FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

水色の封筒4

2013.11.25 (Mon)

健二君は私の背中に回ると、
この間よりもしっかりとブラ越しに、胸に両手を当ててきました。
そして、ゆっくりと私の乳房の弾力を確かめるように、
揉んできたのです。

「だめよ」

掠れた声で言ったつもりでしたが、
よく聞こえなかったのかもしれません。
鼓動が早くなり胸が大きく上下し、
恥ずかしくて、身体をくねらせました。

私の両手を上げさせるとポロシャツを脱がせ、
上手にブラのホックを外しました。
私は慌てて、両腕を交差させ乳房を隠しましたが、
彼の息遣いが、急に荒くなったのがわかります。

imagesCADOZM4V.jpg

「いい匂いがする」

そう言うと、
改めて、私の乳房に彼の掌が直に被さってきて、
そして、揉み始めたのです。

imagesCA4JIR7K.jpg

自分が触る時とは全然違う、
甘ったるい快感が全身に広がりました。
もう、後戻りできないだろうなぁって、そう、思いました。
恥ずかしい声を、我慢することができないでいたからです。

健二君、私の前に回って座り込み、
暫くの間、私の乳房をまじまじと見ていました。
恥ずかしくて、両手で顔を隠していた私でしたが、
身体を仰け反らせ、
「あん」と甘い声をだしました。
彼が乳首に唇を寄せてきたからです。
初めて、男の人から吸われた乳首は、
彼の暖かな口の中に含まれ、舌を使われ、
そして、吸われ、
喜ぶようにして、大きく硬くなっていったのでした。
自分でも心配するくらいに、息遣いが尋常ではありませんでした。

imagesCATFEW6X.jpg

健二君、暫くそうやって、私の胸に満足すると、
おもむろに立ち上がり、スラックスと下着をおろしました。
驚いて目を見開いた私のすぐ前には、
怒ったような、赤い、健二君のものがあったのです。

この間と同じように、
彼は私の手を取って自分のものに誘うと、
ゆっくりと動かしだしました。
彼の手が離れた後も、
火傷をしそうに感じるほど、
熱い彼のものに絡んだまま同じように動いていました。

 こうすれば、気持ちがいいの。

目を閉じて荒い息をしている健二君を見上げると、
私は心の中で微笑みながら、そう、話しかけました。

こんなに大きなものが、私の狭いところに入るのかしら。
私にはまだ、早すぎることなのかしら、
男の人を受け入れるって、
大人の女の人になるって、やっぱり、たいへんなことだわ。

その時が迫りながらも、私は、そう思いましたが、
突然、彼は唸るような曇った声を上げたと思うと、
激しく腰を突き出し、
乳房と谷間に強く擦り付けてきました。
私の指が絡んでいた熱いものの先から、
彼の液が迸ります。
それは、二度、三度、
塊のように私に向かって放たれ、私の乳房や、あごや、唇に届いたのです。

imagesCA90YH94.jpg

あの時に覚えた、強い匂いの中に私の身体は包まれていました。
けれど、そのことは嫌ではありませんでした。
男の人の発作を目の当たりに見て、
そして、彼の大切な赤ちゃんの素を身体で受け止めたことは、
私にとって、驚きとともに、喜びであるかのような気がしました。

彼から教えられたように、
動かし続けていた私の指の間から、粘りの強い液が滴り流れ、
乳房や乳首に降りかかったものは、
温かく、ゆっくりと、乳房の間を流れ始めていました。

なぜ、私のことを本当に抱かなかったのかわかりません。
二人の身体を、彼がもし強引に繋げようとしたら、
多分、私は受け入れたのだと思います。
初めから彼の目的は、そこまではなかったのかもしれませんね。
でも、男の子って、そこまで我慢できるのでしょうか。
むしろ、私のほうが、待っていたのかもしれないのに。

健二君の部屋でのそんな出来事はこれで終わりました。
今思うとそれは、私が中学時代に、
バージンを失う最後のチャンスでもあったんですね。
この後二人とも、真剣勝負の受験勉強に突入。
この日のことは、
淡い思い出として、今残っています。

関連記事
20:16  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/96-44d3eb9a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。