天風呂にいつでも入れると、
前に泊まった時、母が甚く気に入った豪勢な部屋だ。
季節ではないのだが、庭先の緑もガラス越しに美しく映えている。

一日中薫を抱いていて疲れただろうからと、
暫く休むように言われてひとり自分の部屋に移った。
義母たちの部屋ほどではないが、
こちらも露天風呂のついた申し分のない和室である。

img3.jpg

庭先の見える板間の籐の椅子に座り、順子は小さな息をひとつ吐いた。
義母や光子と談笑しているときも、薫と顔を見合わせ声をかけているときも、
車窓から遠い白いものが見える山並みを眺めているときも、
自分のこころが今そこにはないことが感じられた。
本当はここに居るはずもないあの人に、
狂おしいほどこころを包まれていることがわかっていたからだ。


数日前のお昼過ぎ、
ダイニングテーブルの上に置かれた携帯電話のランプが点滅した。
早い夕食の準備をしていてた順子は、
少し慌てながらも電話を手にするまでの僅かな時の間に、
その相手が誰なのか、わかったような気がした。
そして、案の定僅かな息遣いだけが届いた。

「あなたなのね。」

なぜだか、目頭が熱くなった。
誰にも言えずに我慢していたどうしようもない気持ちを、
やっと彼がわかってくれたような気がしたからなのだろうか。

いつもと同じように、
今年も山陰に撮影旅行に来ているとの話に驚きながら、
偶然にも数日後には、自分も城崎に行くことを伝えていた。
けれども、だからどうしたいとは言えなかった。
言っても仕方のないように思えた。
それでも自分の今の気持ちをわかってもらいたかったのだろうか。
逢えない時間が、
あの人への愛をこれまで以上に育んでいたことを知らされた時であった。
何の約束もしないままに、できないままに電話をきるしかなかった。
けれど、それが仕方のないことだと自分に言い聞かせたとき、
熱いものが頬を伝い流れた。

54A0054.jpg


関連記事
14:15  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)
PREV  | HOME |  NEXT