FC2ブログ
01月≪ 1234567891011121314151617181920212223242526272829≫03月

「幸せの行方」 その22 革靴

2019.12.26 (Thu)



142292197.jpg

薄茶色の洒落た紐靴が、玄関の上り口に綺麗に揃えて並べてあった。
客用の車庫に車がなかったので、気づかなかったが、
来客は、誰なのか察しはついていた。

背広をリビングのソファーに掛けると、ネクタイを緩める。
院長職は、一見気楽そうに見えるが、
診察の他に、経営に関わる会議も多く、何かと気苦労が多い。

ソファーに座るとテーブルにあったリモコンで、テレビをつけてみた。
丁度、知人の二人が、医療功労賞を受けることが報じられていて、
祝賀会はいつだろうと、日程が案じられた。

ビールでもと思って、腰をあげようとしたとき、
二階から、桐子が下りてきた。
髪が乱れ、素肌に羽織ったのだろうか、白い胸元が見えた。

140517c_0021-580x773.jpg

そのカーディガンのボタンを閉めながら、
慌てた様子だったところを見ると、
予想した来客に、抱かれていた途中だったのは、間違いないと思えた。
ダイニングのテーブルの上には、
高級そうなワインと、寿司の食べ残しがまだ残っていて、
まだ、食事は終わっていなかったらしい。
それとも、食べること以上に、抱き合うことを待ちきれなくて、
どちらかが、誘ったのかもしれない。

「ごめんなさい、帰ってらしたんですね」

桐子は髪を撫でつけながら謝ったが、
その口紅は、すっかりと取れているのが分かった。

「きてるのか」
「今夜は遅いって、あなたが、おっしゃったから」

何時から、そんな風に、あいつのことをかばう様になったのだろうか、
きっと、逢いたいと連絡したのは、彼からだったと思えるのだが。
そう言った桐子の身体は、
二階のベッドにいるだろう恋人の胸に早く帰りたい様子が感じられた。

「いいよ、外で済ませてくるから」

そう言うと、車の鍵を手に取って立ち上がった。
玄関先まで、見送りには来てくれた桐子だったが、
ドアが閉まった後、急ぐ足跡が聞いてとれた。
息を弾ませながら、
身に着けているものを脱ぎながら二階に向かったのかもしれない。

車の鍵を挿し込むと、エンジンを掛ける。
行先はいくらでもあった。
けれど、自分たちの寝室で、恋人に抱かれる妻を残し、
夫である自分が、出かけて行くことに、
滑稽な自分を感じてしまうのは、当然だとも思えた。

桐子は、相変わらずの美貌と、見事な張りをもった身体であったが、
すでに、子どものことを心配する必要はなかった。
恋人は、心置きなく、そんな桐子の身体を楽しみ、
そして、当然のように、安心して男のものを注ぎこむことが察せられた。

sex_4610-001s.jpg

仕方のないことでもあったのだ、
彼が幾度も拒んだことを、二度も強要したのだから。
男としての役目を終えた後も、
桐子の身体を忘れられなくなってしまった彼を、
今更、邪険にするわけにはいかなかったのだ。

いくらかの人の幸せのために、
ひとりの人間の人生が大きくかわることはいたしかたないことだと、
その時は、そう、納得をしたつもりだったし、
その時は、そう、説得ををしたつもりだった、
けれど、そう考えていた幸せの行方は、
実は、思っていたようなものでは、なかったのかもしれない。


関連記事
09:33  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

あー、桐子さんシリーズですね。
実は桐子さんの大ファンなんです。続きを楽しみにしてます。
かつよし |  2019.12.26(木) 10:22 | URL |  【編集】

桐子さんの大ファン

かつよしさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

桐子さんのファンなんですね。
作者としても、そう言っていただくと、
とても嬉しいです。
私の手を離れて、彼女自身も、思いもかけない人生を過ごしながら、
幸せの行方をたどっているんですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。



順子 |  2019.12.26(木) 10:38 | URL |  【編集】

順子さま

幸せの行方楽しみにしていました。
順子さんのお話の続きかと思っていたら、桐子さんでした!
旦那さん公認とはいえ、妻の恋人とのことを思わせる姿を見て、心は穏やかではなかったはずですよね。
妻でありながら、妻ではない女として、距離を感じながらも離れられない、複雑な言葉では言い表せない心情ですよね。
うまく言えませんが、登場人物のひとりひとりが自分の幸せと、相手の望むことを幸せとしてるそんな感じがします。
幸せの行方を読む時、いつも、ひんやりした真っ白な糊がきいたシーツの上にいるような感覚があります。
引き込まれてしまうからそんか世界観に入ってしまうのかもしれません。
続き楽しみにしています。
柚葉 |  2019.12.26(木) 16:21 | URL |  【編集】

久しぶりの幸せの行方ですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
久しぶりのシリーズ復活でしょうか?
まさしく順子さんの代表作ですもんね。
私も桐子さんの振舞いにはいつもドキドキさせられています。
桐子さんには何か無機質な感覚とでも言いましょうか?
いわゆる規範には縛られない奔放な感性をお持ちでありながらも、旦那さんに向けての従順さを残しているようにも感じられます。
続き楽しみにしております。
楽太郎 |  2019.12.26(木) 18:08 | URL |  【編集】

子ども産むためでなく

妻を抱くことを強要し、身籠らせてから時が過ぎても関係は持続し、今の二人は性的な欲望の関係となってしまったことは、端から見た偽装の幸福でしょうか?
桐子さんの姿が順子さんにダブルのは思い過ごしでしょうか?
妊娠の可能性がなくなったときの順子さんはどうなるのでしょうか?
きっと今と変わらなく、いろんな男性の液を心置きなく受け入れるのかな…
私的には可能性がある今の方が強い背徳感が浮き彫りになってよい気がします。
コメントが混じってしまいごめんなさい。
わんぱく |  2019.12.26(木) 18:33 | URL |  【編集】

相手の望むことを幸せ

柚葉さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

大切な作品である「幸せの行方」、
私の日ごろのお話の間に、書かせてもらっています。

「ひんやりした真っ白な糊がきいたシーツの上」って、
書いていただいて、そんな風に感じていただいていたこと、
とてもうれしく思います。

長いお話なので、
もう少ししないと全容はお判りいただけないのかもしれませんが、
だんだんと、それぞれの関係が明らかになりつつあるんですよ。

コメント、ありがとうございました。
今年も押し迫ってきましたね。
どんな年末のご計画なんでしょうか。
ちょっと、天気悪そうですけど、
穏やかなお正月をお迎えください。
今年も、たいへんお世話になりました。

順子 |  2019.12.27(金) 10:35 | URL |  【編集】

旦那さんに向けての従順さ

楽太郎さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

今日はこれから、久しぶりに南さんのお店に行ってきます。
ちょっと、用事があるんですよ。
ついでに、お正月の買い物をする予定です。

桐子の行動は、楽太郎さんの言われるように、
旦那さんに対する従順さからくるものです。
お話が続いていくうちに、お分かりになられるだろうと思います。

コメント、ありがとうございます。
クリスマスはいかがお過ごしでしたか。
また、いけないことしてたんじゃないんでしょうね。ふふ。

続きは、また、いづれ載せる予定です。
それまで、楽しみにしておいてくださいね。



順子 |  2019.12.27(金) 10:42 | URL |  【編集】

、いろんな男性の液を心置きなく受け入れる

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

こちらはどんよりした天気ですが、そちらはいかがですか。

「妊娠の可能性がなくなったときの順子」
どうなってしまうのかわかりませんが、
そのころは、大切な夫だけのための身体でいたいです。
今年も、いろいろと間違いをしてしまって、
今も、続いているんですよ。

コメント、ありがとうございました。
「幸せの行方」読んでいただいて、ありがとうございます。
また、続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.12.27(金) 10:48 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/579-cd95d400

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |