FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

マスカレード8

2019.11.29 (Fri)


曇ったノックが、僅かに聞こえたような気がして、
そっと、木製のドアを開くと、
薄っすらとした廊下には、何人かの男の人が、並ぶように立っていました。

先ほどの部屋で、彼も着ていた、黒いバスローブを、皆、羽織っていましたが、
前の重ねが、だらしなく開かれていて、
その間から突き出た、驚くほど大きな男の人のもの、ゆっくりと動かし、
怒ったように、脈打っていた赤黒いもののその先からは、透明な液が滴っていました。

「なんて素敵な身体なんだ」
「写真で見てたように、清楚な顔立ちなのに、身体は、こんなに嫌らしいんだ」

そんな不思議なことを聞かされながら、
両脇の人から引かれた手の先に、
驚くほど熱く反り返った男の人のもの、握らされてしまったんです。

3p_sex_6459-077s.jpg

「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」

そんな、桐子さんの言葉のとおり、私の裸の身体に群がってきた男の人たち、
けれど、私、抗うこともしないで、
当たり前のように、自分の、もう、愛液に濡れた秘唇、
肉壁を押し開いて突き入れられてきた太い男の人のもの、
されるがままに太ももを開いて、迎え入れてしまっていたのでした。

3p_sex_6459-099s.jpg

「ここにいる男の精液、全部、受け入れるんだよ」

そんなことを言われながら、私、嫌がりもしないで、大きくうなづいてしまっていたのです。

懐かしい匂いが、包んでいることを感じ、
薄っすらと目を開くと、
自分を抱きしめている肌が、誰のものであるのか、間違いはない気がしてました。

「他の男に抱かれている夢、見てたんだね」

そう言うと、Tの懐かしいくちびるが触れ、
私、諦めたように、自分のくちびるを委ね、絡められた舌先に、
ねだるようにして、吸いついていたんです。

夢の中の出来事と同じように、おびただしく愛液を溢れされていた秘唇に、
いつの間にか、Tの懐かしい男の人のもの、根元までしっかりと迎えていることが感じられ、
もう、それだけで、短くも鋭い悦びが、身体の芯を走り抜けると、
逞しい背中に回した両手で抱き寄せ、仰け反りながら、そのこと、告げてしまっていたのです。


「何人に抱かれたんだ」

悦びの余韻に喘ぐ私の裸の身体を撫ぜ回しながら、そんなことを言った彼。

「順子の裸の写真、今日の男たちには、メールで送ってたからね。
 ほらっ、別荘で、俺と繋がってる、あの写真。
 今夜は、皆、順子の身体、狙ってきてるはずさ」

blog_import_5286c6b20cdf0.jpg

そんな恐ろしいことを言いながら、ふいに私の腰を持ち上げると、
後ろから、もう一度、繋がりあう性器の位置、探り出していたんです。

pakopako_sex_6828-016s.jpg



関連記事
14:17  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

輪姦後の包容

まさに正夢、一杯群がる♂たちの欲望を満たした身体を最後は愛しい方の抱擁を受けるのはスワップの王道ですね~
いったい何人の精液を受け入れたんだ!と言われて、上書きの儀式を受けたことでしょう。もちろんTさんのカリで他人の精液を掻き出されながら…
それはさておき、はじめに順子さんを抱いた彼の精液はゴムの中、きっとこのあと中だしを求められていることでしょう~
私もこのパーティに参加したかったな…
わんぱく |  2019.11.29(金) 17:59 | URL |  【編集】

何人の精液を受け入れた

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

こちらでは、冬を迎える風物詩、
武家屋敷のこも掛けがありましたよ。
これがあると、いよいよ、本格的な冬の訪れとなりますね。
昨日、料理教室に通っていたころ、
その先生が経営されているレストランに久しぶりに行ったら、
偶然、こも掛けの様子をみることができました。

このパーティー、本当に怖い経験でした。
でも、本当に抗うことなく、何人もの男の人に抱かれてしまったんだから、
皆さんに、呆れられるだろうと思っています。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.12.01(日) 11:27 | URL |  【編集】

真冬に向かう金沢

以前も兼六園の木々に雪に耐えれるよう縄をかけたのを見たことがあります。
今回のパーティでは順子さん赤い紐で縛られてはいませんか?
女性の手足を拘束して縄化粧を施すパーティもありますので…それより密壺の中は白い何人もの液でミックスジュースになっていたことでしょう~今回懐妊されたら本当に誰の子かわからない、でも出していないよしくんの子を授かりたかったりして(笑)
素敵な経験でまた一段新たな性の階段を登りましたね~
続き楽しみですね…私も中の味体験したいです。
わんぱく |  2019.12.01(日) 12:47 | URL |  【編集】

訂正

よしくん→そうたくんの間違えです。
わくぱく |  2019.12.01(日) 13:56 | URL |  【編集】

新たな性の階段

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

兼六園の雪吊りも季節を感じさせて趣がありますね。
こも掛けも、冬を迎えるこの街の風物詩です。

「新たな性の階段」
知らない人たちとのパーティーで、
何人もの男の人に身体を開いてしまった今度のことは、
わんぱくさんが言われるように、
階段を一段上がってしまったのかもしれません。
その時のことを思い出すと、自分に呆れながらも、身体を熱くしてしまいます。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.12.02(月) 10:12 | URL |  【編集】

なかなかの経験ですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
短い紅葉から厳しい冬の訪れをこも掛けで感じても、体の芯は逞しい男根との饗宴の記憶がよみがえるたびに経験のない熱いものが沸き上がる女性に変貌してしまったんですね。
「怖い」という表現は人妻としては経験してはいけない、深い女の性を淵を覗き、後戻りできない雌に変貌してしまった自覚を順子さん自身が持たれたことでしょう。

私も過去に経験した時にパートナーの卑陰におびただしく溜まった吐精を搔き出すことに最高の興奮を覚えました。
けど、寝取られの醍醐味をご主人ではなく、Tさんが先に体現されたんですね!
これは罪深い所業かもしれませんね。
続き楽しみしております。
楽太郎 |  2019.12.02(月) 19:00 | URL |  【編集】

順子さま

こんにちは。
かなりごぶさたしていました。

そうたくんのこと、その他の男の人たちとの戯れも、TさんNさんに塗り替えられたんじゃないかなと私は思っています。
ただ、それは、これ以降にそうたくんとの時間が来るまでのお話しなのではとも…

寒くなってきましたね。
今の順子さまの心境や、心がどう動いていくのか想像するしかありませんが、心も身体も大切にして欲しいと思っています。


柚葉 |  2019.12.04(水) 16:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/566-66edf9f7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |