FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

奈良での夜4

2020.04.21 (Tue)


106078.jpg

建物に似つかわしい伝統を感じるレストランでのお料理は、
私の大好きなホタテのワイン蒸、そして、鱧のポワレ、お肉は鴨のフォアグラソテー。
どれも、美味しかったですよ。
飲み物も、私の好きなスパークリングワインのグラスを重ねました。

育ちの良さを感じる、若く爽やかな顔立ちの彼、
それでいて、熱心に話してくれた、卒論にした石舞台古墳についてのお話など、
私、平安時代の文学が専門だったけど、やっぱり、知らないことが多くて、勉強になりました。
若いのに、しっかりしているわ。
そう思わずには、いられなかったのです。

けれど、上手にフォークが運ばれる口元を見ながら、そんな歴史のお話の間に、
その彼の身体の、若さのみなぎる固く太い男の人のもの、
根元までしっかりと迎え入れ、
その悦びに正直に身体を震わせたあの一瞬、こころによぎるのを感じていたのでした。

blog_import_5286c6b20cdf0.jpg

食事のあと、近くの庭園や池を散策しましたが、
傍からは、そんな二人の姿、どのように映ったでしょうね。
でも、そのことは、余り気にはなりませんでしたよ。
もう、彼とは、性器を繋げあった時を過ごし、
他人ではなかったことが、そう思わせたのかもしれませんね。


部屋に戻ると、予め決められたように、そっと、抱き寄せられました。
耳元を這いまわっていたくちびるが、ゆっくりと近づいてきたことが感じられ、
思わず逃げるように俯かせたのに、指先であごを持ち上げられると、
もう、諦めるようにそっとまぶたを閉じたのでした。

1873-12s.jpg

濡れたくちびるが重なってきて、舌先が開いて、探るように私の舌と絡まり合い、
唾液と一緒に吸い上げられると、
甘い喘ぎ声が漏れるのは、熟れ始めていた女として、
仕方のないことだとも思われました。

確かめるように、ブラウスの上から揉みあげる手のひらを感じ、
このまま、気持ちの高まりのままに、
身体を繋げあうことを望まれても、断り切れないほど、
何時しか知らないうちに高ぶってしまっていた身体の潤いに、
気が付いてしまったのです。

でも、そのことを知られるのは、年上の女として、そして、人妻として、
余りに、居たたまれないような気がしたのでした。

彼の胸元に手をあて、糸の引くくちびるから、やっとすり抜けると、
息を弾ませながら、浴室に向かったのでした。

furo_agari_4991-053s.jpg


お湯を使った後、鏡に自分の裸の身体を映しました。
白い肌、たわわな乳房、それは、最愛の夫だけのものであるはずなのに、
そんな気持ちとは裏腹に、
幾らもしないうちに迎えるだろう、彼の若い男の人のもののために、
恥ずかしい、一番女らしい秘唇が、正直に、
もう、薄っすらと、潤い始めていたのが分かったのです。

すぐに、彼の手で解かれることがわかっていたのに、
それでも、もう一度、バスタオル、巻き直したのは、
今は、そのことが、私が人妻である、僅かな貞操の、証だったのかもしれませんね。

furo_agari_4991-070s.jpg

関連記事
11:01  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

連続アップありがとうございます

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
連続アップありがとうございます。自宅待機や外出抑制などでやることも限られ、リモート会議にも疲れが見え始めたときに、順子さん艶のあるお話は喉の渇きを癒すオアシスです!
それと、いつものことながらの旅情あふれる描写で旅行気分に浸れました。このホテルは懐かしいです。

わんぱくサンのコメントにもありましたが私もご主人とN部長が順子さんに姦淫を促す姦計とでも申しましょうか、悪い大人たちですね(笑)
でも、そうた君も奈良の高級ホテルでのエスコートは中々のもので結構な遊び人にも思えますね。

悪い大人の小生も昔に同じように初心な学生さんの若幹を美魔女に捧げさせたことを思い出しましたよ。
アノ時の興奮は忘れられません。ご主人も同様に興奮されていたことでしょうね。
まだまだ、収束の目途が立たない状況ですが、どうか皆さまご自愛くださいませ。
楽太郎 |  2020.04.21(火) 13:23 | URL |  【編集】

素敵なコメント

楽太郎さんのコメントに名前を出していただきありがとうございました。とても私とは比較にならない文才で主旨は同じでも表現力が違います。お恥ずかしい限りです。
私事ですが、退職して次の事業を始める矢先にこの騒ぎで許可が遅れて今失業状況です。
暇なので、そっと昨日女子と会瀬してきましたが、早く終息してほしいです。
順子さまの更新を楽しみに過ごしましょう。
わんぱく |  2020.04.22(水) 05:44 | URL |  【編集】

喉の渇きを癒すオアシス

楽太郎さん、おはようございます。
お忙しい中、コメント、ありがとうございます。

兼六園も閉園になってしまい、
そんな状態の中、更新しているのは、不謹慎だと思われそうですが、
オアシスって言っていただいて、ちょっと安心しました。
ありがとうございました。

もう半年以上前のことですし、
主人とそうた君の企みの中での時間ではあったんですが、
今思い出しても、身体が熱くなってしまいます。

主人の出勤も少なくなって、家の中で二人で過ごすことが多くなっています。
食事の回数が多くなるのはたいへんってお話はありますが、
私は夫と過ごす時間が増えて、幸せな気分です。
映画館ごっこをしたり、温泉ごっこ、
それと恥ずかしいけど、ソープランドごっこなどなど、
日ごろ余りしないこと、時間があるので楽しんでいるんですよ。ふふ。

そんな日ごろできない時間が、若いそうた君の身体のこと、
忘れる時間になればいいなぁって思っています。

コメント、ありがとうございました。
楽太郎さんも気を付けて、お過ごしください。
順子 |  2020.04.22(水) 09:15 | URL |  【編集】

そっと昨日女子と

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、ご退職されたんですね。
新しい目標に向けて出発された矢先に、
今回の状況、たいへんですね。
早く許可が下りればいいですね。
成功されること、祈ってますよ。

でも、そんなときに、女性と?
わんぱくさんらしくて、驚きながらも笑ってしましました。ふふ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.04.22(水) 09:20 | URL |  【編集】

赤裸々な想い

こんにちは。
更新を心待ちにしていました。
若い彼との会話の中で、『若さのみなぎる固くて太いペニスで翻弄され、自らも夢中になった姿』を思い出させるくらい、彼との目合は、順子さんに強く激しい快感を与え、同様に心の奥深くまでにもしっかりと刻み込んだのでしょうね。
その後の部屋では、ご主人を始め家族の事など何もかも全て忘れさせられてしまう程、若さに蹂躙され、熟れ始めた体を『もっと、もっと犯して欲しい。』と訴えずにいられなかったのですね。
そういった目合いを私も経験してみたいものです。(汗)
とても羨ましい限りです。

新型コロナウィルスは、まだまだ予断を許しません。
どうかご自愛ください。
こも |  2020.04.22(水) 17:47 | URL |  【編集】

固くて太いペニスで翻弄

こもさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

主人を送り出して、のんびりしてます。
これから、お掃除と洗濯をする予定です。

『若さのみなぎる固くて太いペニスで翻弄され、自らも夢中になった姿』
こもさんの、そんなコメント読んでいたら、
その時のそうた君とのこと思い出してしまい、
身体を熱くしてしまっています。

暫くは、いえ、もう二度と逢えないかもしれないそうた君、
でも、私の身体がまだまだ、忘れられないでいるんでしょうね。

こもさんも、お気を付けてお過ごしください。
順子 |  2020.04.23(木) 08:51 | URL |  【編集】

体を熱くしてしまう

こんばんは。
順子さんがご主人以外の男性とで織りなす目合いの描写は、順子さん同様、私(の分身)を滾らせてしまってます。
そして、ご主人の選ばれる画像が順子さんの文章をより引き立たせ、読む者見る者を益々虜にしてしまいます。
ご主人のセンスに乾杯です。
これまで拝見した画像のいくつかは、順子さんご自身との事。
まだ見ぬ順子さん容姿をひとめ拝見したいという欲望の虜になってしまいます。
これからも更新楽しみにしています。
よろしくお願いします。
こも |  2020.04.23(木) 22:43 | URL |  【編集】

画像のいくつかは、順子さんご自身

こもさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。
心配の続く毎日ですが、いかがお過ごしでしょうか。

つたない文章を喜んでいただいてありがとうございます。
とっても、嬉しかったです。
皆さんから、コメントを書いていただいているお陰で、
このブログ、続けられているんだなぁって、いつも、そう感謝しています。

主人と写真教室に通っていました。
風景やポートレートを勉強しましたが、
主人から言われて、ヌード写真も随分と撮られたんですよ。
その時の写真、私に言わないで、このブログの載せているんです。
もう、恥ずかしいですけど。

前に、私の写真はどれでしょうって、
クイズみたいに、皆さんに尋ねたことがありました。
驚いたことに、皆さんに、ばっちり私の写真を当てられて、
びっくりしたことがありましたよ。

コメント、ありがとうございました。
続き、呆れないで、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.04.24(金) 09:22 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/572-4b353514

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |