FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

山城温泉6

2018.10.17 (Wed)


朝方になって、彼を起こさないように、そっと、床を抜け出すと、
浴衣も着けないまま、テラスの露天風呂に身を浸しましたが、
水音に気づいたんでしょうね、暫くすると、
彼が、笑顔を浮かべながら、湯船に入ってきたのです。

images.jpg

身体の隅々まで知られてはいましたが、
やっぱり恥ずかしくて、背中を向けましたが、後ろからそっと抱き寄せられ、
両の乳房に彼の手のひらが被さってきました。

温かなお湯に浸りながら、身体の中に、淡い桃色の快感が蘇ってきて、
小さな息を吐くと同時に、薄っすらと開いたくちびるに、彼のくちびる、重ねられてきたのです。

いくらの抗いもなく、その舌先を迎えていました。
むしろ、私の方がいくらか息を荒げ、求めていたのかもしれません。
お互いの舌を絡め合い、温かなお湯の中で、今は、彼のものである乳房を好きに揉まれ、
そんな時間を、私の方から、求めていたのかもしれません。

それは、もう、身体を繋げ合い、彼のしるしを幾度も注がれたのだから、
仕方のないことだったのかもしれなかったし、
その時は、私の身体も、そして、こころも、はっきりと、彼のものだったのかもしれませんね。

onsen_6701-099s.jpg

この日に帰れると思っていましたが、明日まで、二泊で予約してあることを知らされましが、
そのことは、嫌じゃなかったし、彼がそう決めているのなら、仕方がないとも思えました。

お部屋で、朝ご飯を済ませると、
頼んであったタクシーで、山城温泉郷を観光に連れて行ってくれましたよ。
魯山人先生ゆかりの展示館や、九谷焼の窯元など、何度か来たことがあったところもあったけど、
この時は、やっぱり、特別な時間でした。

お昼は、腰の強い、真っ白なお蕎麦をいただきました。
運転の心配がないからって、Nさん、お酒を飲まれ、私も、ご相伴させられましたが、
久し振りの日本酒、美味しかったですね。

午後過ぎに宿に戻ると、Nさん、暫くお昼寝するって、自分のお部屋に、
私も部屋に戻ると、一人でお風呂、頂きました。
そこは、今朝、Nさんに抱き寄せられながら、くちびるを重ね合ったところだったけど、
今は、山城温泉街を眺めながら、ひとりで、ゆっくりとお湯を使いました。

bathroom_6086-006s.jpg

どうして、私はここにいるのでしょうか。
夫ではない男の人と、その大切な夫のいる街から、こんなにも遠いこの場所で、
なぜ、こうして、お湯に浸っているのでしょうか。
けれど、湯殿から上がって、鏡の前で綺麗にお化粧をし直すのは、
今ここにいない夫のためではなく、紛れもなくNさんのために他ならなかったんです。

暫くして、床の間にある、インターフォンの淡い緑色のランプが光ると、
それは、昨日と同じような時間が流れ始めるサインだと、
私、諦めたように、そっと、目を閉じたのでした。


関連記事
13:55  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

公認の不倫旅行

観光より二人の交歓がやはりメインで、そのためにNさんは休息の時間をひとりで得るためのお部屋まで用意して‥
いつも一緒より、少しの時間でも離れることで新鮮な感じが得られるかもです~
そうしないと2日間ずっと抱き続けたくなるし、順子さんからも求められたら拒否できないものね(笑)
男は悲しい生き物で、女性と違って限界があるので…毎回射精してたら身体が持たないですよね~
内緒で精力剤も飲んでいたりして‥
わんぱく |  2018.10.18(木) 06:49 | URL |  【編集】

淡いグリーン色のランプ

順子さん、こんにちは。

大好きなご主人と離れてNさんとの逢瀬。
そして、淡いグリーンのランプにより、
ふたりが繋がる合図。

「諦めた‥‥」の意味するところ。
次にどんな展開になるのか?
その前の別々の部屋での時間。
Nさん、どのように過ごされたのか?
順子さんを、悦びの頂点に誘う周到な準備をされたのかも?

次回更新が楽しみです。
破廉恥パパ |  2018.10.18(木) 12:49 | URL |  【編集】

順子さま
更新お待ちしてました。
ありがとうございます。

二部屋用意されていたことも意外でしたが、聞かされないまま出かけて、帰る予定の日に、二日になっていたことを知るのも、旦那さまとNさんの約束ができていたことだったんでしょうね。
ずっと一緒だったら、夫婦として、ひとりになる時間があるのは、Nさんの恋人として過ごすためには必要だったのかもしれませんね。
最後の諦めたようにと綴られたのは、Nさんを求めてしまうのが、ご自分でもわかっていたからなのかなと想像。
続きが楽しみです。
柚葉 |  2018.10.19(金) 12:36 | URL |  【編集】

内緒で精力剤

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

あぁ、確かにこの後の台湾での出来事を思うと、
そんな準備をしていたのかなぁって、
そうも、思えるんですけど、
結局、そんなもの、全然必要ないほど、
台湾旅行まで、何度かお逢いしたのNさん、
とっても元気だったんですよ。

それが、あんなことになってしまって、
複雑な心境です。
女としては、やっぱり残念だし、
人妻としては、良かったことなのかもしれません。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.10.19(金) 16:42 | URL |  【編集】

ふたりが繋がる合図

破廉恥パパさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

緑色のランプを見た途端、
それからの時間のことを、諦めたことは事実ですね。
けれど、それと同時に、身体が迎える準備を始めたように、
熱くなりつつあったのも事実です。

人妻のこころと、女の身体って、
裏腹なんですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.10.19(金) 16:46 | URL |  【編集】

Nさんの恋人として

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

主人とNさんが、どんな約束をしていたのか、
その後、聞くことはできませんでした。
当たり前のように二日後に戻ってきた私を、
主人は、いつもと同じように迎えてくれたんです。

お部屋がふたつ予約してあったのは、やっぱり新鮮でしたね。
抱かれてしまうことは、もう、諦めていましたが、
人妻の自分に戻れるはずのひとりでの時間も、
夫のことを思い出すことはなかったんですよ。
ただ、それからの、Nさんとの時間を思っていたんです。

パパ、ごめんなさい。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2018.10.19(金) 16:53 | URL |  【編集】

順子様
更新有難うございます。

このところ・・書き込みができず恐縮です。皆様もお感じのこととは存じますが、本文とは別にこのコメント欄のやりとりが素敵ですよね。

本文より、コメント欄への返信で、順子さまの人となりや、体験時の心象風景がよくわかり、それを織り込んで再度、過去の分を紐解くと、本文には綴られていなかったものが、垣間見え、また違った味わいがあります。小生的には、言葉の端々から推理し、言外の事件を探りあてられたものもあり、コメント欄はさしずめ「取調室」のようでもあります。)^o^(
伊集院 |  2018.10.20(土) 00:13 | URL |  【編集】

さしずめ「取調室」

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

お仕事、お忙しかったんでしょうか、
久し振りのコメント、安心しました。

えぇ、皆様からのコメント、
いつも、楽しみにしています。
名文に感心させられたり、楽しいお話内容に声を出して笑ったり、
それに、おっしゃるように、いろいろと私のこと尋ねられて、困ったり、
さしずめ「取調室」とはお上手な言い方ですね。

あぁ、随分前に、ブログの中の写真で、本当の私自身の写真があるって、
お話した時、いろいろと取り調べられたことがありましたよね。
ふふ、楽しかったですよ。

コメント、いつも、ありがとうございました。また、お願いしますね。
順子 |  2018.10.20(土) 14:46 | URL |  【編集】

赤玉伝説

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
皆さんからのハートフルなコメント本当に良いですね。

さて、N部長と同年代近い私としてはどうしても、台湾旅行前までのお二人の逢瀬の内容に興味津々です。って言うか順子さんとの濃密な逢瀬がN部長の赤玉が出てしまう限界点を早めたんでしょうね( ´艸`)。
おっとぉ、この「赤玉伝説」はわからない方にはわからないと思いますが、、、
端的に申しますと男性は赤玉が出れば、それで男女の営みは卒業という伝説です。

順子さんを虜にした手練手管も最期の一突きの呻りがなければ、あとは精神的な満足感を与えるのみですね。それは友人としてのお付き合いになるかと、、、、
N部長のこれからの栄えある人生に乾杯したいですね!

楽太郎 |  2018.10.20(土) 19:41 | URL |  【編集】

順子さんを虜にした手練手管

楽太郎さん、おはようございます。
コメント、ありがとうございます。

こちらは、温かな晴天の日曜日の午前中ですが、
楽太郎さんのところは、いかがですか。

前にも書きましたが、男の人って、そんな淋しいことって、あるんですね。
楽太郎さんが書かれていた「私を虜にした手練手管」も、
もう過去のことになってしまうのでしょうか。
それは、私が、彼の一夜妻から、
ただの仲の良い友人になってしまう時なのでしょうか。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.10.21(日) 12:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/522-44d0ea0a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |