FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

今年もお世話になりました。

2018.12.25 (Tue)


images.jpg

皆さん こんにちは。
順子です。
いつも、読んでいただいて、ありがとうございます。
それから、コメント、ありがとうございます。

今年も後僅かで終わろうとしていますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか。
こちらは、兼六園の雪吊りも終わり、
家の近くのメタセコイアの並木もすっかり赤くなって、
雪を待つばかりの装いです。

vis_20181202.jpg

今年も、皆さんには、たくさんのコメントをいただき、
本当に、ありがとうございました。
また、新しくコメントを書いてくださる方も増えて、
たいへん、嬉しく思っています。

もう、随分と永い間、「バージン★ママ」読んでいただいていますが、
まだ、書いていない出来事、書けない出来事、いろいろとあって、
もう、これ以上は書けないかなぁって、そう思う時も、結構多いんですよ。

そんな時、励みになるのが、やっぱり、皆さんからのコメントでした。
励まされたり、感心させられたり、笑ったり、
その度に、もう少し、頑張ってみようって、思うことができました。


今年も、いろいろなことがありました。
皆さんに、読んでいただいたとおりです。
大切な主人だけのものであるはずの、私の身体、
刹那的な情欲のままに、
夫ではない男の人に、求められるがままに、ゆだねてしまった時間がありました。
それも、一人だけではなかったのです。
本当に、皆さんから、呆れられていることだろうと、赤面の思いです。

resize_img (8)

来年は、そんなことがないようにって、今は、そう思ってはいるんですが、
確か、去年の今頃も、同じようなことを考えていたようにも思えるんです。

太宰治先生や、芥川龍之介先生を代表とする私小説作家の先生方が、
自分の作品を書くために、放蕩な生活をされたことを、
大学時代の講義で知って、随分と驚いたことを覚えています。
今の私は、少し、近いものがあるのかもしれませんね。


年始の三が日は、主人の両親たちと、和倉温泉で過ごす予定です。
今年の夏も、友人夫婦と訪れて、主人のいないままに、いろいろなことがあったんで、
新年早々、その場所で過ごすこと、ちょっと、複雑な心境です。

ダウンロード

年末は、家のことが忙しく、
皆さんに、ご挨拶ができないかもしれませんので、
早めに、お礼差し上げておきますね。

皆様には、今年一年、本当にお世話になりました。
ご多幸の多い新年をお迎えになられること、祈念申し上げて、
ご挨拶とさせていただきます。





関連記事
08:47  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

Comment

来年も読みに伺います

毎年拝見していると、凄いなと感心して拝読しています。

これからも、愛読者のひとりとして読みに伺います。

海原 |  2018.12.25(火) 09:45 | URL |  【編集】

凄いなと感心

海原さん、おはようございます。
久しぶりのコメント、ありがとうございます。

凄いなと感心 って、それって、
なんだか、やっぱり、そんなふしだらな生活してるってことで、
恥ずかしいです。
来年は、貞操な妻でいたいって思っています。

穏やかな年末をお過ごしください。
また、来年も、よろしくお願いしますね。
順子 |  2018.12.25(火) 10:10 | URL |  【編集】

愛読者

自由に書かれて、羨ましいです。

もっともっと、時間の許す限り書かれてくださいね。

来年も期待しております。
海原 |  2018.12.25(火) 12:50 | URL |  【編集】

もう年末。日差しのつるべ落としと同様、小生にとって人生の晩年の時も移ろいが早いようです。

順子様は自虐的に話されますが、我ら「順子衆」は、今年も天晴れと申し上げたいです。まさに順子面目の躍如でございます。順子様に色恋沙汰がないのは考えたくありません。

したがいまして、来年は伺い損ねた和倉温泉物の夏Verとこれから起こる年末年始Verの両顛末記を伺いたいです。

咥えて?(加えて)、一年を通じ画像を貼っていただき、最後には無修正で応えていただいた愛するご主人様にもお労いいただきますようお願い申し上げます。

よいお年をお迎えください。
伊集院 |  2018.12.25(火) 13:02 | URL |  【編集】

愛するご主人様にも

伊集院さん、こんにちは。
コメント、お忙しいだろうに、ありがとうございました。

まぁ、そんなこと言ってもらうと、
来年も、今年以上に、皆さんに応えられるように、
いろいろと頑張らなくちゃって、そう、思います。
呆れるようなことがあっても、
それって、皆さんのせいですよ。
ふふ。

えぇ、主人にも言っておきます。って、
コメント読んでるって思いますけど。
ねぇ、最近、ちょっと、いやらし過ぎる写真が多くて、
もう少し何とかならないんですかって、言ってはいるんですけど。

そう言うと、じゃぁ、順子が俺と繋がってる写真、貼ってみようか、
なんて言って、実は、時々、本当にそうしてるんですよ。
もう、困ってるんです。

今年も、ありがとうございました。
伊集院さんところは、どんなお正月かなぁ、
良い天気だったら、いいですね。
順子 |  2018.12.25(火) 14:59 | URL |  【編集】

刹那的な情欲の先に

順子さんこんばんは、
前回のコメントには丁寧にお返事ありがとうございました。
僕は大阪在住で、時々神戸や京都なんかにも遊びに行くのですが、
「今すれ違った素敵な着物の方が、もしかしたら順子さんなのかも」
なんてついつい考えたりしてしまいますね。

さておき、今年もお世話になりました。
良い年末を過ごされてください。

前回のお返事にもありましたけど、
順子さん、いつも謙ってご自身のことを
「とんでもない女」みたいに仰られますけど、
周りの男性を囚えて離さない魅力が
きっとおありなんだろうなって思います。
むしろ、周りの男性を、人妻に手を出す「とんでもない男」に変えてしまう
そんな魔力?が順子さんの生まれもった素質なのかもしれないですね。


年末の旅行も楽しまれてください。
でも、いつも順子さんのことを想像している僕としては、
反面なにか起こってしまうのかもってちょっと複雑な気持ちです。


…なんて、ご主人や同じように順子さんを想っている方に聞かれたら
「若造がなんて生意気な」って怒られてしまいますよね、きっと(笑)

来年も順子さんの日記、ますます楽しみにしてます。
またコメントさせていただきますね。
慧太 |  2018.12.25(火) 18:48 | URL |  【編集】

改めて御礼申し上げます

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
年の瀬ですね。
今年も艶福でありながらも秀逸な情景描写で楽しませていただき、順子さんと一緒に訪れたような感覚に浸れたのは私だけではないのではないかと感じ入っております。
まずは、いろんな意味で楽しませていただき感謝申し上げます。
まだまだ言えないことやご主人にも秘密?なあれやこれやもあるみたいですね。

換骨奪胎のように文才だけではなく経験から素晴らしい表現に移ろいを感じ取れることは奔放な順子さんとそれを温かく見守るご主人のお二人の素晴らしい関係があればと思います。人間ですから迷いはあると思いますが、来年も清い出会いと淫靡な出会いの物語を楽しみにしております。
今年一年ありがとうございました。
楽太郎 |  2018.12.25(火) 19:11 | URL |  【編集】

生まれもった素質

慧太さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

あぁ、大阪にお住まいなんですね。
えぇ、神戸にはたまにですけど、
京都は叔父たちがいるので、よく行きますよ。
それに、小さい時から着物は躾けられましたから、
街中でもしかしたら、慧太さんとすれ違っているのかもしれませんね。
振り返られたり、声をかけられたり、
正直、ありますけど、素敵かどうかは、その方の感じ方だろうと思います。

生まれもった素質が、いいことだといいんですけど、
恥ずかしいこと生まれ持った女だったら、困りますよね。

主人は、生意気だなんて言いませんよ、
それどころか、
「そんなだったら、どうだい、一度、順子の相手してみたら」って、
そんなこと言いだしそうで、私が心配です。ふふ。

今年は、初めてコメント書いていただいて、
本当にありがとうございました。

来年も、どうか、よろしくお願いします。
もしかしたら、コメントを書いていただいている方たちと同じように、
どこかで、お会いする年になるかもしれないですね。

良いお年をお迎えください。
順子 |  2018.12.25(火) 19:50 | URL |  【編集】

秀逸な情景描写

楽太郎さん、こんばんは。
今年も、たくさんのコメント、本当にありがとうございました。

情景描写を褒めていただいて、うれしかったです。
皆さん、ご存知のように、私、旅行が大好きで、
それから、いろいろな男性に誘われて、ふふ、日本中を訪れています。
それぞれ、忘れられたくな素晴らしいところのこと、
皆さんにもわかってもらって、
できれば、一度でも行っていただければって思って、
詳細に表現しているつもりです。

言い古された言葉や、パンフレットにあるような言葉ではなくて、
その時に、私自身が感じたことを、
そのまま表現できるように、気を付けています。

「換骨奪胎」
大学の授業以来、久しぶりに目にした言葉でした。
楽太郎さんって、国語の先生でしたっけ。
ふふ。
でも、私のように、
自分の文章を、皆さんに読んでいただいている人間にとって、
忘れてはならない言葉ですよね。
そのことを、思い出すことができて、勉強になりました。

今年もありがとうございました。
コメントを書いていただいている方からの文章には、
本当にためになることが多くて、幸せに思えます。

また、来年も、いろいろと教えてくださいね。
順子 |  2018.12.25(火) 20:16 | URL |  【編集】

順子さま

今年一年、順子さまのブログ、小説と堪能させていただきました。
ありがとうございます。
まさかコメントするようになるとは、私自身もびっくりでした。
伊集院さまのコメントでのコメンテーター募集に背中を押されたんですが、おかげで、みなさまともお話しできて楽しくて、潤った一年でもありました。
伊集院さまには、チャレンジする勇気をもらって感謝しています。

順子さまの生み出す言葉、情景が浮かび、
大好きです。
これからもずっと応援しています。

来年も、よいお年でありますように。
柚葉 |  2018.12.26(水) 00:58 | URL |  【編集】

チャレンジ!!

柚葉さま

過分なお言葉ありがとうございます。
柚葉さまに触発されて、また新たに慧太さまが加わりました。

コメンターはイコール順子様の活力源ですので、来年も増えるといいですね。

奇しくも「チャレンジ」というワードが柚葉さまより、もたされましたが、来年は小生も人生の再チャレンジの年になりそうで、今から気を引き締めております。

新年を控え忘れかけていた「挑戦する」気持ちを奮い起こしていただき、こちらこそありがとうございました。

伊集院 |  2018.12.26(水) 01:14 | URL |  【編集】

チャレンジする勇気

柚葉さん、おはようございます。
一年間、コメント、ありがとうございました。

コメントを書いていただいてる方の中で、
昔も今も、柚葉さんが唯一の女性ということもあって、
男性とは違う、同性からの視点ということ、
興味深いところがありました。

お仕事がお忙しい中、長文の内容の深いコメントも、
毎回楽しみに読ませていただいて、勉強させていただきました。
ありがとうございました。

あと数日で、新年ですね。
年末もいろいろとお忙しいでしょうけど、
お互い、頑張って新年を迎えたいものです。

初詣、どこにいかれるのかなぁ、
福岡の親戚に、
大宰府八幡宮に連れて行ってもらったことがありますが、
すごい、人出でしたよ。

一年間、ありがとうございました。
良いお年をお迎えください。

順子 |  2018.12.26(水) 10:24 | URL |  【編集】

順子様

いつもドキドキしながら拝見させて頂いてます。今年もたくさんのドキドキありがとうございました。来年も楽しみにしてます。

私も実家が石川県のため、年末は帰省します。どこかですれ違ってるかもしれませんね(笑)
しゃち |  2018.12.26(水) 22:30 | URL |  【編集】

たくさんのドキドキ

しゃちさん、おはようございます。
初めてだろうと思うけど、コメント、ありがとうございます。

えぇ、いろいろなどきどき、たくさんあった一年でした。
来年は、どきどき、程々にしておきたいと思っています。

あらっ 私と同じ県に、帰省されるんですね。
夜の香林坊で、お会いしたいものです。
あっ、そんなことしたら、
また、どきどきの夜を過ごしちゃうんでしょうね。ふふ。

コメント、ありがとうございました。
良いお年をお迎えくださいね。

二日から、家族で、和倉温泉に行ってきまーす。

順子 |  2018.12.27(木) 09:06 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/540-8c56f840

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |