FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

神戸の夜4

2019.09.19 (Thu)


45f61225b9e1db66eb24e50f579c25847d3e6598.jpg

朝ごはんの食事処も、目の前に瀬戸内海が広がって、気持ち良かったです。
お茶を入れてあげたりして、甲斐甲斐しくNさんのお世話をしているところに、
いくらか遅く、夫と奥様がやってきました。
少し恥ずかしそうな笑顔で、遅れたお詫びを言われた奥様は、
なんだか、輝くように綺麗で、昨夜が、満たされた夜だったのかしらって、
そう、思わずにはいられませんでした。

00021.jpg

あれから、Nさんたちの部屋に連れていかれると、
慌てるようなNさんの手で、浴衣も下着も脱がされ、
何も身に着けていない身体を抱きしめられました。

地中海旅行の時のように、彼の逞しいもので繋がり合い、
自分ではどうしようもない、恥ずかしい声をあげさせ続けされらるだろうと、
もう、覚悟を決めてしまった私、
どうしようもない、荒い息を漏らしながら、彼の広い背中に両手を絡ませていたのです。

sex_5741-052s.jpg

白い太ももを広げられ、何も必要もないほどに愛液で濡れた秘唇に、
Nさんのくちびるが這いまわり、身体の中に長い舌先がさし入れられ、
私の身体の肉壁の締まりを確かめるように動いた二本の指に誘われるように、
幾度か、悦びの声をあげさせられると、
隣の部屋の布団の上で絡まり合う、夫と奥様の姿を思い、
その瞬間は、今自分の身体の上で、曇った声を漏らしながら、
嫌らしく動く彼の、今夜の一夜妻にさせられてしまうこと、
もう、諦めるしかなかったのでした。

kn232s.jpg

「お願い」

人妻として、夫以外の男の人に求めてはならないもの、
欲しがってしまった言葉を言わされました。

身体を起こした彼、私の膝裏に手を添えて、
これ以上は無理だと思えるほど太ももを広げると、
薄っすらと開き始めていただろう私の秘唇を、
驚くほど熱くした男の人のもので擦りだしていたんです。

彼の大きく太い男の人のものが、私の狭い肉壁をきしませるように押し開き、
身体の奥に届いたことを告げる恥ずかしい声を漏らし、
たわわな乳房を揺らしながら仰け反ってしまう自分を思い浮かべましたが、
いつにない、彼の荒い息遣いが聞こえ続け、
私の身体の奥から、溢れ流れ出ようともしている蜜液が、
冷めようとしているのが感じられました。

そして、薄っすらと瞼を開け、今、繋がり合おうとしている私の太ももの向こう側に、
自分の男の人のものに手を添えて、忙しくその手を動かしいる彼の姿が見えたのです。

02133.jpg

二滴、三滴と、彼の汗が、自分の柔らかなお腹の上に滴り落ち、
幾らもしないうちに、怖いような彼の曇った声が聞こえました。
その瞬間、塊のような温かなおびただしい量の彼の精液が、
私のお腹に、乳房に、そして、顎先まで、降り注がれたのです。

bukkake-2129-17s.jpg

荒い息遣いの彼の手のひらが、
私の裸の身体に降り注がれた精液を、ゆっくりと広げました。

二人の間に、青臭い匂いが漂いましたが、正直に言うと、
それは、嫌ではありませんでした。
これまで、何度もお口の中に注がれ、喉を伝い流れたた彼の精液。
私は、彼の手を取ると、その手の平を濡らしていた液に舌先を伸ばし、
丹念に舐め取ったのです。

彼の腰が、近づいた時も、むしろ、私の方から顔を近づけくちびるを開き、
だらだらと、名残りの液を滴らせている彼のもの、出来るだけ深くお口に含むと、
彼のものの中に残っていたしるしを、一滴も残さないようにと吸出していたのです。

12c92dea.jpg

身体の繋がりはなかったものの、
彼の精液で濡れた唇を舐め回しながら、
その時だけは、間違いなく彼の愛人であること、納得させられた、
そんな夜だったのでした。


関連記事
14:05  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(5)

Comment

上書き

慧太さん、こんにちは。
こめんと、ありがとうございました。
お久ぶりっだたですね、お忙しくされていたのでしょうか。

そうですね、神戸はいい街だと私も感じています。
おしゃれで、パンが美味しくて、
いろいろなことがあった街だけど、
それは、思いで深い街だってことだと思っています。

まぁ、京都に行かれていたんですね。
えぇ、あの辺りは、本屋さんがたくさんあって、
私も学生時代、何回か行ったことがありますよ。

Nさんが私にしたこと、私がNさんにしたこと。
それの上書きって、ちょっと、どきどきします。
いろいろと思い出してしまいそうです。

何日かその京都に行って、昨日帰ってきました。
朝晩は、涼しくなってきましたね。
いろいろなことを経験した夏も、
もう、終わりを迎えたようです。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2019.09.19(木) 14:14 | URL |  【編集】

洒落た海辺近くのホテル

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

さぁ、どこのホテルでしょうか。
とっても、素敵なところで、
書いたように、料理と同じように、
眺めが素敵でしたね。

神戸ではないんですよ。
楽太郎さんが書かれているように、
もう少し西側になりますね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.09.19(木) 14:17 | URL |  【編集】

ブレーキ

順子さん
こんばんは、慧太です。

朝夕の涼しい日が多くなってきて、
夏の終わりと秋の始まり、感じますね。
今日の大阪は日中も涼しくて
過ごしやすい天気でした。
金沢はこちらよりきっと涼しいのでしょうね。

いつも僕の稚拙なコメント、
読んで頂いて丁寧にお返事まで、とても光栄です。
(前回のコメントのこと想像していただいて
順子さんのことをどきどきさせることが出来た、って
子供みたいに喜んでしまいました)

さておき、「神戸のおいしいもの=パン」って
自分にとってはすごく新鮮で、
自分は「神戸のおいしいもの=餃子」でした。
全然洒落っ気がなくていけないですね(笑)
今度パンのお店も開拓してみますね。

今日の日記、
とても意外な展開でした。
はだけた浴衣、
潤んだ目、
桃色の肌の順子さんを目の前にして、
ブレーキを掛けられる自信、若い僕には
絶対できないことだなと思いました…。

でも、Nさんの飛沫を浴びせかけられ、
そのあとNさんのシンボルを口に含み、
交わりがなくともNさんの愛人を自覚させられる、
それってすごく順子さんの中で
Nさんの印象が大きいんだなぁって
Nさんに嫉妬してしまいました。


夏も終わり、順子さんの今年の秋は
どんな季節になりそうでしょうか。
また、日記の更新楽しみにしてますね。
慧太 |  2019.09.19(木) 20:57 | URL |  【編集】

え!えっ~

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
これ以上の詮索はしませんが、おおよその見当はつきまして多分私も行ったことがある宿だと思います。
さて、「あれ?」って感じですねぇ。
N部長の号砲を期待していたのによほど順子さんの淫口から洩れた嗚咽が興奮を抑えれず、百戦錬磨のN部長を淫壁前で速射させたということですね。
ただ、その後の順子さんN部長への思いが切ないですね。
まあ、ご主人は「ニタ」っとしたかもですね。
次はどんな女磨きの旅でしょうか?
夏の終わりにふさわしい秋風を呼び込む内容で楽しめました。
楽太郎 |  2019.09.20(金) 12:48 | URL |  【編集】

もしや危ない日?

N部長旦那さまから危険日と聞いていて、中だしを紳士的に我慢されたのでしょうか?
その後の順子さんの行動からも感謝の気持ちが感じられるのは、私の勝手な妄想でしょうか?
今後の末永いご夫婦のスワップのお相手に対しての行動かと思えて…
わんぱく |  2019.09.21(土) 06:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/557-36c2ba26

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |