FC2ブログ
12月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫02月

姪っ子宅での夜2

2018.12.18 (Tue)


濡れた彼の舌先が、耳たぶを這い回りましたが、
それは、女性との営みの時間に慣れた男の人のものではありませんでした。
私の首筋に顔を埋めた幸次君、直ぐに、息遣いを荒くし、
彼の望むその瞬間が、いくらもしないうちに訪れること、私には分かりました。

sex_4752-179s.jpg

「あぁ、順子さんの、僕のもの、絞るようにしてる」
「駄目よ、中には」
「我慢できないんだ」

お風呂の中で、戯れに、あっちゃんに乳首、含ませたことがありました。
お乳のでないはずの私の乳首でしたが、あっちゃん、嬉しそうに吸ってくれて、
可愛くて可愛くて仕方がないんです。女だから、仕方ないですよね。
でも、今夜は駄目、間違いなく私の卵、彼のものと抱き合ってしまうわ。

「あぁ、もう」
「嫌、本当、かんにんして」

けれど、言葉とは裏腹に、本当は私、拒んではいなかったのでしょうね。
それまで以上に、荒くなった彼の息遣いに、
男の人の望む瞬間が分かったはずなのに、私、拒めば拒めたはずなのに。

息が止まるほど、強く抱きしめられ、耳元に曇った声が響きました。
それと同時に、えぐるように、逞しい腰が押し付けられ,
それまで以上に、彼のものが私の中で大きく膨らむと、
とうとう、身体の一番奥に、熱い精液を吹き出し始めてしまったのです。

seijyoui_4438-177s.jpg

それは、一度だけでは済みませんでした.
男の人にしては情けない、か細い声を漏らしながら腰を押し付け続け、
二度も、三度も、それまで以上に男の人のもの、膨らませ、そして、噴出させ、
彼のものを絞り取る、うごめく私の肉襞に応えるようにして、
驚くほどたくさんの濃い彼のしるし、たっぷりと、注ぎ込んでしまったのでした。

身体の奥に広がる温かさを感じながら、
あっちゃんの可愛らしい笑顔が目に浮かびました。
あぁ、赤ちゃんが欲しい、もっと出して、ぜんぶ出して。

私、赤ちゃんの素、もっともっと欲しくて、
自分の女の身体が求めるがままに、彼の腰に両太ももを絡め、
嫌らしく腰、振り続けていたのです。

97e7023bfc8c3eaedd717125a68bdf28-630x472.jpg





何かしら、微かな音が聞こえたような気がして、
うっすらと、目蓋を開くと、
天井の小さなしたライトが、淡い光を見せていました。

お風呂場で、何も隠すものがない自分の裸の身体、
思いもかけず、幸次君に、しっかりと見られてしまったこと、
やっぱり、ひどく、恥ずかしかったから、
こんな夢、見ちゃったんでしょうね。

bathroom_6086-006s.jpg

泊まる時に使わせてもらっているゲストルーム。
間に一部屋挟んで、奥にある桃子ちゃん夫婦のお部屋から、
漏れ聞こえる、微かな声聞いてしまったんです。
人妻であり、男の人との営みを知っている私には、
それが、どんな時に、女の人の口から洩れる声なのか、
分からないはずはありません。

02291.jpg

まぁ、桃子ちゃんたち、仲良ししてるのね。
いいのよ、若いんだもの、仲の良い夫婦が一番。
でも、恥ずかしい夢を見て、そして、そんな桃子ちゃんの微かな声を聞かせられて、
段々と、私の身体を、いたたまれない気分が包み込んできたんです。

それからは、夢の中の私と同じように、ただ、正直に自分の身体の求めるがままでした。
触れる前から、気が付いていたように、
私の秘唇、男の人を迎えるための、透明な蜜液を滲ませ、
私の指先が僅かに触れた柔芽、ねっとりと濡らしていたんです。

sirouto49_72.jpg

幾らも時間はかかりませんでした。
慌てるように脱ぎ捨てたシルクのパジャマが、ベッドの端に滑り落ちる時には、
今だけは、自分だけのものであるたわわな乳房を揉み上げ、
痛いほどに乳首、摘まみ上げていたのです。
姪っ子の家で、そんな恥ずかしいことって、いたたまれないはずなのに、
燃え上がってしまった私の身体は、許してはくれなかったんですね。

04fc5815-s.jpg

両肩とかかとだけで身体が持ち上がり、濡れた二本の細い指、奥にまで迎えた腰が、
二度三度、がくがくって、突きあがるのが、自分にもわかりました。

onanie_6888-034s.jpg


「幸次君、あなたがいけないのよ」

痛いほどにくちびるを噛みしめ、
あの時、私の白い濡れた身体を見つめていた、
夢の中での、幸次君の熱い眼差しを思い出しながら、
自分の身体を襲う強烈な悦びに、正直に、身を委ねていたのでした。

sex_6576-114s.jpg


関連記事
13:37  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(6)

Comment

白昼夢でしたね

順子さん こんにちわ楽太郎です。
今回も刺激的でインモラルな内容で大満足でした。
特に身悶えしながら頭では拒否しないといけないながらも体は既に受け入れ態勢に入っていながらの一言「かんにんして」は大好きな表現です。
甘美な声でオスの本能をさらに搔き乱すこと間違いなしですね。

おっと、順子さんオナニー中だったんですよね。
幸次君は奥さんとの一戦終了後トイレに行く途中に順子さんのすすり泣きを聞き、モラルがかき消されて順子さんを襲っちゃったんでしょうか?
次が楽しみです。
年末にかけてお忙しいことと拝察しますが、どうかご自愛くださいませ。
楽太郎 |  2018.12.18(火) 15:03 | URL |  【編集】

インモラルな内容

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

インモラル、幸ちゃんのこと、夢に見た後、
こんどは、自分で良くなっちゃうんだから、
確かにインモラルなのかもしれませんね。
でも、仕方がないって、諦めています。

一人で良くなることって、結構ありますね。
人妻としては、珍しいのかもしれません。
言われて、夫の前でしちゃうことも、あるんですよ。
そんな時って、夫もいつも以上に元気になってくれます。
ふふ。

あらっ 雷が鳴ってますよ。

コメント、ありがとうございます。
また、お願いします。
順子 |  2018.12.18(火) 15:43 | URL |  【編集】

はるか、古の・・

順子様
更新有難うございます。

ああ、そろそろ夕飯時でリアルタイムでお読みいただけないようですよね~。

この隣からのあの声。ホテルとかじゃなくリアルライフでは、大学時代のアパートまで遡らなければ経験が無いですねー。

その時は、小生の部屋に聞きつけた野郎が6人ほどやってきまして耳をそばだてたものです。

知ってるやつが、結構女性を喘ぎ声が漏れるほど鳴かせていたので、一同そいつを見直したものです。

お蔭で懐かしい思い出が蘇りましたよ。、ありがとうございました。
伊集院 |  2018.12.18(火) 17:25 | URL |  【編集】

大学時代のアパート

伊集院さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

お夕飯時は、PC見ることできませんが、
今夜みたいに、忘年会でパパが居ないときは、
ゆっくり、できますね。

学生時代の、ちょっとHな良い思い出ですね。
お友達の方、女性をそんなに泣かせて、
きっと、お上手だったんでしょうね、私も紹介していただきたいわ。ふふ。

伊集院さんも、忘年会でお忙しいんでしょ。
飲み過ぎて、失敗しないように、楽しまれてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.12.18(火) 20:19 | URL |  【編集】

はじめて、コメントします

順子さん、こんばんは。
はじめてコメントさせていただきます。
いつも順子さんの日記を見ながら
順子さんのこと、想像しています。

幸次君の年頃が自分と近いからでしょうか?
今日の日記は読んでいて感情移入(もちろん幸次君に、です)
してしまい、ついコメントしてしまいました。

きっと僕に順子さんのような素敵な叔母がいて、
その思い焦がれている叔母の裸体を見てしまった晩は、
順子さんに聴かせるつもりで
いつも以上に激しいSEXをしてしまうかもしれないです。
もちろんSEXしている時に思い描く相手は……。

またコメントします。
慧太 |  2018.12.18(火) 21:55 | URL |  【編集】

SEXしている時に思い描く相手は

慧太さん、こんにちは。
初めてのコメント、ありがとうございます。
これからも、末永く、よろしくお願いしますね。

私のこと、想像してくれてるって、
想像の中の私は、どんな女なんでしょうか。
まぁ、こんなこと書いているんだから、
きっと、恥ずかしい恰好なんでしょうね。

えぇ、びっくりしたお風呂での出来事、
知らないうちに、こころに残っていて、恥ずかしい夢を見てしまうし、
姪っ子のところで、一人で悦びの声漏らしてしまうし、
恥ずかしい夜だったんです。

お住まいは、どちらですか。
コメントを書いていただいている方、
皆さんから、教えていただいてます。
なんだか、それのほうが、イメージしやすくて、
それに、私に関わりのあるところもあって、嬉しいですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.12.19(水) 13:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/539-af69883f

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |