FC2ブログ
01月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728≫03月

ひろしとのこと 蔦の店1

2019.01.15 (Tue)



02768003245.jpg

もう、結構遅い時間のはずなのに、
竪町の道沿いは、続くお店の光が明るく差し伸びてきて、
素敵な感じだったのを覚えています。

そんなタテマチストリートから、ひとつ横道に入ると、
随分と光の量が少なくなって、時間相応の様子でした。

「この通りかしら」

香林坊や片町には、通いなれている私でしたが、
どちらかと言うと、若い人が中心の竪町には、知らないところが多いんですよ。

「あぁ、ここね、まぁ、蔦の葉が素敵ね」

そう思って、確かに彼から教えられたお店の、
本当に小さな目立たない透明のサインボードを、見つけることができたんです。
でも、今思えば、その店を見つけられないままに、
通り過ぎた方が良かったのかもしれません。

a42bcd0c.jpg

私が少し早めに来たせいでしょうか、
マスターに言われて、予約してあった個室に一人、
逆に少し遅れてきた彼に、随分と待たされた気がしました。

でも、そんなひとりだけの時間って、待っている彼のこと、
思いもかけず、こころに浮かべ続ける時間でもあったんでしょうね。

640x640_rect_6494456.jpg

二週間ほど前、主計町のお店で、
中学時代からの友人である、南さんに紹介されたひろし君、
長身で、今流の細面のハンサムな素敵な青年でした。
関東の有名大学を卒業した後、
この街で、金融機関の支店に勤めているっていう固いお仕事なのに、
初対面の私に、ちょっと、恥ずかしいこと言ったんですよ。

そのときのことは、こちらからどうぞ


数日前、夕食の下準備をしてたら、ひろし君から電話。
あぁ、南さんが、私の連絡先、ひろし君に教えたって言ってたわね。

「駄目よ、その日は、主人が出張で東京に行ってるから、私、大人しくしてないと」
「それって、遅くなっても、時間心配しなくていいっていうことですよね」
「困るわ、二人だけなんでしょ」
「あぁ、この間みたいに、南も一緒なんですよ」

ntr_6401-013s.jpg

後から来た割には、悪びれる様子もなく、
当たり前のように彼、私の隣に、ことわりもしないで腰を下ろしました。
それも、恋人たちが、身体を寄せ合うような距離だったせいか、
彼の体温を感じ、そして、なんだかいい匂いがしました。

「この間は、楽しい時間をありがとうございました」
「いえ、こちらこそ、楽しかったわ。南ちゃんは、まだかしら」
「あぁ、あいつ、急な用事ができて、今夜、来られないって。
二人だけの秘密の夜にしましょうね」
「えっ! そうなの」

それが、本当に南さんの都合だったのか、
それとも、初めから、私と彼と、二人だけのつもりだったのか、
後になって、わかることになったんです。

とにかく、ちょっと、慌てましたよ。
だって、彼、そんなこといいながら、あの時と同じように、
私の薄いスカートの太ももに、手のひらを乗せたんですもの。

彼が注文してくれたのは、ロングアイランド・アイスティーっていう、
聞いたことがないカクテル。
名前の通り、アイスティーの風味で、甘いけど、さっぱりして美味しかったですよ。
彼は、ドライマティーニを、舐めるように、傾けていました。

21434036_120757371987228_178241894403276800_n.jpg

「横顔みてると、堪らないです」
「やだぁ、早く結婚したら、そっちの方が、親御さんたちも、安心されるわよ」
「それって、前もいったじゃないですか、今の生活に満足してるんですよ」

二杯目に頼んでくれたのは、ルシアン。
これも、ジンとワオッカがベースらしいけど、口当たりのよいカクテルでした。
カクテルが来る度に、ひろし君がいろいろと説明してくれて、楽しかったです。

20121204131339b3d.jpg

「カクテルって美味しいけど、なんだか、怖いわ、酔わされそうで」
「えぇ、順子さんが飲んだ二杯のカクテル、別名がレディキラーって言うんですよ」
「まぁ、私、大丈夫かしら」
「いいじゃないですか、気を失うほど、酔ってくださいよ」

そんなお話をしてること自体、私、彼の思惑通りに、
だんだんと酔いだしていたんだろうと、思います。
彼が高校時代に、私と同じように登山部だったことや、
東京での学生時代の話など、お話も上手で、すっかり打ち解けてしまっていたんです。


関連記事
20:44  |  ひろしとのこと  |  Trackback(0)  |  Comment(9)

Comment

待ってました!

順子様
更新ありがとうございます。

「暗がり坂の夜」の続編、早速ありがとうございます。
ずっと、「彼」で通されてましたが、ひろし君っていうんですね、彼。

バージン★ママで、標題とは言え、呼び捨てでの登場は初めてではないでしょうか?

なにやら、この標題に当時夫婦関係にも亀裂を入れそうになったというひろしという若い燕への順子様のゾッコンぶりがにじみ出ているようですね。独占したい感じが出ています。




伊集院 |  2019.01.15(火) 21:03 | URL |  【編集】

順子さま

もしかしたら、彼とのお話は、もう表に出されたくないのではないかと思っていたので意外でした。
若さ故の強引さなのか…でも、この彼が…と思うとなんだか無性に腹が立つのは、過去のこととはいえ、順子さまをとられてしまったような気持ちになるからかもしれません。
多少は強引な方が女の人は落ちやすいかもしれないし、距離感近すぎというか、手に入れたい女の人がいれば、必要な手段なのかもしれませんね。

TさんやNさん牧田さんとは、ちょっと違う匂いを感じます。

順子さまが彼に惹かれたものが何だったのか私に読み解けるのかなぁ…
柚葉 |  2019.01.16(水) 03:16 | URL |  【編集】

ゾッコンぶりがにじみ出ている

伊住院さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

タイトルの呼び捨てでの表現、気が付いていただいたんですね。
お話の中でも、だんだんと呼び方が変わってきますが、
それは、その時の、彼に対する、私の心の移ろいによるものなんでしょうね、
実際もそうだったんですから。

それまではなかった、夫婦の危機だったのかもしれません。
お話の続き、読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。

順子 |  2019.01.16(水) 14:49 | URL |  【編集】

彼に惹かれたもの

柚葉さん、こんにちは。
お忙しいのに、コメント、ありがとうございます。

ひろしとのこと、確かに、ここに書こうか書くまいか、やっぱり悩みました。
もちろん、主人は知っていることなんですけど、
話していないことも多くて、
また、叱られてしまうことになるかもしれないって、思えたのです。

「強引な方が女の人は落ちやすい」
そうですね、柚葉さんが言われるように、
私、彼の思うがままに、落とされてしまったんですね。

どうしてあんなことになってしまったのか、続き、読んでみてください、
確かに、これまでの男の人とは、まったく違う人だったんです。
思い出してはいけない人なのに、
今、こうして彼のことを書いていると、
あのころのことが、心に広がってしまいます。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2019.01.16(水) 14:58 | URL |  【編集】

なめるようにマティーニを

彼はお酒を控えて、順子さんを味わうつもりですね‼️
しっかり酔わせて、彼こそがレディキラーそのものですね~
さてどのように料理されるか、楽しみです。
大きな竿で意識が薄れるまで蹂躙され、袋のなかに注がれる状況楽しみにしてます。
わんぱく |  2019.01.17(木) 07:11 | URL |  【編集】

注がれる状況

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、カクテルって、飲みなれていないわけではなかったんですけど、
なぜだか、この夜のカクテルって、初めてってこともあって、
思いもかけず、酔ってしまったのかもしれませんね。

彼にとっては、そんな私を、どう料理するかのか、
その時にはもう、考えていたのかもしれません。
そして、彼の思いの通りの時間に私、誘われてしまったんですね。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2019.01.17(木) 13:58 | URL |  【編集】

これはこれは

順子さん、おはようございます。楽太郎です。
今までにない新たな展開(と言っても過去のことですよね)ですね。
伊集院さんご指摘の通り「ひろし」は私も読んで驚きました。
何か文脈自体も微妙な揺れがあるようにも感じてしまいましたね。
ひろし(彼は呼び捨てにしますね)は自信家で傲慢、危険な香り(フェロモンかな)を嗅ぐわしながらも知的好奇心をくすぐるところがあり、順子さんはその魅力に翻弄されたんでしょうね。
彼からの「甘美な疼き」を体に刻まれ、心まで支配された様はどこかM先生を彷彿させるのでしょうか?
次の展開が楽しみです。
楽太郎 |  2019.01.18(金) 11:07 | URL |  【編集】

「甘美な疼き」を体に刻まれ

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

そうですね。
学生時代から、男の人を呼ぶのに、
「さん」や「君」が当たり前だった私が、
彼のことだけは、呼び捨てにしていました。
それは、こうして文章にするときも、そして、
抱かれているときも、そうだったんです。

今、思い出すと、やっぱりどうかしていたんだろうと思います。
理由は今もわかりません。
いつか、わかる時がくるのでしょうか。

今日、主人が帰ってきたら、
一緒に、神戸に行くことになっていて、
準備を済ませたところです。

皆さんもご存知の中山さんから、
年も明けたから、一度、会わないかってお誘いがあったんですよ。
どんな週末になるか、ちょっと、心配してiいます。
まぁ、取り越し苦労になればいいんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2019.01.18(金) 15:32 | URL |  【編集】

N部長=Nさん=中山さん

だったんですね。
また、新事実・・。

中山さんのご子息がホームの神戸で見事捲土重来を果たされ、順子様の膣奥に届きますようひたすら祈念申し上げます。
伊集院 |  2019.01.19(土) 02:27 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/541-0b2eefe6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |