FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

山城温泉7

2018.10.23 (Tue)


昨日、二度、私の身体の中で思いを遂げた彼、
二日目も夜遅くまで、私の裸の身体、離してはくれませんでした。

rich_sex_6734-153s.jpg


そして、この旅行で、最後になった三日目の朝、
朝食を終えた後、お湯を使って帰り支度を終えた私でしたが、
内線で彼の部屋に呼ばれました。

ドアを開くと、窓際の椅子に座っている彼の後ろ姿が見えました。

「こっちにおいで」

私に気づいたのでしょう、そう言って、小さく手をあげました。

お帰りの用意、もう、できたのかしら。
そう思いながらNさんの近づいて、その時、気づいたのでした。
上着は緑色の趣味の良いポロシャツを着ていたのに、
下には何も履かないで、椅子に座っていたんです。

「もうすぐ、お別れだと思うと、ほら」

そう言うと、もう、先から透明な液を滴らせ、怒ったように膨れ上がった彼の男の人のもの、
ゆっくりと擦り上げていたんです。

私を、幾度となく強烈な悦びに誘った、そして、狂わせたそれを見せつけられ、
彼が、今、どうして欲しいのか、すぐにわかりました。
そんな私に、追い打ちをかけるように、

「裸になってごらん」

とんでもないことのはずなのに、身体の隅々まで知られた、他人ではないせいでしょうね。
言われるがまま、私、小さな息をひとつ漏らすと、
ゆっくりとワンピースのボタンを外し、下着を脱ぐと、傍らの椅子に掛けました。


私、ふらふらと彼の前に膝間突き、息を弾ませながら、
私を狂わせたものに頬摺りしていたんです。

0ee5e817-s.jpg



ワイパーが規則正しく、折悪く降りだしていた細い雨粒を、拭き取り続けていました。
二日前に私を降ろした駅に来ていた主人の自動車に乗り込むと、
何も言わないまま、目を閉じたのです。

お口の中に注ぎ込まれた、青臭く強い匂いの、おびただしいNさんの精液が、
今、身体の隅々にまでに、ゆっくりと染みわたっているのが分かりました。

「これが消える前に、また、逢おうね」

私がブラを付ける前、乳房に自分が付けた淡いキスマークに指先でなぞり、
Nさん、そう言いながら向けた、満足げな笑顔を思い出し、
私、胸にこみ上げるものと同時に、目頭が熱くなるのを感じていました。。

cleavage_7306-030s.jpg

夫は何も言いませんでした。私は何も言えませんでした。
自分ではない男に、大切な妻を抱かれた夫と、夫ではない男の人に、抱かれた妻。
私たち夫婦と、Nさんたちとの関係が、これからどうなっていくのか、
その時は、何もわからないままだったのです。

007_o.jpg






関連記事
14:14  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(12)

Comment

目頭が熱くなる・・

順子様
更新有難うございます。

久しぶりの1番乗りです。
2日ぶりのご主人の車に乗車した順子様。「私、胸にこみ上げるものと同時に、目頭が熱くなるのを感じていました。」この時、順子様の胸に去来した感情とは・・?

複雑すぎて、男性にはわからないようです。柚葉さんならおわかりでしょうか?

PS.博多座の「魔界転生」観劇してまりました。先月は「マリーアントワネット」も。
伊集院 |  2018.10.23(火) 21:37 | URL |  【編集】

胸の刻印

Nさんからの胸の刻印は、旦那様へのプレゼントと順子さんに対する愛人としての表現ですね~
このあと行われる夫婦の取り戻しの儀式においても旦那様へのプレゼントの役割と消える頃にはまた貸し出すよう伝えるメッセージでもあるようで~
この先の関係を示したものでじたね…
最後にお口にも注ぎ完全支配したのですね~
うらやましいです。
わんぱく |  2018.10.24(水) 03:48 | URL |  【編集】

順子さま
続き楽しみにしていました!
ついに、「城山旅行」編が終わってしまいました…。
もし、時系列通りに読ませてもらっていたら、男性陣の興奮と嫉妬は、ヒートアップしていたでしょうね。

無事に、旦那さまの元に戻られて一安心したのが、私の今回の素直な感想でした。
順子さまが、目頭を熱くされたのは…
心の内は、正直、順子さまだけのものだから想像するしかないですね。
取調室の出番ですよ!
私が思うには、胸に残されたNさんの痕跡を感じていたからかなぁ…と。旦那さまにどんな時間だったかを知られてしまうことになるし、まるごと受け入れてくれる旦那さまであることを思われていたのかなぁ。

最後に使われていた胸がはだけた写真。
とてもキレイ。
イメージに合うものをセレクトされているかと思いますが、ちょっとだけ、順子さまかも?と思うぐらいキレイです。
順子さまだったら、男性陣が釘付けで危ない危ない。

お天気もおかしいし、気温も落ちてきたりしてるので、体調には気をつけられてくださいね。
柚葉 |  2018.10.24(水) 11:38 | URL |  【編集】

去来した感情

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございました。

香林坊にお買い物に行って、桐子さんたちとランチしてきましたよ。
ワイン頂いたから、ぼおってしてます。

どうなってしまうのか、分からないNさんとの関係、
そして、そのことを許している夫。
Nさんから求めるがままの時間を過ごして、
最愛の夫のもとに帰ってきて、
どんなしていいのか分からない混乱からだったのでしょうね。


博多座って、行ったことがありますよ。
スーパー歌舞伎、叔父さんたちと見て、隣のビルでお食事しました。
「魔界転生」やってたんですね。
あぁ、久し振りに、福岡に行ってみたいです。その時は、案内してくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2018.10.24(水) 13:37 | URL |  【編集】

胸の刻印

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

男の人って、キスマーク好きですよね。
私も、本当に、どれだけつけられたか、分からないくらいです。
どうかして人に見られたら恥ずかしいけど、
それって、愛されている印でもあるから、仕方がないですよね。

お口に入れられちゃうことも、仕方のないことだって思っています。
身体を許してしまうって、胸もくちびるも、
相手の好きにされてしまうことなんだから。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.10.24(水) 13:45 | URL |  【編集】

ちょっとだけ、順子さまかも?

柚葉さん、こんにちは。
お忙しい中、コメント、ありがとうございます。
「山城温泉」読んでいただいて、本当に、ありがとうございました。
時系列で、たんたんとお話書くこと苦手だから、
こんなふうになってます。良かったり、そうでなかったりですね。

愛欲の時間の跡は、これまでも、何度も夫に見られています。
秘唇からしたたり溢れようとした夫ではない男の人の印さえ、
見られたことさえあるんです。
けれど、言葉にならない言葉を探しそびれていた私、
ただ、涙を潤ませるしかなかったのかもしれません。

前にも書いたように、若い時から、夫と写真教室に通うなど、
カメラは趣味のひとつです。
沢山の作品の中には、夫から言われて写された、
恥ずかしい写真、あるんですよ。

少し前、どれが、本当の私自身の写真家、
皆さんに探してもらったことがありました。
もう少しで当てられそうで、どきどきでした。
ふふ。

九州は、いかがですか。
こちらも、随分と秋も深まってきました。
柚葉さんもご自愛され、年末に向けてお過ごしください。


順子 |  2018.10.24(水) 14:06 | URL |  【編集】

順子さま
コメントのお返事ありがとうございました。
私、打ち間違いがすごかったのに、今気づきました。
すみません!
投稿する寸前で、操作ミスで全文消えちゃって、あわてて打ち直したら、
「山城温泉」が「城山旅行」になって、勝手にタイトル変えてしまってました…。
穴があったら入って出てきたくない感じです。
Nさんとの内緒の、他にもたくさんあるであろう逢瀬のお話しが、いつか順子さまの中で、話せる日が来るのをたのしみにしています。
時系列じゃないだけに、また違った感情が読ませてもらう私たちにもあると思うので、そういった順子さまの語り方も魅力なんですよね。
柚葉 |  2018.10.24(水) 16:46 | URL |  【編集】

強烈な悦び

順子さん、こんにちは。

幾度となく強烈な悦びに誘った、そして、狂わせた‥

この文章に惹かれてしまいました。
「強烈な悦び」「狂わせた」なんて隠微な言葉。
そして、Nさんとの相性の良さを感じさせる言葉だと思います。

色々、順子さんとNさんの営みを妄想させて頂きました。‥‥だけど何故か、いやらしさを感じないんです。

羨ましさは、いっぱいです。

この後のご主人の巻き返しに期待するところです。
破廉恥パパ |  2018.10.25(木) 12:54 | URL |  【編集】

逢瀬のお話し

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

私もよくあります。せっかく書いたお話、
手違いで全部やり直しって、黄昏てしまいますよね。
ふふ。

えぇ、皆さんにお話していないNさんとのこと、
実は、まだまだ、あるんです。
夫にも話してないのも含めて。

いつか書くこともあるかもしれません。
楽しみにしておいてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.10.25(木) 16:15 | URL |  【編集】

営みを妄想

破廉恥パパさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

Nさんとの恥ずかしいお話、読んでいただいてありがとうございました。
恥ずかしいけど、皆さんに読んでいただいて、
そして、たくさんコメントいただいて、嬉しかったです。

嫌らしさを感じないのは、皆さんにとっていいことなんでしょうか、
それとも、そうではないんでしょうか。
どちらにしても、私には、こんな風にしか書けませんから、
仕方がないんでしょうね。

コメント、ありがとうございます。
Nさんのものとから戻った私、
そして、夫のようす、今書いているところです、
いつか、読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。


順子 |  2018.10.25(木) 16:20 | URL |  【編集】

完結ですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
N部長との逢瀬を丁寧に記述されたのは、やはり他の男性に比べて、身体だけではなく心も奪われた証なんでしょうね。

ご主人はそれに気づきながらも、自信を持たれている!
なぜか?順子さんが最も愛しているのは自分であるとの確信は、どこから来るのかが実は興味津々であります。
心と体を奪われた女性は愛妾となる運命。
その運命に逆らって必ずご主人の元に帰ってくる順子さんのお気持ちが「涙」となって表現されたのかもしれませんね。
その時にご主人は自分のもとに帰ってくる順子さんという最愛の女性を虜にしている証を甘受し、優越感を堪能することができる時間なのですね。
ご主人の心理の機微に触れてみたいものです。
新しい展開を楽しみにしております。
楽太郎 |  2018.10.25(木) 18:23 | URL |  【編集】

心も奪われた証

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

「心も奪われた証」そんな楽太郎さんの言葉に、どきってしました。
そんなことはないはずなのに、私自身が気付かないうちに、
あの時は、そんなことになっていたのかもしれませんね。

「心と体を奪われた女性は愛妾となる運命」
あぁ、自分の定めを書かれたみたいで、
なんだか、目頭が熱くなりそうでした。

楽太郎さんの素敵なコメントの言葉に、こころ揺らされた午後でしたよ。

コメントを書いていただいてる皆さん、
楽太郎さんを始め、本当に文章がお上手で、
勉強させていただいています。
ありがとうございました。
順子 |  2018.10.26(金) 16:11 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/523-b604b16c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |