FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

城崎旅行7

2018.06.20 (Wed)


昨日の夜は、パパから、しっかりと愛してもらったし、
その後も、お宿の次男坊の青年と、驚くほど硬いもので身体を繋げ合い、
そして、若く熱い男の人の液、溢れるほど身体の奥に注がれた恥ずかしい夢を見た私、
ちょっと、お寝坊して、遅い朝ご飯になりました。

furo_agari_4991-193s.jpg

他の人に気づかれないように、小さなあくびをしながらフロントに行くと、

「まぁ、随分とお寝坊だったのね、可愛がってもらったの?」

って、奥様に言われちゃいました。
俯いて何も言えない私の様子が、その応えだったのです。
もぅ、恥ずかしいわ。

berochu_5205-052s.jpg

午前中に、『城崎にて』のイモリのシーンに出てくる桑の木の場所に行ってみたいって、
女将さんに言うと、
歩いても行けない距離じゃないけど、ちょっと、遠いからって、
お宿の自動車を出してくれることになりました。

暫くすると、玄関先にライトバンが来て、
「おはようございます」って、
あぁ、次男坊の彼が、爽やかなご挨拶。
私、なんだか恥ずかしくて、彼の顔、まともに見られなかったんですよ。

若い人のものらしい、驚くほど硬い、彼の男の人のもので、
お口の中を犯され、背中を見せながら、身体の奥に迎えたのです。
そして、最後には、熱い男の人の液、たっぷりと注ぎ入れられた、
そんな、夢、見ちゃったんですものね。

blowjob_6688-004s.jpg

やっぱり、自動車、お願いしてよかったみたい、
舗装された道路だけど、ずっと上りだし、歩道がないところもあって。

降ろしていただいたところ、
『城崎にて』で、城崎温泉に逗留されていた志賀直哉先生が、
お散歩の時に来られ、ふと偶然見つけたいもりとの関りをもった場所。
その場所なのか、その場所の手前なのか、
書かれている桑の木の場所が、ここだそうです。

141024_kinosaki_03_03.jpg

道路沿いでしたが、静寂が、私たちを包んでいました。
見上げた桑の木の葉が、ヒラヒラヒラと忙しく動くことを待ち、
傍らにあるのだろう流れを探しました。
思いもかけず、道沿いの少し下を、電車が走り抜け、
暫くすると、また、同じような静寂が、皆を包み始めていました。

来てよかったって、思いましたよ。
大好きな夫、その妻でありながら、心ならずも身体を開き、今は、他人ではないNさん、
そして、夢の中で、あんなに狂おしく、迎え入れてしまった青年。
そんな、大切な男の人たちに、包まれていました。

『城崎にて』で、
尊敬する志賀直哉先生が、そのテーマのために使われたこの場所は、
今の私にとって、まったく、かけ離れた、違った意味合いの場所でしたが、
ある意味、幸せなところだったのかもしれませんね。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

次男坊君の運転で、来た道を下っていくと、
「ロープウェイに乗ってみようか」って、Nさん、私の手を握ったのです。

「Nさんたち、行ってくればいいですよ、僕たちは、外湯めぐりしときますから」

えっ、そんなことって、思いましたが、
何か言葉を探そうとする間もなく、三人を乗せた自動車を見送っていたんです。

ロープウェイ乗り場の階段の前に、足湯や源泉の施設があって、
二人で温泉玉子、スプーンで頂きましたが、自然な塩味で美味しかったです。

o0671037313740712495.jpg

大師山頂までを結ぶロープウェイ、
幸い、前に並んで立って、前を見ている若いペアだけ、
私たち、一番後ろのシートに座ると、Nさん、私の腰に、手を回してきたんです。
傍目には、仲の良い夫婦のように見えたかもしれませんね。

「昨日の夜は、どうだったの。可愛がってもらったの?」

髪を分けてささやく、Nさんの熱い息遣いを感じました。

「駄目ですよ」

ちょっと、笑みを浮かべながら、そう言いながらも、
昨日の夜、悦びの声をあげながら、自分から白い太ももを開き、
大好きなパパのもの、迎え入れたこと思い出し、
そっと、まぶたを閉じたのでした。

数分で着いた頂上には、見晴らしの良いカフェがあって、
お団子が美味しかったですよ。

3983590019ca3baebd1230c0f157d5ce6fb67f34.jpg

城崎温泉街を、見下ろす素敵な眺めでした。

「温泉しかない小さな街ですが、皆、頑張って、工夫をして暮らしているんです」

そう教えてくれた自元の叔父さんの言葉が、こころに沁みましたよ。

000014026006002000000A001.jpg



関連記事
09:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

城崎旅行6

2018.06.13 (Wed)


02346.jpg

両脇の下から回された、大好きなパパの手のひらに戻った乳房を揉まれながら、
私の目の前に、仁王立ちすると、ゆっくりと、腰を寄せてきた彼。
押し開かれたお口の中で、緩やかに動く、
若者のそれにふさわしい、男の人のもの、唾液を滴らせながら、咥え込んでいました。

時折、喉の奥にまで届くように突き入れられると、
その太さと、長さを、思い知らされて、唇から唾液、滴らせながら、
うっすらと、涙さえ浮かべていたのです。

blowjob_6688-004s.jpg

「あぁ、もう」
「なんだ、だらしないな、ちょっと、咥えられただけで、
まさか、女性とこんなこと、初めてじゃないんだろうね」
「それが、勉強が忙しくて、キスもしたことないんです」

ゆっくりと腰を振りながら、私のお口の中を犯し続けていた彼の、
そんな、細い声が聞こえていました。
そして、誰も、何も言わない湯殿の暗がりの静けさが、
彼が、そして、きっとパパが、この後の時間、何を求めているのか、物語っていたのでした。

それを察した私、

「駄目、そんなこと、パパ、かんにんして」

そう言って、背中を見せて抗ったのに、それまで華奢だと思えた彼の両手、
私のくびれた腰を、それまでに感じなかった強い力で、自分の腰に引き寄せると、
熱い男の人のもの、慌てるようにして擦り付けてきたんです。

furo_agari_4991-169s.jpg

「彼の、初めての女性になるんだよ」

助けを求めるようにして抱きしめていたはずのパパだったに、
そう、言われて、くちびるを重ねられるとると、
急に身体から力が、抜け落ちてしまったんです。

幾らもしないうちに、彼の望むところに、驚くほど熱い彼の男の人のもの、
お湯と、気持ちとは裏腹に滲ませていた愛液に助けられ、
私の肉襞を押し開くようにして、奥にまで、突き入れられてきたました。

「あぁ、すごい、女の人の中って、こんなに絞まるんだ」

そんな、聞きたくもない彼の言葉に応えるようにして、
細い悲しげな細い声を漏らすと、夫ではない男の人のものを、
たった今、しっかりと、迎えてしまったこと、
大好きな夫の胸の中で、告げていたのでした。

furo_agari_4991-193s.jpg

二度、三度ゆっくりとした動きを受け入れていました。
背中を見せて身体の奥に届いた彼のもの、
これまでには、経験の無いほど、とにかく、硬くて、硬くて、
私に、彼の若さを感じさせたのです。

その若さに正直に応えるようにして、自分の身体の奥、
その硬いもの、じわって、悦ぶようにして、締め付けているのが、分かったのでした。

「あぁ、堪らないです」
「かまわないよ、そのまま、出して」

パパのそんな言葉に、私、慌てて、髪を強く振りました。
だって、赤ちゃんのこと、本当に心配な時期だったんです。

「あぁ、良い!」

女の人のような、か細い声を聞かせた彼、乱暴なほど動きが早くなって、
とうとう、逞しい腰、私の身体が持ち上がるほど、強く押し付けてきたのでした。

「駄目ぇっ!」、声にならない声で、そう叫ぶように言ったのに、
それまで以上に、彼のもの、太く膨れ上がったことを感じると、
それが届いていた場所が、明らかに温かくなってきたことが分かったのです。

140507c_0018-580x326.jpg

長い射精でした。
彼は曇った声を聞かせながら、その度に、
脈を打ち、跳ね上がり、そして、また、脈を打ち、
驚くほどの量の、彼の熱い大切な男の人の液、
人妻であるはずの私の身体の奥に、溢れるほど、注ぎ込んだのでした。

59.jpg




薄っすらと明けようとしている、微かな朝方の光が射し始め、
庭先にあるのだろう幾らかの木々が、影絵のように障子に映っていました。
私、ゆっくりと開いた目で、天井を見上げると、
ひとつ、息を吐き、浴衣の重ねに手をあてました。

明け方で、部屋の中はひんやりとしていたはずなのに、
なぜだか身体が、熱を帯びていたんです。

思いもかけない、けれど、そのできごとは夢に違いなかったはずなのに、
私の身体、まぎれもなく、薄っすらと潤っていることが、分かったのです。

それは、自分の身体が、逢ったばかりの若い彼の男の人のものを、熱い彼の男の人の液を、
本当は欲しがっていた、正直な証拠だったのかもしれませんね。

SHOUTA3.png


関連記事
14:02  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

城崎旅行5

2018.06.06 (Wed)


014132.jpg

脱衣場から、白い裸の身体を隠し切れない、
小さなタオルで豊かな胸元を押さえ、
二、三段の石の階段を滑らないように、恐る恐る降りると、
そっと、岩風呂に身を浸すまで、やっぱり、恥ずかしかったです。

夜遅くは、誰もいないから、ご夫婦で岩風呂、入られたらいいですよ。
そう、女将さんから、言われたこと思い出して、
さっきまで、裸の身体を抱きしめ合い、
すっかり汗をかいてしまった私、夫を誘って、来てみたんですよ。

もう、随分と遅いせいでしょうね。
屋根の付いた露天の岩風呂は、立ち上っている湯気と、
ほんの薄っすらとした僅かな灯かりだけが広がっていました。
その中で、先に湯殿に入っていたパパ、
私の裸、嬉しそうに眺めながら、手招きしてるんです。

c_ss8.jpg

あぁ、気持ちがいいわ、えぇ、温泉のお湯もそうなんですけど、
パパに抱き寄せられながら胸、ゆっくりと揉まれて、
二人だけだもん、思わず、幸せな声、漏らしてしまってたんですよ。

cf148b24-s.jpg

ところが!

「すいません」

って、突然、岩風呂の奥の陰から、男の人の曇ったような声、聞こえたんです。

「きゃっ!」

私、驚いて、胸元に手を当てると、パパの身体の陰に隠れました。
「ごめんなさい。僕です」
そういって、顔を出したのは、さっきの、次男坊の彼だったんです。

「なんだ、君か。脅かすなよ。それとも、岩陰に隠れて、妻の裸、見たかったのかい」
「いえっ、そんなんじゃなくて、えーとっ」

うろたえる彼、なんだか、ひどく可愛かったですよ。

「まぁ、いいじゃないか、こっちにおいでよ」

やだぁ、そんなこと言ったら、私の裸、本当に見られちゃうわ、
タオル、こんなにちっちゃいのに。

nyuuyoku_4862-001s.jpg

彼、すまなそうに頭掻きながら、それでも、お湯の中を泳ぐようにして、
私たちの前までやってきたんです。

「朝から、お風呂の掃除するんですけど、ゆっくり入れないもんだから、
 今夜は、良いかなぁって思って」
「へぇ、たいへんなんだ。まぁ、学費出してもらってるんだから、しょうがないよね」
「えぇ、少しは役にたたないと、申し訳なくて」

そんな彼、初めは目を伏せてたんですけど、
段々と、その視線、ちらちらと、私の方に向けられてきたのわかりました。

「裸、そんなに珍しいかい」

彼の視線に気づいたパパ、笑いながら、そんなこと、言ったんですよ。

「いえっ、ごめんなさい。つい」
「いいさ、若いんだもの、当たり前だよな。ほら、おっぱい、もっと見せてあげたら」
そう言ったパパ、急に、私の身体、自分の膝の上、強引に抱きあげると、
彼の眼の前に、私のたわわな乳房、露にしたんです。

02346.jpg

「きゃっ、駄目よ、パパ、そんなこと」
「いいじゃないか、ほら、彼、嬉しそうだよ」

数メートルも離れていな湯殿の淵に座った彼の視線、
両脇から、私の身体の前に差し出された、パパの両掌に揉まれる乳房に、
痛いほど感じていたんです。

「あぁ、綺麗」
つぶやくような、少しだけ息を荒げた、曇った彼の声が聞こえてきました。
私は、パパの胸に横顔を埋めて、胸元から沸き上がってくる淡い快感に、
そして、そんな私の裸を見ているだろう熱い視線を感じて、
息、乱し始めてしまっていたんです。

2fdb0705-s.jpg

「触ってみるかい」
「でも、そんなこと」
「夫の僕が言ってるんだから、かまわないさ。ねぇ、君もそうしてもらいたいんだろう」

私、髪を二度、三度振りましたが、目を閉じたまま、何も応えられないでいることが、
それが私の、返事だったのかもしれませんね。

お湯の音がして、彼の身体が近づいてきたことが分かりました。
そして、それまで、パパの指に摘ままれて、固くなってしまっていた左の乳首に、
熱い息がかかってきたこと、しっかりと、目を閉じていたけど、分かったんです。

熱い舌が、恥ずかしいほど尖ってしまっていた乳首に絡みつき、
慣れないんでしょうね、時折、歯を立てるから、
私、身体をくねらせながら、甘い声、漏らしてしまってました。

609fb1f1-s.jpg

大好きな夫ではなくても、女の身体は正直なものですね。
快感の呼び鈴を、その舌先が鳴らし始めたのです。
そして、それと上手に合わせるようにして、ゆっくりと私の太ももを開いたパパの指先、
恥ずかしい柔芽を、優しく摩りだしたのでした。

パパが誘ったのでしょうか、幾らもしないうちに、
彼の手のひらが、彼の望むがままに、
私の乳房の柔らかさを楽しみ、這い回ってきました。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

思いもしない時間でしたが、大好きなパパと今日お逢いしたばかりの彼に抱きしめられ、
男の人から求められる女の身体の務めを、私、抗うことなく果たそうとしていたのです。


関連記事
09:27  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)
 | HOME |  NEXT