FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

久し振りのモーテル4

2013.11.30 (Sat)

「パジャマパーテイを読んだよ」って主人。
なぜだか、部屋の明かりを暗くしました。
いつもは、恥ずかしいから明かりを消してって言っても、
二人の繋がっているところを見たいからと、
明るいままで営みが始まります。なのに。
私のこと後ろから優しく抱きしめながら、

「Tに抱かれてみるかい」
 ばかぁって、
そう言いながら、待ちきれずに腰を振っておねだりしましたが、
主人たら意地悪して、おっきなものなかなか入れてくれません。

imagesCAEG3O3G.jpg
 
 「Tさん、入れてって、言ってごらん」
やだ、そんなこと言えるわけないでしょ。って、思ったけど、
そんな主人の言葉に強く興奮した私の身体は、
もう我慢できそうにもありませんでした。
欲しくて欲しくてたまらなかったのです。

Tさんに抱かれる、私が。
そんなこと絶対にないわ、と思いながらも、
閉じた瞼の先には、
爽やかな笑顔と、
あの時見た、
Tさんのおっきなものが浮かび上がってきました。
その途端、それまでにない感覚が私を包み、
身体の奥に、新しい蜜が溢れたことがわかったのです。

彼の熱いものの先が私の秘唇をゆっくりとなぞります。
お互いの愛液で、ヌレヌレ。
時折、私の秘芽にも熱いものが触れ、焦らされ、
とうとう我慢できなくなった私は、Tさんの顔を思いながら、
 「Tさんが欲しい。入れて」って、口走ってしまったのでした。

主人以外の男性を求める言葉を口にした私は、
これまで経験をしたことのないような、異質な快感を得たような気がしました。
他の人に抱かれる刺激ってこんなにすごいことなのかしら。

そんな私を見透かしたようにして、
男の人のものが一気に身体の奥まで入り込んできたのです。
胸を仰け反らせた私は、か細い声を上げていました。

imagesCA565LVE.jpg
 
「順子さん、ほら、とうとう、僕のものになったんだね」
Tさんの言い方でそう言うと、
ゆっくりとした腰の動きが始まりました。
抱かれ慣れた身体のはずなのに、
今強く抱きしめられて、
私の身体を充分に味わっているのは、
まぎれもなくTさんのように思えました。

Tさんに抱かれた私の身体は、異常に熱く燃え上がっていったのです。

熱い息の中で耳たぶを噛まれながら、
 「順子さんの中が、絡みつくように僕のを締め付けてるよ」
 「順子さんのって、なんて、いやらしい乳房なんだ」
 「もっと、可愛い声、聴かせて」
 「太いって言って」
日ごろ聞くことのないそんないやらしい言葉と、
激しい腰の動きに揺すられながら、
私は泣きながら彼の背中に噛り付いていました。

imagesCAZLSAIA.jpg

 「Tさん、気持ちいいって、言ってごらん。大きな声で」
私は髪を揺らして、出来ないって言うつもりだったのに、
思いもかけず、そのとおりに叫んでいました。
もう、私を抱いている男性が、主人なのか、Tさんなのか、
区別がつかなかったのかもしれませんね。

呆れるほど、短い時間でアクメの予感が感じられました。
きっと、桜色に裸身が染まりかけていたのだと思います。

 「順子さん、欲しいんだろ。中に出してって言ってごらん」
その言葉の終わらぬうちに、
それまでにない彼の深いえぐるような動きが始まり、
私の身体は、その動きに上手に合わせるようにして、
急激に登り詰めようとしていたのです。

 「あなた、ごめんなさい。
  Tさんのが欲しいの。Tさんの精液が欲しいの。」
私の口から迸った考えてもいなかった言葉に、
後になって一番驚いたのは、
きっと、私自身だったと思います。

vivian.jpg

逞しい男の人の腰に両手をあて、
同時に始まった射精を、
できるだけ深いところで受け止められるように
自分のものを懸命に擦り付けていたのでした。

長い時間、荒い呼吸が治まりませんでした。
温かい、今はTさんのものである精液を、
不貞の妻として身体の一番奥に残したまま、
あきらめた様に目を閉じていました。

 「ああ、あんなにたくさん、出されちゃったら、
  Tさんの赤ちゃん、産むことになっちゃうわ」


関連記事
13:48  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/99-4c1f9ead

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。