FC2ブログ
04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

奈良での夜

2020.03.19 (Thu)


京都の叔父さんの家、高校時代から使っていた部屋を、
その時と同じように、今も使わせてもらいっています。
気持ちの良い朝、お行儀悪いけど、パジャマを脱いで、大きな伸びをしました。

3acd4e5d (1)

叔父さん、病院に見舞いに行った後、いつもと同じように、
大阪の大学に行って講義を終えた後は、学校の宿舎にお泊りです。

簡単な食事を終えた後、お風呂を使うと、鏡の前で丁寧に髪を梳きました。
お昼過ぎに、京都駅で人と逢う予定なんです。

下着ケースの中から、主人の大好きな白いブラを選びました。
けれど、ホックを嵌めながら、もしかしたら、次にこのホックを外すのは、
そのブラが好きな夫でもなく、そして、私でもなく、
今日、私を誘ってくれた彼なのかもしれないって、
ちょっと、心配して、小さな息を漏らしたのです。

140416c_00261-580x359.jpg

桐子さんに言われたように、
神戸でお逢いした彼から、一緒に奈良に行きたいって電話があったのでした。

京都から戻ってきて、三週間ぶりの、夫との営み。
たった今、私の中にたっぷりと出してくれた精液と愛液のまみれた、
少しだけ硬さを失った私の大好きなもの、
いつものように、お口に含んでいたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg


「あいつから、連絡あったんだろ」
「えっ えぇ」
「いつ逢うんだい」
「ううん、逢ったりしないわ、お断りするつもりよ」
「逢ってくればいいさ」
「でも」
「何をしたのか、聞かせてくれれば、かまわないから」

お口に含んでいたパパのもの、その時、急に太くなると、
髪に添えられていた手に力が入り、のどの奥にまで、突き入れられてきたのでした。

12c92dea.jpg

関連記事
09:20  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

若い肉幹からのお誘い

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
いや~世間では大変な騒ぎになっていますね。日本は上手く封じ込めに成功しそうですが、世界に目を向ければ欧米が大変なことに!
けど、中国は封じ込めに成功し?右往左往の東南アジア諸国をしり目に生産体制を整えつつあると言うことはやはり意図的に…
こういった魑魅魍魎が跋扈する話はえらい人たちに任せて私共市井の人間は日々の楽しさを追求すべきですよね。

奈良への一泊旅行。順子さんは夜に行われる凄艶に期待しているんでしょうね。
ご主人も順子さんに男根を奉仕させつつも、若い肉幹への放蕩を仕向けるさまはNTR冥利に尽きたことでしょう。
この感覚は経験したものでないとわからないでしょうね。
夢ではなく現実の逢瀬を楽しんむ「人妻順子」を次回期待してます。
楽太郎 |  2020.03.19(木) 20:38 | URL |  【編集】

若い液を受け入れにお出かけ

京都からJR 奈良線で行かれたのかな…
こんばんは前回薄い膜越しだった彼の竿
今回は順子さんの壺に直接挿入でしょうね~
暖かいいっぱいおたまじゃくしの泳ぐ液を奥深く妊娠しそうなくらい受け入れる熱い夜を期待します。
わんぱく |  2020.03.20(金) 10:35 | URL |  【編集】

はじめまして

いつも更新されるのを心待ちにしています。
『バージンママ』に出逢ってからというもの、現実とは思えないような世界観に魅力されてしまってます。
普段、清楚であるはずの順子さんが、ご主人以外の男性と肌を合わせその快楽に溺れる姿は、私自身も一人の男として、心惹かれずにはいられません。

お会いすることは叶わないでしょうが、これからも『バージンママ』を拝見させていただく中で、これまで以上に順子さんを知る事が出来ることを楽しみにしています。
こも |  2020.03.21(土) 00:39 | URL |  【編集】

NTR冥利に尽きた

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

本当に言われるように、たいへんな状況になっていますね。
そんなたいへんな三連休に、また、京都にいっていました。
駅や列車の中、京都の街はやっぱり人が少なかったですね。

奈良でのことは、昨年の初秋の頃のできごとです。
それからも、いろいろな時間が流れているんですよ。

コメント、ありがとうございました。
人込みなど、気を付けられてくださいね。
順子 |  2020.03.23(月) 13:43 | URL |  【編集】

妊娠しそうなくらい受け入れる熱い夜

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

大好きな夫に抱かれるのと同じくらい、
若い夫ではない男の人に抱きしめられるのは、
心が揺れ切ってしましますね。
いけないことだとは分かっていたんですけど、
この時は、誘われるがまま、
自分のこころと身体が求めるがまま、
奈良に向かってしまったんです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.03.23(月) 13:47 | URL |  【編集】

男性と肌を合わせその快楽に溺れる姿

こもさん、こんにちは。
コメント、ありがとございます。

いつも、読んでいただいているとのこと、
本当に、ありがとうござます。
男性? 女性?
どちらにお住まいなんでしょうか?

夫以外の男の人に、抱かれる恥ずかしい人妻になってしまって、
本当に呆れられると思いますが、
私自身の身体と、夫の望むような時間を過ごしているんです。
これまでのことは、前のお話も読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いしますね。

順子 |  2020.03.23(月) 13:54 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/569-1908c085

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |