FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ソープランドごっご2

2020.06.18 (Thu)


「ああん、パパ、いっちゃう」

バスタブのお湯が、パパの腰の動きのために波音をたて、
繋がりあった性器と、柔芽に添えられた指先の動きに応えるように、
悦びに昇り詰める声を漏らしながら、首筋を仰け反らせました。

1ed600521ccde14e981199ce21cae2e0-630x882.jpg

「いくときは、はっきりと相手の男にわかるように言うんだ」

それは、学生時代、M先生から何度も言われ、しっかりと教えられたことのひとつでした。
繋がりあった自分のもので、相手の女の人が昇り詰めることって、
やっぱり、男の人、嬉しいんですよね。
悦びを告げる声を聞き、仰け反る女の人を見下ろす時って、
間違いなく、その人を自分のものにしたことを実感できる瞬間なんだろうって、
そう、思います。
そして、女の人も、相手の男の人のもので、正直に悦びに昇り詰めることは、
身体も、そして、こころも、その男の人のものになるってことなんでしょうね。

1930-07s.jpg

悦びの余韻が、身体を走り抜け、その度、甘い声が口元から漏れましたが、
ふいに立ち上がったパパ、バスタブに腰掛けると、
たった今まで二人を繋げていた、怖いくらいにそそり立った自分の男の人のものに、
私の手を引き寄せたんです。

1873-24s.jpg

パパがしてもらいたいこと、わかりましたよ。
私、パパの腰に顔を近づけると、大好きなものに何度か頬擦りすると、
恥ずかしいほどくちびるを大きく開き、ゆっくりとお口の中に含んだんです。

あぁ、幸せ。
たった今、私を悦びに誘ってくれた、私だけのパパの大切なもの、
妻としての幸せを感じながら、舌を絡め、はしたないけど、音を立てながら、
吸い立てていたのでした。

「飲んで」

いつになく、早くに堪えられなくなったパパ、息遣いが荒くなってきて、
それまで以上に、パパのもの、太く硬くなった気がしました。
私、分かってもらえるように、目を合わせ、はっきりと頷くと、
細い泣き声のような声を漏らしながら、それまで以上に、髪を揺らしたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

パパの精液を飲むこと、もちろん、嫌ではありませんよ。
大好きなパパの、大切な液、
もちろん、身体の中に注いでもらうのが一番良いけど、
これまで、数えきれないほど、何回も、お口に出してもらって、
そして、妻の務めだと納得しながら、そのまま、飲み下していました。
飲み下しながら、身体の中に出される時と同じような、
妻としての、女としての幸せを感じることができるんです。

その人の精液を飲み干すことで、
自分が、間違いなく、その人のものになることが感じられるからなんでしょうね。
女の人、相手が好きな人だったら、きっと、皆、そうだろうと思います。

これまで、何人の男の人の精液、飲んだことでしょう。
大学一年の春、初めて男の人を身体に迎えてから、幾らもしないうちに、
その人のもの、ちょっと、強引に飲まされました。

男の人との、初めての経験を済ませ、女として新しい時間を過ごし始めていましたが、
私の身体の中に、自分の男の人の液を弾き出した先輩の背中を抱き寄せ、
自分の身体を満足してもらえるように、
教えられるがまま腰を擦り付け、泣き声を上げるような日々を過ごしていたんです。

1916-13s.jpg

けれど、初めて、彼のものを飲まされた時は、やっぱり、慌てましたよ。
男の人の精液って、中学時代に見たことも、触れたこともあったけど、
唸り声を聞かせられながら、熱い精液がお口の奥に弾き出され、
その驚くほどの量と、強い匂いにむせ、涙を浮かべながら、
それでも、しっかりと飲み下したことを覚えています。

抱き寄せていたパパの腰に力が入り、それまで以上に奥にまで突き入れられると、
脈打ちだしたパパのものから、
塊のような最初の精液が、喉の奥に弾き出されました。
私、細い声を漏らしながら、舌を絡め、慌てるようにして動きを速めたんです。

「一度、男が出しても、止めないで、最後の一滴まで搾り取るんだ」

これも、大学時代、M先生から、何度となく教えら、
パパやパパ以外の男の人との時、そうしてきました。
褒められても嬉しくはないけど、上手だって、いつも、言われてるんです。

パパの腰が跳ねるように動き、
その腰にむしゃぶりつくようにして、根本まで咥え込んで髪を揺らしました。
曇った声を聞きながら、
残らず全部出してもらえるように、一生懸命、くちびると舌と指先を動かしていたんです。

jukujyo_9093-001s.jpg

「口の中を見せて」

荒い息の中で、パパにそう言われると、
涙に濡れた目を見上げ、溢れるほど注がれた精液、幾らか滴らせながら、
そっと、お口を開いたんです。

9ccff1be.jpg

「全部、飲むんだよ」

そんなパパの言葉に応えるように頷き、
わかってもらえるように、ごくりって喉を鳴らしながら飲み下すと、
そっと、目を閉じたのでした。

肩を震わせ、喘ぎの治まらない私の身体に両手を伸ばし、
両胸の房を下から持ち上げるように、揉み上げていたパパ、

「良かったよ。こんなに上手なの、ソープランドにもいないかも」
「やだぁ、こんなことまでするの?」
「そりゃあそうさ、プロだからね。だから、高い金、払うんだよ」
「まぁ、すごいのね。ねぇ、だったら、私もお小遣いもらえるの」
「あぁ、いいよ。幾ら欲しいの」
「パパの誕生日のプレゼントの足しにしたいから、えーと、じゃぁ 一万円。駄目?」
「一万円で順子、男の精液、あんなして飲むんだ」
「ばかぁ、パパのだけよ」
「本当か? お金貰えたら、名前も知らない男の精液、喜んで飲むんじゃないの?」

私、そんなパパの言葉、聞こえない振りすると、
手に包んでいた、幾らか柔らかくなった大好きなパパのもの、
ゆっくりとしごきました。
そして、プルンと出てきた名残の丸い精液、舌先で舐めとると、
大好きなパパに、恥ずかしそうな笑顔を向けたんです。

c1fd7e27-s.jpg

思いもかけないことで、お出かけできない日が続く毎日ですけど、
皆様、いかが、お過ごしでしょうか。
お家の中で、今までできなかったことなどに挑戦してみるなど、
いろいろと工夫をして、貴重な時間を楽しみたいものですね。
皆様も、ご健康に留意して、お過ごしください。

marshmallow_tits_7192-011s.jpg



関連記事
14:51  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

Comment

一万円の奉仕

冗談だとわかっていますが、一万円で順子さんとソープ遊びができるなら、コメントを書いてる私を含めた男子諸君は予約が殺到するでしょうね~私の好みから言えば、やっぱり下のお口の中に奥の袋めがけて発射したいです。
皆さんの願いと旦那様の嗜好を含めて実現できるように代表してお願いしました。
楽太郎さん、キーワードをバッチリ記載していただき、いろんなことご存じだなあと改めて敬服しました。
わんぱくです |  2020.06.18(木) 15:12 | URL |  【編集】

見せびらしたくてのノーブラ

わんぱくさん、こんにちは。
お忙しいのに、コメント、ありがとうございます。

私の胸、他の男の人に見せびらかしたかったのかわかりませんが、
結局は、そんなことになってしましました。
恥ずかしいです。

お仕事、たいへんそうですね。
新型ウイルスのこともあったのでしょうか、
いろいろとお忙しくなりそうですね。
頑張られてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
わんぱくさんは忙しいのに、
専業主婦の私は、能天気に毎日を過ごしていて、
申し訳ないことだって思っています。
順子 |  2020.06.18(木) 15:13 | URL |  【編集】

もう一つのお口で本能に生きる雄に

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、主人には、
おいしい食事を楽しんだ後、
私の身体も楽しんでもらったら、
それが、妻として一番の務めだと思っています。
私自身も、それで満足できるんですよね。

楽太郎さんの、難しい業界用語?のことはわかりませんが、
わんぱくさんも、お忙しくなりそうですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2020.06.18(木) 15:19 | URL |  【編集】

下のお口の中に奥の袋めがけて発射

わんぱくさん、こんにちは。

前回のお返事を書いているうちに、
わんぱくさんのコメントが、到着したようですね。
こんなことって、あるんですね。

ソープランドごっこって言っても、
そこで、女の人がどんなことしてるか知りませんが、
好きでもない人を相手に、恥ずかしいことするって、
やっぱり、たいへんなんだなぁって、そう、思います。

お口じゃなくて、やっぱり、男の人って、
女の人の中に、済ませたいんでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
平穏な時間が流れ続けるだろうと、思っていましたが、
思いもかけないこと、最近会ったんですよ。
それは、また、暫くしてから、書くことになるのかもしれません。
順子 |  2020.06.18(木) 15:26 | URL |  【編集】

順子さんのお相手できる男性をとても羨ましく思います。
順子さんのような女性には、中々に巡り逢えないですから。

今回最後の画像の女性は、男性を虜にしてしまいます。
こも |  2020.06.18(木) 22:27 | URL |  【編集】

こんなときでも

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
移動自粛もとりあえずは全面解除で、ホッと一安心ですね。この数か月間巣ごもり状態で、ご主人との愛情の再確認をたっぷりとされたご様子。ただ、内面的には、こんな時でもM先生のことを思い出すのですね。順子さんに深く刻み込まれた淫虐暴戻な躾は順子さんの性ライフの全てなのかもしれませんね。
外見的には、気兼ねなく外出する機会が増えれば、マスク越しからでも順子さんの美しさが滲み溢れ金沢の男性達は「あ~生きていてよかった、女神様に会えたよぉ」と歓喜するでしょうね。
新しい日常ではマスク越しからでも美人を探すことは楽しいかもですね。逆に女性も同じかと、、、
わんぱくさん、大変な時期ですが、ご成功をお祈り申し上げます。
楽太郎 |  2020.06.20(土) 16:56 | URL |  【編集】

M先生の教え

順子さま
旦那さまとのお遊びも愛情が溢れ満たされていたのでしょう。
M先生は自分だけのためではなくて、これから先に出逢う順子さまと過ごすであろう男の人たちのためにも、教え込まれてたんですね。
旦那さまだけのものでいて欲しい反面、悦びに導かれる姿を思い浮かべてしまいます。
最後の写真、女の私から見てもとてもきれいで見とれてしまいます。
順子さまのイメージにぴったり。
本物だったらうれしいな。

柚葉 |  2020.06.21(日) 23:43 | URL |  【編集】

新メディアで記事執筆しませんか?(報酬2000円/本~)

はじめまして。弊社は新メディア:happy-sex-life(https://happy-sex-life.jp/)を立ち上げました。男女のお悩み事情や、国内・海外の夜遊びに関する記事を作る予定です。そこで、貴方様に、ぜひ新メディアのライター初期メンバーになって頂きたく、連絡しました。報酬は1記事2000円~を考えています。 もしご興味ありましたら山田宛(tp.hsl.writerrecruit@gmail.com)にメールを頂けますで。しょうか? その際メールに、happy-sex-lifeの記事作成の件であることと、ブログのURLを記載頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します
happy-sex-life運営事務局】 |  2020.06.29(月) 21:06 | URL |  【編集】

お相手できる男性

こもさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

わたしのお相手をしていただいている方、
本当に、羨ましくお思いなんでしょうか。
ただ、抱き心地が良いだけで、
こんなふしだらな女性って、
呆れられて、嫌われているかもしれませんよ。

コメント、ありがとうございました。
こちらは、午後から雨模様、
なんだか、気分が晴れませんね。
順子 |  2020.07.01(水) 14:58 | URL |  【編集】

深く刻み込まれた淫虐暴戻な躾

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、自粛期間も解除されて、ほっとしてます。
街の中にも、時々、足を運ぶようになり、お買い物もできるようになりました。

M先生とのことは、やっぱり忘れられないですね。
忘れたつもりでいても、ふとした自分の仕草の中に、
先生から教えられたことが浮かび上がってきます。
きっと、もうお逢いすることはなくても、
私の身体は、一生、M先生に抱かれ続けているのかもしれません。

マスク越しの女性って、美人に見えますよね。
あぁ、そういえば、ひがし茶屋街で、リンクを張らせてもらっている
「金沢の一夜妻 敦子」の敦子さんによく似た人とすれ違いました。
お二人連れで、男の人が「敦子」って言われたんで、
ちょっと驚いて振り返ったんです。
マスク越しではなくて、よく似た女性でした。

コメント、ありがとうございました。
本当、わんぱくさんの仕事、成功することお祈りしてます。
順子 |  2020.07.01(水) 15:09 | URL |  【編集】

悦びに導かれる姿

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
お礼の返信、遅くなってすいません。
京都の、叔母のところにいっていました。
今週末から、また、行く予定です。

M先生とのことは、楽太郎さんへの返信で書いた通りです。
一生、忘れられない人だと、諦めています。

あぁ、最後の写真でしょ。
写真教室に通っていた時、随分とヌード写真は撮られましたね。
前にも書いたように、このブログの中でも、
その時の写真、何枚も貼ってあります。
恥ずかしいからやだぁって、主人には言うんですけど、
自分の妻の裸体が、知らない人に見られるのが、嬉しいみたいなんですよ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2020.07.01(水) 15:16 | URL |  【編集】

夜遊びに関する記事

山田さん、こんにちは。
お誘い、ありがとうございました。

へぇ、そんなお仕事始められるんですね。
恥ずかしいけど、なんだか、楽しそう。
このブログの左側にあるCMを始める時も、
主人やコメントを書いていただいている方にも相談して、
ブログへの貼り付けを始めたんです。

なんだか、ちょっと、怖そうなんで、
どうなるかわかりませんが、主人に相談してみます。

コメント、ありがとうございました。
今後も、よろしくお願いします。
順子 |  2020.07.01(水) 15:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/591-c1e26714

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |