FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

初めての混浴2

2013.10.31 (Thu)

初めての混浴を経験した私。
ちょっと、どきどきの時間でした。
けれど、その刺激のお蔭で、
夕食までの時間はしっかりと主人に可愛がってもらって、
ふふ、幸せ。

長距離の運転と、温泉と、夕食のとき飲んだ日本酒と、
それと、私との営みの疲れからでしょうか、
主人は9時過ぎには、ご就寝。

ということで、これから書くことは、主人は知らない出来事。

私は、娘たちへのお土産を探しに、ホテルの売店に来ていました。
あら、美味しそうなのがたくさんあるわ。

無題

imagesCAW13I9D.jpg

きっと、私は嬉しそうな顔をして、お菓子を見ていたのでしょう。
突然、「先程は、ありがとうございました。」
と、低い声が耳元で響きました。

混浴でご一緒した、旦那様でした。
奥様はいらっしゃらなくて、おひとりの様子。
ちょっと驚いた私は、浴衣の胸元を重ね直しました。
だってさっきまで、
小さなタオルでは隠しきれなかった乳房と裸体を、
しっかりと見られていたからです。

imagesCAQM7TL4.jpg

暫く談笑した後、
「家内が寝てしまったので、
10時過ぎに、さっきの温泉に入りに行くつもりです。
 奥様もご一緒にいかがですか。」
との、思いもよらぬお誘い。
私はなぜだか断ることもしないで、
微笑みだけを返していました。

先方の奥様と私の主人がいない温泉に、
この旦那様と二人だけで浸かることがどうゆうことなのか、
私は少し混乱していたのでしょう。

部屋に戻ると、先程と同じように、
主人はのんびりと寝ていました。
時計の針ばかり気にしていた私ですが、
湯殿にいるだろう先程の旦那様のことが思われました。

imagesCAMK0T1D.jpg

誘われたままにお風呂に行っても、
もしかしたら、彼はいないで私だけかもしれないし、
彼がいたとしても、何をお話すればいいのか、
そして、どんな時間が流れるのか。

一度だけ、ソファーから立ち上がって、
バスタオルに手を伸ばしたものの、
結局、私が部屋を出ることはありませんでした。

これって、何もなかったから書けるんですよ。
でも、数日中にこのブログを読んだ主人は、
きっと初めて、あの夜のことを知るんですね。
なんて言うか、ふふ、楽しみにしています。

関連記事
17:36  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

Comment

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/79-19789b6b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |