FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

水色の封筒2

2013.11.20 (Wed)

水色の封筒と中に入っていたものは、
次の日の朝、駅のゴミ箱に捨てました。

thCA9QLJ9O.jpg

私のことを思いながら、
あんなにたくさん出してくれた男の人の液を、
そんなところに捨てたことに、
少し申し訳ないようにも思えましたが、
仕方がありませんよね。

imagesCAMIA9FX.jpg

その日も、いつものように学校生活が始まり、
能天気な私は、
昨日のことに特にショックは感じませんでしたが、
誰が、あんなことをしたのか、
少し興味があったことは事実です。

けれど、思った以上に早く、その答えを見つけることになりました。

2時間目の英語の時間、
数人の生徒が、英語の訳を黒板に書いていました。
よくある、風景でしたが、
私は、小さな声をあげていました。

 君の笑顔と、君の乳房を思いながら、さっき出しました。

昨日貰った几帳面な丁寧な字と同じ文字で、
英語の訳を書いていたのは、
小学校からの友達だった健二君だったのです。

母親同士が前から仲が良かったこともあり、
誕生会や旅行など、家族での付き合いが続いていました。
私なんかより、随分とお勉強もできて、
ハンサムな彼に恋焦がれる子って、結構多かったんですよ。

 やだ、健二君だったの。

字を見れば私にだって、分かるわ。
昨日、気づかなかったことが、おかしなくらいに。

thCAO2X9SE.jpg

夏休みの前期の課外が終わった放課後、
健二君から映画に誘われました。
皆でわいわいと行くことは良くありましたが、
二人だけで行くの、初めてだったかなぁ。

私も楽しみにしていた人気の映画でしたが、
平日の昼間だったからでしょうか、
館内には、お客さんが数人。

p1120012.jpg

健二君。一番後ろの席に私を誘うと、
二人で仲良くポップコーンを食べ始めました。

503038846_2249918_2243687.jpg

面白かったですよ、映画。なのに、健二君たら。

 「ねえ、おっぱい見せて」

ばかぁって、笑顔で応えると、
コーラを椅子のホルダーに置かせて、
突然、私の右手を、自分の股間にもっていったのです。

一番後ろの席だったのを良いことに、
暗がりの中で、いつの間にか健二君、
大きくなったものを、
コットンスラックスから出していました。

この歳くらいの男の子って、
本当に、怖いくらいに、性欲のおもむくままなんですね。

強引に握らせられた健二君のもの、
驚くくらい熱くて大きくて、そのことに、まず、びっくり。

 「僕がいいっていうまで、動かしてて」

逃げようとする私の手を、
自分の手で包むように強く握ると、
動かし始めていました。

imagesCA7KMDU7.jpg

そんな動きを男の人が求めることは知りませんでした。
とにかく私は、驚きのまま、その動きに自分の右手を任せていたのです。
それに、彼のものには、
この間水色の封筒に入っていたものが、
いつの間にか付けられていました。

 「ちょっとでいいから」

健二君、そう言うと、私のサマーセーターの裾から入れた右手で、
ブラ越しの胸を触ってきたのですが、
彼の手から解放された私の右手は、
言われたとおり、それまでの動きを続けていたのでした。

img62475576.jpg

彼が言ったように、僅かな時間で終わりを迎えました。
ブラ越しの乳房を触っていた彼の手の平に、
それまでよりも少しだけ力が加わると、
私の右手の中にあった熱いものは、
はっきりとわかるように大きく膨らんで、
どくんどくんと脈を打ちました。

男の人がいくっていうことを、
自分の手で初めて知った瞬間だったのです。

言われていたように、
彼が終ってくれたと分かった後も手の動きは止めませんでした。
私の手で、
男の人がよくなってくれたことが、
やっぱり、嬉しかったからだと思います。

映画の最後のシーンは、
主人公の、
「忘れないでくれ」って、
セリフだったことも今でも覚えています。

忘れるはずないわ、
こんなすごいこと、初めて経験したんだから。


関連記事
15:16  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/94-ce5a3171

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。