FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

一条戻り橋

2018.02.05 (Mon)


bathroom_6086-006s.jpg

午前中の柔らかな日差しが、バスルームに差し込んで、
熱いシャワーの雫に溶け出したソープが、
自分でも豊かだと思える白い乳房の間を、
くびれた腰を、そして、太ももの間を、
ゆっくりとしたたり流れ落ちていきます。

bathroom_6086-009s.jpg

久しぶりにお逢いする、夫ではないその人のために、
自分の裸の身体をもっともっと美しくするために、
濡れた両手を身体に這わせると、
身体の奥から、思いもかけない熱いものが、
少しずつ湧き上がりだしたようにも思えました。

012123.jpg

シャワーが止まると、どこからか、微かに小鳥の鳴き声が聞こえてきて、
私は、彼とのそんな時間が、段々と幕を上げようとしていることに気付き、
そっと、まぶたを閉じたのです。


「困ります、明日だなんて。あなたにお逢いすること、まだ、主人にも話してないし」

そんな、いくらか慌てた私の言葉に重なるようにして、

「きっと、あなたは、来てくれるさ。あの時みたいに」

そう言って切れた電話を、そっと、テーブルの上に置いた、昨夜だったのです。

数年前、私の住んでいる街でお逢いした人。
奥様に先立たれ、寂しくされていると、茶屋の女将さんから聞いていましたが、
その時は、皆様にはお話していない、思い出深い時間を過ごしました。

missionary_position_5262-049s.jpg

彼と過ごした二日間のことは、下からどうぞ。

「百万石まつりの夜」

「百万石まつりの夜7」

「百万石まつりの夜8」


尚 「百万石まつりの夜」は、1~11まであります。
月間アーカイブの、2015年6月分から探して読んでみてくださいね。

あの夜、茶屋のお座敷で二人きりで過ごした時、勧められるままに杯を重ねた私、
目の前にいる素敵な彼との、あるはずのない恥ずかしいこと、思ってました。
そんな私のこころの中で、女将さんが言った言葉、

「ほら、すごいでしょ。
あれ、入れられちゃったら、女がどうなっちゃうか、
 あなたも人妻だからわかるわよね。
旦那さんには悪いけど、一度知ったら、もう、
あなたの身体が忘れられなくなっちゃうわよ」

断ってもよかったのに、
彼から告げられていた約束の場所に、従順に辿り着いていたのです。

p1.jpg


関連記事
16:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

みどりさんの彼と5

2018.01.30 (Tue)


「順子、まだ、起きないの? ご飯できたわよ」
美味しそうな匂いに誘われるようにして、まぶたを開きました。
思いもかけない夜があけた朝、僅かに開いたレースのカーテンの隙間から、
いつもと同じような、爽やかな春先の薄い空が見えました。

20141231200129.jpg


椅子に座ると、たっぷりとパンに塗られた高そうなバターの匂いが、
食欲をそそります。
「昨日は、迷惑かけちゃったわね。あぁ、彼、もう、帰ったのよ」
スクランブルエッグを口に運びながら、みどりさん、そう、言いました。

60870001a0btb_2.jpg


「ごめんね、彼のこと」

どきって、しました。それはそうですよね。
みどりさんの恋人だった彼に、私、抱かれちゃったんだから、
みどりさんにとって大切な彼の男の人の液、私の身体の奥に注がれたんだから。
それも、寝てるみどりさんの隣の部屋で。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg

私、持っていたオレンジジュースの可愛らしいコップをテーブルにそっと戻すと、
顔、伏せるしかなかったんです。

「隣の部屋に順子がいるって言ったのに、どうしてもって聞いてくれなかったの。
 そろそろ目を覚ますわよって、言ったのに、私の泣き声、聞こえたでしょ?」

えっ、って、思いました。
みどりさんが謝ったの、あら、私と彼とのことじゃないみたい。

彼、朝方、みどりさんの身体求めてきて、
隣の部屋に私がいることわかっていたのに、みどりさんのこと、抱いたみたいなんです。

02331.jpg


彼、私の中に、二度も済ませていたのに、
やっぱり、本当の恋人の身体、欲しかったんでしょうね。
でも、私とのこと、みどりさん、気付いていないみたいで、ほっとしたんですよ。


こうして、親友の彼と、身体の関係を持ってしまった私、
その関係は、その夜だけでは済みませんでした。

暫くして、また、私を抱き締めながら、
「君の身体、忘れられないんだ」 そう、言ってくれた彼。
そして、そう言ってくれた、彼の逞しい身体を忘れられなくなってしまった私。

a98ed4074f29b011c43a9a9de1ca7f66-630x456.jpg


そんな関係は、彼が大学を卒業して、就職先の東京にいくまでの一年近く、
みどりさんが、帰省しているとき以外にも、
ウイークデイの夜に誘われ、彼のマンションでの関係を続けることになったのでした。

みどりさんと、隣同士で講義を受けている時、
急に、彼のこと、そして、彼のものを思い出して、身体を熱くしてしまうことがありました
ごめんなさい、そう、こころで思いながらも、
潤い始めてしまった自分の身体を感じて、そっと、目を閉じるしかなかったのです。

s4-7.jpg


みどりさんと彼、大学を卒業して、数年して結婚しました。
彼は東京の一流商社のエリート社員、みどりさんは専業主婦、
二人の子どもさんにも恵まれ、幸せな家庭の様子です。

みどりさんたちとは何年かに一度と逢って、昔話してて、
(前に書いた「スカイツリーの夜」のときの、
東京の友達って、みどりさんたちのことです)
でも、やっぱり、今でも、あの頃のこと思い出して、どきどきしちゃいますね。

それに、「スカイツリーの夜」での東京の夜、
みどりさんや私の主人が席を離れた僅かな時間に、彼ったら、
「ねぇ、二人だけで逢おうよ、いいだろう、あの時みたいに」って、
隅々まで知っている私の身体、思い出すように眺めたんですよ。

ju65s.jpg


ばかぁ そんなわけいかないでしょ。って、その時は、そう、思ったんですけど。
あの時と同じように、みどりさんに言えないような彼とのお付き合い、
まだ続いちゃうのかもしれないなぁって、そうも、思ったのでした。



関連記事
11:31  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(15)

みどりさんの彼と4

2018.01.25 (Thu)


抱きかかえられるようにして、
みどりさんが準備してくれていた和室の部屋に運ばれました。

一度、身体を合わせると、女って弱いですよね。
おっきな声出して、抵抗できたはずなのに、
ゆっくりと清潔なシーツに寝かせられると、
私、諦めたようにして、裸の身体を横たえたのです。

02245.jpg


彼、私の太腿をゆっくりと開き、腰を押し付けてきました。
両手で顔を覆って、もう、逃れられない、その時を待つしかありませんでした。

恥ずかしくて閉じようとした両足、改めて広げられると、
その付け根に彼の熱いものがあてがわれ、
バスルームのときと同じように、硬く、太く蘇ったもの、
少しずつ、私の秘唇に埋め込まれてきたのです。

そんな、二人の繋がり合おうとしているところ、彼、見下ろしながら、
「狭いんだ」って、独り言のようにつぶやき、
奥にまで届かせた自分のものをヒクつかせながら、
私の身体の中を、味わっているようにも思えたのです。

se461s.jpg


二人の性器が、しっかりと繋がり合い、
身体の一番奥に彼のものが突き当たるのを感じて、私、大きく仰け反りました。

そのたわわに揺れる乳房を、彼の両手が包み、
脹れた乳首を太い指先が挟み込んで、揉み続けていました。

02802992-s.jpg


「たまならい身体してるんだ」
ゆっくりとした彼の腰の動きに誘われるようにして、
私、それに誘われるように、上手に腰を振り始めていました。

こころとは裏腹に、身体の方は、
自分ではどうしようもないように、させられていたんでしょうね。

無題1


みどりさんがすぐ隣の部屋にいるっていう、
そして、その彼に抱かれているという異常な状況が、
私をそうさせたのでしょうか、
拒みながらも、僅かの間に、悦びの予感を感じ始めていました。

彼の逞しい腰に太ももを押し開かれ、
そして、早くなったその腰の動きに合わせるようにして、
私、身体を悶えさせながら、悦びに昇り詰めること、素直に、彼に告げてしまったのです。

それと同時に、それまで以上に、彼の腰、強くえぐるように押し付けられると、
「俺も!」って、慌てるように逞しい身体を倒してきた彼。
その、彼の広い背中を懸命に抱きしめながら私、
「一緒に!」って、思わず、そう、言ってしまったのでした。

dbbbaef86a8d9b77c132b3364d02fc0a-630x456.jpg


彼の本当の恋人が、近くにいること、そのこと考える余裕はなかったんですね。
二度目だというのに、
驚くほとたくさん、自分の身体に注がれ始めた彼の印、
残らず全部出して欲しくて、
私、桃色に染まった身体、浮かすようににして、腰、振っていたのです。


02291.jpg

関連記事
15:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)
PREV  | HOME |  NEXT