FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

奈良での夜6

2020.05.14 (Thu)


six_nine_4920-053s.jpg

お互いの性器、お互いのくちびると指先で探りあうことも、
私から望んだことだったような気がします。

迎え入れる彼の男の人のもの、できるだけ、固く太くなってもらいたくて、
曇った声を漏らしながら、くちびるを窄め、舌を絡め、髪を揺らしました。
そして、そうしながら、愛液を滴らせながら、
うっすらと開いてきただろう自分の秘唇のひだと濡れた柔芽で、
彼のくちびると舌先が、ぴちゃぴちゃと音を立てるのを聞いていたんです。

six_nine_4920-012s.jpg

何も身に着けない裸の腰に、手のひらが延ばされた時も、
望まれるままに、慌てるようにして膝をたて、白い背中を見せました。

彼の温かさが触れてくると、後ろから二人の性器の位置を探る彼を助けるように、
自分から腰、押し付けていたんです。
ずぶずぶと、あっという間に、根元まで彼のものを受け入れ、
恥ずかしい声を彼に聞かせ、彼の動きを助けるようにしながら、
髪を振り乱し、腰を振っていたのでした。

pakopako_sex_6828-054s.jpg

伸ばされてきた彼の掌が、持ち上げるように乳房を揉み上げ、
硬くなっていた尖った乳首、強く摘ままれても、甘い声を漏らしながら、
ただ、されるがままでした。
今はもう、他人ではない彼から求められることだから当然だし、
そうされることは、女としての努めだと思えたのかもしれませんね。


「このまま、いいんですね」

そう言って、それまで以上に、強く肩を抱きしめてきた彼。
そんな彼を、涙にぬれたまぶた、うっすらと開いて見上げると、
その言葉に、応えるように、くちびるをねだったのでした。

はっきりと安全な時期ではないようにも思いましたが、
けれども、何も遮るものがないまま、彼の若い男の人のしるし、
そのまま、私の身体の奥に注いでも構わないと、そう、主人が彼に言ったのだから、
今は、そのまま、受け入れるしかないと思えたし、
それ以上に、自分の燃え上がり、悶えるこの身体が、
どうしようもなく、彼の熱い精液を欲しがっていたのです。

ntr_6401-022s.jpg

髪を分け、耳元に吐き掛けられる彼の息遣いが、それまでにもまして熱く感じらると、
抱かれている男の人のしるしを注ぎ入れられる、女の務めとしてのその時が、
もうすぐそこまで来ていることが、感じられ、
私は、息を乱しながら、彼の逞しい腰を迎え入れていた太ももを、
さらに、開き、両手で腰を、手繰り寄せるようにして、
ぶつけるように、くちびるをねだったのです。

「あぁ、欲しいの」
「いいんですね」
「ちょうだい、たくさん、あなたの精子」

2322.jpg

目のくらむような、恐ろしいような悦びに昇り詰めことがわかり、
その瞬間、彼の曇った声を聞かされました。
身体の奥に挿し込まれ、動かされた彼のものに、えぐるように何度か突かれると、
それまで以上に、太く、脈をうった、膨れ上がったものから、
私の中に、彼のおびただしい、
そして、若く熱いものが、とうとう注がれだしたことがわかったのです。

強く抱きしめられ、さらに強く押し付けられた彼の腰が、二度、三度、震え、
身体の中の男の人のものが、何度も、脈打つのが感じられました。

夫ではない、彼の若く熱い男の人の精子が、身体の奥を満たしだしたことがわかると、
その温かさに添われるようにして、声にならない泣き声をあげながら、
真っ白になるような、悦びの頂に、昇りつめていったのでした。

resize_img (1)


関連記事
11:05  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

若幹を翻弄する

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
更新ありがとうございます。
自粛要請もようやく一部解除から徐々に非日常から日常に戻りつつありますね。よかったよかった。
あ!順子さんは非日常を普通の人より多く経験されているから、いろんな意味で免疫ができているかもしれませんね。

順子さんのイメージはどうしても清楚で奇麗、眉目秀麗(男性向けの言葉ですよね、すみません)であり、スタイル抜群だなんで+容姿端麗なので、妙齢、熟女の言葉は当てはまらないんですが、言いたいことは、若いときに順子さんのような方との夢のような一夜を過ごせることは本当に羨ましいことです。
あ~~私がもっと若ければ…

いつの日か順子さんとお会いできる機会がありますように。
 |  2020.05.14(木) 12:51 | URL |  【編集】

非日常を普通の人より多く経験

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、ひどいわ。
でも、非日常を多く経験してるって、確かにそうなのかもしれませんね。
私たちのような夫婦の生活って、非日常に違いないですよね。

「清楚で奇麗、眉目秀麗(男性向けの言葉ですよね、すみません)であり、
スタイル抜群だなんで+容姿端麗」。
まぁ、誰のことかって思いました。
もし、私のことだったら、ありがとうございます。
でも、本当にお逢いした時に、えっ!って、驚かれるかもしれませんよ。

コメント、ありがとうございました。
健康に留意されて、お元気でお過ごしください。
順子 |  2020.05.14(木) 13:29 | URL |  【編集】

至極

こんばんは
更新ありがとうございます。
本日、39県に緊急事態宣言が解除されました。首相から『3つのお願い』が出され、全国解除まではもう少し時間が必要なようです。ただ、これまでと同じ生活は困難で、このウイルスと共存していくしかないようです。

この世に生を受けた大半の男女が辿り着けない至極の世界、それを今、順子さんは自らの心と身体で体験されているんですね。
これからも有りのままの姿を見せてください。
こも |  2020.05.14(木) 22:41 | URL |  【編集】

順子さま
立て続けに更新ありがとうございます。
読み応えたっぷり。
楽太郎さんもコメントされてた妙齢でも熟女にもあてはまらないというところは、私も順子さまのイメージにはなかったかように思います。
ひとりの女の人として、純粋に相手の男の人に求められて、順子さまも求める。
相性を確かめるというよりは、味わい合いたいに近いような…
私の身体で気持ちよくなって欲しいって思いが溢れて男の人を虜にしてしまうのでしょうね。

緊急事態宣言は解除された県がほとんどですが、気をつけることや意識し続けていかないといけないことには変わらないので、うまくつきあっていくしかないのでしょうね。まさかこんなに被害が出たり、長引いたりなどと想像もしてなくて、危機感もない人の方が多かったように思います。
こんな大変なことを乗り越えた後は、あのときはがんばったって、みんなで話せるように早くなりたいですね。



柚葉 |  2020.05.15(金) 02:04 | URL |  【編集】

自らの心と身体で体験

こもさん、おはようございます。
お忙しいときに、コメント、ありがとうございます。

本当に、たいへんなことになって、こもさんはいかがお過ごしでしょうか。

「大半の男女が辿り着けない至極の世界」
そうかもしれませんね。人にはお話しできないような、
恥ずかしい世界ですものね。
でも、私の周りには、そんな世界に浸っている人たちって、
思いもかけないほどいるみたいな気がします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.05.15(金) 10:00 | URL |  【編集】

私の身体で気持ちよくなって欲しい

柚葉さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

柚葉さんのところも、たいへんな状況ですけど、
いかがお過ごしでしょうか。
姪浜に住む親戚も、結構心配してるって言ってました。

男の人に抱かれた後、相手の人が自分の身体のこと、
どう思ってくれたのかって、やっぱり気になります。
失望したのか、満足してくれたのか。
口には出さないけど、
情事の後に、そんなことを聞いたことが何度かありますね。
柚葉さんは、どうなんでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
健康に気を付けられて、お過ごしください。
順子 |  2020.05.15(金) 10:06 | URL |  【編集】

ヒヤッとした

昨日の朝、身体が痛く、発熱もあったので、ヒヤッとして
保健所やら近くの病院に電話して普通に診察してもらえました。これが、少し前だったらと思うと…たぶん夏風邪見たいで、今病院で昨日の検査結果待ちです。
さて、本題ですが、寝ている間に皆様が早速更新されてもう書くことがなくなって、コメントは早いもの勝ちを痛感しました。
皆様が触れなかった、ご主人が中だしを許していたから、本当に安全とは言えないままに許したのでしたね~
わんぱく |  2020.05.15(金) 10:54 | URL |  【編集】

中だしを許していた

わんぱくさん、こんにちは。
大変な時に、コメント、ありがとうございました。

まぁ、たいへん。ご心配ですね。
いくら、楽太郎さんだって、自粛の時には、
大人しくされていたんだろうって思いますけど、
ご心配ですね。
大丈夫だったってコメント、待っていますよ。

本当、私も昨夜くしゃみを二三度して、
ただそれだけで、なんだか心配しちゃいました。
困りますよね。

もう随分前のことを書いているんですけど、
自分が怖いことをしていたんだなぁって、そう思います。
本当に、大丈夫な時じゃなかったのに、
彼の情熱と、私自身の身体の求めに応じてしまったんですね。

コメント、ありがとうございました。
なんでもないことを、お祈りしています。
お大事にされてください。
順子 |  2020.05.15(金) 14:37 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/574-93998a36

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |