FC2ブログ
11月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫01月

山城温泉4

2018.09.30 (Sun)


一緒にって言われ、
今しがた注がれた彼のしるし、太ももに滴らせ、そんな、ふらつく身体を支えられるようにして、
ベランダにある木製の湯船に身を浸しました。
周りを木製の目隠しが囲んでいて、人目の心配はなく、
それでいて、こちらからは、戸張が包み始めていた街の様子、
伺うことができるように工夫してあったのです。

images.jpg

幾らかのぬめりのあるお湯を、胸元に掛けると、
思いもかけず、そこに淡いくちびるの跡を見つけ、
あって、小さな声を漏らしていました。
悦びの頂に仰け反ったとき、彼が吸ったものでしょうか、
夫が見つけたら、どう、思うのかしら。

「これが消える前に、また、愛し合おうね」

後ろから回してきた両手で、私のたわわな乳房を楽しみながら、
熱い息の中で、彼、そう言ったのでした。

cf148b24-s.jpg

お夕食は、Nさんのお部屋に準備してありました。
日本海の食材を使ったもので、私には珍しいものではありませんでしたが、
能登鶏の竜田揚げや治部煮、それに、のど黒の塩焼きなど、
それに、素敵な器も、Nさんに喜んでもらって良かったですよ。

ただ、詳しいお料理の説明をしてしまうと、
彼と私の関係、仲居さんに勘繰られてしまいそうだったので、
黙って、聞いてたんです。

353a2e3256c7c0b527fba58d0aeaa515.jpg

食事の片付けが終わるまで、暫く、街中をお散歩しましたが、
途中、暗がりの公園の、更に、木立の中で、浴衣の重ねの間に引かされた手のひらに握らされたのは、
さっき、一度済ませているはずなのに、驚くほど熱い、彼のものでした。

「君のうなじ見てたら、ほらっ」

そんな、恥ずかしいことを聞かされながら、
手のひらに包んだもの、溜息を漏らしながら、ゆっくりと、動かしてしまっていたのです。
持ち上がるように、硬くなりだした彼のもの、
その熱さを感じながら、女としての身体が、受け入れる用意を始めていたのかもしれません。

KMQ94_plan_20171209012100882_1_original.jpg

彼の舌先に誘われるがまま、二度、悦びに昇り詰めること、正直に告げていました。
心ならずも、夫ではない男の人に、身体を開いてしまっていたのに、
Nさんとの逢瀬を、断ってほしいって願ったはずなのに、
夫のこと、こころの中に、僅かも思い受かべませんでした。

0257.jpg

そんな、私の震えの治まらない身体の上に、彼が跨ってきて、ベッドの宮台に両手を突くと、
自分の恐ろしく太いもので、私の喘ぐくちびるを押し開き、ゆっくりと腰を振り始めましたが、
それは、地中海旅行で、彼で初めて身体を繋ぎあった後、
名残の液を滴らせながら、私のお口を犯し続けた時のことを思い出させました。

それに、あの時は、そんな居たたまれない姿、
旦那さんを呼んで、見てもらおうかって、そんな恐ろしいことも、言われたのです。
それは、夫ではないNさんに身体を開き、数え切れないほど悦びの叫び声を上げさせられながら、
とうとう、彼のおびただしい男の人のしるしを注がれ、
そして、朦朧としたまま、名残の液を吸いたてている、恥ずかしい人妻の姿だったのです。

12c92dea.jpg

彼の見下ろすままに、太腿が広げられ、今しがたまま、私のお口を楽しんだ濡れた男の人のもの、
幾度も私の秘唇をなぞり、桃色の細い声をあげさせられました。
もう、何の必要もないほど濡れていた私、ふたりのおびただしい愛液が、
恥ずかしい音を聞かせていたんです。

missionary_position_5262-049s.jpg

「欲しいんだろう」
「もう、かんにんして」
「こんなに濡れてる」
「いやぁ」

彼のものが、私の肉壁を押し開きながら、
少しずつ、進み、戻り、そして、また、進み、
とうとう、太く長いものを、
すっかりと身体の奥にまで納めたことがわかったのと同時に、
恐ろしいような鋭い悦びが、身体を走り、
声にならない声をあげ、仰け反ったたわわな乳房に、
尖った乳首を甘噛みした彼のくちびるを感じ、
更に、重ねるように甘い声、漏らしていたんです。

resize_img (4)

「何度抱いても、素敵だ」

自分の男の人のもので、求めた女性の身体と繋がり合い、そして、相手に悦びの声をあげさせる。
男の人にとって、やっぱり、至福の瞬間なんでしょうね。

くちびるを寄せられても、抗えませんでした。
身体を繋ぎ合う以上に、くちびるを重ね合うことの方が、
こころのつながりを認めることに他ならないのに、
自分の身体と繋がったままの彼のものが、どくっどくって脈打つのを感じながら、
正直な自分の肉壁が、それに応えるように締まるのも、もう、仕方のないことだと思え、
滑り込んできた彼の舌先に、自分のものを絡めてしまっていたのでした。

rich_sex_6734-002s.jpg

背中を舐めまわす、唾液に濡れた熱い舌を感じると、
後ろから腰を抱き寄せられ、私のものとの位置を探っていた彼のものが、
それまで以上に、深いところまで、突き入れられ、
私、喉を反らせて、動物のような、ふしだらな声をあげるしかありませんでした。

24135-690x900.jpg


下から突き上げるような腰、たわわな乳房、持ち上げられるように揉み続けられ、
否応なく与えられ続けられる快感に、
左右に髪を振り乱しながら、泣き声を上げながら、
自分の身体を、彼が満足してくれるまで、待つしかなかったのです。

間違うことなく自分のものにして、乱れる女の人の姿、やっぱり、残しておきたいんでしょうね。
彼、そんな、私の恥ずかしい様子を見下ろしながら、
ベッドサイドに置いていた携帯電話、何度も、手にしていました。

「僕のもの、ほらっ、全部、咥え込んでるよ」
それは、彼に跨って、下から突き上げられる腰の動きに上手に合わせていた時も、
ふたりの性器が、しっかりと繋がったところ、覗きこむように、携帯電話寄せていたのです。

rich_sex_6734-016s.jpg


関連記事
10:57  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(13)

Comment

お返事ありがとうございます。

順子さん、お返事ありがとうございます。
とっても嬉しいです。
コメント、ちょっぴり勇気を出して送ってよかったです。
少し、順子さんとの距離が縮まったようです。

Nさんとの逢瀬。
正直、嫉妬している自分です。
順子さんの日記に、のめり込み。
今回は、前半ご主人と自分を重ね、順子さんとNさんとのことを嫉妬しました。

しかし、後半は、Nさんに重ね、順子さんを逝かせたい。順子さんの喘ぎが聞きたい。
そんな感想です。

これからも、お身体をご自愛いただき、楽しい日記をお願いします。
また、台風が接近しています。
ご注意ください。


また、ご質問ですが、
自分は、順子さんのお住まいの地と関係深い、前田利家公、お松の方の出生地に住んでいます。

あと、誠に申し訳ございませんが、下記のこと、ご教示頂ければ幸いです。

コメント欄の
①パスワード→パスワードを設定すると、どのようになるのでしょうか?
②公開設定→「公開コメント」と「管理人への秘密コメント」との違い。

何分初心者ですので、きっと初歩の初歩かも知れませんが、宜しくおねがいします。
破廉恥パパ |  2018.09.30(日) 14:03 | URL |  【編集】

順子さんを逝かせたい

破廉恥パパさん、こんにちは。
コメント、続けて、ありがとうございます。

あらっ、私たち、住まいが近いんですか。
まぁ、それって、お会いできるかもしれないって、嬉しかったり、
そうでなくても、私のこと知られてしまうって、
心配したり、びっくりしています。
今後とも、よろしくお願いしますね。

だったら、台風、嫌ですね。
少しでも外れてくれたらって、心配しています。
これから夜に向けて、風・雨がひどくなりそうですね。
気をつけられてくださいね。

えーっと
①パスワードは、自分のコメントを編集・削除するときに使うようです。
 私は使ったことないっておもいますけど。
②公開コメントは、当たり前にここに公開されて、
 管理人への秘密のコメントは、私だけが読めるコメントだと思います。
 これ使われた方って、結構、いらっしゃいますよ。

で、良いですか。
私も分からないこと結構多いです。

コメント、ありがとうございました。
末永くよろしくお願いしますね。
順子 |  2018.09.30(日) 14:27 | URL |  【編集】

順子さんを深く逝かせる竿

順子さんはこれまでも竿の形状や大きさをやんわり否定されてますけど、やっぱりそのもので逝かされると、深い喜びが旦那様とは違う愛情キスを含めて、心と身体のつながりを表現され、これが読者の心を乱すことなんですよ~私のでも‥との思いが下半身を刺激してしまうのです。今日もいっぱい膨らみました。
わんぱく |  2018.09.30(日) 17:54 | URL |  【編集】

心と身体のつながり

わんぱくさん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

わんぱくさんが言われてるように、
そのことについてはやんわりと否定しています。
やっぱり、気持ちが大切だと思えるからです。
でも、残念ながら、深い悦びに誘うのは、それなのかもしれませんね。

いっぱい膨らんでくれてありがとうございました。嬉しかったです。
やっぱり、そのこと大切なのかもしれませんね。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.09.30(日) 18:11 | URL |  【編集】

Tさんに続き、Nさんまで・・

順子様
ロングものの更新有難うございます。
台風で缶詰の日本国民にはありがたいです。

今回も海綿体を揺さぶる名言がありました。
「泣き声を上げながら自分の身体を、彼が満足してくれるまで、待つしかなかったのです。」
これいいですね。何だか、ゆきひとさんの域にまで達しつつあるようですよ。)^o^(

それにしても、スマホ時代は撮影が当たり前なのでしょうが、リベンジポルノで下火になりましたよね。その心配がない大人のパードナーに恵まれている順子さまならではなのでしょうね。

PS.それにしてもまたゆきひとさん断筆中ですね・・。

伊集院 |  2018.09.30(日) 23:55 | URL |  【編集】

本命は誰?

順子さま
更新、ありがとうございます。

かなりの長文、読み応えがありました。
想像以上に、Nさんとの濃厚な時間をすごされていたご様子。
順子さまの中で、Nさんが一番体の相性がいいような感じがします。
特に、Nさんとの唇を合わせられた時に、何もかも受け入れてしまうようなスイッチがあるような…
Tさんも牧田さんも素敵な男の人なのも、読ませてもらっていて感じますが、Nさんには何か違う物を感じるというか…
なんだろう…うまく伝えられません。
Tさんと近い匂いのようなものを感じとる反面、本当はどんな方かはわかりませんが、何か、自分のものにする強引さを紳士的な装いでうまく包み込んでいる感じでしょうか。それが、心地よくすごせている順子さまも浮かぶというか…
ごめんなさい。想像なので、気を悪くされないでくださいね。
私の中では、牧田さんのことは、順子さまが、僅かな時間の中で夢を見てしまうぐらいの人で、実際の身体のつながりのお話しはベールに包まれた秘密にしたいことなのかな?と思い、本命なのかな?って思いもありました。本命なんて言ったら旦那さまがやきもちやいちゃいますね。
正直会いたい気持ちもある、旦那さま任せと、先日コメントされてあったから、線引きもされていて、深みにはまらないような自制心もあるお付き合いなんだなぁとも思いました。
旦那さま以外の男の人と身体を重ねるのは、罪悪感とかって言葉は順子さまの中ではなく、申し訳ないという思いと、より愛してもらうための行為だと感じられるから、安心して読ませもらっているのかもしれません。

伊集院さまも話されてましたが、ゆきひとさまのお話しも、お休みされていますね。
何かあたたんじゃないかと、前のお休み期間は心配もありましたが、お元気そうだったし、更新もされたりしてたから、きっと、お仕事が忙しいのかな?
気長に待ちたいと思います。
ゆきひとさまのお話しから、私も順子さまのお話しに出逢ったので、破廉恥パパさまと一緒です。
順子さまもゆきひとさまも応援しています。
柚葉 |  2018.10.01(月) 02:06 | URL |  【編集】

ゆきひとさんの域

伊集院さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

ゆきひとさんの域までだなんて、
とんでもないことです。
胸の締め付けられるようなお話の流れ、積み重ねられた言葉の重み。
まだ、まだ、私なんかおよびもつきません。
残念ながら、ゆきひとさんのお話の続き、読めませんけど、
逆に読めない時間が、益々、期待をする気持ちが膨らむような気がします。

私の手元にはないんですけど、
恥ずかしい写真、数え切れないほど撮られました。
それが、私と身体を繋ぎあった男の人の満足であれば、
仕方のないことだと思っています。

台風の被害なかったですか。
コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.10.01(月) 13:53 | URL |  【編集】

Nさんが一番体の相性

柚葉さん、こんにちは。
長いコメント、ありがとうございました。

身体の相性って、何なんでしょうね、
くちびる、肌、そんなものなのでしょうか。
身体が重なった瞬間、
あぁ、素敵だって、相性が良いんだって、
そう、思うこともあるけど、
それって、相手が変わっても、同じように感じることなのかもしれません。
男の人に抱かれれば、誰にだって相性って感じるのかもしれませんね。

言うまでもなく、主人が本命です。
と言うか、そんなことを考えるまでもなく、
それが真実です。
主人から言われるがまま、
主人の手のひらの上で、泳がされているのが私であることは、
私自身が一番わかっている思います。

九州は、台風の被害いかがですか、
困ったことに次の台風も来ているようで、本当に、怖いですね。

コメント、ありがとうございます。
これからも、よろしくお願いします。

順子 |  2018.10.01(月) 14:07 | URL |  【編集】

順子さま
混乱するようなコメントしてごめんなさい。
旦那さまが一番なのは、もちろんのことだと思います。
お話し読ませてもらっていて、それはよくわかっているつもりです。
旦那さまを除いた関係のある方たちの中での相性なので、気を悪くされてなければいいのですが…言葉が足りずにすみません。

台風は、風がすごくて、傘が役に立ちませんでした。仕事で室内に入れば、状況もわからずといった感じで、いつの間にか通りすぎ、いつもと変わらない感じでした。
今年は台風に地震に、大変な年ですね。
柚葉 |  2018.10.01(月) 16:27 | URL |  【編集】

刺激的なエピソードありがとうございます。

順子さん、こんばんわ楽太郎です。
今は愛するご主人をもてなすための夕食の準備中でしょうか?

久しぶりのセクシャリティ溢れるN部長との逢瀬ありがとうございます。
コメント読ませていただきましたが、皆様様々な感想はいつ読ませていただいても、感心させられますね。

私からも一つ質問してもよろしいですか?
順子さんのご主人一途な気持ちはよく伝わってきますが、順子さんご自身の人生の中で本当に恋い焦がれた恋愛はどの方なのでしょうか?このような無粋な質問はしないのですが、順子さんの過去のご発言から従弟の方や色々と悩まれていたこともあったように思われますので、もし可能であれば教えてください。
ご主人の嫉妬心を煽ることも想定しての質問です。

さて、台風は影響なかったですか?
神戸、大阪はそれほど大きな被害はなかったです。
楽太郎 |  2018.10.01(月) 17:42 | URL |  【編集】

ヨシくん、ユウキくん

順子さん、みなさん、こんばんは。

順子さんの理想の男性について盛り上がっていますが、
すみません。話を変えてしまいます‥‥

自分は、ヨシくんとユウキくんが、羨ましくて、羨ましくて仕方がありません。

自分も、あの二人の年齢の頃、年上の清楚で上品な人妻さんに憧れていました。
順子さん、由香里さんのような人妻さんに卒業させて貰うのを夢みていました。

そして、様々な愛の手解きをして貰いたかったですね。

その夢のような卒業を味わった、両人が羨ましくて仕方ありません。
そして、数回、数十回に渡り、愛の手解きを体験した両人が羨ましいです。

流石に、現在では理想の女性は、年上ではありませんが、今でも若い二十代の女性では無く、あの頃と同じ気品漂う三十代の女性に魅力を感じてしまう自分です。

何を言っているのか自分でも、よくわかりませんが、順子さん、ド・ストライクです。

諸先輩方に怒られるかもですが、順子さんにお会いしたいですね。
破廉恥パパ |  2018.10.01(月) 22:33 | URL |  【編集】

夕食の準備中

皆さん、こんにちは。
コメント、沢山、ありがとうございます。

姪のところから帰ってきて、
これから夕食の準備、慌ててするところです。
といっても、今夜はパエリア。
海老や烏賊、お魚の海産物を、生ハム、サラダ、ワインで頂く予定です。
主人大好きなんですよ。
それに、火にかけてしまえば、後はできるのを待つばかりだから、楽ですよね。

柚葉さん、気にされないでくださいね。
それに、台風、あんまり吹かないでよかったです。

恋焦がれた相手。
M先生とのことは、強い思い出ですけど、
その時の自分の状態で変わっていたような気がします。
もし、ひとりを選ぶとしたら、やっぱり、主人です。
ふふ、本当です。
どうしてかって、自分でもよくわかってるんです。

ごめんなさい。
ちょっと、時間がなくなってきました。
お風呂にも入らなくちゃいけないし、
お返事は、また、書きますね。

コメント、たくさん、ありがとうございました。
お返事の続きは、また、明日。
順子 |  2018.10.02(火) 17:10 | URL |  【編集】

お気をつけて

順子さん、おはようございます。

台風、またまた今週も襲来。
今度は、日本海を。

こちらは今朝、虹を見ることが出来ました。
しかし、既に雨模様。

お気をつけください。
破廉恥パパ |  2018.10.06(土) 09:41 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/520-98d232c6

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |