FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

ひろしとのこと4 秘密

2019.02.04 (Mon)


彼の、恐ろしいほど反り返った男の人のものの先が、
薄っすらと開いていただろう、おびただしく濡れそぼった私の秘唇を何度も擦り、
滲み出たお互いの愛液が、
二人が繋がり合うための準備、もう、充分にできていることを知らせていました。

sex_6509-039s.jpg

そして、彼の煮えたぎるように熱い反り返ったものが、
私の肉壁をきしませるように、押し開き、進み、戻り、また、進み、
とうとう、身体の奥にまで、しっかりと迎え果たしたことがわかった瞬間、
経験のないほどの、強い悦びのために、
私の腰は、跳ね上がり、
それ以上の悦びを求めて、お互いの恥毛が絡みあうように、
今までの自分は、知らないような細い声をあげながら、
彼に自分の腰、擦りつけていたんです。

see376s.jpg

「いいだろう。、俺に抱かれた女は、皆、そう言うんだ」

続けて二度目の悦びに打ち震えるまま、そう言われて彼を見上げると、
くちびるを舐める、いやらしい笑みが見下ろしていました。
それは、自分のもので、これだけ、私を強い悦びに誘い、
泣かせたことに、十二分に満足した笑みだったようにも見えたのです。

麻痺に震える私の柔らかい身体の上に倒れ込み、抱きしめてきた彼、
ぶつけるようにくちびるを求めた私は、彼の逞しい腰に、自分の両太ももを絡めると、
彼が言った言葉に応えるように、二人の性器のしっかりと繋がり合った腰、
それまで以上に、激しく、擦り上げてしまっていたのでした。

222.jpg


彼の求めるがままに、身体を繋げあいました。
引き上げた腰に、後ろから覆いかぶさった彼。
両乳房を、下から持ち上げるように揉み上げながら、
それまで以上に、驚くほど固く感じた男の人のもので、
突きさすようにして、激しく私の身体を犯し続けたんです。

pakopako_sex_6828-011s.jpg

それまでとは違う、更に深い奥にまで彼のものの先を感じると、
私は、彼のものが届いているだろうと思るお腹に手を当てながら、
どうしようもない快感から、逃れるように髪を振り続け、
恥ずかしい声、あげ続けていました。

強い突きに朦朧となりながら、何度か、お尻を叩かれる音を聞かされました。
これまで、男の人との営みの中で、そうされたのは、初めてだったのかもしれません。
けれど、その鋭い痛みには、私がその時まで以上に、彼のものに染め上げられること、
思い知らされたような気がしていたのです。

「良いって言うんだ、じゃないと、止めるぞ」

そんな恥ずかしいこと、言えるはずもなかったのに、
もっと、もっと、深い悦びが欲しくて、
シーツに顔を埋め、髪を振り乱しながら、彼の望む言葉、叫んでいたんでした。

back_5252-031s.jpg

数え切れないほどの悦びの頂に昇り昇りつめ、息も絶え絶えになった私の身体を、
しっかりと性器で繋げたまま、自分の腰に跨らせた彼。

下から突き上げ続けられた私は、たわわな乳房を揺らしながら、
彼のために、そして、自分の身体が求めるがままに、腰を揺らし続けていましたが、
彼の指先が、二人の繋がった性器に伸びて、濡れた柔芽を摩るたびに、
私、声を嗄らして、泣きじゃくっていたのです。

b689b57f-s.jpg

夫のこと、ほんの僅かも、こころに浮かびませんでした。
その、目を被うばかり姿の間、彼から与えられる、深く怖ろしいほどの快感を、
ただ、求め続けるしかなかったのです。

パパ、ごめんなさい、隠してて。



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

パパ、ごめんなさい、隠してて。

順子様
更新有難うございます。

先週は月曜のみの更新でしたので、1週間待ち遠しかったです。

「パパ、ごめんなさい、隠してて。」の意味するところ・・、ひろしのことは旦那様には内緒だったのですか?だとすると、ご主人が画像を張り付ける時の心中いかばかりか・・。かえって燃えるだけですかね?

順子様一流の倒置法で、このあとベッドまでのいきさつが明かされることになるのでしょうが、どうやって順子様を堕としめるのか・・?

続き楽しみです。


PS.7年使用したwin7ノートpcが1月下旬にサドンデス。急遽デスクトップで23.8型のTV付きを買いましたが快適ですね。
順子様はもうwin10に切り替え済みでしょうね。小生はギリギリで切り替えようと思っていたので泡を食いました。
伊集院 |  2019.02.04(月) 16:29 | URL |  【編集】

ベッドまでのいきさつ

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

京都の叔母が、また、ちょっとですけど、
具合が悪くなって、更新が遅くなってしまいました。すいません。

このできごとは、もう、随分と昔のことなので、主人は知っています。
けれど、その時、詳しくは話してないから、
初めてのこともあるかもしれませんね。
写真を張っているとき、やっぱり嫌だったと思います。
それは、自分の妻が、自分以外の他の男の人に抱かれたこと以上に、
そのことを自分が知らなかったことが、嫌だったんだと思います。

パソコンのこと良くはわかりませんですが、Win10のような気がしますよ。
えーと、CORE I7ってシールが貼ってあります。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.05(火) 13:15 | URL |  【編集】

普通の不倫

世間の不倫は、夫婦の秘密のなかで行われる行為。いつもの順子さんは旦那様以外の方と性交して、それは不倫ではなく夫婦の背徳行為の一種、スワップだったり寝とられだったりですけど、今回の彼との行為は普通に不倫ですから、心も彼にあるから、身体だけが感じるのではなく、心も満足するものでしたね‼️
こうした経験も重ねて今の順子さんがあると思います。
心に余裕があって男性を喜ばす身体とキモチが…
ぜひ私にも旦那様公認で受け入れてほしいです。
わんぱく |  2019.02.06(水) 07:15 | URL |  【編集】

良いも悪いもですが

順子さん 楽太郎です。こんにちわ
「ひろし…3」の中で順子さんのご主人に対する表現で「脂ぎった…」と記述されひろしの唇との比較表現でご主人に対して嫌悪感のようなものを感じ取ってしまいました。
当時ご主人との仲は何らかの理由で良好ではなかったのでしょうか?
いつもなら大好きなご主人に対する表現に愛を感じられますが、なぜか?ひろしへの愛情が遥かに勝った(身体の寝取られではなく完璧な心の寝取られ)結果なのでしょうか?
この辛い季節をご主人は甘受し、深い愛情で順子さんをズット見守っていたのでしょうか?
浮気妻を寛容に受け入れるご主人!
ひろしとの別れのきっかけ含めて興味津々です。
私はひろしの立場を経験したことがありますので、何か重なる部分があるんでしょうね…
楽太郎 |  2019.02.06(水) 16:39 | URL |  【編集】

順子さま

彼に染められていく様子が目に浮かぶようです。
今までに聞くことがなかったような言葉が多く、ちょっと心配になったりしながら読み進めました。
「嘘」 「危機」 「破綻」 こんなワードがある順子さまのコメント。
ある出来事があっての破綻に、それまで旦那さまが知らなかったのは想像もしませんでした。
お別れすることになった出来事、正直、気になります。そのことがなかったら、今こうして順子さまのお話しに出逢えてなかったかもしれない寂しさのような、焦燥感に似たようなものが私にはあります。
 
気のせいかと思っていましたが、いつも感じる「しっとりとした艶」よりも、揺れる、
乱される、そんな文章に感じました。
そして、この彼。おつきあいされた男の人たちとは違い、言葉にも荒さや、上に立つような立ち位置にいて見ているように感じます。
そんな、ちょっと荒さや悪とかの部分に流されたのかなぁなんて…
順子さまの持つ人妻というブランド力、美人、清楚、身体、あとくされがなく…そんな感じの陰の部分の存在を持っているように感じてしまいます。

前回のコメントのお返事もらってから、秘密にしたいほどの男の人ってどんなものだろうって考えていましたが、出逢ってみないとわからないって思いました。
もしかしたら、旦那さまに内緒にされていない状況だったら、「危機」にはなっていなかったかもしれませんね。
嘘をついてまで、隠したかったのは、ただの身体の関係だけじゃすまないと思えていたからなのでしょうか…
柚葉 |  2019.02.08(金) 03:27 | URL |  【編集】

男性を喜ばす身体

わんぱくさん、こんにちは。
コメントへのお返事、遅くなってすいませんでした。
叔母のお見舞いに、京都へ行ってて、さっき帰ってきました。

「今回の彼との行為は普通に不倫」って、
そんなに言わないでくださいね。
やっぱり、主人に申し訳ないし、つらいです。

あんなことになってしまった、はっきりとした理由、
今もよくわからないんです。
彼が、他の男の人と比べて、
別段こころ惹かれるものがあるはずではないのに。
何度も言い訳しますけど、どうかしてたんだろうなって、
今は、そう思っています。

「旦那様公認で受け入れてほしい」って、
駄目ですよ、そんなこと、ここで言ったら。
私のこと、これ以上困らせないでくださいね。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2019.02.08(金) 15:37 | URL |  【編集】

主人に対して嫌悪感

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「主人に対して嫌悪感」
あぁ、そのことに、気づかれてしまったんですね。
女って、不思議ですよね。
他の男の人に抱かれてしまうと、
一番大切なはずの夫の、見慣れたなにげない仕草にさえ、
違和感、嫌悪感を感じてしまったんでしょうか。

男の人はどうなんでしょうか。
他の男の人に抱かれて、いつもとは自分とは違う匂いのする私の身体、
夫はどんな気持ちで抱いているんでしょうか。

ひろしとの別れは、本当にあっけなく訪れ、
潮が引いていくように、こころも身体も離れていったんです。
それは、M先生との時と、同じようでもあった気がします。

まぁ、楽太郎さんも、いけないことしてたんですね。
駄目ですよ、女の人困らせたら、仕方がないですね、男の人って。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.02.08(金) 15:49 | URL |  【編集】

荒さや悪とかの部分に流されたの

柚葉さん、こんにちは。
お忙しのに、長文のコメント、いつも、ありがとうございます。

抱かれ続けられ、注がれ、
身体にしみ込んだ彼のもので染め上げられたこと、
しっかりと思い知らされていた時期でした。
人妻でありながら、
彼のこころと身体に、むしゃぶりついていたって、そう、思います。

そうですね、数年前のある日、「バージン★ママ」突然消えていて、
コメントを書いていただいている皆さんと、
突然の、お別れしたのかもしれませんし、
柚葉さんとも、お逢いできなかったかもしれませんね。

半年近い間、彼とのそんなふしだらな関係が続いていること、
自分で許していたし、
二人がどこに行こうとしているのか、どうなってしまうのか、
ただ、その時の身体の疼きに流されるがままに、
任せていたようにも思えます。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.02.08(金) 16:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/544-9ab54cb1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |