FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

O先生との夜6

2018.08.20 (Mon)


2010_0911k0033.jpg

私の中に、思いを遂げた先生。
けれど、私の身体を、一度では、放してはくれませんでした。

小さなテーブルの上に置かれていたドリンクを飲み干すと、
ごろりと横に寝転び、私の身体、軽々と自分の上に、跨らせたのです。

「いやっ」

先生の望むことを察した私、思わず、そう抗ったのに、
その時には、乱暴に開かれた太ももの付け根、恥ずかしい女の秘唇には、
最初の時以上に太く蘇った男の人のものが擦りつけられ、
ゆっくりと埋められ始めていたのです。 

04df3b6b2d8f326a45ea25a055b0da54-630x930.jpg


「ほら、また、君の中の入っていくのが見えるよ」

resize_img (7)

下からゆっくりと突き上げられながら、
思わず身体を仰け反らせて、細い桃色の声をあげた私の唇、
身体を起こし抱きしめてきた先生の、唾液で濡れた熱い舌が押し開き、
私のくちびる、息の止まるほど、吸いたてると、
それに素直に応えるようにして、
何のためらいもなく私、どろりと流れ込んできた唾液、
喉を鳴らしながら、啜り飲んでいたのでした。

berochu_5205-012s.jpg


「あぁ、何度でも、出したい身体だ」

二度、先生の身体の上で、悦びに震えましたが、
それだけでは、許してはもらえませんでした。

すぐに、白い私の身体に、先生の重い身体が被さるように重なってきて、
唾液の音を聞かせながら、首筋を吸いたてる先生の荒い息の中で、
曇るような声を聞かされたのです。

seijyoui_4438-165s.jpg

逞しい腰が、これ以上は無理だと思えるほど、太ももを押し広げて、
突き落とすように、私を、犯し続けていたのです。
心ならずも、何度、悦びの声をあげさせられたのか、覚えていません。
先生が、私の身体のすべてに満足するまで、もう、耐えるしかないと思えていたのでしょう。

c32082f7169ea558a2e61d3f782eb7fa-630x456.jpg


「たっぷり、あげるから」

その言葉が終わらないうちに、唸るような声を聞かされ、
身体の中の先生のものが、それまで以上に、明らかに太く膨れ上がるのが分かり、
それに応えるように、自分の柔襞が、
先生のもの絞るようにうごめき出したことがわかったのです。

気持ちとは裏腹に、自分の首筋が仰け反り、身体の奥に温かさを感じたと同時に、
それに、上手に合わせるようにして、真っ白な悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

sex_4752-153s.jpg



永い夜が過ぎ、カーテンの向こう側に、ゆっくりとあけぼのの赤さが忍び差し込んでいました。

身体を包むけだるさと、幾らかの痛みを感じながら、何も着けない身体のまま、
そっと、バスルームに向かいました。
シャワーの細いお湯が、身体の隅々を流れ伝います。

012123.jpg

ひとつ、微かにため息をつきました。
まだ、夜の明けやらぬ時間、もう、一度、身体を求められ、
おびただしい量の精液を注ぎ入れられていたのでした。

どう、くちびるを吸えば、どう、舌を絡めれば、
どう、腰を振れば、どう、柔肉を締め付ければ、
先生が喜んでくれるのか、しっかりと、教えられた永い時間でした。

1916-13s.jpg

朝方、注がれた先生の精液が、暖かなお湯と一緒に、
太ももの内側、ゆっくりと、伝い流れているようにも思えたし、
懐かしくも思い出される先生のしるしの強い匂いが、
正直、今は、愛おしくも思えていたのです。

awamamire_4859-090s.jpg

20:33  |  M先生とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(12)
PREV  | HOME |  NEXT