FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ひろしとのこと11 精液

2019.03.18 (Mon)


なぜ、彼に、ここまで惹かれてしまったのでしょうか。
端正な顔立ちと、社会的にも満たされた生活、
でも、それだけで、私がここまで振り返るとは、思えなかったのでした。
なぜなら、そんな男の人は、これまで、私の前に、何人も現れていたからです。

ただ、私がこれまで、お付き合いをさせていただいた男の人と違うのは、
いかにも、彼自身が、自分勝手だったところでした。

今まで、私とお付き合いのあった男の人たちは、
皆、どうかすると、自分のことよりも先に、私のことを気遣ってくれていました。

確かに、目的は、私の身体と繋がることだったことは、違いないんだろうけど、
そこまでの時間では、食事や、泊まるお部屋、そして、言葉遣いまでも、、
私のために、こころを砕いてくれていたと思えるのです。

750_kamofoir.jpg

それが、彼には、幾らも感じることは、ありませんでした。
むしろ、困るような表情を見せる私を、楽しんで見ているようにも思えたし、
それは営みにさえ、感じられたんです。

自分のもの、私のお口に入れる時も、息が詰まるほど抱き締める時も、
必要がないと思えるほど、乱暴だと思えることが多かったんです。
そんな彼に、こうまで惹かれてしまったのは、どうしてなんでしょうか。
彼みたいな人、私の周りにいなかったからだけなんでしょうか。

6425d3ea-s.jpg

バスタオルも巻かせてくれなかった私の裸の身体を、
放るように、乱暴にベッドに倒すと、
私の足首を持った両手を広げ、太ももを開きました。

1493-21s.jpg

「一度、出すぞ」

嫌らしい眼差しで見下ろしながら、そう言うと、
自分の男の人のもの、片手で摩りながら、逞しい腰を押し付けてきたんです。

もう、初めてではなかった彼の男の人のものが、
まだ、潤いの足りないとも思えた秘唇を、きしませるように押し開くと、
それだけで、私、細い声を叫びながら、胸を仰け反らせ、
たわわな乳房を揺らしてしまっていたんです。

「堪らないね、締りが」

私の中を楽しむ彼に突かれながら、あっという間に、朦朧とさせられ、
恥ずかしい声をあげながら、彼の広い背中に両手を回すと、
手繰り寄せように、抱き締めていました。

sex_5741-052s.jpg

数か月の間に、何度か、彼に抱かれているうちに、
もう、お互いの身体、馴染み始めていたのでしょうか、
幾らもしないうちに、私、悦びに昇り詰めることを告げると、
それに合わせるようにして、彼の息も乱れ始め、
それまで以上に、深く、奥にまで、突き入れ始めたのです。

「ほらっ、今」

そう言われて、一瞬、身体を硬くしたようにも思えましたが、
それ以上に、彼のものを搾り取るように締まり始めた自分の肉壁、感じていたんです。

夫のこと、ほんの僅かも、こころに浮かべることはありませんでした。
今はただ、彼の白い精液、自分の身体の一番奥に、
残すことなく出してもらいたかったのでしょうね。

曇った彼の声が、聞こえると、息の詰まるほど、抱き締められ、
とうとう、その時が訪れたこと、知らされました。
どくどくって、身体の奥に突き入れられた彼のものが、
太くなり、脈打ちだしたのがはっきりとわかりました。

そして、お腹の中が、温かくなったことを感じた時、
私、その温かさに誘われるように、声にならない声を叫びながら、
目のくらむような悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

see473.jpg


関連記事
12:27  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

湯殿からコンティニュー

順子様
更新有難うございます。

ヒロシは湯殿での順子様の攻勢に耐え暴発しなかったものの、部屋に戻るともうたまらなかったのですね。
「一度、出すぞ」懐かしいですね~。若くないと一発、一発が貴重で簡単に消化できなくなりました。( ;∀;)

本当に女性の心の機微は難しいものです。無い物ねだりをしちゃうんですね~。そういえば年初見た劇団四季のアラジンのヒロインの王女ジャスミンもそうでしたね。

PS.「バスタオルを巻かせてくれない・・」いいです。焦っている臨場感があります。
伊集院 |  2019.03.18(月) 16:48 | URL |  【編集】

