FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

マスカレード5

2019.11.13 (Wed)


そう言われた時には、濡れた肉襞、ゆっくりと押し開きながら入り込んできた、
彼の太い男の人のものが、
私の身体の、一番奥にまで届こうとしていて、それだけで、もう、
強烈な悦びに導かれ始め、身体を仰け反らせていたのでした。

resize_img (8)

「この別荘のオーナーの息子なのよ、悪い子じゃないわ、お金持ちだしね。
あぁ いやらしい、ご覧なさいよ、あなた、ほら、こんなに根元まで咥えこんでるのよ」

「あぁ、すごい狭いんだね」

そんな彼からの、聞きたくもない言葉聞かせられながら、
その時、気が付いたのです。
知らないうちに、私たち、二人の前のジュータンの上で、
動物のように繋がりあっていた、仮面を着けた知らない裸の二人に、
しっかりと性器を繋げあった私たちの恥ずかしい姿、見られていることに。

208a5ae1-s.jpg

彼の両手に後ろから腰を抱かれ、突き上げるようにして、下から何度か揺すられると、
彼女から言われるたように、夫のことはこころから消え去っていきました。

身体の求めるがまま、自分から手繰り寄せようとした悦びの頂に、
もう、幾らもしないうちに昇り詰めることがわかり、
私、自分のいたたまれない恥ずかしい叫び声を聞かせないように、
慌てるようにして振り向くと、
彼のくちびる、また、自分からねだってしまっていたのでした。

berochu_5205-015s.jpg

それに、繋がった二人の性器を這いまわっていた彼女の二本の指、
私の濡れた柔芽に添えられて、上手に震わせていたのです。

「あぁ、もう、我慢できない。ほらっ、出すよ」
「ほらっ、出してくれるって、旦那様のこと忘れて、全部、受け入れてね」
「嫌ぁ、堪忍して。あぁん」

sex_6576-059s.jpg

そう言って、髪を振って抗ったのに、
急に息を乱した彼、
私の身体が浮き上がるほど腰を突き上げ、
後ろから回した両手で、乳房をこねるように握りしめると、
曇った息を聞かせたのでした。

身体の奥で、私の肉壁を押し開いていた彼の太いもの、びくっびくって何度も脈打ち、
男の人しるしが、はじき出されのがわかると、
それにつられるようにして、悦びのタイミングを上手に合わせた私、
悲しげな細い声を漏らし、仰け反りながら、昇りつめてしまったのです。

d3eb7b01-s.jpg


ひきついていただろう秘唇から、彼の男の人のものがゆっくりと抜かれた後も、
横たわった裸の身体から、激しく昇りつめた名残の麻痺は、なかなか治まらないで、
その度、甘い声を漏らしていました。

彼と彼女のくちびる、私の方から、何度も、吸い続けたせいでしょうか、
なんだか、くちびるが熱くなって、いくらか、腫れたようにもなっていて、
そんな恥ずかしい自分を、いたたまれなく感じてもいたんです。
その肌に、しばらく、彼女の手のひらが這いまわっていましたが、

「ほらっ、彼からのプレゼントよ」

って、今しがた私をあんなに泣かせた彼の男の人のものから、
外されたスキン手渡されたのです。
それは、驚くほどの量の男の人の液で満たされていて、温かささえ感じました。
今夜、初めて逢って、肌を合わせてしまった若い素敵な彼、
でも、私の身体を、こんなにも喜んでくれたくれたのかと思うと、
なぜだか、愛おしさえ、こころに染みたのでした。

72d93574178314c4d26380d03e5519a51.jpg

「セックス、しちゃったわ。それも、三人と」
「あなただったら、たくさんの男が群がってくるわよ」
「夫以外の人に抱かれるって、どうして、あんなに良いのかしら」

そんな桐子さんの言葉、思い出されました。
名前さえ知らない若い男の人に抱かれてしまった、思いもかけなかったパーティー。
けれど、桐子さんの言っていたように、これだけでは、済まなかったのです。

関連記事
09:29  |  そうた君とのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

一枚目の写真はまずいのでは?

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
まず、刺激的な内容と重ねっての写真は嬉しいのですが、モザ無はさすがにマズいと思います。写真修正をご検討ください。

若幹に貫かれ、その証に愛おしさを感じる順子さんは男女の摩具わいを堪能しつくした女性のみが得られる感情かもしれませんね。
そこには倫理はなく、本能のみが行き交う本当の大人の社交場!
私の過去の経験では、パートナーに残された他の男性の証を自らのもので搔き出す様は最高に興奮しましたね。
順子さんは次はどのような興奮を体現されたのでしょうか?楽しみです
 |  2019.11.13(水) 12:11 | URL |  【編集】

それだけで、もう

順子さん、ご無沙汰してます。
慧太です。

若い彼との交わり、
色々な男性と交わりながらも
普段は貞淑で、ご主人のことを第一に考える、
そんな順子さんのイメージなだけに
出逢ったばかりの相手に簡単に悦びに導かれ、
その残滓を愛おしく思ってしまうなんて、
少し意外に感じました。
貞淑な順子さんがそんな風に溺れてしまったのは
仮面を付けた非日常だからでしょうか?
それとも怪しい媚薬のせい?
それとも彼の若さのせいかな?

続きがあるということは…
そうた君の若さの虜にされてしまったのでしょうか?
続き、楽しみにしてますね。
慧太 |  2019.11.13(水) 12:34 | URL |  【編集】

大人の社交場

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

そうですよね、写真、恥ずかしすぎますよね。
前にも、主人がこんな写真貼った時には、
駄目よって、言ったんですけど、
嬉しそうに笑っているだけで、
困っています。

思いもよらなかった、大人の社交場。
成行きのままに、名前さえ知らない若い人に抱かれて、
乱れてしまった時間でした。

それに、その時だけのことだったら、
良かったんですけど、
それからも、彼との関りが続いているんです。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.11.13(水) 16:04 | URL |  【編集】

仮面を付けた非日常

慧太さん、こんにちは。
いつも、コメントやメールありがとうございます。

確かに仮面を着けていたことが、
恥ずかしく乱れてしまったことを、
助けていたのかもしれませんね。
もう、あんなことはないとは思うんですけど。

あぁ、そうですね。
彼と、慧太さんって、歳が同じくらいなのかもしれませんね。
逆に、彼に抱かれながら、
私、慧太さんに抱かれているように思う時があるかもしれませんよ。ふふ。

コメント、ありがとうございました。
えぇ、続きがあります。
この時の後にも、彼と何度も逢うことになったんです。
順子 |  2019.11.13(水) 16:10 | URL |  【編集】

中だしではなかったんだ❗

更新ありがとうございます。彼も太く大きな竿で一杯逝かされたのですね~
このあとも引きずっているようですから、パーティはルールであとからの人のこともふまえてゴムありルールでしょうが、二人で会えば当然生で出されていることでしょう~
楽太郎さんのようにハードルの高い生パーティは滅多にないけど興奮しますよね、寝とられから掻き出しは…
私も今参加するカップル限定の複数は生ですので、よくわかります。
お互い楽しんでいますから、順子さんを囲んでみんなで楽しみたいですね~
わんぱく |  2019.11.13(水) 18:33 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/562-f16dea1e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |