FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

「幸せの行方」 その19 城崎温泉3

2018.11.20 (Tue)


kinosakinite2.jpg

雪道を駅まで歩き、そこから、ホテルのバスで戻ってきたのだが、
義母は大浴場にでもいったのだろうか、
宴会の始まる寸前に、慌てるようにして、戻ってきた。
髪を慌てて乾かしているところをみると、
よほど、ゆっくりとお湯に入っていたのかもしれない。

大広間での宴会は、
各部署からの出しものもあり、大いに盛り上がっていた。

bf__.jpg

酣の中で宴が跳ねると、順子は一度部屋に戻り、
薫を抱いて、ホテルの中をゆっくりと散策した。
ロビーから見ることのできる庭の緑には、
思いの他雪が残っていて、素晴らしい眺めであった。

ホテルの浴衣と半纏での装いではあったが、
見事に美しい順子に、振り向く酔客がいることを、意識させられたし、
その胸に抱かれた薫を見た夫人たちからは、
可愛らしさを褒める言葉を掛けられた。
あの人のことを、少しの時間でも忘れることができれば、
今は、申し分のない時間だったのだが。

部屋に戻ろうと、エレベータホールに向かった時、
義母の後姿を見つけた。
声を掛けて一緒にと思ったのだが、
急いでいたのだろうか、彼女はこちらの方に気づくこともなく、
エレベーターのドアが閉じてしまった。

imagegallery_EVH3_lv1.jpg

苦笑して階を告げるランプを見上げると、
義母を乗せたエレベーターは、
何故かその階を過ぎて別の場所に止まったことがわかった。
誰かに用があったのだろうか、
けれど、何が可笑しかったのか、急に笑い出した薫を見て、
順子は、そのまま優しい母親の顔に戻ったのだった。

薫と二人だけの部屋で、母親としての時間を過ごしていた。
随分とお利口にしてくれていて、全く手が掛からなかった一日であった。
そっと寝かせつけると、ひとり窓際の椅子にゆっくりと座る。
思いもよらず、僅かではあったが、柏木との時間を過ごせた。
くちびるに指を当ててみると、
その時の感触が蘇るようで、熱い吐息が漏れた。
逢えたからといって、それで、どうなるものでもなかったが、
少しだけ、気持ちが緩やかに溶けかけたようにも思えた。

d055939f-984a-47d3-91ba-6862258a4898.jpg

それに、今、同じホテルのどこかに、彼が居るという。
もしも、連絡を取れば、この部屋でもう一度あえるのだろうか。
そして、抱きしめてもらえるのだろうか。
そう思うだけでも、息が乱れはじめたことがわかった。
順子は、浴衣の重ねから手を忍び込ませ、
下着を外していた乳房に、手のひらを被せた。
乳首を細い指に挟んで、
今だけは、自分だけのものである乳房を揉んでみると、
穏やかな快感が身体中に広がり始めた。
けれど順子は、柏木のことを思いながらも、
母親として、妻として、ここだけでの薄い喜びに酔うしかなかったのだった。

erogazou_7307-049s.jpg



次の日の朝、桐子の部屋で、朝からお湯を使った。
朝の空気の中に、湯気が沸き立つ豪勢な露天風呂は、
やはり、気持ちが良かった。
還暦を少し過ぎた母であったが、
その肌の張りと瑞々しさは見事というほかなかった。

drop_nude_7286-044s.jpg

義母と同じ歳になった時に、
自分はこんな風に美しい身体でいられるのだろうかとも思ったのだが、
その、義母の白い背中を流している時、ふと、気が付いたことがあった。
白い首筋の後ろの肌に茜色の印を見つけたのだ。
明らかではないにしても、唇の跡のようにも見て取れたし、
はっきりとはしないのだけれど、
昨夜湯を使ったときにはなかったような気がするのだが、
よくは分からなかったことだったし、尋ねてみる勇気もなかった。


関連記事
20:42  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

え、いったん終了ですか?

順子様
更新有難うございます。

「ひとまず、次のお話を、今度の更新の最後のお話にしたいと思っています。 」とのことですが、今回は逢瀬は無く、ネタフリだけで終了ですか~?残念!

柏木カメラマンでしたね。大当たり~!

子どもを産んでから、初めて夫以外で抱かれた男性であり、忘れきれないでいた柏木カメラマン。

とはいいながら、義母の相手は全くわかりませんね~~。
楽しみにしております。

PS.なんだかわんぱくさんのお株を奪うような先読みになってしまいました・・)^o^(
伊集院 |  2018.11.21(水) 01:09 | URL |  【編集】

順子さま
更新楽しみにしていました。

妻・母・嫁そして女としての顔があるように、一種の仮面のようなものを感じました。どれも本当の自分であるのに、そのときの状況で瞬時に変わってしまえるのは、
女の人特有なものかもしれませんね。
女としてだけで生きていけるなら幸せなのかはわからないけど、でも、結局求めて、行き着く先は、女でありたいってところなのかなって、思いました。

義母さん、やっぱり想い人との逢瀬の予感的中かも…
続きが気になりますが、またの再開を楽しみに待ちたいと思います。
柚葉 |  2018.11.21(水) 16:13 | URL |  【編集】

人の欲とは

順子さん、こんにちわ、楽太郎です。
今回で更新がいったん終了されるのは残念ですが、次回の力作楽しみにしております。

いつもながらの順子ワールドに引き込まれた次第ですが、人は日常が満たされすぎると、危うい橋に渡りたくなるものですよね。
義母様はそのような橋渡りを楽しんだのでしょうか?
最近の女性は還暦を過ぎても月のものが途切れず欲を満喫される方もおられるそうですね。
男性目線の作家順子さん!順子さん自身が満たされた日常で美しく歳を重ね、眉目を一身に浴びたい欲なんでしょうか?
そして、淡い恋は非日常で!
順子さんの創作意欲が掻き立てられるシチュエーションが新たに見つかるように祈ってます。
では、次回作楽しみしております。
楽太郎 |  2018.11.22(木) 13:07 | URL |  【編集】

柏木カメラマン。

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

姪っ子のところから、たった今、帰ってきました。
赤ちゃんのお相手に、ちょっと、疲れてます。
ふふ。

私の書き方が悪くて、皆さんに誤解されているところがあるみたい。
「幸せの行方」の城崎でのお話を終わらせたということで、
お話は、これからも、時々更新していく予定です。
よろしく、お願いしますね。

この間、城崎温泉での出来事を書いたばかりでしたが、
読んでいただくと、来たことのあるところを、
小説の背景にしていること、分かっていただけると思います。

時期的には、「幸せの行方」を書いた時が、随分と昔のことなんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.11.22(木) 16:51 | URL |  【編集】

一種の仮面のようなもの

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

あぁ、柚葉さんが言われるように、
いろいろな顔がありますよね。
それって、男の人にもあるんでしょうけど、
女性の場合、それぞれがひどく違っているようにも思えます。

「行き着く先は、女でありたい」
そうなんでしょうね。
妻でもなく、母でもなく、義娘でもなく、
やっぱり、女なのでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2018.11.22(木) 16:57 | URL |  【編集】

危うい橋

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「幸せの行方」は、もう随分と前から、
書いているもので、何度も言ってますが、
私の中では、既に完結しています。
でも、急ぐ必要もないので、
何度も読み直して、書き直して、
ここで、更新してるんです。

今の私の生活が、この作品に反映されることはないだろうと思っています。
また、皆さんが忘れたころ、
「幸せの行方」を読んでいただくことになるのだろうと思っています。

コメント、ありがとうございました。
これから、夕食を作ります。
ごめんなさいね。お返事が短くて。

順子 |  2018.11.22(木) 17:04 | URL |  【編集】

愛◯倶◯部に連載中からの隠れファンです。
前から桐子お義母さまに魅かれております。
お義母さまの過去、特に海外留学中の生活を是非知りたいですね。 セシボン
 |  2018.11.22(木) 22:19 | URL |  【編集】

海外留学中の生活

セシボンさん(でいいのかなぁ)、こんにちは。
初めてのコメント、書いていただいて、
ありがとうございました。

「愛妻倶楽部」のころから読んでいただいていたんですね。
ありがとうございます。
もう、随分と経ちますよね。

桐子お義母のことは、お話の中で書いてはいますが、
確かに留学先での出来事は、詳しくは書いていません。
外国で付き合いの深かった日本人だけではなく、
その地での外国の人との肉体的な関係のことは、
そうですね、書く必要があるのかもしれませんね。

「幸せの行方」は全体的には、時系列に書いてはいるんですけど、
過去に遡ってその時のことを書いてみるのかは、
考えてみたいと思っています。

コメント、ありがとうございました。
今後とも、よろしくお願いしますね。
順子 |  2018.11.24(土) 14:26 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/535-87d6fa40

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |