FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

パジャマパーテイー5

2013.11.18 (Mon)

テニスコートのクラブハウスで簡単にシャワーを浴びていましたが、
別荘から帰って、
もう一度、お風呂に入りました。
2,3人は入れる広い露天の浴槽で、
私が浸かっているとS夫人が入ってきて、
脇の下から腕を伸ばし、私の双胸を揉み上げました。

imagesCAA9V29Z.jpg

「昨日の夜、何かあったの」
私が笑顔を向けると、
「まさか、Tさんに抱かれたんじゃないんでしょうね」
そう言って、両方の乳首を摘まんだのです。

「あん」
私は裸体をくねらせて、甘い声をあげるしかありませんでした。

3時過ぎに、日焼けした顔を揃えて、主人たちが帰ってきました。
お願いしていた通り途中のお店で、豪華なお弁当を買ってきてくれたので、
今夜の夕食の支度は、お摘みに工夫を凝らしてみました。

imagesCA9V7Q9A.jpg

imagesCAX9W3L5.jpg

今夜は普通の部屋着にする予定だったのに、
殿方たちのリクエストで、昨夜と同じベビードール。
やだぁ。やっぱり、恥ずかしいわ。

imagesCAMEGUXP.jpg

明日帰る準備もあるし、
皆、早めに部屋に戻りましたが、
案の定、嬉しいことに主人が求めてきてくれました。

私の身体は充分に準備が出来ていて、
瞬く間に、一度目のアクメ。
二度目に向かって登り詰めようとしたとき、
主人たら、私の中から固いものを抜き出して立ち上がると、
なぜだか、部屋のドアを半分ほど開きました。

「やだ、聞こえちゃうわ」
そう言おうとしましたが、
改めて主人が被さってくると、
私の方からうねるように腰を擦り付け、
主人のものを受け入れたのでした。

声が漏れることを我慢することはできませんでした。
何時も以上に元気な主人に抱かれ続け、
掌の間から出る恥ずかしい声は、
明らかに部屋の外にも聞こえるだろうと思えたし、
誰かが、階段を登ってくる気配は感じたものの、
繋がった身体を離すことは、到底、できないことでした。

主人の背中の向こうに、T夫人の顔が見えました。
口に手を当てて私たちの営みの様子を覗いている様子でしたが、
暫くそうしていた後、
なぜだか、彼女は、私たちの部屋の向かいにある、
Sさんの部屋に入っていったのです。

それがどういうことなのか、私にはわかりませんでした。
何が起こるのか、理解できませんでした。
ただ、暫くするとSさんの部屋の開いたドアから、
明らかにT夫人のものと思われるすすり泣く様な声が、
漏れ聞こえてきたのでした。


Tさんが、別荘のドアの鍵を掛けると、
私たちも、銘々の車に乗り込みました。
夏の濃い空の下、両側にある緑の中を帰ります。

無題

今度来たときには、
主人以外の男性に抱かれることになるのでしょうか。
運転をする主人から優しく掌を握られたまま、
そっと、まぶたを閉じたのでした。



関連記事
15:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/92-02f114d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。