FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

ひろしとのこと8 自宅

2019.02.25 (Mon)


息の詰まるほど、強い力で抱き寄せられると、
抗う間もなく、くちびるを重ねられました。

17dbdc90.jpg

いえ、それは、私がそのことを、幾らかでも待っていた証だったのかもしれません。
懐かしく思われる舌が、お口の中に差し込まれてくると、
逃げることもしないで、自分から舌先、絡ませてしまっていたのですから。

「待ち遠しかったんだろ」

その言葉に正直に応えるように、胸元を押し返そうとしていた両手は、
いつの間にか彼の広い背中に廻され、
少しだけ、背伸びをするようにすると、くちびる、ねだってしまっていたのです。

59ce7fee.jpg


玄関のチャイムが鳴ったお昼前、インターフォンの画面を見ると、
思いもしなかった彼の姿が。
どうしてって、ひどく狼狽えました。

そのまま、ドアを開けなければ、それで済むことだったのに、
ふらふらと、何かに引かれるようにして玄関ホールに向かうと、
震えるような手で、ドアロックを外してしまっていたのでした。

「仕事で近くまで来たんだ。順子の身体、思い出して、ほらっ、こんなに」

そう耳元で言った彼の手に引かされた手、スラックスの前を触れると、
男の人のものを、形が分かるくらいに硬くしていること知らされ、
その途端、頭の中に、うっすらと霧のようなものが広がり、
息遣いが荒くなったこと、自分でも分かりました。

tekoki_2367-040s.jpg


二週間ほどの前の日中に、
その、驚くほど大きく、反り返ったもの、強引に身体の奥に迎え入れさせられ、
夫のある人妻だというのに、夫ではない男の人から与え続けられる強い悦びに、
永い時間打ち震えながら、過ごしてしまっていたのです。

「これ、そろそろ、欲しくなった頃だろう」

リビングのソファーの背に両手を突かせながら、
スカートから手際よく下着を抜き下ろすと、身体を被せてきたんです。

燃え上がるように熱く感じられた彼の懐かしい男の人のものが、
太ももに触れ、裸のお尻をなぞりました。
悲鳴を上げて逃げても良かったはずなのに、
セーターをたくし上げ、ブラを外そうとした彼の手、むしろ、
自分から手助けしているようにも思えたのです。

「ほら、これ、入れて欲しいんだろ。だったら、そう、言えよ」

そう言われるまでもなく、触れ続けられる彼の熱いものに誘われるように、
太ももを流れ伝うとも思えるほど、にじみ出した愛液を感じてました。

stand_doggystyle_2554_026s.jpg

昼下がりの家に、何の約束もしないままに、入り込んできた彼、
人妻であるはずの私と、まるで、恋人を相手にしているようにして、
今、身体を繋ぎ合おうとしていたんです。
そして、そんなあってはならないならない時間を、
私、抗うことなく、迎えようとしていたのでした。

「さぁ、入れるぞ」
「駄目よ」
「俺たち、もう、他人じゃないんだから」
「嫌、かんにんして」
「あんなに、俺のもの、欲しがってたじゃないか」
「あぁ、言わないで」

そんな私の言葉を聞かないようにして、
とうとう彼のもの、私の気持ちとは裏腹に、
迎える準備をすっかり済ませていた濡れた秘唇を、押し開きだしたのです。

stand_doggystyle_2554_003s.jpg

関連記事
12:57  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

よし君以来・・

順子様
更新有難うございます。

ヒロシやりますね。お住まい突き止められたんですね。

ご自宅でのセックスはよし君以来ですね。消極的ながらも同意する順子様。滴る愛液からもご主人との愛の巣とのセックスはこれ以上ない背徳感でたまらないのでしょうね。

自宅での浮気。小生の場合想像しただけでも恐ろしいですね。

PS.順子様、ご自宅で体を開いた男性は2人の他にもいらしゃるんでしょうか?興味があります。

伊集院 |  2019.02.25(月) 13:22 | URL |  【編集】

これ以上ない背徳感

伊集院さん、こんにちは。コメント、今回も一番にありがとうございます。

そうですね、夫と私の愛の巣であるはずの自宅でのこと、背徳感が残ります。
よし君とのこと、覚えていただいていて、ありがとうございます。
もう随分と昔のことになりましたね。
二人以外で、こんな恥ずかしいこと?それは、秘密です。
なんて書くと、夫から、また問い詰められそうです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2019.02.25(月) 16:16 | URL |  【編集】

マーキング

順子さん、こんばんは。
お久しぶりにコメントさせていただきます。

ご主人との愛の巣であるご自宅まで
ひろしに侵されてしまっていたのですね。
自宅での逢瀬は、さながら動物の雄が
自分の縄張りを主張するマーキングのようなものですよね。
僕もきっと同じ立場なら、
玄関でもリビングでも風呂場でも寝室でも
自宅のどこにいても、ご主人と一緒のときも、
僕のことを忘れられないようにしたいと。
男ですからきっと同じように
順子さんにたくさんマーキングしてしまっていたかもしれません。

いつも順子さんの日記、
楽しみにしています。
最近仕事が忙しくなかなかコメントが残せなくて
読み逃げになってしまってすみません。
また、更新お待ちしてますね。
慧太 |  2019.02.25(月) 19:45 | URL |  【編集】

間男さんですね

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
ウ~~ん刺激的な内容ですね。
実は、私も若いときにひろしと同じことをやらかしてました。
当時は携帯もなく、直接人妻さん家のマンションに行き(オートロック無)チャイムを鳴らして「帰って!ここには来ないで!」って言われて、「仕方ないな、ジャー帰るよ」って即答したら、「ガチャ」って扉が開く音が聞こえたことを思い出しました。
あとは、順子さんの描写と同様の内容で思わず過去を思い出し、「あ~~同じ穴の狢の間男」だなぁって感慨深げに読ませていただきました。
当然、大量の淫汁を垂らしながらのひろしの印を受けたんですね。
次回も楽しみにしています。
楽太郎 |  2019.02.26(火) 12:13 | URL |  【編集】

たくさんマーキング

慧太さん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。

こちらは、良い天気で、気持ちがいいですよ。
マーキングじゃないけど、旅行に行くと男の人って元気がいいですよね。
主人も、旅行先ではいつも抱いてくれます。
これもマーキング一種なのかもしれませんね。
でも、それが、夫ではない男の人で、その場所が自宅では困ります。

お仕事、お忙しそうですね、いえ、読んでいただくだけで嬉しいです。
お時間のある時にコメント書いてくださいね。

ありがとうございました。
コメント、待ってますよ。

順子 |  2019.02.26(火) 13:55 | URL |  【編集】

同じことをやらかして

楽太郎さん、こんにちは。コメント、いつも、ありがとうございます。

まぁ、楽太郎さんも、いけないことしてたんですね。
でも、その女性と、結局はどうなったんですか、
今度、聞かせてくださいね。

この後、どうなったかは、続き読んでみてくださいね。
コメント、ありがとうございました。
順子 |  2019.02.26(火) 14:02 | URL |  【編集】

順子さま

お題を見た瞬間やっぱり…そうなっちゃってたか…と思いました。
自宅を許したのは、よしくんだけだと思っていたかったから…
背徳感はすさまじかったのではないでしょうか。
まさか、自宅まで押しかけてくるとは…
人のテリトリーにはズカズカと考える隙を与えないように入ってくる感じがしますが、順子さまどうだったのでしょう。
彼は、グイグイと自分のペースにはめて、翻弄しているように見えます。
順子さまは、彼の身体は手に入れたかもしれませんが、心はどうだったのか…
遊び人であるようですが、傷でもあるのか、本気になるのを避けるタイプなのかな?と思ったり…
半年ぐらいおつきあいされてあったとコメントにありましたが、彼のことは、身体だけに溺れたのですか?心までも寄せてしまうほどの男だったのか…
どうかしてたって思いなら、きっと、内緒の逢瀬で、背徳感に溺れてしまったのかもしれませんね。
柚葉 |  2019.02.27(水) 11:09 | URL |  【編集】

背徳感に溺れてしまった

柚葉さん、こんにちは。コメント、いつも、ありがとうございます。

柚葉さん、いつも、私のこと、良いように言っていただいていて、
でも、私は、身体の求めに負けてしまって、
呆れられるような時間を過ごしてしまい、申し訳ないような気がします。

何度も、柚葉さんに思いとどまるように、そんなことをしないように、
叱られたのに、実際の私は、刹那的な身体の要求に任せてしまったんですね。

今回のことも、本当にそんな気がします。
ただ、ただ、彼が悪いように思うのかもしれませんが、本当は、それに流されてしまった、私がいけないんですよね。

コメント、いつも、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.27(水) 13:20 | URL |  【編集】

順子さま

お返事ありがとうございます。
いつも、私が好き勝手に想像して、その思いなんかを押しつけてしまっているのに、
心の中をえぐられるようなことでさえ、お話ししてくださって、申し訳なく思っているのは私もです。
彼のことは、私のコメントには悪いようにしかとれてないですものね。
順子さまとすごされてる時の彼が、お話しに描かれるすべてだとは思いません。
もちろん、紳士的だったり、共通の話題があり、楽しかったりもあるだろうから。
旦那さまはもちろん、順子さまを、女であり、妻、母と役割を持つ一人の女性として見てあると思います。
それでも、勧められたわけではない他の男の人と逢うのは、きっと、旦那さまとは違う目線で、女の部分を見て欲しいとか求められる、求めたい女の中の気持ちが抑えられないからかもしれませんね。
 |  2019.02.27(水) 16:45 | URL |  【編集】

女の部分を見て欲しい

椎葉さん、こんにちは。お忙しい中、
コメント、いつも、ありがとうございます。

確かに、主人とは違う目線で、
正真正銘な私という女の部分を見て欲しいのかもしれませんね。

「紳士的だったり、共通の話題があり、楽しかったり」って、
余りなかったような気がします。
彼は、あくまでも、彼の言いたいようい、したいように、そんなだったんです。

今、「あくまでも」って書こうとしたら、
「悪魔でも」って変換されて、どきってしましたよ。

コメント、ありがとうございました。続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.28(木) 13:32 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/548-1e98bde6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |