FC2ブログ
03月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫05月

石川旅行5

2020.02.19 (Wed)


ごめんなさい、パパ。
これから先のことは、パパにお話してないんですよ。
旅行から帰った後も、本当のこと、お話ししなかったけど、
この夜、彼に抱かれてしまったんです。

bukkake_4793-026s.jpg

身体に湧きあがる桃色の快感に目を覚ましました。
いつの間にか、生まれたままの姿、豊かな乳房を、自分の両手で揉んでいることに気が付きました。

そして、そんな恥ずかしいことをさせていたのは、
曲げられた太ももの間で、ぴちゃぴちゃと音を立て、愛液を啜り飲んでいる、
彼のくちびると長い舌先のせいだって気づいたのです。

0636a039-s (2)

自分の身体を染め上げ始めたの悦びが、
もう、後戻りのできないところまできていることを知らされ、
心配していた時間が、ゆっくりと幕を上げ始めたこと、はっきりと、知らされたのでした。

「順子の蜜の味、思い出したよ」

滲みだした愛液を啜ったくちびるを舐めまわしながら、彼、そんなこと、言ったんです。
京都の国立大学出身で、今、上場企業のエリートとして、
そして、夫として、父親として、順風満帆な日々を過ごす彼。
そんな彼の巧みな舌先に、私、誘われるがままに、悦びの声、漏らしていたのです。

kn244_20140618155455e95s.jpg

大切なだんな様と、こんなことしちゃうだなんて、古くからの友人でもある、みどりさんに悪いわ、
と、今まで、何度も思ったのに、身体の悦びのままに、
また、過ちを犯そうとしていたのです。

その後は、彼の、したいがままでした。
少し、乱暴に咥えさせられたものは、
そんなこと、必要もないほど、硬く太く、喉の奥を突き続け、私、涙を潤ませたし、
秘唇にしゃぶりついて柔芽を舐め続ける、彼の熱い舌を感じながら、
私、泣き声を漏らしながら、手に握り絞めた彼のものに、舌を絡め、吸い続けていたのです。

six_nine_4920-016s.jpg

太ももが、ゆっくりと開かれ、彼が腰を近づけてくると、
それまでの、私の舌で、硬くなったものの先が、だらだらと愛液を滲ませた秘唇の溝に沿って、
何度も擦られてきたのです。

抗うことはできませんでした。
みどりさんのことも、そして、夫のことも、ここにはありませんでした。
ただ、熱く燃え上がってしまった身体の求めるがままに、
彼のものを迎えるその時を、息を荒げながら、待つしかなかったのです。

hamedori_sex_7388-012s.jpg

彼のものの先が、幾らか沈み込んだと感じられた瞬間、
仰け反りながら、思いもしない、桃色の細い声を口元から漏らして、
私の両肩の近くに突かれた彼の腕を握り絞めると、
たった今、私の身体が、彼のものになってしまってことを、告げていたのでした。

奥に進み、戻り、そして、ヒクついた濡れた肉壁を押し開くように、更に奥に進み、
とうとう、彼の太いものの先が、私の身体の、一番奥に届いたことを感じさせられると、
ただ、それだけで、目の前が真っ白になるような悦びの頂に、
昇りつめていたのです。

sex_4610-030s.jpg

関連記事
12:18  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

Comment

旦那様に内緒の契り

以前から深い関係の男女には時間の隔たりなどあろうはずもなく、準備万端に潤った秘口から奥へと導かれ、袋の入り口から中へと先が入るまで深く差し込まれては、もはや別の世界へと上り詰めたことでしょう。
素敵です。愛情が感じられた交わりで…


順子さんたちのような愛情は感じられないが、わたしごとですが、先週の土曜日に4組の熟年男女が混ざりあって楽しみました。


わんぱく |  2020.02.19(水) 18:28 | URL |  【編集】

浮気告白ですね

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
過去の浮気告白ですね。
ご主人も読まれてさぞかし嫉妬と怒り、何より興奮して順子さんをその晩は寝かさなかったのでは?
順子さんも隣室のみどりさんを意識しつつの行為は、背徳感と罪悪感に塗れたエッセンスが最高の媚薬となり、忘れられない夜になったんですね。

楽太郎 |  2020.02.22(土) 15:58 | URL |  【編集】

別の世界へと上り詰めた

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

主人には、後日わかったことなので、
申し訳ないことでしたけど、
きっと、こんなことになるって、
知っていたんでしょうね。

それに、この日のこと、
告白した後、それまで以上に、
愛してくれたのは、
私にとっては、嬉しいことだったにちがいあまりません。

まぁ、わんぱくさん、いけないことしてるんですね。
4組の皆さんと、楽しい時間だなんて、
でも、それって、私がいろいろ言うことでもないんですよね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2020.02.25(火) 15:14 | URL |  【編集】

背徳感と罪悪感

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

そうですね、浮気に違いないですよね。
断れたはずなのに、
こんな夜を過ごしてしまったんだから。
でも、また、彼に会ったら、
どうなってしまうのか、わからないでいること、正直な気持ちなんですよ。

今年も、何度か東京に行くことになるでしょうけど、
この日のようなこと、ないようにって、
今はそう思ってはいるんですけど。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2020.02.25(火) 15:19 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/529-e3839b55

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |