FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

ひろしとのこと3 誘い

2019.01.28 (Mon)


19.jpg

贈り物で頂いた車海老の背ワタを、爪楊枝で抜き取りながら、
夕食の準備をしていましたが、
なぜだか、急に手を止め、虚ろな眼差し、キッチンのブラインドに向けました。

a42bcd0c.jpg

竪町のバーでの出来事以来、そんな時間が増えたようにも思えていました。
彼から飲まされた、カクテルの酔いに、
そして、強引な彼に任せて、
夫ではない男の人と、くちびる、重ねあってしまったのです。

そんな、人妻として、あってはならないこと、
初めてではなかったけど、
今度のことは、私にとって、これまで以上に、こころと身体に刻まれたことだったのでしょうか。


洗って濡れた指先が、くちびるにそっと触れると、
あの時の、彼とのくちづけの味を、思い出そうとしたのでしょうか。
だらだらと唾液をしたたらせながら、お互いの舌を絡ませ合いながら、
恥ずかしい声、漏らし続けてしまったあの時のことを。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

そんなくちづけの味を、思い出すまでもなく、
彼のことがこころに浮かぶと同時に、身体は正直に、燃え上がろうとしていたんです。
なぜだか、分かりませんでした。
確かに、彼は、一回りほど年下の、若くて魅力のある、
心惹かれる青年であることは、間違いはありませんでしたが、
人妻あるが私が、これほど身を焦がしてしまう人ではないようにも思えたのに。

夕食の準備の途中だったのに、ふらふらと、寝室のある二階へ向かいました。
そして、階段を登りながら、おびただしい蜜液が、
明らかに下着を濡らしてしまっていることに、私、気が付きました。
それは、あの時、求められながらも、かろうじて拒んだ、
彼を迎え入れるための、しるしのようにも思えたのです。

この燃え上がるような身体の疼きを、
今は、自分の指を使って、治めるしかないと思え、
胸元に手の平を添えると、小さな息、ひとつ漏らしたのでした。

onanie_6888-028s.jpg

「えっ、何か言ったの」
「このエビフライ、美味しいねって言ったんだよ」

そう言った夫の、脂ぎったくちびるを見つめながら、
その瞬間、こころは、目も前の夫ではない、違う男の人のくちびる、
重ね合い、啜り合った、彼のあのくちびるを思っていたのでしょうね。

147e90fc3c338c69b76b80d7f59b0853.jpeg


時間が解決してくれるだろうとも、思っていました。
あの夜のことは、思いもかけない時間だったけど、
暫くすれば、きっと、忘れられるわ、と。
けれど、彼は、許してはくれなかったのです。


竪町での恥ずかしい夜から、二週間ほどしたお昼時、
彼からの、待っていてはならない、その誘いの連絡があったのでした。

私のことを想うと、仕事が手につかないって、
ご主人のことがあるだろうから、平日のお昼に、逢いたいって。

「私もあの時のこと・・・」

夫のある人妻として、言ってはならないこと、そう、彼に告白してしまいそうになり、
電話口で、ひどく取り乱してしまった自分のこと、今も覚えているんです。

ntr_6401-013s.jpg



関連記事
13:23  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

順子様
更新ありがとうございます。

ひろしへの思いが募りますね。
こころ以上に熟れ四肢が密液を滴らせひろしの男根の誘いを堪えきれない様子が切々と伝わります。

ましてや、ひろし自身に「私も・・」とは、男冥利に尽きます・・。

再会してからベッドまでのイントロ楽しみです。。
伊集院 |  2019.01.28(月) 15:06 | URL |  【編集】

待ち焦がれる心境

これまで刻まれた竿の印象は、そのときの快楽だけであったような…誘われれば流され求められるように身体を開いていたようでありましたが、今回は普通の女性が恋い焦がれる気持ちが感じられる本当の不倫、寝とられの旦那様は危機感を感じられていたのでしょうか?
単なる貸し出しとは違う危険な匂いを
わんぱく |  2019.01.29(火) 07:14 | URL |  【編集】

堪えきれない様子

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

どうかしていた時期だったんだと、
今は、そう思います。
何不自由のない生活をさせてもらっているのに、
刹那的な身体の欲望に苛まれていたんだろうと、
申し訳なく思ってもいるんです。

こちらは、道端に薄っすらと雪が残って、
とっても、寒いですよ。
九州はいいですね、暖かいんでしょ。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみたくださいね。
順子 |  2019.01.29(火) 14:08 | URL |  【編集】

危険な匂い

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

確かに、これまで、夫ではない男の人に、
言われるがままに身体を開いていた時とは、
まったく違う心持でした。
夫に悟られないように、
時には嘘をついてしまっている自分にも驚いていたんです。
危険な匂いに包まれていたそのことにさえ、
私、気づいてもいなかったんでしょうか。

貸し出された、人妻である私。
やだぁ、どきどきしちゃう言葉ですね。
あぁ、リンクを張らせてもらっている
「一夜妻を命じられて」が、そんなお話ですよね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2019.01.29(火) 14:18 | URL |  【編集】

若さで圧倒し虜に

慧太さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

まぁ、そんなことがあったんですね。
人妻と、そんなただならぬ恋に溺れたことが。
でも、きっと、溺れながらも、
良心の呵責に苛まれたとと思いますよ。

その奥様も、慧太さんの若さに溺れてしまったんでしょうか。
それをいいことに、慧太さん、その奥様を困らせ続けたんでしょうね。

若い男の人の身体に我を忘れて、
その時のすべて、捨ててもいいって、
思ったのでしょうか。
その奥様の悲しみ、切なさ、
今は私も分かるような気がします。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.01.29(火) 14:38 | URL |  【編集】

これって普通の浮気ですよね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
神戸では盛り上がりましたか?
またの機会を期待しておりますね。

はてさて、今回のひろしとの理に合理的な説明はないですねよ。
順子さんが今までにない感情が込み上げたのは、説明のつかないシナプスの融合でドーパミンやアドレナリンが順子さんの身体の中で大量に分泌されたんでしょうね。
ご主人の焦燥感も次回以降登場して頂ければ嬉しいです。

楽太郎 |  2019.01.29(火) 18:21 | URL |  【編集】

順子さま
更新お待ちしていました。
本当は、秘めていたかったはずの辛いお話し。今回執筆されることになったのは、何か心に思うことがあったからなのでしょうか?
嘘をついてまで…って、きっと、彼とのことは順子さまにとっては、惹かれる物が最初からあったのでしょう。身体だけじゃなく恋愛だったのかもしれませんね。
まさか、心まで持っていかれるとは旦那さまも思っていなかったのではないでしょうか。それでも、旦那さまは、順子さまの幸せのためならと、彼に託すように心が揺れたのでしょうか。
順子さまと彼がどうなっていくのか続きが気になります。
旦那さまのことを思うと、胸が苦しいです。
柚葉 |  2019.01.29(火) 19:47 | URL |  【編集】

身体の中で大量に分泌

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、これって、ただの浮気に他ならないですよね。
だって、夫から勧められたことでもないし、
その夫に隠しながら逢ってたんですから。
隠し立てをしない私が、ひろしとのことで、
何度も、夫に気が付かれないように、嘘をついてしまっていたんです。

本当のことが分かった時の、夫の気持ちはわかりません。
ただ、それまで以上に、
何も言えない私の身体を攻め続けたことは、まぎれもないことでした。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.01.30(水) 13:49 | URL |  【編集】

恋愛だったのかも

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

ちょっと、堅町のお店に、買い物に行ってきました。
春先用の、薄紫色のスプリングセーターを買ってきましたよ。
あぁ、着るのが楽しみです。

柚葉さんが書かれたように、確かに恋愛だったのかもしれません。
自分自身はそう思っていなくても、
私のやっていたことって、そう言うしかないんですよね。

ある出来事で、二人の関係が破綻するまで、
夫はそのことを知りませんでした。
どうなったのか、続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.01.30(水) 14:00 | URL |  【編集】

conquista

順子さん、こんばんは
慧太です。

前回のコメント、お返事ありがとうございました。
>その奥様も、慧太さんの若さに溺れてしまったんでしょうか。
>それをいいことに、慧太さん、その奥様を困らせ続けたんでしょうね。
前回このコメントを見て、
順子さんもひろしの若さに
きっと何度も何度も困らされたんだろうなぁと思いました。
今日の日記を見ても、会って未だ数回なのに、
もうしっかり困らされた?ようですね。

困らせるといえば、
いつも順子さんの日記を読んだその夜は、
順子さんのことを想像しながら、
今のパートナーをたくさん困らせてしまいますね。
「どうしたの?今日すごいよ?」って。
ふと言われてしまい、返す言葉が見つからないこと、あります(笑)
順子さんの紡ぐ言葉だけしか知らないのに、
僕が今一番困らせたいのは、順子さんです。
また、ご主人に叱られてしまいますね。

最近仕事場を出るときに空がまだほんのり明るいことがあって、
日に日に日が長くなっているのを感じます。
季節の変わり目ですが、体調崩さないようご自愛ください。

順子さんの懺悔の続き、
楽しみにしています。
慧太 |  2019.02.04(月) 18:30 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/543-2fc728b6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |