FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

鉤括弧の句点

2013.11.13 (Wed)

現在進行中の「幸せの行方」では、作品を常体で書いていますが、
文末の表現が同じようなものになりがちで、
その処理に苦悩することが再三あります。
やはり、敬体の方が、表現の自由度は広がるのでしょうか。

嬉しいことに、時々、読んでくれているのでしょう、
主人からはいろいろと助言があります。

会話の鉤括弧で、文末の句点が目障りだから、
付けない方がいいのでは、というのが昨夜の指摘でした。

会話文は「……。」と書くのが当たり前だと思っていましたが、
近くにあった最近の小説をあらためて見てみると、
確かに「……」と、句点がつけてないんですね。

ググってみても、いろいろな見解やご意見があるようです。
国語審議会や文科省では、句点をつけることを奨励しているようですが、
新聞や雑誌などでは、付けないことが当たり前のようです。

さて、では、どうするのか。
つたない作品を読んでいただいている皆様が、
できるだけ、読みやすいようにとも考えてもいますが、
まだ、踏み切れません。

「幸せの行方」では、
登場人物にはできるだけしゃべらせないようにしています。
しゃべらせると、読者の皆様の想像を、
無意味に制限するように思えるからです。

思いもよらず長い作品になった「幸せの行方」。
作品の完結までの構想は、既に私の中では出来上がっています。
とりあえずこの作品では、
同じ常体で、そして、「……。」の形で続けようかと、
今は、そう思っています。

img1.jpg

関連記事
10:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/87-52b09897

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。