FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

城崎旅行9

2018.07.02 (Mon)


9a26f32f0d1fb44aeea547d447e4e8e9-630x418.jpg

お部屋の中には、ただならぬ匂いが漂っているような気がしましたが、
けれど、そのこと、私以上に感じたのは、きっと、Nさんだとも思えました。

パパが使っているのだろう、シャワーの音が聞こえていましたが、
声を掛けること、許されないままに、私は手を引かれて、部屋の外に出て行ったのです。

「ご主人も、許してくれるはずさ」

私たちの部屋だったはずのドアを後ろ手に閉じるなり、
慌てるような彼に抱き寄せられると、荒い息の中で、当たり前のように、
くちびる、求められました。

逞しい胸に両手を当てて、抗おうとしましたが、
息の詰まるほど、乱暴とも言えるほどに抱き締められ、
仰け反ったところを見計らった彼の分厚い舌先が、私のくちびるを押し開き、
逃げ惑う舌を吸いたててきたのです。

1873-12s.jpg

言葉はありませんでした。
それは、あの時の彼とは思えないほど、息を弾ませていました。

地中海旅行の説明会の日、初めてお会いしたというのに、
人の目も心配されるエレベーターホールの陰で、唇を奪われました。

そして、心配していた地中海の船の、清潔なベッドシーツの上では、
抗い逃げ惑う私の身体と、自慢の男のものでしっかりと繋がり合うことを果たすと、
数え切れないほど、悦びに突き上げた私の身体とこころ、
悠々と、自分のものにして、ほくそ笑んだのでした。

sex_5741-124s.jpg

それからも、夫ではない、その夫から許された営みだったとは言え、
幾度となく身体を繋ぎ合う度に、その魅力に惑わされ、
そして、とうとう、その男の人の液、何度も注ぎ入れられること、
むしろ、自分の方から狂おしく求めるように、させられてしまっていたのです。

sex_4610-030s.jpg

けれど、今夜の彼は、その時の彼とは思えませんでした。
夫ではない、彼の男の人の液の全てを、身体の奥に求めることさえ願った彼の魅力は、
その時、全く感じることができなかったのです。

ブラウスのボタンを上手に外し、ブラと素肌の間から差し込まれた、
Nさんの広い手の平が、たわわな乳房を被い、
乳首がゆっくりと硬くなりだしたったその時、部屋の鍵が開く小さな音がしました。

「Nさん、申し訳ないけど、今はそのくらいでいいでしょ、後は、食事の後で」

imagesCATFEW6X.jpg

昨日の蟹料理と違って、但馬牛をメインとしたお肉の夕食が済むと、
私たちの部屋で二次会をと、夫がNさんたちご夫婦を誘いました。

main_02.jpg

女将さんと次男坊の彼が、お酒やおつまみを持って来てくれましたが、

「あぁ、女将さん、この部屋に布団二人分敷いてもらえるかなぁ」
「遅くまで飲まれるんですね。えぇ、かまいませんよ、すぐに準備させますね」

もともと、四、五人程度のお客様も泊まれるお部屋の広さ、
八畳くらいの床の間と縁側の付いた和室と、これから二次会に使うするソファーリビング、
それとは別に、ツインのベッドルームもあるので、ゆっくりなんですけど、
やっぱり、ちょっと、慌てたんです。

003.jpg

夫以外の男の人に身体を開いて、夫に言われるがまま、
そして、自分の身体の求めるがまま、
人妻としてあってはならない時間を過ごしたこと、少なくはありません。
夫に申し訳ない気持ち、強く感じながらも、
私を抱いたこと、相手の男の人に後悔してもらいたくないし、
私の身体、悦んでもらうこと、女としての努めだと思っています。

berochu_5205-065s.jpg

けれど、他の男の人と繋がり合い、仕方のない悦びの声を聞かせてしまうことは、
やっぱり、大好きな夫の前では妻として、
いたたまれない気持ちが強いし、夫も辛いだろうと、
今まで、避けてきたつもりだったのです。


13:25  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)
PREV  | HOME |  NEXT