FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

「報告書」 その5 約束

2009.06.01 (Mon)

親愛なる S様
報告書NO5をお送りします。

奥様の携帯電話の履歴をお教えしましょう。
勤め先で行かれたバスでの小旅行は、気疲ればかりで楽しくなかった
との 奥様のお話でしたね。
疲れた理由が他にあったことは、この履歴を読めば
納得いくことでしょう。

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 1〕

昨夜は ごちそうさまでした
美味しかったよ 君のからだ
たっぷりと いただきました

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 2〕

忘れてください

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 3〕

ごちそうさまは 君が言うことですね
だって あんなに たくさん 
僕の 精液を
君の からだは受け入れたのだから

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 4〕

酔って中庭で冷ましていた私を
暗がりに強引に連れ込んで

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 5〕

でも くちづけの後に
嫌がりもしないで
僕のものを くわえこんだことも
ワインの性にするんですか

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 6〕

もう 言わないで

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 7〕

後ろの席から君が見えます
そのくちびるで僕のこと
愛し 飲んでくれたんですね

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 8〕

やめて

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔 9〕

君の からだの中には
僕の精液が 今もあるんですね
それが君のからだに
染み込んでいく

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔10〕

怖いわ もう許して

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔11〕

僕の腰にまたがった 君は
自分から 僕のものをあてがい
腰をゆっくりと落としていったね
なめらかな 挿入でした

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔12〕

だめ

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔13〕
さっき
君のからだを遠くから
眺めました
その腰を あんなに
いやらしく振って
僕の精液を 搾り取ってくれた

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔14〕

いや

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔15〕

君の からだの 感触を思い出して
さっきから ほら
こんなに 固くなっています
君も 入れたいでしょう
それに きっと
今 濡れているはずです

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔16〕

どうすれば いいの

2000/11/25

□ ーーーーーーーーーー〔17〕

今日の解散時間は昼過ぎだから
それから 又 メールします
今度は
もっと ゆっくりと
君のこと 味会わせてください
約束ですよ


渋滞でバスの到着が遅れちゃって と夜遅く帰宅した奥様。
バスルームから出て来たその裸のからだを抱き上げ、
照明も点けない寝室で2度、3度と犯し続けたことは、
S様 あなたにとって幸せだったことといえるでしょう。
そうでなければ、その時まで奥様のからだの中にわずかに残っていた
他の男のものから注入された白い精液とその匂い、
そして、白い乳房や内股についた、たくさんのキスマークを
S様 あなたは 見つけることになったことでしょう。

では また
21:25  |  「報告書」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
PREV  | HOME |  NEXT