なかだし

これまでの欲望を満たすように、両足をもって開いて思いきり挿入の情景が描かれ、順子さんがついに彼を受け入れる様が、私の下半身を大きくするものでした。
ついに奥深く白い液を注ぎ込まれましたね。
彼はきっと満足したことでしょうね~
羨ましいです。
きっとこの夜も朝までずっと離さなかったでしょね‼️
わんぱく |  2019.03.18(月) 20:12 | URL |  【編集】

バスタオルを巻かせてくれない

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

初めてのことではなくて、私の身体、
それまで何度か抱いた後ではありましたが、
彼、やっぱりたまらなかったんでしょうか。
それは、私にとって、喜んでいいことだったのか、分かりません。

若い男の人だから、恥ずかしいけど、回数には自信があったんでしょうね。
確かに、今回も何度も出され、もう、堪忍してもらいたかったです。

劇団四季のお話も、ありがとうございました。
なかなか東京に行くことなくて、見たことないんですけど、
機会があったら、伊集院さんの言葉思い出しながら、
観劇してみたいと思います。

コメント、ありがとうございました。
バスローブから出て、バスタオルも巻かないまま、
抱かれたことって、本当ないんですけど、この時は、強引でしたね。

続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.03.19(火) 09:25 | URL |  【編集】

下半身を大きくするもの

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

今日は、港に海産物を買いに、桐子さんたちと行く予定です。
蟹もそろそろシーズンが終わりそうで、
今年の季節の最後に、ちょっと、奮発する予定なんですよ。

スキン越しに出されるのと違って、
温かな男の人の液をそのまま身体の奥に出されるのって、
やっぱり、比べものにならないほどの強い悦びに誘われてしまいますね。
それが、夫のものであっても、そして、夫のものでなくても、
女の身体は正直に反応してしまうものだって、そう思います。

今、思い出しても、身体が熱くなってしまいます。
いけないですよね、人妻なのに。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.03.19(火) 09:33 | URL |  【編集】

順子さんの疑問の答えは

順子さん こんにちわ楽太郎です。
進化心理学の観点からしましたら、人類の進化過程におきまして、子孫繁栄のため、強い男性の遺伝子を残すことが重要で、狩猟時代から女性達は生き延びるために、荒々しくて攻撃的で強い男性に惹かれ、求めてきたのですね。
そういったDNAが色濃く残っている女性は総じて艶福な方々が多い傾向にありこれも、種の繁栄の必然でしょう。
とまあ、こんな勝手な解釈から順子さんの疑問である荒々しい「ひろし」に惹かれる理由を導き出しましたが如何でしょうか?
けど、私の過去を振り返りますと身勝手なふるまいだけでは当然撃沈した記憶しかなく、成功確率はやはり「安寧」をキーワードにした方が高いと確信してます。
伊集院さん同様バスタオル…は興奮しましたよ。
では、続き楽しみです。
楽太郎 |  2019.03.19(火) 16:11 | URL |  【編集】

順子さま
更新お待ちしてました!

バスタオルのことは、ちょっとドキっとしてしまいました。
彼は、もう待ちきれなかったのでしょうね。
柚葉 |  2019.03.20(水) 01:10 | URL |  【編集】

惹かれる理由

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

お返事遅くなってすいませんでした。
長崎の島原に行っていました。
高台にあるホテルで、食べ放題飲み放題と、温泉を堪能してきたんです。
あぁ、いとこの純君たち夫婦と一緒だったんですよ。

惹かれた理由をありがとうございました。
書いたように、これまでお付き合いのあった男の人にはない強引さ、
そして、楽太郎さんの言われる荒々しさに、
私自身が気付かないうちに惹かれたのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.03.23(土) 14:29 | URL |  【編集】

バスタオルのこと

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

楽太郎さんにも書いたように、九州に行っていました。
いろいろと楽しいこと、どきどきのことあったんですけど。

バスタオルって、女性にとっては大切ですよね、
身体を拭くのは当たり前ですけど、
恥ずかしい裸の身体を隠すのにも使いますからね。
それさえ、使わせてもらえなかったのだから、
柚葉さんが言われる彼の焦りがあったのでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
来週も、また、お願いしますね。
順子 |  2019.03.23(土) 14:34 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/551-06fa755b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |