FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ひろしとのこと12 帰宅

2019.03.25 (Mon)


玄関のドアを開けると、
毎日モップを掛けているリビングに続くフローリングの一部が、
幾らか曇っているように感じました。
自分の家に帰り着いた瞬間、
ここに住んでいる、当たり前の人妻の顔に戻っていたんでしょうね。

floor_24_top.jpg


小さな茶色のトラベルバッグを、リビングのソファーに下ろし、
シャワーを使うために、バスルームに向かいました。

彼に、言われるがままに、身体を開いた自分の身体に、
熱いほどのお湯をあて、
あきらめたようにひとつ、小さな息を、吐いたのです。

bathroom_6086-009s.jpg

何も身に着けない濡れた身体に、日頃より、随分と丁寧に、バスタオルを使いました。
それは、彼に抱きしめられ、首筋に濡れた舌先を、幾度も感じていた時間、
意識が薄らいだ、その思い出せない時に、
もしかしたら私の白い肌に、彼のくちびるの跡、
くっきりと、付けられているかもしれなかったからです。

長い黒髪、細い首筋、なだらかな肩口と、そして、豊かな乳房、
そんな鏡に映る自分の裸の姿を眺めながら、
この身体を、あれほど愛してくれた彼との時間、
ぼんやりと思い出そうとしていたのでしょうか。

furo_agari_4991-026s.jpg


昨日のお昼過ぎに、
初めて、私の身体の奥に、自分の精液、そのまま注ぎ込んだ後も、
私の身体、なかなか放してはくれなかったし、
夜、私を泣かせ続けた長い営みの終焉の時にも、
そして、今朝、薄いレースのカーテンから差し込む、淡い朝日に包まれながら、
二人の、裸の身体、絡ませ合い、繋ぎ合った時にも、
その度、熱く、驚くほどたくさんの精液、しっかりと注がれてしまったんです。

resize_img (5)


それはもう、取り返しのつかない時間でした。
その時のことを思う今、
何の妨げるもののないままに、自分の身体の一番奥に注がれた、
彼の洗い流せないもの、
だんだんと、身体の中に、染み込み始めているような、
そんな心持を感じて、胸に手を当てた私、
そっと、目を閉じてしまっていたのでした。

creampie_sex_5094-015s.jpg



関連記事
10:06  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

これぞ背徳感の極み

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。

ひろしに蹂躙され、彼の欲望の塊を素直に受け入れた順子さんの心は本当に満たされたんでしょうか?
当時の心境と第三者目線で冷静に筆をすすめられている今では比べることは難しいかもしれませんが、単なる火遊びだけではないようにも思えます。
はてさて、女心と秋の空のように、順子さんも気持ちがコロコロと変わってしまうもんなんでしょうか?
今シリーズの落としどころが大変興味深いですね。
次回はご主人にひろしとのことがバレてひと悶着あるんでしょうか?
楽しみにしております。
楽太郎 |  2019.03.25(月) 17:03 | URL |  【編集】

ねとられの心境

私が大好きな愛妻倶楽部に「愛する妻を落とした男」というねとられのすてきな作品を投稿されている方がいますが、順子さんの旦那さまも負けないくらいの性癖だと思っております。
今回のヒロシ異質でしたが、これからの夫婦の関係もちょっと変化があったのでしょうか?
おっぱいフェチの私にとって順子さんをいつかは抱きたいと思って読ませていただいております。
これからも下半身をあつく固くさせてくださいね~
わんぱく |  2019.03.25(月) 18:24 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。

フローリングの曇りを感じた時、家を守る妻の顔に戻った瞬間だったと私も思いました。
彼とおつきあいする順子さまの心は、何だか満たされたようには感じません。
今までのおつきあいされてきた方たちとは違う、そんなところも興味を持たれたのかとも思いましたが、流れに任せたような、あまり自分の気持ちを出さないまま、彼に求められて、順子さまも求めただけのような…
実際、彼との身体の相性は悪くなかったのかなとは思ってしまうのですが、彼とのことで、順子さまの身体に変化はなかったのでしょうか。
感じるところが増えたとか、敏感になったとか、旦那さまは何か違和感を覚えるようなことはなかったのかな…と。

彼との終わりを迎えた状況も、旦那さまが知ることになったいきさつも、とても気になります。
順子さまが描かれるかはわかりませんが、
彼との終わりを見届けたい、そんな気持ちでいます。

柚葉 |  2019.03.26(火) 01:56 | URL |  【編集】

欲望の塊を素直に受け入れ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、あれからもう数年経って、私の気持ちもある意味冷静になり、
その時の自分を客観的に見られるようになっているのかもしれません。
ただ、コロコロっていうわけではないんですよ。

今日はどんよりとした天気で、午後から雨が降りそうです。
桜の開花予想は4月の2日、いろいろと催しものもあって、楽しみですね。

コメント、ありがとうございます。
そちらの春は、もうすぐですか。
順子 |  2019.03.26(火) 13:14 | URL |  【編集】

おっぱいフェチ

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、「愛妻倶楽部」に、そんなお話出てるんですね。
今度、読んでみます。
「幸せの行方」を載せていただいていた「愛妻倶楽部」懐かしいです。
上手な方、多いですよね。

わんぱくさんて、おっぱいが好きだったんですね、っていうか、
男の人って、皆好きですよね。
いつか、私の胸、
恥ずかしいけど見てもらうようなことがあったら良いですね。ふふ。

ひろしとのことで、夫婦生活に表立った変化はありませんでした。
ただ、やっぱり、口には出さないような変化はあったような気がします。
そして、夫婦の営みのときなどに、それが表れていたような気もします。

コメント、ありがとうございました。
続き、熱くして読んでみてくださいね。
順子 |  2019.03.26(火) 13:23 | URL |  【編集】

彼との終わりを見届けたい

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

こころは満たされていなくても、自分の身体の要求を満たすことを、
どうしようもなく相性の良かった、彼の身体に求めていたのかもしれませんね。

彼との別れは、突然、やってきました。
考えてもしていなかったことでしたが、もしかしたら、そんな別れを、
私自身望んでいたのかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
彼とのことは、次回が最後になりますので、
それが、お分かりになると思います。
順子 |  2019.03.26(火) 13:30 | URL |  【編集】

ことのほか、執筆回伸びず・・

順子様
更新有難うございます。

もう1エピソードいただきたかったところですが、もう次回がエピローグなんですね。

回想でさえ海綿体を熱くしました。ヒロシとの逢瀬を重ねている期間中の旦那様との夜の営みの変化なども執筆いただけたら、なおエキサイトできたのかとも感じています。

次々回はいよいよ、ハワイ編ですか?島原じゃないですよね?( ;∀;)
伊集院 |  2019.03.26(火) 22:28 | URL |  【編集】

海綿体を熱く

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、何かと忙しくて、更新が遅くなっていてすいません。
朝の片づけを終えてからの、僅かな時間で更新してるんですよ。

伊集院さんに前に教えていただいていた海綿体を熱くされているとのことで、
嬉しかったり恥ずかしかったり、
ひろしとの関係が続いていた時の夫とのこと、
また、いつか書いてみたいと思います。

島原、よかったですよ。
えーっと、みかどホテルって高台にあるところに泊まりました。
蟹やお肉、お菓子が食べ放題で、おなか一杯になりましたね。
いとこたち夫婦といったので、それも良かったです。

コメント、ありがとうございました。
次回が、ひろしとの最後のお話になります。
読んでみてくださいね。

順子 |  2019.03.27(水) 08:44 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/552-09f7e398

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |