FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

小舟の行方4

2017.10.10 (Tue)


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

昨日の夜、いつもと変わらぬ、清潔なシーツの上で、
眠れぬままの闇の中で、長い間、身体をくねらせていました。

思い浮かべたくはない彼とのこと、
明日は、もしかしたら、ただならぬ時間を迎えてしまうかもしれない予感が、
いつも通りの眠りを拒んでいたのかもしれません。

500.jpg


いたたまれなくて、そっと、パジャマの胸元から、右手を滑り込ませ、
今だけは、自分だけのものであるはずの、たわわな乳房をたなごころに包みました。

3ced830e-s.jpg


指の間に挟まれた乳首は、すぐに硬くとがり、
望んでいた桃色の淡い悦びが、身体中に広がり始めると、
濡れたくちびるが薄っすらと開き、甘い声が漏れること、我慢できませんでした。

nipple_5341-002s.jpg


幾らもしないうちに、パジャマと下着を太ももまで下ろし、
もう、蜜液にまみれだしている恥ずかしい柔芽に、白く細い二本の指を添え、
誰よりも知っている自分の身体を、
間違いのない、悦びにいざない始めていたのです。

自分が望む悦びのはずなのに、
それを拒むように、大きく髪を振ってました。
傍らのシーツをかみ締めながら、恥ずかしいほど濡れた指先の動きを早め、
やがて、訪れるだろう、桃色の頂きを予感した途端、、

「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

突然こころに浮かんだ、彼の言葉に誘われるように、
自分ではないと思えるものが、乱暴に乳房をもみ上げ、
自分の身体を走り抜ける、恐ろしいような悦びが白い腰をシーツから跳ね上げると、
とうとう、我慢できなかった悦びに達する声、誰かに聞かせるように漏らしながら、
気を失うような真っ白な悦びの中に、昇り詰めていったのです。

sc677.jpg


「あぁん いっちゃう」

濡れたまぶたを薄っすらと開くと、
望んでいた悦びが訪れたこと確かめるように、
もう一度、柔らかな乳房、ゆっくりと揉んでました。

「ごめんなさい、パパ」

けれど、それは、夫のある身でありながら、自分の指で悦びに震えたこと、
いえ、それ以上に、
桃色の頂に昇り詰めるその瞬間、夫ではない男の人のこと、こころに浮かべたことだったのです。

telephone_sex_5725-010s.jpg

どうかしていたのかもしれません。
今は望めない男の人のものを求めて、
驚くほど蜜液を溢れさせていた秘唇、もう一度開くと、
二本の細い指先、ゆっくりと滑り込ませました。

その指に応えるよう絞まりだした、自分の中の嫌らしくひくついているひだを感じながら、
諦めたように、そっとまぶたを閉じた、そんな夜だったのです。

c3737040-s.jpg

関連記事
15:26  |  未分類  |  Trackback(0)  |  Comment(3)

小舟の行方3

2017.09.26 (Tue)


0c4e7162-cb9f-4c82-84d4-54abe73f19af.jpg


「あぁ 今、逢えたよ。隣に座ってる」

言われたように、京都駅の裏にある駐車場に行くと、
見慣れたTさんの紺色の自動車が停まっていました。

p1.jpg


薄いスカートに気を付けながらドアを閉めると、
いつものように、良い香りがしました。

「あぁ、ちょっと、代わるから」

そう言って持たされた電話から、
なぜだか今は懐かしい、夫の低い声が、
随分と遠くから聞こえたような気がしたんです。

「楽しんでおいで」

何も言えないままの私。

「あぁ、約束通り、時々、報告するから」

そう言って、電話を置いた彼、人目が無いことを良いことに、私の肩を抱き寄せると、
青いイヤリングの揺れる耳たぶに、熱い息を感じさせながら、
くちびる近づけてきたのです。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg


「君が駅から歩いて姿を眺めているだけで、堪らなかったんだ。ほらっ、こんなに」
 
「えっ いやっ」
驚いて髪を揺らして抗ったのに、引かれた手のひらが、
彼のチェックのスラックスの前に引き寄せられると、
私を求める懐かしいふくらみに触れ、その温かさを感じた途端
彼の手が望むがままに、ゆっくりと摩りだしていたのでした。

img_23.jpg


抗うことも、拒むこともできませんでした。
それは、できたはずなのに、なぜか、出来なかったのです。

自分は、たった今まで、声を聞いていた夫の、紛れもない妻であるはずなのに、
今、自分の身体を求める、違う男の人の熱さに触れて、
大切な夫への貞操が、だらだらと溶け出していることを、感じていたのでした。

sex_5741-177s.jpg

関連記事
15:59  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

小舟の行方2

2017.09.22 (Fri)


bukkake-2129-07s.jpg

「堪らないんだ、順子の身体、思い出すと」
「いや、もう、忘れてくださいね」
「ちょっと、待って。あの時の順子とのこと、思い出してもらうから」

暫くすると、電話、ブルブルって震えて、
画像が送られてきたことがわかったんです。

恐る恐る開いてみた写真、
あぁ、それは、ふたりが身体を繋ぎあった彼の別荘で、
幾度とない悦びのために朦朧となった時、
足元に準備されていたカメラで撮られてしまったもの。

見直す必要もなく、ふたりの愛液と精液に濡れた性器が、
これ以上はないほど、しっかりと繋がり合っている姿だったのです。

それも、目を逸らすほど、嫌らしい格好で。

0f7519d0-s.jpg


「嫌ぁ、困るわ」

上ずった声で、やっと応えた私、
手をあてがった、うすいブラウスの胸元が、幾らかの喘ぎのために、
膨らんでうろたえたそんな私を、まるで、見透かしたように、

「大丈夫な時なんだよね」
「えっ!」

彼の言葉の意味、すぐに察した私、
あぁ、どうして、そんなことを知っているの。

「教えてくれたんだ」

えっ 夫が彼に、そんな恥ずかしいこと、言ったの、
それって、ふたりが過ごす時間が、どんな時間になるのか、
夫が許したってことなのね。
それも、最後は、彼が望むままにしなさいってこと?。

141209-0056.jpg


「楽しみにしてるよ、順子。
今夜は、僕のこと、思い出しながらおやすみ」

傍らの東屋の柱に手を添えました。
軽いめまいを感じ、両足から力が抜けそうだったのです。
けれど、その時になって、
自分の身体が熱を帯び、薄っすらと濡れようとしているのに気が付きました。

遥か遠くからの、彼の声だったはずなのに、
その誘いの声に、素直に応えようとしている自分の身体、
恨めしくも思えたのでした。

吐息をもらし、見上げた虚ろな眼差しの先には、
さっきまでいた貴船神社が、映りました。
あってはならないTさんとの約束。
思いもかけない復縁は、神様の戯れだったのでしょうか。

13116663_299348260396195_1527151561_n.jpg

関連記事
20:43  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(3)
 | HOME |  NEXT