FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

今夜も一夜妻 福井編4

2020.11.24 (Tue)



kn269.jpg

短い間に、二度、悦びに昇り詰めると、身体を震わせました。
望んだわけではなかったはずなのに、身体は正直だったんですね。
自分でも知らない間に、彼の広い背中に手を回してしまっていました。
もしかしたら、指先さえ立てていたのかもしれません。

「ほらっ、我慢できないでしょ」

抱きしめられたまま、頬を合わせた耳元に、熱い彼の息が吹きかけられました。

「駄目、堪忍して。あぁ」
「ほらっ、僕のものが欲しいって言ってごらん」
 
彼の舌と指に翻弄され、乱れ切った私の耳元に、
そんな、彼の曇った声が吹きかけられると、
一度、大きく髪を揺らしましたが、
どうしようもない高まりに翻弄された私、そんな身体の要求に正直に応えるように、
彼の望むままの言葉、漏らしてしまったのでした。

「あぁ、お願い、西村さんの」

ゆっくりと、押し付けられた彼の男の人のものの一番先、
太く膨れ上がったものが、
受け入れる準備を終えた私の秘唇、ゆっくりと押し開き、
少しずつ、進み、戻り、そして、また、進み、
身体の奥の、熱い肉襞を押し開くと、
私は、たわわな乳房を仰け反らせながら、息を止めて、根元までしっかりと受け入れました。

そして、彼のものが、今まで知らないと思える、自分の奥にまで届いたと思える瞬間、
身体の芯を、思いもかけないほどの、強い悦びが走り抜け、
彼の逞しい背中、爪さえ立てるようにして、抱き寄せていたのです。

6181302dc34330d7e51f16c1f620671c-630x442.jpg

「あぁ、なんて絞まるんだ」

荒い息の彼、二度三度と、確かめるような強い突き上げで、
私の身体の肉襞を楽しんでいたのでしょうね。

「一度、出させてもらうよ」

幾らもしないうちに、
自分の男の人のもので、しっかりと繋がった私の白い身体を見下ろしながら、
それまで以上に、乱暴だと思えるほどの腰の動きで、
私を追い詰めたのでした。

すっかり、彼の腰の動きに合わせ、迎えるようなに嫌らしく腰をうごめかせていた私、
心配のない時期であること、もう一度、数えると同時に、
今夜、こうして、初めて身体を繋ぎ合った彼の男の人のものの先から、
おびただしい男の人の欲望の液、自分の身体の奥に注がれることが目に浮かぶと、
それにつられるようにして、正直に肉襞が絞まりだし、
出来るだけ沢山の、彼の男の人のしるし、欲しがっていることが分かったのでした。

汗を感じるほどの、激しい突き上げの後、身体がずり上がるほど、腰が押し付けられ、
彼、時折、唸るような声を漏らしながら、とうとう、腰を震わせ出したんです。

射精は、驚くほど永く続きました。
私は、これ以上は無理だと思えるほど、太ももを開き、逞しい腰を迎え入れ、
恐ろしいほどの叫び声を出してしまうことがいたたまれなくて、
あれほど拒んだ彼のくちびるに、自分の方からむしゃぶりついてしまっていました。

舌を絡ませ合い、唾液がお互いのお口の中を満たし続けました。
私、自分から声を漏らしながら、涙を潤ませ、
彼の望むがままに、長い時間、舌を吸われ続けられたんです。

berochu_5205-128s.jpg

「あぁ、良かったよ。よく、絞まるんだね」

幾らも硬さを失わない彼の男の人のものが、私の中を味わいようにゆっくりと動くと、
暖かさの中で、名残惜しそうに、私の肉襞が、最後の一滴まで搾り取るようにして、
そんな彼の言葉に応えるように、
じわって何度も絞めつけているのが、自分にも感じられたのでした。


関連記事
13:01  |  「今夜も一夜妻」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

自由恋愛と束縛恋愛

順子さん、おはようございます楽太郎です。S傾向のある小生としましては、心と体の乖離を如実に表現されている場面は心躍りますね。
唇を自由にはさせない高貴な反抗(わずかでしょうが)も情欲に溺れ、耽る様は買い手の男性にとっては征服欲を満たした瞬間でありながら、金員でのみ達成した経緯を悔いたかもしれませんね。
やはり、男女の理は束縛恋愛で見通せる輝きは少なく、自由恋愛であってこそ、究極の性愛に到達できることをもしかするとご主人は順子さんにわかってほしいから(ある意味順子さんもかな?チャレンジ精神旺盛な順子さん!何事も経験ですね)今回はあえて受け入れたんでしょうか?
でも、文脈からは順子さんの満足度はマックスのようでしたし、そうた君は嫉妬に苛まれていて、神戸で地団駄踏んでいることでしょう!あ、同じN部長もね(笑)そして何より小生もです、、、
楽太郎 |  2020.11.26(木) 09:54 | URL |  【編集】

溺れる

楽太郎さまが先にコメントされたので、方向性が同じことも書けないので悩みます。
そこで、今後の心配で、順子さんが一夜妻に慣れてしまって、誰かも構わず躊躇もなく唇も竿も喜んで受け入れるように男に溺れるようにならぬように願うばかりです。そうなったら、今回のようにソープの即即ノースキン嬢になってしまいます。
お金が絡む一夜妻はやめてください。
まあ順子さんはわりとノースキンですけどね(笑)
わんぱく |  2020.11.27(金) 09:40 | URL |  【編集】

征服欲を満たした瞬間

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、楽太郎さんって、S傾向があるんですか、ちょっと、怖いですね。
私は、間違いなくM傾向だと、自分では思いますし、
これまでも、そんな出来事が、何度もありました。

拒んだくちびるを、身体の求めるがままに、正直に許してしまう、
それどころか、自分から求めて、舌を絡め、唾液をすすり飲んでしまうって、
理性と貞操の崩壊と、肉欲の勝利なんでしょうね。

夫ではない、その日に出会った男の人に抱かれ、
悦びはマックスだったのかもしれませんね。
私の姿を見たら、そうた君はどう思うでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.11.27(金) 14:47 | URL |  【編集】

唇も竿も喜んで受け入れる

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

私、一夜妻の味に慣れて、誰構わず、
抱かれるようになってしまうのでしょうか。
怖いことだけど、なんだか、そんな自分になってしまうこと、
拒めないのかもしれないとも、思っています。

夫ではない人の、男の人の液を、スキンを付けることなく、
生で身体の奥に注がれるって、考えただけでも、身体が震えるようです。

お礼を受け取ることは止めるようにとの、
わんぱくさんからの、言葉。
でも、お金のために身体を開いてしまう、
ふしだらな自分も、正直な自分のような気もするんですが。

コメントをありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.11.27(金) 14:54 | URL |  【編集】

性欲

この前順子さんへのコメント書いていた時間はエッチデート前の待ち合わせで彼女を待っていたときでした。
最近あんまり性欲がなくその日も何となく約束してしまったので、という意気込みもなかったのですが、
順子さんへのメッセージ書いていたらムラムラとして来ました。
その日のエッチは、彼女ではなく順子さんを買い上げるイメージで悪いと思いながらしてしまいました。
たまには娼婦もいいかも…
でも、誰に抱かれても、どんな男に抱かれても順子さんは聖女(マドンナ)でいてほしいです。
きれいな身体の清楚な女性であってほしいのです。
わんぱく |  2020.11.29(日) 18:59 | URL |  【編集】

嫉妬

順子さん、こんにちは
慧太です。

いつも皆さんのコメントまで読ませて頂いているのですが、
そんなコメント欄にまで、順子さんのクチから
何度もそうた君の名前が出てきて…
順子さんの痴態を聞いて、嫉妬してる若い子って
きっとそうた君だけではないですよ。笑

お昼休み中なのに、順子さんのはしたない声、
あられもない姿を想像してしまって
トラウザーズが破けそう笑
机から立ち上がれない慧太でした。
慧太 |  2020.11.30(月) 13:16 | URL |  【編集】

きれいな身体の清楚な女性

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、彼女さんとの待ち合わせの時間で、
コメント、書いていただいていたんですね。
少し、元気がなくなっているって、
でも、私の文章で、楽しい彼女さんとの時間がすごせたのだったら、
私も少しお役にたてたのかなぁって、うれしく思います。

お金で自分の身体、男の人に委ねるって、
怖いなぁって思いますが、
正直な身体の求めるがままの時間を過ごすって、いけないことだけど、
自分には正直な時間なんでしょうね。

「きれいな身体の清楚な女性」
わんぱくさんも知っているように、
それとは、かけ離れた私だけど、
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.11.30(月) 15:05 | URL |  【編集】

トラウザーズが破けそう

慧太さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、たいへん、お昼休みでよかったですね。
仕事仲間から呼ばれたら、
立ち上がれなくて、困ったでしょうね。
ふふ。

そうた君とのこと、まだまだ、続いているんです。
こころも身体も、忘れられなくて、
このまま、新しい年を迎えてしまうんでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.11.30(月) 15:10 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/597-d31cd0d2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |