FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

山城温泉8 

2018.10.31 (Wed)


666.jpg


寒くなってきたわね。
あぁ、でも、こんなしてると、暖かくていいよ。
えぇ、私しもよ、パパの身体って、熱いくらい。
こうやって後ろから抱いてると、順子の身体も、どんどんと熱くなっていくし。
あぁん、気持ちいい、そうやって、胸、揉んでくれると、堪らないわ。
良かったよ、順子のおっぱいが、こんなにおっきくて。
結婚前に言ったわよね、私を選んでくれた理由は、おっきな胸と、笑顔だって。
あぁ、初めて順子のこと、抱いた時、本当にそう思ったんだ。
やっ 痛いわ、駄目よ、そんなにきつく摘まんじゃ。
ほらっ、握ってごらん、順子の中に入りたくて、こんなになってる。
あぁ、すごい、火傷しそう。
順子だって、もう、こんなに。
ああん、パパが、握らせたりするからよぉ。

555.jpg

欲しいかい。
えぇ、欲しいわ、パパの。堪らないの。
じゃあぁ、このまま、後ろから入れようかなぁ。
えぇ、パパの好きなようにして。
ゆっくり、入れるよ。
あぁん、すごい。

pakopako_sex_6828-054s.jpg


こうやって、Nさんにも、入れられたのかい。
いや、そんなこと聞かないで。
ほらっ、こんなして。
だめ、いやぁ、あぁ。
そんな声、Nさんに聞かせたんだね。
お願い、もう、Nさんのこと、言わないで。
ほらっ、奥にまで届いた。
あぁ、すごい、いっちゃいそう。
Nさんだと思って、いってごらん。
駄目よ、そんなこと、言わないで。
あぁ、すごい締まる、こうやって、Nさんの、精液、欲しがったんだね。
あぁん、太い、いちゃうわ。
Nさんの名前を言いながら、いくんだよ
あぁ、ごめんなさい。

ahegao_6621-012s.jpg

あぁ、締まる。出すよ。
えぇ、出して。
Nさんにも、出されたんだね。
いや。
いっぱい出されたのかい。
パパ、ごめんなさい。
奥に?
あぁ、奥に。
出すよ。
えぇ、たくさん、ちょうだい。
Nさんのだと思って。
やっ。
出る。
あぁん。
出てる。
あぁ、熱い。ごめんなさい、また、いっちゃうわ。

pakopako_sex_6828-064s.jpg

関連記事
14:06  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

おまけ

取り戻しの儀式読ませていただきました。
朝からもやもやしながら出勤します。(笑)
わんぱく |  2018.11.01(木) 07:11 | URL |  【編集】

もやもやしながら出勤

わんぱくさん、おはようございます。
お忙しい朝、コメント、ありがとうございます。

今回は、ちょっと実験的な内容で書いてみました。
どうだったでしょうか。
もやもやについて、また、お話してくださいね。

こちらは、薄曇りの朝ですが、これから晴れるみたいです。
お仕事、頑張られてくださいね。

いってらっしゃい。

順子 |  2018.11.01(木) 08:50 | URL |  【編集】

ご夫婦の営み実況中継ですね

順子さん、おはようございます。楽太郎です。
先般はお褒めのお言葉賜り恐縮しておりますが、全ては順子さんの筆致・表現力に引き込まれて勝手にアレンジしたもので、順子さんあってのコメントマンですよw

さて、今回の8は今までになかったコンテキストですね。
ドキドキしました。
けど、もっとドキドキしたのはご主人かも。
罪深い順子さんの身体に愛おしさを込めて奥に放精される様は哀愁すら感じましたね。
次回も楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.11.01(木) 11:19 | URL |  【編集】

奥に放精される様は哀愁すら

楽太郎さん、こんにちは。
素敵なコメント、いつも、ありがとうございます。

楽太郎さんたち、コメントを書いていただいている皆様のお陰で、
何とか満足していただいているお話が書けているんだろうなって、
そう、思っているんですよ。

どきどきしたのは、夫かもしれないって、
確かにそうかもしれませんね。
自分の胸に戻って来た私のこと、
それからしばらくの間、なかなか、離してはくれなかったんです。
それに、その度に、私のこと抱きながら、
Nさんのことを言ってたんですよ。

自分の妻を、夫であるはずの自分以外の男の人に抱かせること、
それは夫婦にとって、あってはならないことだけど、
そのことでそれまで以上に夫婦の絆を深めるのならば、
それは、仕方のないことなのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.11.01(木) 14:06 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。

前回のお話しで、終わりだったのかもと思っていたので、旦那さまのもとに戻られてからのお話しがあって嬉しかったです。

出だしがいつもの順子さまと違うので、新鮮でもありました。
旦那さまの胸にいる順子さまが、一番素直な反応されているように感じられて、熱が伝わるようなお話しでした。

柚葉 |  2018.11.01(木) 16:20 | URL |  【編集】

一番素直な反応

柚葉さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

夫の元に戻った時のこと、書こうか書くまいか、
ちょっと、迷ったところでしたが、
Nさんとのことを始め、夫以外の男の人との時間、
私たちにとっては、
それまで以上に、お互いのことを深め合うことになっていること、
もう一度、皆さんに知ってもらいたくて、
この一話書いてみました。

コメント、ありがとうございました。
こちらは、日差しはあるものの、はっきりしないお天気です。
九州はいかがですか。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.11.02(金) 11:06 | URL |  【編集】

ご主人の元

順子さん、こんにちは。

ご主人の元へ帰られて、ご主人との営み。ご主人がNさんを引き合いに出すのは、やはりご主人の嫉妬?
それとも、順子さんに対する辱め?

どちらにせよ、ご主人は順子さんが、必ず自分の元に戻って来ると言う自信があるように伺えます。

まぁ、順子さんは、愛するご主人の元へ帰るんでしょうけどね。
破廉恥パパ |  2018.11.02(金) 13:14 | URL |  【編集】

順子さんに対する辱め

破廉恥パパさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、Nさんのこと言葉にするのは、夫の嫉妬なのかもしれません。
けれど、そんな気持ちを、嫌がってはいないんでしょうね。
だから、私のこと、なかなか放してくれないんだろうって、そう、思います。

どんなことがあっても、夫の胸の中に戻るんだからって、
いつも、思っています。
だから、とんでもないこと、できるんだろうなぁって、思います。

ただ、これまで、何度か危ういことがあったことも事実です。
このまま、夫ではないこの人から、離れられなくなってしまうのかなぁって、
主人も子どもたちも、すべて捨てて、
その人と暮らしたいって、そう思ったことがあったことも事実なんですよ。

幸い、それは、その時の迷いだけに終わってくれて、
今は、それまでと同じような時間を過ごしてるんです。

でも、人って、先のことはわからないですよね。
なんでもない出会いから、
思ってもいなかった時間の扉を開いてしまうのかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
また、おねがいしますね。

順子 |  2018.11.02(金) 14:16 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/536-9fa89604

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |