FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

天草旅行5

2020.09.08 (Tue)


5142.jpg

「あぁ、無理。おじさまの」

隣の部屋から、彼女の、糸を引くようなやるせない甘い声が漏れ聞こえました。

これまで、夫に言われるがままに、その夫ではない男の人たちと、
あってはならない時間を過ごしました。
それも、一度や二度ではなかったことは、皆さんもご存じの通りです。
けれど、同じ部屋で、夫ではない男の人に身体を開き、
繋がりあう、恥ずかしく、そして、申し訳ない自分の裸の姿、
見せてしまったことは、数えるほどしかなかったのです。

resize_img (8)

抱きかかえられるようにして連れてこられ洋室のベッドの上、
開かされた太ももの間から、
ぴちゃぴちゃと、溢れだした愛液を啜る音が聞こえていました。
まだ、若くて、それほど経験はないはずなのに、
幾らもしないうちに、彼の、巧みな、唇、舌先、指使いに、
あえなく二度、悦びに昇り詰める声を聞かせていました。

「良くなる時は、教えてくださいね」

開いた膝の向こうから、熱く言った彼の言葉に応えるように、

「あぁ、また、いっちゃう」

そう、はっきりと、伝えると、手繰り寄せるように彼の髪に手のひらをあて、
たわわな胸を揺らしながら、仰け反ったのです。

kn266.jpg

悦びの余韻に荒い息を吐きながら震える身体に、
彼の腰が、ゆっくりと跨ってきたように感じると、
涙に濡れていた頬に、彼の熱い男の人のもの、摩り付けられたのがわかりました。

何の躊躇も、ためらいもありませんでした。
今まで、自分を悦びに導いてくれたお返しに、彼の望んでいるままに、
私、恥ずかしいほど、大きく開いたお口の中に、彼のものを迎えたのです。

ベッドの宮台に両手を付いた彼、ゆっくりと腰を揺らして、
私のお口を犯し続け、
時折開いた目の前には、彼の逞しい筋肉質のお腹が動いていました。

嫌ではありませんでした。
幾らかした後、きっと、彼と私の身体を繋げあう、大切な男の人のもの、
出来るだけ、硬く、太く、なってもらいたかったのでしょうね。
彼の腰に上手に動きを合わせ、髪を揺らした私、
一生懸命にくちびるをすぼめ、舌先を絡ませていたんです。

150109a_as036tn.jpg

「あぁ、もう、お願い」

私が、そう言うと、彼も我慢できなかったんでしょうね。
汗に濡れた身体をずらすと、今まで、私のお口に含まれていた自分の男の人の先で、
私の秘唇の溝を探り出したのです。

膨れ上がった、硬い男の人のものが、
濡れた秘唇の溝を押し開こうとすると、私は、首筋を仰け反らせ、
彼の背中に回した両手を手繰り寄せていました。

sex_5795-003s.jpg

夫のことは、こころにありませんでした。
大切な夫は、すぐ隣の部屋にいるというのに、
その夫ではない、違う人の男の人のもの、その彼の求めるがままに、
今、身体の奥に迎えようとしていたのに。


関連記事
13:34  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

彼女には旦那様の竿が

順子さんの濡れた秘口にそうたくんの大きさ竿が刺さり、二人の女性は快楽と背徳の世界に、時間が過ぎれば男の液が相手の違う袋の中に注がれることでしょう。
旦那様はマナーでゴムつけたかな?
このあと、そうた君は取り戻しの儀式もしたかな?
それとも順子さんにありったけ何度も朝まで注いだのかな
順子さんが離さなかったのでしょうか…
わんぱく |  2020.09.08(火) 19:28 | URL |  【編集】

ご無沙汰してます。
ご主人と同じ部屋で他のパートナーと絡み合ってしまわれたんですね。
それも近くにいるご主人の存在も忘れてしまう程、そうた君の若くて激しい攻めに翻弄されてしまったのでしょうか。
そうた君の性の奴隷のように。。
あの画像の順子さんの身体を自由に出来るそうた君が男として羨ましい限りです。
是非、順子さんの素顔を拝見したいものです。
次回も楽しみにしています。
こも |  2020.09.10(木) 00:19 | URL |  【編集】

秘口にそうたくんの

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

一年ほど前の出来事、
でも、その時のこと、こうして思い出すと、
身体が熱くなってしまします。

スキンはどうだったんでしょうか、
多分、使わなかったと思います。
主人、そのまま注ぎ入れることが大好きだから、
若い彼女の中にも、そうしたんだろうと思います。

えぇ、そうた君、私のこと、なかなか話してくれませんでした。
夫が近くにいたのに、私の方から、求め続けたのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2020.09.14(月) 13:30 | URL |  【編集】

若くて激しい攻めに翻弄

こもさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

主人と同じ部屋で、他人と身体を繋げあうことって、
今まで、それほどないんですけど、
この時は、そうた君の思いのままだったんです。

私の顔、ふふ、流石に出せませんよ。
この街ですれ違ったら、大変だもの。
ふふ。

でも、時々、夫が私のヌード写真、
貼ってますから、探してみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2020.09.14(月) 13:35 | URL |  【編集】

興奮しますね

順子さん、こんにちわ。楽太郎です。
そうた君と刺激的な行為はご主人にとっても、理性を完全に吹き飛ばし、目の前にいる順子さん以外の若い雌に没頭できる最高のエッセンスになったんでしょうね。
もしかするとご自分の一物とそうた君のそれと比較してたりしてね(笑)

きっとご主人は予めそうた君と申し合わせて、彼女の安全日を確認し、もしかするとピル服用させていたかもですね。悪い大人だ。
けど、こういった経験は小生も積み重ねていたんで、他人さまのことをとやかく言える立場ではないですよね。
わんぱくさんの言う通り、奪還儀式は必須でしたよね。
だって、他人の吐精を搔き出すことに最高の興奮を覚えますから。
次も楽しみにしております。
楽太郎 |  2020.09.15(火) 12:00 | URL |  【編集】

他人の吐精

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、楽太郎さん、いけないことしてるんですね。奪還儀式だなんて。
でも、主人は、どう思っていたのでしょうか。
私の声や繋がった二人の気配が聞こえているの、間違いなかったんだから。
それが、主人にとっては、いいことだったのかもしれませんね。

男の人の液、身体の奥に受け入れていい時期だったのか、
そうた君と連絡していたのかもしれません。
だから、あんなに沢山、私の中に出してくれたんでしょうね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.09.15(火) 13:59 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/586-06d93b28

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |