FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

よし君とのそれから5

2014.10.13 (Mon)

シャワーを使いに浴室に行ったパパ。
引き出物を開けようとしたとき、携帯電話が震えました。

あらっ、よし君からだわ。

「おめでとう、綺麗な奥様だったわね」
「ありがとうございます。それが、赤ちゃんができちゃって・・・」
「えぇ、紹介があったから、良かったわね」
「それが、大事な時期だから、できないって」
「えっ、何が」
「セックス」
「あぁ、そうね、大事にしないと」
「それで」
「それで?」
「いいでしょ、また」
「なに?」
「順子さんと」
「えっ!」
「セックス」

浴室のドアが開いて、私、慌てて電話、切りました。

「呑み直そうか?」
「えぇ、着物脱ぐから、ちょっと、待っててね」

そう言って、座敷に入ろうとしたのに、
パパ、許してくれなかったんです。

images.jpg

「着物を着た綺麗な順子、皆が見てたんだね」
「えぇ、随分と誉めていただいたわ、知らない人にも」
裾の方から手を入れられ、下から捲り上げられました。

「独り占めにしたいんだ」
「かまわないわ、私の身体、あなただけのものなんだから」

着物や浴衣姿のままに、パパに求められて、
身体を繋ぎあったこと、少なくはなかったんですよ。
二人の愛液で、着物が汚れる心配はあったけど、
それって、妻としての務めだから、仕方のないことですよね。

パパも慣れていて、
裾を大きく捲り上げると、私の下着を下ろし、
自分の熱いもの、ゆっくりと、後ろからあてがってきたんです。

029ab1aa.jpg

私の潤い以上に、パパの先から滲ませてくれていた透明な液に助けられて、
進み、戻り、ゆっくりと奥に届くと、
少しずつ、仲の良い夫婦の、慣れた営みの動きが始まったのでした。

帯を解いて、重ねを開くことはしなかったから、
パパの大好きな乳房は、着物の中です。
けれど、繋がっているところだけに、パパを感じて、
むしろ、悦びは強かったのかもしれませんね。

二人の身体が、パパのものだけで、繋がり合って、
激しく揺すられたんです。

自分のもので妻と身体を繋げ合い、よし君にゆだねていた私の身体、
今夜、夫である自分のものに、取り戻そうとしたんでしょうね。
何時になく、激しい突きに、私は敢え無く、
悦びの頂に、激しく昇り詰めることを告げたんです。

同時に注ぎ込まれたパパの液を感じ、
髪を振り乱しながら、嫌らしく腰を震わせる私。

けれど、アクメの瞬間こころに浮かんだものは、
思いもよらず、
「順子さんと、もう一度、セックス」って言った、
よし君からの言葉だったのでした。

身体の中で、反り返り、射精を続けるパパのものさえ、
今、ここにいない、よし君のもののように感じられて、
その温かな液に誘われながら、
再び、悲鳴のような、悦びの声を、聞かせたのでした。

01433-600x414.jpg

よし君との関係も終わらせると同時に、お勤めも辞めるつもりでした。
けれど、身体がそのこと、許してくれないかもしれないって、
名残惜しく私の中で脈づいているパパのものを絞めつけながら、
私、そう、思ったのです。

c275402b.jpg





12:13  |  よし君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(15)
PREV  | HOME |  NEXT