FC2ブログ
05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

たくさん、飲ませて

2018.06.04 (Mon)


すぐ横を流れる川面に、夜の街の喧騒の灯りが、映りながら流れ過ぎて、
道の両側に並んでいる沢山の屋台には、
もつ鍋やとんこつラーメンの看板が見えていました。

fb7bb84e.jpg

誰かに名前を呼ばれた気がして振り返ると、
街の灯が届きそうもない、暗い階段の続く路地の、少し先の踊り場に、
私を手招きする男性の影が見えていました。

684b2957.jpg

何も考えないままに、引かれるように、彼のもとに近づいた私、
そして、その男性の足元、暗がりの中に膝間づいた、女性の姿に気が付いたんです。

1217-45s.jpg

「順子さんがいけないんですよ、あんなことコメントに書くから」

そう言った、彼の足元には、チャックのトランクスがだらしなく脱ぎ降ろされ、
夜目にも、驚くほど太い彼の男の人のものは、
その膝間づいた女性の、肉感的な濡れたくちびるに咥えられ脈づいていたのでした。

「柚葉さん、あんな純情なこと言ってたくせに、驚くほど上手なんですよ」

彼の裸のお尻に両手を回した彼女、
男の人のものの、長さや太さをくちびるで味逢うようにして、
ゆっくりと髪を揺らしていたんです。

75086bfc-s.jpg

幾らかの間、彼女の唾液と、彼の愛液が混ざりあう、嫌らしい音を聞かされましたが、
それは、男の人と女の人の営みを見せられた私が、
身体を燃え上がらせるように熱くするのに、充分な時間でした。

「あぁ もうすぐ、いいんですね」
そう言うと、ゆっくりと顔を上げた彼女、二度三度、あご先を揺らしたんです。

そんな彼女の許しのうなづきを見て、目を閉じた彼、
女性の髪を優しく引き寄せると、突き上げるように腰の動きを速め、
曇ったような声を聞かせ、膝をがくがくって揺らしました。

あぁ、出しちゃったんだわ、彼女のお口の中に、男の人の液。
今、出てるんだわ、あぁ、いっぱいみたい。

8a97e372-s.jpg

幾らかして、震えが止んだ彼の腰から、彼女、ゆっくりと、くちびるを離しました。
目を瞬かせ、口元に指先を添えた彼女の喉元が揺れて
驚いたことに、彼のもの、飲んじゃったことが、分かったんです。

あぁ、飲んじゃったのね。
身体がぶるって、震えたのが分かりました。
そんな私の慌てぶりがわかったのでしょうか、彼、私を引き寄せると、
自分の前に膝間突かせたのです。


「順子さんも、いいでしょ」

なぜだか、何の抗いもありませんでした。
求められるがままに、彼の前に膝間づいて、
彼の求めるがままに、
目の前に突き出された、震え濡れた男の人のものにくちびるを寄せ、
幾らかのためらいも感じることなく、お口の奥にまで、咥え込んでいたんです。

6425d3ea-s.jpg

「今まで、何人の男のもの、こうやって咥えたの、
 何人の男のもの、飲んであげたの」

霧の懸かったような気持ちのまま、恥ずかしくて髪を振りましたが、
でも、その時には、彼のものにねっとりと舌を絡め、言われもしないのに、
彼の男の人の液を欲しがって、髪を揺らし始めている自分に気が付いていたのです。

「順子さん、胸、見せて」

そう言われた私、貧血を起こしそうな激しい息遣いの中で、
薄いブラウスのボタン、慌てるようにして外すと、ブラのブロントホックを外しました。
拒んでもよかったはずなのに、熱くなってしまった身体の求めるままに、
そうしてしまったのでしょうね。

たわわな乳房が、彼の見下ろしている目の前に、こぼれでました。
恥ずかしいほど尖っている薄桃色の乳首を、
街の裏路地の微かな灯が染めていました。

1735-690x900 (1)

その両乳房に、伸び出てきた彼の熱い手の平が被さってくると、
ゆっくりとその柔らかさを確かめるように、揉み始めたのです。

「あぁ、我慢できない」

私の胸の肌触りに感じてくれたのでしょうか、
逞しいもの、お口に含んで幾らもしないのに、彼、危うくなって、
私の頬に優しく両手を添えると、それまで以上に、男の人のもの、硬くしたのです。

「順子さん、飲んでくれるよね、僕の精液」

私、慌てると、嫌々って、髪を振りました。
お口に含んで、気持ち良くしてあげても、
彼の男の人の液、飲んであげることって、思ってもいなかったのです。

彼の腰に両手を突いて、抗いました。
その時、私の耳元に、熱い息がかかりました。

「順子さん、お願いだから、飲んであげて、彼、きっと喜ぶから」

あぁ、それって、さっきまで、彼のものを咥えて、
そして、最後には、彼の男の人の液、飲み下した彼女の熱い息だったんです。

彼女のくちびるが私の髪を分けて、みみたぶを優しく噛むと同時に、
お口の中の彼のもの、それまで以上に太く脈打ち始めてしまったんです。

9708b51b-s.jpg

「あぁ、駄目だ」

そんな狼狽えた彼の言葉と、
いつの間にか胸元に忍び込んでいた彼女の細い指先に、
きつく摘ままれた乳首の快感に、
思わず諦めるように、うなづいてしまうと、
正直な、こころの中では、

「出して、たくさん、飲ませて」

そんな恥ずかしい言葉が、ぐるぐると、回っていました。

塊のような、彼の精液の驚くほどの量と、
青臭い強い匂いにむせそうになりながら、
一滴も残さないで、私のお口の中に出してくれるように、
固く太いものの先に舌を絡ませながら、くちびるをすぼませながら、
いつまでも髪を揺らすと、
彼、腰をがくがくってさせながら、
女の人のような細い声、漏らしてくれたんです。

15eac78344f564570131887ce2af126b-630x703.jpg


「男が精液を放っても、腰の動きや手の平の動きをすぐに止めたら駄目だ、
 男がもう満足だって言うまで、動かし続けるんだよ」

M先生から抱かれて、幾らもしない頃、
女の人が、男の人を気持ち良くするための、たくさんのテクニック、
いやおうなく仕込まれましたが、これも、そのひとつですね。
お口や胸を使って、パパに出してもらう時、そうしてます。
パパが唸るような声を出して、大好きな液、たくさん出してくれる時って、
やっぱり妻として、嬉しいですものね。

その大好きな夫ではない、知人の男の人の精液が、喉の中を伝い流れます。
そして、私の身体の中に浸み込んで、他人ではなくなった約束として、
いつまでも、残り続けるんでしょうね。

02455.jpg



コメントを書いていただいて、いつも、ありがとうございます。
最近は、素敵な女性にも書いていただくようになって、
男性陣にも励みになっているようで、私も、とても、嬉しく思っています。

数日前、周期のことで、主人を迎えられなかった夜、
いつものように、お口と胸で済ませてもらったんですが、
その日の夜見た、恥ずかしい夢のことを書いてみました。
おぼろげに思い出される夢の断片を、繋ぎ合わせたものです。

柚葉さん、コメントでのお名前、使わせていただいてごめんなさい、
気を悪くされないでくださいね。

皆さん、お忙しい中、いつも、コメント書いていただいて、ありがとうございます。
重ねてお礼申し上げます。
今後とも、よろしく、お願いしますね。
                                           順子

関連記事
20:34  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

Comment

女性が文字にする精への想い…
とても淫らで、美しい光景が目に浮かびます。
男性も女性も、相手への想いがこもった印を慈しむ感情が伝わってきます。
ドキドキしました。
ゆきひと |  2018.06.04(月) 22:50 | URL |  【編集】

夢で会いましょう

柚葉さんと順子さんの2人に白い液を夢で注いだのは伊集院さんか楽太郎さんでしょうか?
わんぱくではないです!
だって2度連続でなんかいくらすてきな女性が入れ替わっても無理ですから(笑)
男の方も実名で書いてほしかったでしょうね~お二人は…
わんぱく |  2018.06.05(火) 08:09 | URL |  【編集】

妄想力

お久しぶりです。

妄想?!ですか?

妄想力掻き立てますね。

羨ましい。

また、読みに伺います。



海原 |  2018.06.05(火) 10:16 | URL |  【編集】

興奮しますね

順子さん、こんにちわ楽太郎です。
微睡の中を彷徨いながら、哀愁を感じさせる裏路地は凄艶に誘う魔性の女の招きを感じさせますが、柚葉さんの本質を順子さんは見抜いての表現なんでしょうか?

それとも、順子さんの淫蜜から湧き出でる刹那の声が順子さんの夢となって愛するご主人の傍らでの出来事なんでしょうか?

わんぱくさん、私も出してすぐはいくら順子さんが相手でもどうかな?あ!できるかも!
順子さん是非試すためにもお願い致します。

柚葉さん、勝手に妄想してすみません。エロ男爵なもんで、、、
楽太郎 |  2018.06.05(火) 11:45 | URL |  【編集】

男性陣の願望

順子さま
タイトル見た瞬間、Nさん順子さまにそんなこと言わせるなんて…と思ってしまいましたが、あれ…?何か違う…

柚葉と呼ばれる女の人に飲ませていたのは、伊集院さま?
済ませたばかりなのに、順子さまを求めるなんて、すごい…
順子さまの身体の変化を見抜いていたのでしょうね。
豊かな胸の感触、舌の動きに耐えられる男の人いないでしょう。

旦那さまを、お口と胸だけでしか迎えられなかった時期の順子さまは、身体の疼きを押さえられなかったのかもしれませんね。
夢に出てきた男性は、順子さまのお口に含ませ、自分のもので染み渡らせたい願望の男性陣のみなさま自身なのでしょう。
ご自分がしていると想像しながら、もう一度読み返してみてください。
私も、順子さまに触れた感触味わいながら読ませてもらいます。

柚葉 |  2018.06.05(火) 13:24 | URL |  【編集】

女性が文字にする精への想い…

ゆきひとさん、こんにちは。
コメント、本当に、ありがとうございます。

女である以上、やっぱり、男の人の液に、
恥ずかしいほど、こころ、動かされます。
時には、「精液」っていう文字を見ただけでも、
身体が熱くなってしまします。

その液、お口に出されて、
飲み下してしまうって、もしかしたら、
身体の中に出される以上に、
望んでいることなのかもしれません。

昨夜は「妻を愛した少年」の続き、
読ませていただき、
また、ゆきひとさんの文章に、
悶えてしまっている自分を感じていました。

いよいよ、彼を迎えるのですね。
昔、女性を知らない男の人との、
初めての営みのことを思い出さずにはいられないで、
恥ずかしいけど、潤んでしまった自分の身体を、感じてしまっていたんです。

コメント、ありがとうございました。
これからも、よろしくお願いします。

順子 |  2018.06.05(火) 15:35 | URL |  【編集】

夢で会いましょう

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「夢で逢いましょう」
素敵なフレーズですね。いいなぁ。
夢をつなぎ合わせて、ほんの僅かな時間で書いた今回のお話。
本当は、夢の中では、もっといろいろなことがあって、
でも、恥ずかしくて。

わんぱくさんに、夢でもし逢えたら、
どうしたら、喜んでもらえますか。
何をお話したら、喜んでもいただけるでしょうか。

いつも、コメントを書いていただいているお礼に、
夢の中だったら、わんぱくさんのお望みの私に、
なれるかもしれませんね。

コメント、ありがとうございました。
城崎旅行の続きも、
読んでみてくださいね。


順子 |  2018.06.05(火) 15:44 | URL |  【編集】

妄想力掻き立てますね

海原さん、こんにちは。
いつも、コメント、ありがとうございます。

妄想が、夢になって表れるのでしょうか。
フロイト先生に、聞いてみたいって思います。
でも、
やっぱり、海原さんの言われるように、
自分がしたいこと、してもらいたいことが、
夢のかたちになるんだと、
そう、思います。

コメント、ありがとうございました。
姪っ子の赤ちゃんが泣きだしました。
また、お願いしますね。

順子 |  2018.06.05(火) 15:48 | URL |  【編集】

是非試すためにもお願い

楽太郎さん、こんばんは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

どうして、屋台の連なる通りの、
薄暗い路地が、夢の中に出てきたのでしょうか。
そんなところ、余り行ったこともないのに。
そして、そこで、男の人の液、
喉を鳴らして飲み下している女性、
それもまた、どうして、コメントを書いていただいている、
逢ったこともない、柚葉さんだったのでしょうか。
楽太郎さんが言われるように、
柚葉さんの言葉に、彼女の本質を見つけていたのかもしれませんね。
ごめんなさい。

たった今、その人の印、注がれたばっかりの身体の奥に、
喘ぎの治まらないうちに、また、繋がりあったこと、何度もありますよ。
楽太郎さんも、何度も、何度も、続けて大丈夫なんでしょ、
わかってますよ。
ふふ。

コメント、いつも、ありがとうございます。
また、お願いしますね。



順子 |  2018.06.05(火) 19:57 | URL |  【編集】

ご自分がしていると想像

柚葉さん、こんばんは。
コメント、ありがとうございます。

えっと、それから、
コメントネーム使わせてもらって、
それも、恥ずかしいこと、お話の中でさせてしまって、もう一度、ごめんなさい。

それから、お話の内容、いろいろと解説していただいて、楽しかったです。
でも、当たっているところも感じられて、
面白かったですよ。

コメント、いつも、ありがとうございます。
これからも、お願いします。


順子 |  2018.06.05(火) 20:07 | URL |  【編集】

コメントのお礼

普通におっぱいフェチですので、すてきな胸を楽しみ、その後おきまりの密壷にわたしの竿でかき回し、最後におきまりの袋の中に種を放つ、ありふれたことしか浮かびません。
わんぱく |  2018.06.05(火) 20:31 | URL |  【編集】

実名入り・・

順子様
更新有難うございます。

柚葉さま、コメンターの実名入りは珍しいですよ。それからご指名ありがとうございます。

小生も長崎を舞台に、いかにも伊集院然とした御仁が出てきて、わんぱくさんに誤解された回がありました。(^_^;)全くお会いしたことないんですから、アドレスさえ知らないのに・・。

今度、順子さまから妄想への出演料を一緒にいただきましょう。
伊集院 |  2018.06.05(火) 23:08 | URL |  【編集】

順子さま
夢の中とは思えないほどの情景でした。
吸い込まれる感覚にさせる文章さすがです。
名前使ってもらえて嬉しかったです。
気になさらないでくださいね。

長崎のお話し、私も伊集院さま?と思ったことあります。
違ってたんですね…残念
わんぱくさまのおっぱいフェチ、なんだか意外でした。
嫌いな男の人いないですよね。

順子さまのきれいな胸は女の私から見てもうらやましいです。

姪っ子さんの赤ちゃんのお世話に忙しいのに、更新にコメントにありがとうございます。続き、楽しみにしています。
柚葉 |  2018.06.06(水) 00:27 | URL |  【編集】

柚葉さんのおっぱいは

柚葉さん、私のおっぱいフェチ意外とのことですが、お尻画像が好きな男性も多いようですが、わたしが断然おっぱいですね~
順子さんのような巨乳もですが、手のひらにすっぽり収まる程度のかわいいサイズも好きです。
柚葉さんはどっちかな…
ラインなどでお話しできたらいいのですが…
わんぱく |  2018.06.06(水) 05:36 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/515-ff0f72bd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |