FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

山城温泉

2018.09.14 (Fri)

rich_sex_6734-109s.jpg


「堪らないんだ、君の身体」

私の耳たぶを優しく噛みながら、熱い息の中でそういった彼、
それまでにも増して、えぐるように、腰を突き上げてきたのです。
それは、男の人が、自分の思いを、女の人の中に、注ぐ前触れであること、
人妻の私の身体に、否応なく思い知らせたのでした。

「このまま、出してあげるから」

そう言い終わらないうちに、
彼の息遣いがそれまでにも増して、荒くなったのがわかったのです。
朦朧とした潤んだ瞼を開くと、
彼の厚い胸板に、両手を当てて、幾らかの抵抗の気持ちを表しました。

これまでの彼との営みの時間で、それは初めてのことではなかったし、
心配な時期ではなかったけど、
夫ではない彼の生のままの精液を、このまま身体の奥に注がれてしまうこと、
当然ながら、人妻として、居たたまれないことだと思えたのです。

けれど、その僅かばかりの抵抗は、彼にとって、殆ど、意味をもつことなく、
たわわなあ乳房を揺らして、幾らか抗って仰け反った私の白い裸体は、
むしろ、彼を楽しませたのに過ぎなかったのでしょう。

pakopako_sex_6828-026s.jpg

「さぁ、一緒に、良くなるんだよ」

左右に髪を揺らし、彼の強い突き上げに耐えていた私、
その余りの快感に、我慢できない恥ずかしい桃色の声、聞かせ続けていましたが、
とうとう、彼の求める悦びの頂、
もう、すぐそこに迫ったこと、細い叫び声をあげて告げていたのです。

「欲しいんだろう、僕のもの」

そんな彼の言葉に、二度、三度、髪を揺らしました、
でも、それは、正直な気持ちではなく、
彼を迎え悶える私の桃色に染まった身体が、
その答えだったこと、きっと、彼、分かっていたのでしょうね。

人妻でありながら、夫ではない男性の、汗で滑る広い背中、
喘ぎの中両腕でしっかりと抱き締め、
そして、言われもしないのに、これ以上は無理だと思えるほど、
自ら開いてしまっていた白い太ももの間で
激しく突き動かされる逞しい腰には、
身体の求めるもの、もっともっと深く、そして、もっともっと奥に欲しくて、両足を絡め寄せていたのです。

sex_5741-052s.jpg

「さぁ、いっぱい、あげるよ」

それまで、両肘で身体の重さを私に感じさせないでくれていた彼、
とうとう、覆いかぶせるように身体を倒してくると、私の身体を両腕で抱き締め、
荒い掠れた声で、そう言ってきたんです。

めくるめく瞬間の訪れを察した私、
理性の抗いが溶け、後は、彼を迎え熟れ始めた、女の身体の望みのおもむくがままに、
恐ろしいような悦びの頂に昇り詰めること、許しを請いながら告げていたのでした。

「あぁ、なんて締まるんだ」

それまでには感じられなかった、慌てた曇った声を聞かされ、
それまで以上に、身体が浮き上がるほど激しく動いていた逞しい腰が、
二度、三度、更に深く、強く突き入れられ、
身体の奥のもの、大きく膨れ上がり、おびただしい量の熱いものが、
注がれ出したことが感じられた瞬間、
目の前が真っ白になるような、悦びの頂に、昇り詰めていったのです。

ahegao_6621-048s.jpg



ほんの、僅かな時間だったのでしょう、
薄っすら意識が戻ると、重なった二人の身体が、まだ、繋がり合ったままなのに気が付きました。

「ほらっ 締まってるよ」

硬さを失わない彼のもの、私の濡れた肉壁が、言われたようにじんわりと締め付け、
彼の名残の液を一滴残らず搾り取っていること、感じられました。
それは、私がそうしているのではなくて、男の人のもの、もっと欲しがっている、
私の身体がしていることだったのです。
そして、今、身体の奥を満たす彼のしるしと、今朝、夫から注がれたしるしとが溶け合い、
私のたまご、競うようにして探しているようにも思えたのです。

「君の中は、僕のために、生まれてきたようだよ」

彼から前に、そう言われたことがありました。
けれど、今、性器を繋ぎ、恥毛を絡ませ、悦びの頂点を、上手に合わせあった二人、
言われた通りだと、諦めるしかなかったのです。

身体の麻痺と喘ぎが治まりかけると、彼の手のひら、もう一度、私の身体中を這い回りました。

「思い出深い夜にしようね」

そう言った彼の温かな手のひら、あれほど楽しんだたわわな私の右胸に、被さってきたのです。
 
身体の相性、今夜も思い知らされてしまった私、
ベッドのサイドテーブルに上には、ルームナンバーに飾ってあった可愛らしいお花が、
私のこころの移ろいのままに、そっと、置かれていたのでした。

E5BB8AE4B88BE381AEE88AB1.jpg


関連記事
15:24  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

ご返事が遅くなってすいません。

皆さん、こんにちは。
ご無沙汰しておりました。
コメントのご返事、遅くなってすいませんでした。

皆さんもご存じの、
関西から日本海に抜けた台風・姪っ子の赤ちゃんのお世話、
それから、久し振りに京都の叔母さんのお見舞いと、
忙しい時間を過ごしていました。

皆さん、台風大丈夫だったですか。
こちらは高台だったから、水の被害はありませんでしたが、
怖いくらいに雨が降って、心配しましたよ。

京都では、思いもしない出会いもあって、
また、いつか、書いてみますね。

本当は、書こうか、書くまいか、
決めかねていた、今度のお話。
呆れないで読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
お礼申し上げます。
順子 |  2018.09.14(金) 15:32 | URL |  【編集】

唐突に山城温泉の出来事になり驚きましたが、期待大ですね。
かつよし
 |  2018.09.14(金) 17:32 | URL |  【編集】

むむむ・・?

順子様
更新有難うございます。

わんぱくさんに、ひょっこりはんした「石川旅行6」の「石川旅行」ではなく、「山城温泉」なんですね。

ということは、この男性はみどりさんのご主人ではない・・?

むむむ・・?
順子さま一流の倒置法イントロ?
はたしてこの御仁の正体は・・?

ヒントは、「中出し常習者」「性器の相性ばっちり」・・。

京都のNさんか、はたまたいとこの純君か・・?

楽しみです。
伊集院 |  2018.09.14(金) 20:23 | URL |  【編集】

山城温泉の出来事

かつよしさん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

あらっ、初めての方なのかなぁ、
もし、前にもコメント、頂いていたら、すいません。

前のお話は終わりました。
今回は、山城温泉での出来事が、お話になるんですよ。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。


順子 |  2018.09.14(金) 20:32 | URL |  【編集】

はたしてこの御仁の正体は・・?

伊集院さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。
九州は、雨の被害、ありませんでしたか、
長崎は、随分前、ひどい水害がありましたよね。

あぁ、あの時は、保存するところを、
更新にしてしまって、
書いていたお話を、UPしてしまったんですよ。
どうかすると、半年前に書いたものを読んでいただいているので、
そんなこと、時々、あるんです。

「京都のNさんか、はたまたいとこの純君か・・?」
いつも、読んでいただいている伊集院さんらしい、予想ですね。
いえ、それほど、工夫したわけではないんですけど、
続き、読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いします。
順子 |  2018.09.14(金) 20:39 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。

いきなりのストレートな状況。
順子さまとの関係は何度もある男の人のようですが、名前や出逢いのお話しがないことから、今までに聞かせてもらった彼なのか、新しい出逢いをされていたのか…
もしかしたら…大学時代の終わりにすごされていた彼なのかも…?想像をめぐらせてしまいました。
今回のお話しはシリーズだったら、わかるのかもしれませんが、そうでなかったら、
お相手は順子さまだけの秘密なのかな。
柚葉 |  2018.09.14(金) 22:12 | URL |  【編集】

相手の男性は

お相手の男性は、ズバリTさんだと思います。
何度も順子さんの中に出していることからの予測です。
当たってますか?
わんぱく |  2018.09.15(土) 18:42 | URL |  【編集】

私もTさんに一票

順子さん、こんばんわ、楽太郎です。
まずは台風の被害あまりなく何よりでしたね。
関西は台風の被害がすごく結構な被害がありましたが、お陰様ですぐに復旧できました。
今年は災害が多すぎますね( ゚Д゚)

さて、今回は順子さんの焦らし手法で皆さんの想像力を掻き立てるのにはもってこいの流れですね。このお相手はわんぱくサン同様にTさんではないですか?

男と女の背徳の激しい営みにはいつもながら興奮します。
京都での思わぬ出会い、それとハワイでのヤラシイ出来事も是非ともアップお願い致しますね。
いつもお願いばかりで申し訳ありませんが、順子さんファンとしてはいつも期待にあそこが膨らんでますので宜しくお願い致します。
楽太郎 |  2018.09.17(月) 17:13 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/516-f86f6790

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |