FC2ブログ
08月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫10月

ひろしとのこと7 嘘

2019.02.18 (Mon)


「今日、南さんと逢ったよ」
「へぇ、珍しいわね」
「香林坊で突然雨が降りだして、Tたちと入ったお店が、
ほらっ、偶然、南さんの店だって話」
「まぁ、南さん、驚いてたでしょ」
「あぁ、お互いびっくりしたさ」

南ちゃんのこと言われ、ちょっと、どきってして、
思わず、けれど、慌てたこと、主人に気が付かれないように
そっと、ワイングラスに手を伸ばしました。
そうですよね、私が今、夫にも内緒で逢っているひろしを紹介してくれたの、
南ちゃんなんだから。
でも、話はそれだけでは、済まなかったんです。

s_003a.jpg

「そういえば、主計町の小料理屋で、南さんや、えーと、何て言ってたかなぁ、
 あぁ、ひろしだったっけ、三人で、飲んだんだって、南さんが、話してた」
「えぇ、ほらっ、ちょっと前、同窓会の打ち合わせで、
 南ちゃんと逢ったって言ってたでしょ、あの時のことよ。
 あぁ、ひろしさんて言うのね、あのひと」
「でも、そいつ、気を付けた方が良いって、南さん言ってた。
 女癖が悪くて、何人も泣かせてるみたいなんだって」
「まぁ、あの人そんな人なのね。
 関係ないわ、大好きなのは、パパだけなんだから」
「そうだよね、順子は、男運がいいからね」

食事の後、洗い物をしながら、
ひろしとのことで、いつの間にか、私、
大切な夫に、嘘をついてしまうような女になってしまっていたことに気付くと、
私、小さな吐息を、吐いたのでした。

それに、夫とその話をしたのは、
私が、能登のリゾートホテルで、ひろしに初めて身体を開き、繋がり合い、
狂ったような時間を過ごした、僅かに二日後の週末だったのです。

sex_4610-011s.jpg


4c31aab3f966087a480bce7b9765d70c6171aed2.jpg

「さて、今夜のご機嫌は、どうかな」

そう言って、パパが私のベッドに入ってきました。
私らしくもなく、いろいろと理由を付けながら、
パパのこと迎えられない周期の時じゃなかったのに、
夜のお誘い、何度も断り続けていたのです。

10000000.jpg

なぜだか、私自身にも分かりませんでした。
とにかく、あれほど好きなはずのパパから触られること、
どうしようもなく、居たたまれなく感じられたのです。

人妻として、愛している夫以外の男の人から、
指一本触れられるのに、ひどい、嫌悪感を感じていました。

だから、夫から、勧められるがままに、
初めての男の人の手の平が身体を這い回る時、
言いようのない感情が沸き上がってしまっていたのでしょうね。
そして、それが、逆に、悦びを深くしてしまっていたのだと、思います。
それは、自分の、夫への愛情の深さからだと、思っていたのです。

その、夫ではない男の人に感じてしまう嫌悪感に似た感情が、
今、最愛の人であるはずの、夫に対して、感じられてしまっていたのでしょうか。
それは、夫ではない彼に、
あれだけ激しく、抱かれ続けられたせいだったのでしょうか。

「久し振りだから、たっぷり、出してあげるよ」

そう言われた営みの終焉の間際、
自分の身体の奥で、
男の人のものの先から吹き出す、粘り気の強い白い精液を思い浮かべながらも、
よぎったのは、まぎれもなく彼の満足そうな笑み。

私、夫ではない彼の名前を叫びそうで、
痛いほどくちびるを噛みしめると、
その笑みに誘われるようにして、昇り詰めてしまっていたのです。

sex_6576-114s.jpg

関連記事
13:03  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

Comment

主客転倒

順子様
更新ありがとうございます。

ひろしの話が出た時の順子さまのドギマギ振りが目に浮かぶようです。

それにしても、ご主人に嫌悪感を感じて何日もお預けを食わすなんざ、もうすっかり、身も心もヒロシに奪われ「そんなヒロシに騙され~♪」
と主客転倒しておりますね。
ああ、ヒロシになってみたい・・ ^^) _旦~~
伊集院 |  2019.02.18(月) 18:05 | URL |  【編集】

重症ですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
今回の一連の流れと、過去の順子さん文脈から紐解いて色々とコメント用意してたんですが、無粋なことのように思えてきました。

ひろしシリーズで改めてご主人に対して真摯な思いを告げようとされたんですね。一時的な「嫌悪感」は普通の夫婦間では少ないぐらいですよ。
最終的にはやはりご主人を深く愛されていたということです。
けど、ひろしに調教されていく、順子さんを楽しみにしております。
ご主人にとっては究極の寝取られですよね!
楽太郎 |  2019.02.18(月) 19:07 | URL |  【編集】

何日もお預け

伊集院さん、こんばんは。コメント、いつも、一番にありがとうございます。

あの頃しかなかったですね。
何日も、主人からの夜のお誘い、受けなかったこと、
逆に、私の方からおねだりすることの方が、それまでは、多かったくらいです。

いろいろな意味で、それまでとは違った時間でした。
今は、前に戻って、何の心配もない、幸せな夫婦生活です。

コメント、ありがとうございました。
もう少しありますから、続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2019.02.18(月) 19:22 | URL |  【編集】

ひろしに調教されていく

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

「主人に対して真摯な思い」
「主人を深く愛していたということ」
など、その頃の私さえ気が付かなかったこと、
書いていただいて、嬉しかったです。
でも、調教されていたことも、確かに、そうだったかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.18(月) 19:28 | URL |  【編集】

順子さま
更新楽しみにしていました。

南さん、旦那さまに、さりげなく順子さまが流されないように、しっかり捕まえておいて欲しくて忠告されていたのかもしれませんね。

彼との出逢いから、夫婦生活に影響なかったのか気になるところではありました。
旦那さまだけに愛されたい身体を、彼に開いた罪悪感なのか、彼に触れさせた身体を旦那さまに晒す辛さなのか、順子さまの当時の心は複雑だったのでしょう。

旦那さま、関係が終わるまで気づかないふりをされていたんじゃないかとも思えてしまいます。愛してる人の違和感に、確信はもてなくても、何か感じるモノはあったのではないかと…
順子さまがうまく演じられていたのか…
また何か、嘘が重ねられてしまうのか、続きをお待ちしています。
柚葉 |  2019.02.18(月) 20:15 | URL |  【編集】

旦那様の手のなかで

今回のシリーズは違和感がずっとあって、
やっぱり順子さんは、旦那様の手のなかで、違う男の液を注ぎ込まれるのが一番ですね~
ヒロシは厄介なことを避けて、なかには出さず、順子さんを逝かせて楽しんでる男なので…
女性は危険があってもやっぱり中で果ててほしい生き物だと
そろそろ違うお話が読みたいな(笑)
旦那様公認で抱きたいわんぱくより
わんぱく |  2019.02.19(火) 07:01 | URL |  【編集】

気づかないふり

柚葉さん、こんにちは。毎回、コメント、ありがとうございます。

柚葉さんのコメントを読んで、ドキッてしました。
夫は、私たちの関係、薄々感じていて、
それでも、そのことを黙って気付かないふりをしていたのでしょうか。

確かに、自分以外の男の人に抱かれ続けられている妻の僅かな変化に、
気が付かないはずはなかったかもしれませんね。

それでいて、自分の手のひらの上で、
悶える妻の様子を見ていたのかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
もしかしたら、それが本当のことだったら、
私自身が気が付かなかったことに、柚葉さんのコメントで、
気付かされたんですね。

ありがとうございました。
順子 |  2019.02.19(火) 13:26 | URL |  【編集】

違う男の液を注ぎ込まれるの

わんぱくさん、こんにちは。コメント、いつも、ありがとうございます。

そうでしょうね、
これまでと違った出来事だったので、違和感があったのだろうと思います。
でも、柚葉さんのコメントにあったように、
所詮、私は、夫の手のひらの上で、
夫ではない男の人の液を、迎え入れていたのかもしれません。

お話が長くなって、退屈されているんでしょ。
私は自分のことなので、そんなことはないんですけど、
もう暫く、お付き合いくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.02.19(火) 13:31 | URL |  【編集】

お話が長くなって、退屈されているんでしょ。

順子様
レスありがとうございます。

小生は退屈しておりません。

いや、このところ年上やSWAP物がつづいてましたので毛色が違った年下物でいいと思います・・。よし君アゲインといったところでしょうか。

唐突に迎える結末や、それまで翻弄され続けるであろう順子様の心模様楽しみにしております。

伊集院 |  2019.02.19(火) 14:22 | URL |  【編集】

翻弄され続けるであろう順子

伊集院さん、こんにちは。コメント、ありがとうございます。

私に、やっぱり限界がきてるのかなぁって、思ってもいます。
完全な創作だったら、いいんですけど、そんなこと、私にはできないし、
前に書いた私小説のように、自分の経験からしか書けないんですよ。

難しいですね、皆さんに、喜んでいただくようなものを、
永く書き続けるって。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.19(火) 14:32 | URL |  【編集】

伊集院さん、長文のコメント、ありがとうございました。

なんだか、励ましていただいて、こころが温かく潤いました。
そうですね、もう、5年以上読んでいただいて、
申し訳なく、ありがたく思っています。

「アフターピル」のこと、探してみます。
もう随分と昔のことなので、見つかるかなぁ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2019.02.20(水) 13:57 | URL |  【編集】

順子さま
お返事ありがとうございます。

限界かなぁなんて言わないで…!
コメントされていないだけで、毎日更新されていないか、楽しみにしているファンの人はいます。私もそうでしたから。
順子さまのお話しなんだし、のびのびと表現したらいいと思います。

確かに、彼のような人とのおつきあいがあったこと、夫婦の間に何かしらの空気が変化したようなことがあったことは、今までになかった内容なだけに衝撃でもありました。そんな経験も含め、今があり、順子さまと旦那さまのスパイスに変えられたんだと思いながら読ませてもらっています。

旦那さまのてのひらでころがされながらも、他の人を勧められ、一度はお断りされても受け入れていく、そんな順子さま好きです。
ただ、やっぱり心配なのは、いい年をした大人で責任もとれるのでしょうが、その場の雰囲気で流されて、おつきあいをするよりは、旦那さまが勧めてくる人の方が、安心なのではないかと思います。
柚葉 |  2019.02.21(木) 13:25 | URL |  【編集】

旦那さまが勧めてくる人

柚葉さん、こんにちは。コメント、いつも、ありがとうございます。

姪っ子夫婦がやってきて、チャイルドシートの取り付けや、
乗せ方など、四人でわいわいやっていたところでした。
もちろん、あぁ、浴室で、私の裸を見た彼も一緒です。

伊集院さんからも、励まされ、ちょっと元気がでたところでした。
柚葉さんにも激励され、頑張んなきゃって、思ったところです。

えぇ、今回のことは、今までは違う感じでしたよね。
柚葉さんに言われたように、私はやっぱり、夫から言われるように、
過ごしているのがいいみたいです。

励ましとご意見、ありがとうございました。
でも、そんなこと書きながら、
今日の午後は、街中で偶然声を掛けられた素敵な男性の胸のなかで、
恥ずかしい声、出しているかもしれないですよ。ふふ。
順子 |  2019.02.21(木) 13:39 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/547-11d58a17

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |