FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ひろしとのこと6 ビューサンセット2

2019.02.12 (Tue)


「俺のが欲しいんだろ、そう、言えよ」

それまで以上に、彼から強く突かれ続けられ、
数えきれないほどの悦びのため、
もう、何も考えられなくなっていたように思います。
けれど、そう言われて、少しだけ、自分に戻ったんでしょうね。

男の人が、女の人との営みの中で、満足するためには、
自分のしるしを、相手の身体の奥深く注ぐこと。
人妻である私が、知らないはずはありません。

私に、経験のないほど、永い時間、悦びの頂を与え続けた彼の、
男の人として、当たり前の言葉を聞かされたのです。

「かんにんして、それだけは」
「たっぷり、だしてやるよ、奥に」

そう言うと、一度、抜き出した、
二人の愛液でしとどに濡れた自分の濡れた男の人のもの、
もう一度、私の秘唇に当てがいなおすと、一気に奥にまで突き入れてきたのです。

sex_6509-049s.jpg

恐ろしいような快感が、再び、身体を襲いました。
たった、そのひと突きで、治まりかけていた悦びの頂に向かってしまうこと、
また、はっきりと分からせられたのです。

心配のない周期が、微妙な期だと思われましたが、
朦朧として、はっきりとはわかりませでした。

曇った声を聞かせ始めた彼に、息が詰まるほど、抱きしめられると、
それに応えるように、抱かれ続けられた女として、
彼の腰に太ももを絡ませ、
膨れ上がりだした彼の男の人のもの、もっと身体の奥に欲しくて、
擦り上げながら、自分の腰に引き寄せ、
嘘ではない、どうしようもない、自分の身体の正直な思い、
叫んでしまっていたのです。

「あぁ、欲しい、ひろしのが欲しい」

02802992-s.jpg

こんな瞬間が、出会って間もないはずの彼との間に訪れるなんて、
思いもしませんでした。
けれど、自分の身体の奥で、
それまで以上に、熱く、膨らみ始めた彼のものを感じると、
諦めるように納得した私、
初めて迎える彼の精液、できるだけ沢山出してもらいたくて、
腰、いやらしく振り続けながら、悦びの頂に昇りつめていったのです。

020109.jpg


急に、彼の唸り声が聞こえ、身体が自分から離れると、
胸元に、熱いものが振り注がれるのを感じました。
曇った声を聞かせられながら、二度、三度、乳房に撒き散らされたのは、
まぎれもない彼の、驚くほどたくさんの精液だったのです。

bukkake-2129-17s.jpg

まだ、硬さを失わない男の人のものの先から、
粘り気の強い、塊のような名残りの液が、伝い流れるのが見えましたが、
それ何度か、柔らかい乳首に擦り付けると、私の顔に近づけてきました。

「孕んだりして、面倒なことになるの、嫌だからな、ほらっ」

そう言うと、その濡れたもので、私のくちびるを押し開きだしたのです。
彼が何を望んでいるのか、分からないはずはありませんでした。

私、彼の望むままに、私をあれだけ悦びに誘ってくれた、
今は愛しくも思われるものに舌を絡ませると、
脈を打ち続ける彼のものの中から、残った精液、全部出してもらいたくて、
ゆっくりと髪を揺らし続けていたのです。

12c92dea.jpg

関連記事
13:35  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

騙され無防備

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

えぇ、少しお話を入れ替えてみました。
思いもかけず、私が抱かれてしまう姿を、
皆さんに、早く、知ってもらいたかってのでしょうか。

「そうなってもいい・・」むしろ未必の故意。
電話をもらった時には、考えもしなかったんですよ。
南さんも含め、三人で美味しいランチが頂ければって、
そう思っていただけなんですけど。
それが、段々と変わっていったのが、
わざとお話を入れ替えた意図だったんです。

恥ずかしいけど、乳首、感じますね。
いつもは、柔らかくしてるのに、
その時は、痛いくらいに、とがってしまって、
快感が身体の隅々にまで広がってしまうんです。

「乳首は、順子の弱点だね」って、
夫にもそう言われること、多いですね。

コメント、いつも、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.12(火) 13:47 | URL |  【編集】

幸福な生活」を妬んだ独り身女性の悍ましい奸計

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

今朝は、寒かったですね。
お昼も温度が上がらなくて、寒いですね。

お話にも書きましたけど、南さんとは中学時代の友達で、
そのころは、結構親しくしてました。
私が、京都に行ってからは、お付き合いがなくなって、
数年前の同窓会の時から、また、逢うようになったんです。
中学時代に、大学生の彼と、男の人とのこと、済ませたって、
話をしたことがありましたが、
奇麗だし、お勉強もできたし、素敵な女性だから、
私を困らせるような、変なこと考えないだろうと、そう思っていたんですけど。

「ひろしとの経緯は非難される」ことなんでしょうか。
人妻として、あってはならないことではありますが、
仕方のなかったことだったと、今は、そう思っています。
ここで公開することには、やっぱり悩みましたけど、
正直な私を見てもらうことも、
こうやって、お話を書いている自分の、務めでもあるって、思ってます。

ただ、楽太郎さんのコメントの中には、私を驚かせることがありました。
また、いつか、お話をしたいですね。

まぁ、楽太郎さんも、いろいろな経験をされているんですね。
いつか、聞かせてくださいね。楽しみにしていますよ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.12(火) 14:04 | URL |  【編集】

承知で彼の竿を受け入れたくて

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「ときめいたドライブの思い出」
能登の有料道路を降りた後の、
日本海を左手に見ながら走ったドライブが思い出されます。
でも、確かにその時、こんな午後が訪れるとは思ってはいなかったんです。

でも、自分でも気が付かないうちに、
こころも身体も、
彼のことを受け入れる準備をしていたのかもしれませんね。

彼とのことは、もう、忘れたくても、
その時は、少なくとも、幸せな時間だったような気がします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.12(火) 14:11 | URL |  【編集】

彼を選ぶことになって

柚葉さん、こんにちは。
お忙しい時間に、長文のコメント、本当にありがとうございます。

私のこと、そんなに心配してくれて、申し訳ないことと、思っています。
そして、ありがとうございます。

南さんは、大切な友人だから、そんな風には思っていません。
この後、ひろしのこと、いろいろと教えてくれたのも、
南さんだったんですから。

ごめんなさい、これからちょっと約束があるので、
これで今日は終わりにしますね。
あぁ、これから、久しぶりに行くのは、その南さんのお店なんですよ。
「たまには、逢えない?」って、二日前に、連絡があったんです。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.02.12(火) 14:21 | URL |  【編集】

胸にかけた精液

おはようございます。
北陸特有などんよりした天気でしょうか?
彼の一言、孕んだりしたら…
この言葉、順子さんとのことをある意味大事に、人妻だということを認識した上で、素敵な身体が欲しかったのですね‼️
征服欲というか、自分の射精を中ではなく外にしたのは、順子さんが十分逝かされたあとに自分は満足できたからでしょう。
ただどうしてもお口からは体内にいれたかったのでしょうね…
素敵な人との時間だったのでしょうね
わんぱく |  2019.02.13(水) 07:09 | URL |  【編集】

自分は満足できたから

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

今朝も寒かったですね。
今も1℃くらいしかありませんよ、
それに、お昼も暖かくなりそうもありませんね。

あのまま、私が拒み切れなかったら、
初めてのひろしのしるし、そのまま、出されたのかもしれませんね。
朦朧として、ひろしのするがままだったから。

けれど、やっぱり男だから、
そのまま出したかったのは、私でもわかるんですよ。
続き、読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
早く、春がくれば、いいですね。
順子 |  2019.02.13(水) 09:24 | URL |  【編集】

間違いました…

順子さま
「ひろしとのこと6」のコメントを、
「ひろしとのこと5」に打ってしまいました…ごめんなさい…
ドジな柚葉より

柚葉 |  2019.02.14(木) 15:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/546-809b6433

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |