FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

M先生とのこと12 I先輩2

2018.04.04 (Wed)


「僕は戻るから」

暫くすると、浴衣を羽織り前を重ねながら、先生、そう言うと、
後姿を見せられました。
何も言えないまま、私、虚ろな目で、その背中を見送ったのです。

015121.jpg

後ろから、先輩の手が伸びてきても、
その広い手の平が、乳房を被い揉み始めても、
脱力してしまった、私、あらがうこともできず、
もう、されるがまましかありませんでした。

身体を仰向けにされ、太股を広げられると、
さっきまで、先生のものと繋がっていた秘唇からは、
きっと、まだ、白いものが、流伝っていると思えたのに、
シャワーを使うまでもない先輩のものが、あてがわれてきたのです。

07691354-s.jpg

二人の男の人に、同時に愛され、
経験のない、めくるめく時間を求められました。

それぞれの男の人の、欲望のおもむくままに、
それぞれの男の人の液を、身体の中に注がれたのです。

先生の残りの液が、まだ、私の中を満たしていたというのに、
先輩のもの、ゆっくりと入ってくると、
たわわな乳房を揺らして、仰け反る姿を、先輩の視線の下に見せていました。

硬い熱いものが、更に、奥にまで届くと、
私、背中をシーツから浮かせて、細い声をあげるしかありませんでした。

resize_img (3)

「今日一日、君の後姿、見てたんだ。昨日の夜のこと、忘れられなくて」

そう言うと、良い匂いのする身体を倒してきて、強く私のこと抱きしめながら、
くちびる、求めてきたんです。

熱い舌が、くちびるを分け、私の舌に絡んでくると、
一夜、自分のことを愛し続けてくれた先輩の背中に、そっと腕を回すしかなかったのです。

2322.jpg

朝方、ふっと、目を覚ましました。
何も身に着けない裸のまま、I先輩の胸に抱かれ、眠っていたのです。

すぐに、身体の奥に、昨夜注がれた、男の人のもの、あるのがわかりましたが、
それって、M先生と先輩、二人のものだって、思い出したんです。

赤ちゃん、大丈夫な時期でしたが、
あんなに沢山、注がれたんですもの、
今、こうして、I先輩の腕の中にいるときも、二人の男の人のもの、
私の身体の奥の卵、競い合いながら、探してたのかもしれませんね。

d0f5c9dc-s.jpg

思いもしない経験をさせられた松江への旅行は、
M先生との、新しい時間の過ごし方を、教えられた旅でもあったのでした。


関連記事
08:58  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

M先生とのこと11 三人

2018.04.02 (Mon)


「いやぁん」
先生と私、スプーンが重なるようにして性器を繋ぎ合った姿見られるの、
それ以上ないほど、恥ずかしいことだと思えて、私、細い声、あげました。

back_5252-006s.jpg

「あぁ、悪いね、まだ、済んでないんだ」

けれど、先生、慌てることもなく、私の腰に両手をあてがったまま、
ゆっくりと私の中を動きながら、そう、言ったのです。
そして、こう、続けました。

「君は、口を使いなさい、この子、上手だから」

唾液に濡れた私のくちびるに、
昨夜、私を愛してくれた先輩の、太い男の人のものの先が、触れてきました。
私、いやいやって、顔、振ったのに、
先輩、壊れものを扱うみたいに、私のあごにそっと手を当てると、
自分のものの先、もう一度、くちびるにあてがってきたんです。

動物たちのように、後ろから先生のものを迎え入れ、
そして、お口も、先輩のもので、犯されるのでしょうか。
けれど、もう、混乱していた私、
ゆっくりと、お口に入り込んできた、その熱く太い先輩のもの、拒めなかったのでした。

fellatio_4759-034s.jpg

「あぁ、温かい」

絞り出すようにして、先輩、そう、言うと、
私の首筋に両手を当て、ゆっくりと腰を動かし始めました。

これまでの男性との営みの中で、
すでに、男の人のもの、お口で愛すること、知ってたし、
先生とのお付き合いの中でも、随分と、経験させられてました。

男の人のもの、最も女性らしいところで迎える時と同じように、
お口で愛することって、ひどく感じること、もう、しっかりと知ってたんです。

異常な営みに、悦びの頂きが見えていました。
私、言われもしないのに、
迎え入れた先生のもの、もっと、深く欲しくて、
上手に、腰、振っていたし、
お口の奥にまでに差しこまれた先輩のものに、舌を絡ませてながら、
髪、振り乱していたのでした。

「あぁ、もう」

先輩の頼りない声が聞こえると、

「あぁ」

それに応えるように、先生の声が背中から聞こえました。
先生、私の背中に身体を被せると、
たわわな乳房、下から持ち上げるように揉み上げながら、
それまで以上に、私の身体、えぐるように突き上げ始めたんです。

3p_sex_5183-148s.jpg

「あっ、順ちゃん」

先輩のその声と同時に、私のお口の中に、温かい男の人の液が弾き出されました。
それは、驚く程の量の精液でしたが、
私、その青い匂いにむせながらも、誘われるように、懸命に舌を巻き付かせ、
激しく髪を揺らしてしまったんです。

それと同時に強く押し付けられてきた先生の腰、
そして、噴出しはじめた、大切な先生の印、身体の奥に感じると同時に、
私の身体に、自分ではどうしようもない強い麻痺が襲ってきて、
悦びの頂きに登り詰めること、
身体を激しく震わせることで、二人に告げていたんです。

3p_sex_5183-163s.jpg

三人の荒い息遣いが、暗い部屋の中に、重なり合うように聞こえてました。
それまで迎えていた先生のものが、ゆっくりと抜かれた私の秘唇からは、
納めきれなかった男の人の液が、だらしなく、シーツにまで伝い流れ、
私のくちびるからも、飲み込めなかった先輩の精液が、
一筋、流れ落ようとしていました。

gansha_4373-024s.jpg


関連記事
15:06  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

M先生とのこと10 太田へ

2018.03.30 (Fri)


img_12.jpg

朝から、レストランでのビッフェモーニング。
なんだか、皆、眠そうな顔つきでしたが、きっと、私もそうだったんだろうと思います。

それ程広くはない松江の街、
昨日乗った観光循環バスを利用して、松江城や小泉八雲記念館などを訪れました。
先生の説明を聞きながら、皆、熱心にメモ。
案内板に書いてあることより、先生のお話の方がずっと詳しくて、そして、興味深くて、
本当に、勉強になりました。

20121026055901.jpg

大学教授とその生徒という関係だけだったら、
むしろ、その方が、私、幸せだったのかもしれませんね。
でも、身体の関係がを続いている、私、やっぱり、先生のお話聞きながらも、
別なこと、思うこと、多かったです。

missionary_position_5262-049s.jpg

お城に張り巡らされたお堀、そこを周遊する観光船に乗りました。
「まるで、ジャングルみたい、こんな街の中に、すごいわ」って、
本当、緑が綺麗で、先輩が言われた様に、なんだか別の国に来ているみたいだわ。

松江堀川遊覧船1-thumb-300xauto-138

船を降りて、お堀沿いの松並木の道を歩き、
小泉八雲記念館を見学した後、
その先の、「神代そば」で割り子のおそば頂きました。

いくつもある出雲そばのお店の中で、
特に有名だといわれるみたいで、本当に美味しかったですよ。

kmysb1.jpg

午後から、次の日に訪れる石見銀山のために太田に移動し、
小さな駅から暫く歩いたビジネスホテルに到着しました。

ここは、全員が個室。先生だけツインのお部屋だったんです。
駅前の居酒屋さんで夕食を済ませると、皆、二次会に行くんだって、解散。
私、ひとり、ホテルに戻りました。

caption.jpg

「10時に」

昨日の夜の先輩とのこと、昼間、何にも言わなかった先生、
居酒屋から出るとき、私に、そう言ったんです。

「昨日の夜、どうだったんだい」

当たり前のように、抱きしめられながら、そう言われましたが、
何時になく、先生、言葉を乱しているようにも思えました。

「シャワーを使わせてください」って、そう言ったのに、
先生、慌てるようにして、私のポロシャツを脱がせると、
ちょっと乱暴だと思えるほど強引に、ブラ、外したんです。

たわわな乳房が、先生の目の前に、こぼれ出ると、
まだ、小さな柔らかな乳首に、熱いくちびるが強く吸い付いてきました。

8fa2362a-s.jpg

「君が待ってるって、先生に言われたよ」

昨日の夜の、先輩の言葉が思い出されました。
やっぱり、先生の言ったこと本当だったんだわ。
下着を下ろされ、後ろから抱きしめられながら、私、そう思っていたんです。

「ほらっ」って、言いながら、私の両足を少し開くと、
先生、後ろから、腰、押し付けてきました。

まだ、潤いが足りないって思っていたのに、
いつの間にか、私の身体、先生のこと、迎える準備を始めていたんでしょうね、

男の人のものの先が、私の秘唇を押し開きだすと、
それが身体の中に入るのを助けるための愛液が、
滴ろうとしていることが分かったし、
先生のものが、少しずつ進んでくるのに誘われるようにして、
身体の奥から、新しい蜜が、湧き上がり始めたのです。

二人の身体が繋がったままの恰好で、私、ベッドの上に両手を突きました。

tachi_back_4909-076s.jpg

あぁ、昨日の夜には迎えられなかった大好きな先生のもの、
今、こうして、迎えられたんだと思ったその時、
ゆっくりと開かられたドアから、淡く射しこんできた廊下の光が、
薄っすらとした部屋の中にまで、届こうとしたことに気付いたのでした。

「先生」

えっ、その曇ったような声、間違うことなくI先輩だとすぐにわかったんです。




関連記事
08:34  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)
 | HOME |  NEXT