FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉5

2018.10.10 (Wed)


「もう、お願い、かんにんして」

数え切れないほど、悦びの頂に昇り詰めました。
どうか、なってしまうかもしれないって、そうも思えるほどでした。

身体の相性って、あるんでしょうね、
もう、無理だって思っても、改めて身体を繋ぎ合うと、
それまで以上に、目もくらむような悦びを感じさせられていたんです。

pakopako_sex_6828-026s.jpg


「月に一度は、こうして逢いたいね」


身体を揺すられ、舌先を絡め合いながら、そう、言われました。
息も絶え絶えに、彼の逞しい腰の動きに太ももを開かれ、
恥毛を絡ませ合いながら、それでも、彼の背中を両手で引き寄せながら、
また、襲ってくるだろう悦びの予感を感じている時でした。

そんなこと、できるはずもないのに、しちゃいけないのに、
そう、思いながらも、こうして、彼から教えられた身体の悦びから、
逃れられるのか、自分でも不安さえ感じ始めていたのです。

「あなたの、愛人にしてください」

もしかしたら、そう、言ってしまったかもしれません。

夫には内緒で、いえ、もしかしたら、夫にも公認のうちに、
定期的に、喜んで彼に抱かれるために、逢瀬を重ねるような関係になってしまう、
そうなるかもしれない、そう、思えたんです。

少しずつ、動きの速くなった彼の腰を、迎えるように両手で引き寄せ、
近づいてきた桃色の頂を、身体の望むがままに迎えようとしていたのでした。

sex_5741-125s.jpg

午後に、一度、私の中に済ませてたけど、
夜、永い時間、私のこと、抱いていたせいでしょうね、
Nさん、いつになく、堪え性をなくしていました。

覆い被さったまま、重なり合ったお互いの胸の隙間から、差し込んできた手のひらで、
私の乳房の柔らかさを楽しみ、腫れるほど吸い続きけていたくちびる、
唾液の滴らせながら重ね、息遣いを荒くし始めていたのです。

「たくさん、あげるから」

耳たぶを甘噛みされながら、熱い息遣いの中でそう言われた私、
人妻でありながら、夫ではない彼の首に両手を絡め、
私、覚悟を決めたような大きな息をひとつすると、驚いたことに、そっと、二度、頷いていました。

そして、その瞬間を思い浮かべながら、ふたりが、一緒に悦びの瞬間を合わせられるように、
腰、浮き上がるように擦りつけてしまっていたのです。

sex_5741-052s.jpg

彼の曇った唸り声と、それまで以上に力の感じられた、私を抱きしめていた腕が、
その時を告げていました。
私の身体の一番奥に、膨れ上がった彼の男の人のものが、
彼のしるしである熱い精液、脈を打って注ぎ入れ出したのです。
そして、それにに誘われるようにして、私の肉壁が、そんな彼のものを、
上手に絞り出していることがわかると、
泣き声を聞かせた私、目も眩むような悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

rich_sex_6734-027s.jpg



何も身に着けない姿のまま、彼の胸に抱き寄せられ、その夜を過ごしました。

茜色の淡い灯りが、裸のふたりを照らしていて、
時折り、思い出したように、彼の慣れた手の平が、
私の、さらさらとした肌触りの乳房、そっと触れていたんです。

昨夜のことを、思い出していました。
おびただしい液を注ぎ入れられ、麻痺の治まらない私から、身体を離そうとした彼、
なぜだか私、その背中に廻していた両手に力を込めて、息を荒げながら抱き寄せていました。

まだ、身体の中で繋がっている彼のもの、離したくなかったんでしょうね。

夫との間に赤ちゃんが欲しかった新婚のころ、大切な男の人のしるし、一滴残らず欲しくて、
両膝を胸に付くほど折り曲げられ、繋がったその姿のまま、
ずっと抱いてもらうこと夫にお願いしたこと、よくありました。

溢れるほど注がれた、大好きな夫の温かな液が、
身体の一番奥の、更に深いところにまで伝い流れることを感じながら、
それは、涙の出るような幸せを感じた時間だったんです。


自分の身体から、離れようとした彼を、思わず抱き寄せてしまった私、
その時の私にとって、夫以上に、離れられない大切な人だったのかもしれませんね。

berochu_5205-064s.jpg

「ああん」

硬さを失わない彼のものが、ヒクついてただろう私の秘唇からそっと抜かれると、
小さな艶めかしい声を漏らしましたが、
彼の手、ゆっくりと私の白い太もも、開いたんです。

身体を走る麻痺に震えながら、顔を上げると、両膝の僅かな隙間の向こう側に、
携帯電話を持って、私の両足の間を覗き込んでいる彼が見え、
その途端、もう一度、全身を襲った、
自分ではどうしようもない、悦びの名残の麻痺、
同時に、薄っすらと開いていただろう、恥ずかしい秘唇から、
納めきれなかった、今しがた彼から注がれた、塊のような男の人の精液が、
どろりと、伝い流れ、後ろの方にまで、つうって流れ落ちたのが感じられました。

mashiro_sae_7411-012s.jpg

気持ちのおもむくがままに、私と身体を繋ぎ合い、男のしるしたっぷりと注ぎ、
その証を、今、目の前にした彼。

いつまでも鳴り続ける、携帯電話のシャッターの音、
私は、潤ませた目を閉じながら、我慢して聞くしか無かったのです。


関連記事
13:46  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

艶めかしい内容に興奮ですね

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
当時のN部長に対する順子さんの気持ちが手に取るようにわかりました。

熟れた姿態に淫靡な言霊を宿どすように一晩の逢瀬を堪能され、獣欲がごとく果たされた先には愛欲に塗れた失楽園が見えたのでしょうか?
順子さんの過去日記に「主人に内緒」の行為はよし君以外では数少ないと記憶しておりましたので、N部長は格別なお一人なんでしょうね。
ただ、惜しむらくは、N部長の豪棒が唸ることはその後には皆無となるのでしょうか?
前にも申しましたが、同世代としては切ないですね…
あ、私はまだ大丈夫ですよぉ~
続きを期待しております。
楽太郎 |  2018.10.10(水) 18:50 | URL |  【編集】

愛人志願

素敵なひとときを過ごされたのですね~
でも、神様はこの二人の関係を快く思わずNさんに天罰を与えたのでしょう~
まあ、順子さんには代わりの竿がいっぱい待ってるから大好きでも仕方ないですよね…行きとは逆にNさんの液おみやげにいっぱい袋に詰めてもらったことでしょう!
あーうらやましい
わんぱく |  2018.10.10(水) 18:59 | URL |  【編集】

相性

順子さん、こんにちは。

Nさんとの相性、とてもいいことが伝わってきます。
きっと、男根だけではないんでは?
接吻、愛撫、性格、体格、知識‥‥
諸々が合うんでしょうね。

羨ましい。

そんな、Nさんが台湾では‥‥
きっと、言葉では言いあらわせない落胆だったのでは?
お口でのご奉仕の時、自分は、何も考えずに拝見しましたが‥‥その時の順子さんの胸の内は、尋常では無かったのでは?

正直、順子さんを、それ程までも虜にするNさんに嫉妬してしまいます。

これからも、楽しく拝見させていただきます。
破廉恥パパ |  2018.10.11(木) 12:51 | URL |  【編集】

悦びの瞬間

順子さま
更新ありがとうございます。

気持ちも身体も離れられない時間をすごされていたのが伝わってきました。
心に秘められた情や、欲しがる身体の反応は、順子さまの両手にこめられていたのですね。
Nさんのよさを知ってしまったら、この関係が続くことを望んでしまっても仕方のないことだと思います。
順子さまの正直な気持ちが、描かれたお話しだったのではないでしょうか。
柚葉 |  2018.10.11(木) 13:57 | URL |  【編集】

愛欲に塗れた失楽園

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

素敵な文章で、勉強になりました。
楽太郎さん、小説、書いてるのかな?

Nさんとは、台湾に行くまで、
実は、何度かお逢いしてます。
それは、ここに書くことになるのか、
それとも、私の胸に秘めたままになるのか、
まだ、分かりません。
ただ、今になって思うと、
その時のことが心に残っていて、やっぱり、切なさが募ります。

「女の人は棺桶に入るまで、女だから」

そんなこと、ひがし茶屋街の女将さんに、言われたことがあります。

男の人は、寂しいですよね。
おつとめが終わると、前のようにはいかなくなってしまうんだから。
でも、お付き合いって、それだけではないから。
男の人の、お気持ち次第だと思ってはいるんですけど。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.10.11(木) 15:28 | URL |  【編集】

Nさんに天罰

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

天罰だなんて、そんなこと、言わないでくださいね。
Nさんとの関係、今は昔のようにはいかなくなってしまったけど、
私にとっては、昔も今も、主人と同じように、大切なNさんなんだから。

えぇ、お土産、たくさんいただきました。
いただいたもの、私の身体中に、染みわたっているんですよね。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。
順子 |  2018.10.11(木) 15:33 | URL |  【編集】

虜にするNさん

破廉恥パパさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

そうですね、私のこと大切にしていただいている方との逢瀬の時、
相性って感じるんですけど、やっぱり、Nさんとは、特別なのかもしれません。

お口を使った時は、自分のことより、
ただ、ただ、Nさんのことだけが心を占めていました。
ただ、ただ、Nさんに良くなってもらいたい気持ちが、
そんな恥ずかしいこと、自分から望んでいたような気がします。

コメント、ありがとうございました。
これからも、よろしく、お願いしますね。


順子 |  2018.10.11(木) 15:40 | URL |  【編集】

両手にこめられていた

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

何度も台風がきた週末が続き、あわただしい毎日でしたね。
そちらの方は、いかがでしたか。

一日、一日、少しずつですが、寒くなってきて、
こちらは、秋の装いが深まってきました。

今年も、残り二か月とちょっと、本当に早いですね。
柚葉さんにとって、今年はどんな年だったですか?
いろいろなお願いをしたはずだった一年、
昨年同様、思いもかけないことが起きてしまった一年でした。

コメント、ありがとうございました。
今夜は、のどぐろの塩焼きと治部煮の予定です。
柚葉さんのところも、美味しい冬のお料理があるんでしょうね。
順子 |  2018.10.11(木) 15:49 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/521-8b222edb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |