FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

おもちゃ箱3

2013.11.09 (Sat)

こんばんは。
北陸の街並みはすっかり秋の装い、
皆様のところは、いかがでしょうか。

imagesCAS94PGQ.jpg

さて、「おもちゃ箱」の続きです。
これ、何だかわかりますか。
imagesCAMEN2T7.jpg
ある夜のベッドシーン。
後ろに座った主人から、永い時間胸を揉まれていた私。
身体に広がる幸せな快感に身を任せていました。
喘ぎながら身体をくねらせたとき、

「プレゼントだよ。」
と、主人がおもちゃ箱から出してきたのが、これ。
皆さんもきっと思われると思います。
変わったイヤリング、だと。

けれど、主人。
そのイヤリングの丸い部分で、
愛されて膨らんでいた私の乳首を摘まむと、
ゆっくりと挟んだんです。

強烈な痛みに仰け反りました。
さらに、反対の乳首にも。

「いやっ。」
主人は私の耳たぶを甘く噛んで、
「我慢して。」って。
やだぁ、痛いってばぁ。

けれど、もともと私って、Mっ気があるんでしょうね。
身体の方は正直に喜んでいて、
激しい痛みに身体をよじらせながらも、
驚く量の愛液を溢れさせていました。

主人が私の腰を持ち上げると、
ふたつの乳房は、そのイヤアリングを光らせたまま、
たわわな姿になりました。

imagesCAFE1BWB.jpg

大好きな主人の熱く太いものが私の中に入ってきて、
ゆっくりと身体を揺らし始めます。
その揺れと同調して、
カチッ、カチッって音が聞こえてきました。
ふたつの丸い銀色の玉が当たって、
その度に、痛みと快感が同時に私を襲い、
これまでにないようなはしたない声が出ることを、
とめることができませんでした。

痛みと快感に悶え、
裸体をくねらせる妻の姿を見ることが、
主人の喜びならば、
それは、そのまま、妻である私の喜びだとも思えました。

「パパ、いっちゃうわ。」
大きな声を出しそうだった私は、
枕に顔を伏せて、曇った声をあげると、
主人は少し動きを早め、上手に登り詰めさせてくれました。

いつもとは違う主人との営みでした。

imagesCAEK9SA7.jpg

イヤリングを外された乳首は、
主人が労わるように長い時間舌を使いながら吸ってくれました。
涙に濡れた目を傍らにやると、
先程、外してくれたあのイヤリングが、
怪しげな光を放ちながら並んでいます。

「これ、もう嫌かい。」
「そんなことない。大好きなパパが言うなら、何でも我慢するから。」
と、主人に強く抱き寄せられました。

「痛かったけど、気持ちよかった。また、ね。」
そう、言うと、口づけをおねだりしました。

ええ、とっても、幸せな夜でしたよ。

関連記事
16:11  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/83-c59a2aca

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |