FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

「幸せの行方」 その17 城崎温泉1

2018.11.07 (Wed)


● 城崎

IMG_1891.jpg

京都駅に着くと幹事の職員が予約していた駅弁当を積み込み、
暫くすると飲み物と一緒に皆の席に配り始めた。
城崎には蟹を食べに行くので、
お昼のお弁当は但馬牛を中心としたものが用意されているらしい。
事務長が今回の責任者だが院長と副院長が来ていないからだろうか、
気の早い男性職員たちの座席では、
暗黙の了解で静かな宴会が始まっているようだった。


毎年恒例の慰安旅行が始まった。
大規模医療施設のため幾つかの班に分けての旅行となるが、
経費は各自の積立の他に、
福利厚生として病院からも多額の助成金が出ることもあり、
家族一同で参加するところも多い。
ハワイや韓国など外国まで足を延ばすこともあったが、
今年は蟹を食べに行こうと数年ぶりに城崎温泉に行くことになった。

pixta_25730448_M.jpg

三列シートのグリーン車はシートも広く、
薫を抱いている時も苦にはならなかったし、
幼い薫には時間的に少し永すぎる旅になるかもしれないと案じていたが、
いたって上機嫌で眠たくなると順子の胸元で大人しく眠っていてくれていた。

福知山駅を過ぎると、
山手の方に時折白いものが見えるようになり、
到着した城崎駅でも数日前に降ったのだろうか、
僅かだが道端に雪の残りを見ることができた。
迎えのバスに乗り柳の川沿いをゆっくりと走り、
木造の旅館の多い城崎では珍しい近代的なホテルに赴いた。
順子や義母たちなど、家族や友人たちと参加している人たちの階とは別に、
事務長を始め、
ひとりで参加している人たちは上の階にしてあるらしい。

kawaguchiya.jpg

とりあえず義母と光子の特別室で、一息入れることにした。
光子がお茶を入れてくれている。
屋根のある露天風呂にいつでも入れると、
前に泊まった時、母が甚く気に入った豪勢な部屋だ。
季節ではないのだが、庭先の緑もガラス越しに美しく映えている。

一日中薫を抱いていて疲れただろうからと、
暫く休むように言われてひとり自分の部屋に移った。
義母たちの部屋ほどではないが、
こちらも露天風呂のついた申し分のない和室である。

img3.jpg

庭先の見える板間の籐の椅子に座り、順子は小さな息をひとつ吐いた。
義母や光子と談笑しているときも、薫と顔を見合わせ声をかけているときも、
車窓から遠い白いものが見える山並みを眺めているときも、
自分のこころが今そこにはないことが感じられた。
本当はここに居るはずもないあの人に、
狂おしいほどこころを包まれていることがわかっていたからだ。


数日前のお昼過ぎ、
ダイニングテーブルの上に置かれた携帯電話のランプが点滅した。
早い夕食の準備をしていてた順子は、
少し慌てながらも電話を手にするまでの僅かな時の間に、
その相手が誰なのか、わかったような気がした。
そして、案の定僅かな息遣いだけが届いた。

「あなたなのね。」

なぜだか、目頭が熱くなった。
誰にも言えずに我慢していたどうしようもない気持ちを、
やっと彼がわかってくれたような気がしたからなのだろうか。

いつもと同じように、
今年も山陰に撮影旅行に来ているとの話に驚きながら、
偶然にも数日後には、自分も城崎に行くことを伝えていた。
けれども、だからどうしたいとは言えなかった。
言っても仕方のないように思えた。
それでも自分の今の気持ちをわかってもらいたかったのだろうか。
逢えない時間が、
あの人への愛をこれまで以上に育んでいたことを知らされた時であった。
何の約束もしないままに、できないままに電話をきるしかなかった。
けれど、それが仕方のないことだと自分に言い聞かせたとき、
熱いものが頬を伝い流れた。

54A0054.jpg


関連記事
14:15  |  「幸せの行方」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

幸せの行方とは?

順子さん こんばんわ楽太郎です。
久しぶりに一番乗りです。わっほーー
さて、今回はご主人の主観的目線で始まり客観的なロケーションをうまくちりばめられて、ご主人の思い悩まれる様に読者は引き込まれていきますね。
いつもながらの表現力、筆致素晴らしいですね。
順子さんの情景表現が本当に好きですよぉ。

で、本題は例のご仁ですね。
順子さんが大切なご主人、お子さんとの離別をも覚悟されたあの瞬間。
いわゆる理性ではなく子宮が求めているですね。
今回のシリーズは、今まで以上にワクワクドキドキです。楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.11.07(水) 18:37 | URL |  【編集】

本格旅情エロス

順子様
更新有難うございます。

今回はいつにも増して、風景や設定描写が小説ライクです。一人っ子の薫ちゃんの育児疲れを義母が労うあたりも・・。

久々のKSWG・CMRMANの登場ですね。
「何の約束もしないままにできないままに電話をきるしかなかった。」、逢瀬を待ち望む切ない女心を詳らかに表現されています。

続きが楽しみです。

PS.ちょいちょい挟まれる本稿ダイスキです。
伊集院 |  2018.11.08(木) 01:21 | URL |  【編集】

久しぶりに一番乗り

楽太郎さん、こんにちは。
一番乗り、ありがとうございました。

「幸せの行方」は、私の大切な作品です。
沢山の登場人物、それぞれが繋がり合っていて、
自分でも書きながら、驚くことが多いです。
お話の流れ、私自身が書いているはずなのに、
いつの間にか、お話の中の登場人物が、一人でに、生き続けているんですよ。

コメント、ありがとうございました。
来年の三が日は、
和倉温泉の皆さんもご存じのあのホテルで過ごすことになりました。
子どもたちは、お友達とスキーのようですが、夫の両親も一緒です。
今から、楽しみにしてるんですよ。

「幸せの続き」続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.11.08(木) 14:44 | URL |  【編集】

逢瀬を待ち望む切ない女心

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「幸せの行方 城崎温泉」、読んでいただいてありがとうございました。
私にとって、大切な小説、下書きは大方終わっているんですが、
更新する度、書き直しをして、大切にしています。
急ぐ必要もないんですよね。

読んでいただくとわかりますが、
私の現実世界と、「幸せの行方」の内容が重複しているところが多いです。
何年も前から経験した場所を使っていること、分かっていただけると思います。

そして、それは、
場所だけには、留まってはいないことも。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.11.08(木) 14:53 | URL |  【編集】

加賀屋ですね・・

順子様
レス有難うございます。

一度、「日本一の旅館の極上おもてなし!32年間総合一位」に触れてみたいですね。また、石川県に行くならやっぱり、カニが解禁になる冬ですよね。うらやましいです。

因みに小生の年末年始は、大晦日にIHI STAGE AROUND TOKYOでメタルマクベス観劇、上野東照宮・明治神宮・清正井で初詣、鈴本演芸場の落語で初笑い、電通四季劇場海でアラジン観劇の予定で、マクベスとアラジンはチケットとりましたよ。)^o^(
伊集院 |  2018.11.08(木) 23:46 | URL |  【編集】

順子さま
久々の「幸せの行方」のお話し、夢中で読みました。
本当、情景が浮かびます。
人妻ならではの、誰にもわからないのに、
心に思う人を感じて包まれるような感覚など、女の人には特別なものかもしれないですね。
ずっと、大切に暖められてきた作品。
主人公の順子が、これからどんな思いを抱え、どんな道に進んでいくのか、見守りたいです。
柚葉 |  2018.11.09(金) 01:57 | URL |  【編集】

日本一の旅館の極上おもてなし

伊集院さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、皆さんご存知ですよね。
こちらの旅館のこと、そうですね。そう言われているように、
行ってみて、残念だったことってありません。
本当にすてきな、おもてなしです。

それに、やっぱり、その素敵な眺め。
それだけで、ここの来てよかったって、
そう思えますね。

まぁ、素敵な年末年始のご予定。
私も連れて行ってもらいたいわ。ふふ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.11.09(金) 19:36 | URL |  【編集】

心に思う人を感じて包まれるような感覚

柚葉さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「幸せの行方」
2009年の5月から書き出して、
もう、随分と時間が流れました。
でも、柚葉さんに言っていただいているように、
私にとって、大切な作品です。
多分、これ以上のものって、
もう書けないのかなぁってそう思っています。

テーマって難しいですよね。
どんなテーマで書いていくのか、
自分で、それを見つけられるまで、
きっと、永い時間がかかる人もいるだろうし、
溢れるように出てくる人もいるだろうし。

私には「幸せの行方」が、最初で最後の作品いなるのかもしれません。
それはそれで、かまわないとも思えるんですけど。

コメントありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.11.09(金) 19:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/533-88ba1521

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |