FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

金沢城公園の雪

2018.03.05 (Mon)


p1020421.jpg


さっきまで、二人で眺めていた見慣れたはずの街並みに、
ひとつ、ふたつ、白や赤いネオンが、まるで、お化粧をするように、
美しく瞬いているように映えていました。

広いベッドのシーツの上には、
何も身に着けない、二人の裸が繋がり絡み合い、
滲み出た愛液が混じり合う、絡み合う恥毛の、恥ずかしい音が聞こえるようでした。

太い男の人のものが、身体の奥で脈打ち出したのが感じられ、
その動きに誘われるようにして、
私は、悦びに向かって白い身体を仰け反らせようとしていたのです。

唸るような曇った声と、細い悲鳴のような声が混じり合うと、
同時に昇り詰めることを望んだ私の言葉に応えるようにして、
それまで以上に、硬く大きく膨らんだ男のものから、
温かいものが注がれ始めたことが感じられ、
私の身体の奥の襞が、上手に合わせるようにして、その愛してやまないもの、
絞るように包み始めていたのです。

大切な男の人の液、すっかり、自分の身体の奥に注いでもらいたかったのでしょうね。
熟れた白い腰を、繋がった男の人の腰に何度も擦り付けるの、
自分でもはっきりと分かったのでした。

無題1

私の身体の周期を見計らって、誘ってくれる夫婦での外泊。
今夜は、行きなれたモーターホテルじゃなくて、
この街でも、ひときわ目立つシティーホテルです。

pic_kv05.jpg

夜はお肉だからって、ランチはオープンキッチンのビフェで頂きました。
いろいろなお料理があって、それも、色とりどり、選ぶのに困るくらい。
シェフがいらっしゃって、味も本格的でした。お薦めですよ、皆さんもどうぞ。

rest_head_fruitier_img.jpg

チェックインには少し早かったので、
ちょっと遠いし寒かったけど、久し振りに金沢城公園まで、歩いて行ってきました。
30分程かかりましたが、お腹いっぱいだから、丁度良かったですよ。

綺麗な雪景色の金沢城公園。
今年は、驚くほどの雪が降って、いろいろとたいへんだったけど、
空気さえ凛として澄み切ったこんな素敵な景色を眺めていると、
この街に生まれた幸せ、やっぱり、感じましたよ。

7cbd17a44ef7bce8952c2ea0a09fcfb1.jpg

帰りはタクシーでホテルまで戻って、チャックイン。
まだ、明るかったのに、部屋に入るなりパパ、
近くの駅を見下ろしていた私のこと、抱きしめてきたのでした。

caption.jpg

まだ、治まらない麻痺の走る身体、けだるそうに起こすと、
秘唇から、ゆっくりと抜かれ出た、大好きなパパのもの、
私、頬摺りして、お口に含みました。
時折、どくんって、名残の液、舌先に感じましたが、
唇で挟んで、残っている大切なもの、全部飲み干してしまいたかったんです。

そんなしてたらパパのもの、あらっ、最初と同じくらい、おっきく、硬くなってきました。
恥ずかしかったけど、私、パパの腰に跨ると、
指を添え、ゆっくりと自分の中に収めたんです。

あぁ、幸せ。
大好きなパパのもの、身体の奥の、そのまた奥にまで、下から突き上げられ、
これ以上はない、満たされた時間を感じていました。

sex_5795-056s.jpg

そんな身体の求めるがままに、悦びを引き寄せようと、
恥ずかしいほど腰を振り動かしながら、細い声を漏らしてました。

「すごいね、順子、誰に習ったんだ」

そんな応えられるはずもないパパからの質問、聞こえないふりして、
あえなく襲ってきた悦びの頂に、自分を任せてしまっていたのでした。

がくがくって、腰が震えました。
そして、それと同時に、私の身体が浮き上がるように突き上げられた腰に、
大好きなパパと一緒に、悦びの時を迎えられた幸せを感じていたのです。

sex_5141-039s.jpg

よく効いたエアコンのお陰で、
一時間ほど、何も身に着けないまま、二人で裸の身体を絡ませ、
ベッドの上でまどろんでいましたが、
予約していたホテルの鉄板焼きの時間があったので、
シャワーを使いましたよ。

ふらつく私を抱きしめるようにしてバスルームまで、パパ、連れて行ってくれましたが、
あぁ、ちょっと、狭いのが残念。
でも、お互いの裸の身体を絡ませ合いながら、シャワー使えたから、
良かったかもしれませんね。
だって、また、おっきくしたもの、私の頬に、擦り付けようとしたんですよ。

あぁ、良かった、硬くなってくれて、夜はまだ長いんだもン。ふふ。

1873-24s.jpg



関連記事
14:45  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(8)

Comment

一番の液

大好きな旦那様の液を安全な時期を選びいっぱい受け入れるために、いつもとは違う空間で愛情を感じながら受け入れるよう描写は、きれいな表現で満たされてますね~
これが違う男から注がれるときは、時期も不定期で、むしろ妊娠の危険がある時期でも受け入れる様とは違いますね~
私は、背徳感がある後者が好きですけど…
柚葉さんは、きっと今回のような愛に包まれる行為がうらやましいのかと思います。
でも、いつまでも旦那様から愛されるのは違う男の液を受け入れた身体と心を取り返す行為のようにも感じられ、この刺激がお二人のスパイスになっていると思えています。
このあと食事後に男性が入れ替わったら…今回はそういう展開ではないですね~
わんぱく |  2018.03.05(月) 16:30 | URL |  【編集】

違う男から注がれるとき

わんぱくさん、こんにちは。
沢山のコメント、ありがとうございます。
お礼申し上げます。

時々こうして、主人と時々過ごす幸せな外泊。
私の安全な時期、本人の私よりも知っていて、
予約とかしてくれるんですよ。

いろいろな男の人から抱かれてはいますが、
やっぱり、主人との営みが、一番良いのかもしれません。
って、そういいながらも、また、過ち犯してしまうんですけど。

結婚したての時、早く赤ちゃんが欲しくて、
主人におねがりしてましたけど、
そんなとき、身体の奥に出してくれる大切な液、
感じながら良くなったのが、今も忘れられないんですよ。

コメント、ありがとうございました。
前回は、柚葉さんとの語らいもあって、
驚くほどのコメント数でしたね。
ごめんなさい、お返事ひとつひとつに書けなくて、
申し訳なく思っています。

天気が相変わらず悪いです。
雪は消えましたけど、鉛色の空と街並み、
本当の春は、もう少し先ですね。




順子 |  2018.03.05(月) 17:01 | URL |  【編集】

伊集院リクエスト

へのレスを順子さまお待ちしてまーす‼️

職場より。
伊集院 |  2018.03.05(月) 17:42 | URL |  【編集】

満たされた時間

順子さま
こんばんは。
更新、ありがとうございます。

新たな男の人と過ごされた時間の幕開けかとおもってしまいました。
穏やかな、とても柔らかい表現に感じられて、この安心感みたいなのは…
読み進めていくうちに、穏やかになったのは私の心でした。
旦那さまとの満たされた時間だったのですね。
わんぱくさまに、心を読まれてしまいました。確かに、順子さまが、他の男の人と過ごされる時間の時は、私もドキドキしてしまいますし、興奮もします。
順子さまのキレイを作ってくれて、旦那さまに愛されるスパイス。
旦那さまも「誰に習ったの」なんて…
いやらしくもあり、他の男の時も、こんなに?みたいな、挑発の気持ちがおありだったのかな?
気持ちよくなって欲しい、なりたいという、私だけのモノよって身体が欲している腰の動き想像しちゃいました。

順子さまの更新を待ちわびている間に、コメントの語らいがヒートアップしてしまいましたよね。
順子さまも何かとお忙しいと思うので、
コメントのお返事、気にされないでください。でも、みなさんとの語らいを、
順子さまが読んで、ただ微笑んでくれてたら嬉しいです。

お天気すっきりしないですね。
昨日も、夜中の3時頃まで雷がなっていました。
更新、楽しみにしていますが、
無理のないようにされてくださいね。

柚葉 |  2018.03.06(火) 01:28 | URL |  【編集】

ご夫婦の営み

順子さん、こんばんわ 楽太郎です。
寒の戻りで、金沢は新た天気のご様子。快晴が待ち遠しいでしょうが、ご主人と夜のとばりを下げての仲睦まじい営みは、カラっと天気よりも大事なことでしょうね。

わんぱくさんの「背徳感が好き」はNTR系としては同感ですね。
しかしながら、今回はお二人の幸福感のお裾分け頂き、ホッコリトさせていただきます。
ご主人の細やかな配慮は見習わなければと自戒しております。
楽太郎 |  2018.03.06(火) 19:33 | URL |  【編集】

へのレス

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

へのレス、
まぁ、伊集院さんのご希望の過去が、私にあったのかどうか。
実は、それへのご返事は、もうできていたんですよ。
楽しみにしていてくださいね。

順子 |  2018.03.07(水) 14:48 | URL |  【編集】

「誰に習ったの」

柚葉さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

「誰に習ったの」って、時々言われちゃいますね。もちろん、本当のこと言えないんですけど、黙っていると、それがパパ、堪らないようでもあるんです。
男の人って、不思議だなぁって思います。

お天気が不安定ですね。
街中から、雪はすっかりなくなりました。
でも、春一番のような風が吹いて、
たいへんです。
桜が待ちどおしいです。

順子 |  2018.03.07(水) 14:53 | URL |  【編集】

幸福感のお裾分け

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、主人と一緒に居られる時が、
やっぱり、どうしようもなく幸せです。

いつか書きたいと思っていますが、
紹介で夫と出会ってすぐ、どうしようもなくこの人と結婚したいと思って、
仲人さんにもそのこと言ってくれるように、母に頼んだんですよ。

結納がまだ済んでなかったですけど、
むしろ、私の方から、抱いてもらうように誘ったんです。
恋人と別れた直後だったこともあったし、
男の人のこと知った身体が、
我慢できなかったのも、理由の一つだったと思います。

いろいろなことがあって、皆さんもご存じのような夫婦なんですけど、
やっぱり、夫の事、大好きです。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.03.07(水) 15:04 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/499-899aa82e

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |