FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

ひろしとのこと10 モーターホテル

2019.03.11 (Mon)


「いつ、だったら、いいんだ」
「えっ、何が」
「生で出せるの、いつだったら」
「嫌、そんなこと」
「欲しいんだろう、俺の」

creampie_sex_5094-015s.jpg

約束もないままに、突然、自宅にやってきた彼と、
動物たちのように、身体を繋げ合い、抱かれ続けられ、
私の身体の奥に、そのまま、注ぐことを諦めてもらうために、
自分から、彼の男の人のものにむしゃぶりついて、
お口に出してもらったあの日の午後。

けれど、その後のまどろみの時、
乳房を揉まれながら、そう、言われたのでした。

女性の身体の奥に、自分の男の人のしるしである、濃い精液を注ぎたい。
それは、男の人にとって、大切なお勤めだし、当たり前のことなのでしょうけど、
彼の妻ではない私には、もちろん、許せることではないんです。

これまで、夫以外の男の人と、身体を繋げ合ったこと、幾たびもあります。
それは、このブログを読んでいただいている皆さんは、よく、ご存じの通りです。
お腹の上、乳房や乳首に、その温かな液、振り撒かれたこともあるし、
怒っているような熱い男の人のものに、
私がお口に含んだスキンを被せたことも、少なくありません。

bukkake_4793-109s.jpg

夫と結婚して、とにかく、早く彼との赤ちゃんが欲しかった私、
流石に、夫が困るほど、毎日おねだりして、そして、沢山、注いでもらい、
夫婦で計画した通りに、子どもたちにも恵まれたんです。

けれど、その後、夫ではない男の人の精液、何度も、迎えてしまいました。
周期的に、安全ではない時もありました。
今思うと、間違いなく、授かってしまうタイミングだったことをもあったけど、
幸い、お医者様に、相談することや、悲しい思いもせずにすんでいるんです。

mashiro_sae_7411-012s.jpg

「いつ、だったら、いいんだ」
「えっ、何が」
「生で出せるの、いつだったら」
「嫌、そんなこと」
「欲しいんだろう、俺の」

そう言われて、人妻であるはずの私、
さっき、お口の中にはじき出され、蒸せながらも、懸命に飲み込んだ彼の精液、
身体の奥に注がれることを想うと、虚ろになってしまいったのでしょうか、
彼が、心置きなく、私の中に、注ぎ入れることができる周期、
教えてしまっていたのでした。
それも、その時夫が、北海道への出張で、暫くいないことまで。
彼との、激しい営みに翻弄され、どうかしていたんでしょうね。

「泊まりでいいだろう」
「駄目よ、そんなこと」
「気絶するまで可愛がって、たっぷり、出してやるよ」
「嫌よ、怖いわ」

そう言った私、滑り落ちたブラウスからこぼれ出た乳房に、
彼の手のひらを誘いながら、自分からくちびる、ねだってしまっていたのです。

9708b51b-s.jpg

人妻と、金融会社の社員、彼も、私も、人目は心配なことでした。
前と同じように、私は、電車に乗って、幾つか先の駅で降りた後、
そこで待っている彼の自動車に乗ったのです。

そんな、隠れるような時間に、段々と、慣れたようになっていました。
その日の朝、北海道に向かう夫のために、妻として、かいがいしく準備を整えた私、
けれど、玄関先で旅行バッグを手渡し、短いキスを終え、
送り出した後のドアを閉めたその瞬間、もう、彼の妻ではありませんでした。

約束の駅で待つだろう恋人のために、
少し透けるセクシーな下着をつけると、
もう、人妻であるはずの、いつもの私ではなかったのです。

140416c_00261-580x359.jpg

富山を過ぎ、二人を乗せた自動車が、
それまで走っていた専用道路から降りると、山手の方に向かいだしました。
毎冬、乗鞍温泉スキー場ーに行くときに、使う道のようにも思えましたが、
日頃、運転は主人に任せているので、はっきりとは、分かりません。

今朝、北海道に出張する、その主人を自宅で送り出した後、
私は、別の顔をして、今、夫ではない男の人の隣にいたのです。

夫ではない男の人に抱かれるために、
その場所に向かう時間を過ごしている私。

それまで、乳房の上に撒き散らされたり、
求められもしないままに、喉を鳴らして飲み下した、粘り気の強い彼のしるし、
とうとう、身体の奥に注がれる時を、迎えようとしていたのです。

005122.jpg

本当のことを言うと、
その日、自宅の玄関ホールで、主人とくちびるを重ねあいながらも、
これから始まろうとしている、主人ではない男の人との時間を思い、
すでに、しっとりと身体を濡らしていることに、気が付いていたのです。
彼を迎えるために、正直に身体を潤ませ始めながら、
その時は、重ねあった夫のくちびるに、いくらかの喘ぎ声、漏らしていたのでした。


これと言ったお話もしないままに、連れてこられたのは、
山間の木々の間に、隠れるようにして佇む、
少し古く思えるような、質素なモーターホテルでした。

「ここが忘れられない場所になるんだ」

そう言われながら、後ろから羽交い締めにされた私、
首筋に這う、彼の濡れた舌を感じ、
薄っすらとくちびるを開くと、恥ずかしい甘い声を漏らしてしまい、
前に廻されて彼の手に、上手にブラウスのボタンを外され、
ブラを外された乳房がこぼれ出て、下から揉み上げられたんです。

bc5b006f-s.jpg

お風呂のお湯が揺れて、小さな音をたてていました。
それは、湯殿に腰かけた彼の腰に手を回し、
反り返った太い男の人のもの、お口の奥にまで咥えてしまっていた私の身体が、
ゆっくりと、振れているせいだったのでしょう。

伸ばされた彼の指先に摘ままれた乳首が、固くなってしまっていることが分かり、
そこから、身体中に広がる、居たたまれない甘い快感に誘われて、
髪を揺らしながら、そして、手の動きさえ、早めていました。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg

頭の中が、紅色に染まり、もう、人妻としての、こだわりはありませんでした。
ただ、女として、待ち焦がれた彼のしるし、ただ、正直に求めてしまっていたのです。


関連記事
09:48  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

凄艶のはけ口

楽太郎さん、おはようございます。
コメントへのお礼、遅くなってすいませんでした。
しばらく、京都に行っていました。
今週も、行く予定なんですよ。

本当に、思い出したくないあの頃のことを思うと、
背筋がぞっとするようです。
彼の男の人のしるし、自分の身体の奥に注がれるために、
夫に嘘をつくような時間を過ごしていたんですもの。

家庭が駄目になってしまうかもしれないって、そ
んなことに怯えながらも、
それ以上に身体の疼きに耐えられなかったのでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.03.11(月) 09:58 | URL |  【編集】

やはりですね

順子さん、おはようございます。楽太郎です。京都に行かれていたんですね。叔母様のぐらいは如何でしょうか?
コメ返信ありがとうございます。
さて、やはり、淫魔に魅入られてしまし、ご主人を裏切る行為を選んでしまったんですね。
けど、前にも申しました通り、ご主人にも順子さんを奔放にさせる要素は多々あったわけだし、寝取られの快楽を享受したご主人にも責任の一端はあるわけですもんね。
まあ、受胎だけは、避けたいですね。

ご主人の北海道出張が急に取りやめになり、帰宅されたときに順子さん不在、今回の不貞の旅がバレた流れでしょうか?
まずは、ひろしとの享楽にふける順子さんの様を楽しみにしております。
楽太郎 |  2019.03.11(月) 12:01 | URL |  【編集】

受胎だけは、避けたい

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、続けて、ありがとうございます。

「寝取られの快楽を享受したご主人にも責任の一端」、
確かにそうなのかもしれませんね、
けれど、仕方がないことだったのかもしれません。

もしかしたら、夫に知られてしまうようなことだったのに、
どうしようもないただれたような二人の関係を、
どうであれ、もう、終わらせてしまいたかったのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2019.03.11(月) 14:53 | URL |  【編集】

彼の満足が終焉の始まり

彼に満足を与えること、言うまでもなく奥深く( -_・)?眠る暇なく何度もその夜に注ぎ込まれ、それが最後の晩餐?になるのでしょうか?
わんぱく |  2019.03.11(月) 18:52 | URL |  【編集】

モーターホテル?

順子様更新有難うございます。
北陸ではモーテルを略す前のモーターホテルと今でも呼ぶのですね?大阪で駐車場をモータープールと呼ぶのと同様地域独特の呼称ですね。

さて、今回も「夫ではない男の人に抱かれるために、その場所に向かう時間を過ごしている私。」「約束の駅で待っている恋人のために、少し透けるセクシーな下着を付ける」等々、海綿体が痺れるような表現がそこかしこに溢れる回でした。

先読みではありませんが、きっと今回はいろんな場所で何度も気絶させられるのでしょうか?ヒロシと順子様のイキ様を楽しみにしております。
伊集院 |  2019.03.11(月) 19:08 | URL |  【編集】

順子さま
更新お待ちしていました。

秘かに思っていた疑問を、みなさんがコメントされていたり、順子さまが返事されていたりと、今回のシリーズいつもと違う感じで読ませてもらっています。

彼のことに関して、順子さまが他の男の人に持つ、相手への尊敬のような、素敵だとか思うような感情が伝わってこない気がします。
強引さや、自分本位で、振り回されながらも抗えない、強烈な快感だけを欲していたのかな…
旦那さまや他の方たちには、大切に扱われていたのに、彼だけは何だか、今までと勝手が違うというか、そんなところにも違うものがあり、後ろめたさを感じながらも逢瀬を重ねられていたのでしょうか。
身体を求められるだけに、中にもらってしまったら、ますます離れがたくなるのでは…。おつきあいされていた半年間は、順子さま、どんな気持ちで過ごされていたのでしょう。
本当は、関係を断ち切りたくて、早く旦那さまに気づいて欲しかったという気持ちはどこかにおありだったのでしょうか?
柚葉 |  2019.03.12(火) 02:00 | URL |  【編集】

何度も気絶させられる

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「モーターホテル」という言葉は、地域柄かどうか分かりません。
「モーテル」っていう言い方は、
なんだか、恥ずかしいことのためだけに行くところってイメージがあって、
私は、できれば使いたくなかったんでしょうね。

夫も含め男の人との営みの中で、気を失うことってありますよ。
そうですね、この時も伊集院さんが言われる通りだったと思います。

コメント、ありがとうございました。
今日は、小雨模様の天気です。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.03.12(火) 14:39 | URL |  【編集】

中にもらってしまったら

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

男の人のもの、そのまま身体に出されてしまうのって、
やっぱり、思っただけでも、熱くなってしまいますよね。
お口やお腹の上に出されるのとは、
全然違うような気がします。

何も遮るものがないままに、どくどくって、
脈打つものを感じることって、
あぁ、それだけで、気絶しそうですね。

「関係を断ち切りたくて」
柚葉さんが思われたこと、私自身気付かないまま、
そう思っていたのだと思います。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.03.12(火) 14:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/550-e8124826

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |