FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと2 蔦の店2

2019.01.21 (Mon)


腰に腕を回され、ちょっと強引に抱き寄せられても、
恥ずかしそうに笑みを浮かべながら、私、それほど、嫌がりませんでした。
酔いがそうさせていたって、言い訳していいですか。
それに、店の奥にあるカーテンで仕切られた個室、他の人には気付かれないんですよね。

そんな私の様子を見ながら、そっと、首筋に顔を埋めた彼、
私、赤く染まっていただろう耳たぶに、その熱い息を感じると、
身体をくねらせ、身悶えしてしまったのです。

imagesCAQAXHVC.jpg

「あぁん、駄目よ」

けれど、そう、甘い息を漏らしながら、
そっと、顎先に指を添えられ、くちびるが近づいてきたことも、拒めませんでした。

そんな私を見透かしたように、
いい匂いのする濡れたくちびるが、ねっとりと重なってきた時でさえ、
私、少しずつ息を荒げながら、彼の熱い舌先が、自分のくちびるを押し開きだすのも、
そのまま、許してしまっていたのです。
逢って、まだ、二度目の夜だっていうのに。

tumblr_ntuea0TVct1u8m4aeo7_1280.jpg

頭の中が、赤く染まり、身体が熱く燃え上がりだしたのが感じられました。
薄いブラウスの胸元を押し開いて、忍び込んできた彼の手のひらが、
ハーフブラの上から、胸の膨らみをちょっと乱暴に揉み上げだしたのです。

tumblr_ntuec0BJbT1u8m4aeo3_1280.jpg

「あぁん、嫌ぁ」
「思ってた以上に、大きんだね」

小さな掠れた声を漏らした唾液に濡れた唇に、
もう一度、彼のくちびるが這いまわるように重ねられると、
差し込まれて舌を、抗うこともしないで、むしろ、私の方から迎えてしまうと、
絡ませあい、吸いあっていたのかもしれません。

粘り気の強い唾液がどろりと流し込まれた時も、なんのためらいもなく、
音さえ立てるようにしながら、啜り飲んでいたのです。

deep_kiss_6511-015s.jpg

「ほらっ」

そう言われて手を引かれ、眩しそうに眼を開くと、
彼のいやらしそうな笑みが見下ろしていました。

引かされた手のひらには、
いつの間にか、スラックスの前から飛び出すようにした、
彼の熱い男の人のものを、握らされたのです。

tekoki_2367-060s.jpg

「あぁ、なんて、大きくて太いのかしら、それに、こんなに反り返って」

そう思って、思わず引こうとした手を、彼の手が、強引に包みました。

「でかいでしょ。ほらっ、こうやって動かしてみて」

私の手の動きに誘われるようにして、
その先から、透明な液が、だらだらと伝い流れ、私の手のひらを濡らしました。
ぼおってして、甘い声を漏らしてしまっていた私、
彼の手の平に包まれたまま、自分の手、ゆっくりと動かしてしまったのです。

tekoki_2367-040s.jpg

「下着脱いで。後ろから入れてあげるから」

そんな恐ろしいこと、私、その言葉に、少し覚めたのかもしれません。
耳元で、荒い息の中でそう言われて、拒めそうもない自分に呆れていましたが、

「ごめんなさい。私、人妻なのよ。そんなことできないわ」

そう、掠れた声で言うと、
それまで以上に膨れ上がった、熱い彼のものから手を離し、
ふらふらとしながらも、かろうじて、立ち上がって、
白いブラウスの胸元、やっとの思いで、直したんです。

100000.jpg

その夜、かろうじて、
彼と身体を繋げ合うことも、若い精液を飲まされることもなく、
身体の求める欲望を押さえながら、やっとの思いで、お家に帰ることができたんです。

けれど、今思えば、それは、
私とひろしとの、ただれるような時間の、
ほんの幕開けにしか過ぎなかったのでした。





関連記事
14:24  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

今回は大事に行きませう!

順子様
更新ありがとうございます。


いつもならペニス(単刀)直入に濡れ場に入るところですが、どっこい
人妻のアバンチュール然としたエピソードを枕にはさみ読者を焦らすあたりなんざ、本コンテンツを大事に書き進めたい”ひろし”への思い入れがプロローグでも感じられます。

そうであれば、22回を数えた”地中海シリーズ”をこえる大作を期待したいですね。
でも順子様が許されないひろしとの日々を思い出して壊れてしまうかも・・
伊集院 |  2019.01.21(月) 20:38 | URL |  【編集】

書き損ねました・・

中山夫妻との週末はいかがでしたか?
伊集院 |  2019.01.21(月) 20:41 | URL |  【編集】

許されないひろしとの日々

伊集院さん、こんにちは。
コメント、たくさん、ありがとうございます。

”ひろし”への思い入れ、自分では気が付きませんでしたが、
伊集院さんに言われて、あぁ、そうなのかなぁって、思いました。
もう、随分と時は流れたはずなのに、
私のこころのどこかに、そのころのこと、
しっかりと残っているのでしょうか。

大作になるのかどうか、今はわかりません。
自分のこころの許すままに、
今は書きたいと、そう、思っています。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.01.22(火) 13:51 | URL |  【編集】

肩透かし

きれいな胸をまさぐられ、大きな竿をしごき、さあ下着を脱いで差し込まれるのを本当に避けられたのでしょうか?
本当は…
ここは二人の秘密ではなく帰宅とあるのがこのあとの展開が楽しみです。
わんぱく |  2019.01.23(水) 07:12 | URL |  【編集】

下着を脱いで差し込まれる

わんぱくさん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

今週パパは、出張中で、一人での朝ご飯を済ませて、
モーニングショー見ているところです。
大坂なおみさん、優勝できればいいですね。

もう、随分と昔の、それも、酔っていたひろしとの桃色の時間のこと、
その夜は、幸い貞操を守れた私だったことは、
間違いありません。
あぁ、やっぱり、ひろしとのこと、書かなければ良かったのかなぁ、
そのころのこと、また、思い出してしまうことになってしまうから。

書いたように、この夜のことは、ひろしとのことの、
ほんの幕開けにしか過ぎなかったのです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.01.24(木) 09:24 | URL |  【編集】

順子さま

彼とのこのお話しを、前から書き留められていたものなのか、今回執筆されたものなのかはわかりません。
でも、おつきあいをされていた頃の自分を、今の順子さまから見て、危険なものを含んだ関係だったこともあり、溺れるようなつらさもあったかもしれませんが、文章にして話されることで消化されていくものなのかもしれませんね。
随分と昔のこととお話しされてあったので、私には、そこが安心して読んでいられるものとなっています。
現在進行形だったら…胸がつぶされそうな感覚だったとも思います。
そんな経験をされた順子さまをうらやましくも思い、せつなくもなります。
続き楽しみにしています。
柚葉 |  2019.01.24(木) 15:18 | URL |  【編集】

若さ

順子さん、こんばんは
慧太です。

本当はひろしとの顛末、
全て見終えてからコメントしようと思っていたのですが、
ついコメントしたくなってしてしまいました。
(堪え性がなくてスミマセン)

自分のような年下の若者を
呼び捨てにするほど愛してしまったこと、
どうして今になって思い出したのか、
なぜご夫婦の間でも禁忌に近かったそれを綴る気持ちになったのか、
夜な夜な聴いてみたい気持ちです。

僕がはじめて順子さんの日記にコメントした
幸次君のときにも同じこと感じたのですが、
どうしても順子さんと恋仲になった相手が
自分と近しい年齢だと、
悔しさ?怒り?焦り?
そんな気持ちを抱いてしまいますね。

ご主人の居ない夜、
思い出すのはひろしのことでしょうか?

また、コメントさせていただきます。
慧太 |  2019.01.24(木) 18:36 | URL |  【編集】

自分と近しい年齢だと、 悔しさ?怒り?焦り?

慧太さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

一人での朝なので、のんびりしています。
そうですね、慧太さんと同じくらいの歳なので、そう思うのかもしれませんね。
それに、慧太さんにも、こんな出来事あったのかもしれません。

彼とのことは、ここに書いてしまうのか、
どうするのか、迷っていたところです。
書いてみたところで、時間は戻せないんですけどね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2019.01.25(金) 09:54 | URL |  【編集】

危険なものを含んだ関係

柚葉さん、おはようございます。
お忙しい中、いつも、コメント、ありがとうございます。

今度のお話は、つい最近、書き終えたものです。
何年も前の出来事でしたが、こうして書いている途中で、
その時のことを思い出して、やっぱり切なくなりますね。
どうして、あの時の自分は、あんなことをしてしまったんだろうって、
驚きさえあります。

夫だけを愛しているはずなのに、
刹那的な身体だけの付き合いに燃え上がってしまったその時の自分を、
今でも怖いようにも思えるんです。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2019.01.25(金) 10:02 | URL |  【編集】

見透かされてますね

順子さん、こんばんは
慧太です。

>それに、慧太さんにも、こんな出来事あったのかもしれません。
もうまるで、見透かされているかのようなコメント、
順子さんはドキっとさせるのがお上手です。笑
そうですね、僕がまだ学生時分
順子さんのような年上の主婦さんと
いけないことですけど3年弱、
燃えるような恋愛、したことありました。

その時は家のどこで何をしていても、
僕のことを思い出すのと言われ
まさに今日の日記の中の順子さんのこと
分かる気がします。

順子さんの最近の日記を見ていると、
ご主人にはない若さで圧倒し虜にした、
そしてその頃の彼女にはない魅力に僕も虜になっていた、
そんな主婦さんのこと、想起させます。

またコメントさせていただきますね。
慧太 |  2019.01.28(月) 18:45 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/542-d9f4bcc2

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |