FC2ブログ
09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

城崎旅行11

2018.07.18 (Wed)


声にならない声を聞かせながら、たわわな胸を揺らしながら仰け反った私、
けれど、目頭が熱くなるのを感じていました。

0802.jpg

地中海の客船、バルコニー越しに青い穏やかな波間が見える清潔なシートの上で、
抗いながらも、彼のもの、幾らの隙間もないほど、身体の奥に迎えさせられ、
恥毛を絡ませ合い、朦朧とするまで、犯され続けたあと、
思いのたけを、注ぎ込み、私のお口に名残の液を滴らせた彼のもの。

sex_5741-052s.jpg

マルセイユでは、遠くにノートルダムドラガルド寺院を見ながら、
彼の男の人のもので、しっかりと動物たちのように繋がり合い、
恥ずかしい声を叫びながら、自ら彼のものを求めるように、腰、振り続けていました。

sex_5141-008s.jpg

けれど、今、頬を伝う涙は、
そんな風に私を狂わせた彼のものを迎えたからではありませんでした。

それは、そんな風に私を狂わせた彼のもの、
台湾の夜のときと同じように、
そして、昨日、二人だけの家族湯で抱き締められた時と同じように、
迎えられないことが察せられた、悲しみの涙だったのです。
それは、紛れもなく、人妻ではない、彼の恋人としての涙だったのかもしれません。

140507c_0013-580x326.jpg

「お仕事が忙しくてって、それがいけないのかしら」
そう、奥様が言われていたのを思い出していました。
台湾旅行」の夜のことは、こちらからどうぞ 

私の薄っすらと開き始めていただろう、
彼のものを求めて愛液にまみれた秘唇に、
私の身体を貫くには、猛々しさの足りないままの彼の男の人のもの、
何度も、擦り付けられましたが、
とうとう、諦めたのでしょうか、
息を荒げながら、たわわな乳房の谷間に、
自分のもの埋めようとして、私の胸元に腰を移してきたのでした。

pa64.jpg

月のなかで、主人を迎えられないとき、
私の胸を使って、たいせつな主人の、たいせつな精液、
谷間に出してもらうこと、私たち夫婦にとって、珍しいことではありません。
胸の膨らみを、柔らかさを、どう使えば男の人を悦びに導けるのか、
それは、大学時代、男の人と女の人の営みの全てを、完璧に教え込まれたM先生から、
幾度も、求められたことでもありました。

虚ろな目を開き、Nさんの求めることを察した私、
たわわな乳房を寄せると、彼の男の人のもの、両側から挟み込み、
慌てるようにして、揉みだしたのです。
恥ずかしくて、切なくて、細い声が漏れるの、我慢ができませんでした。
でも、彼が求める本望を遂げられないのなら、
本当はそうじゃなくても、少しでも、悦んでもらいたかったのでしょうね。

pz130s.jpg

幾らもしないうちに、
彼の曇った声を聞かせられ、白いたわわな乳房の谷間から覗いていた、
彼の男の人のもの、急に固く太くなったと思うと、
跳ね上がるようにして、驚くほどたくさんの、熱い彼の印、噴き上げたのです。

889-01s.jpg

それは、私の白い胸の谷間に、あごに、くちびるに、
そして、頬にも、降り注ぎました。
温かさと、青臭い強い匂いが、私を包みました。
私のこと、求めてくれた彼に、
女として、何にもしてあげられないことが申し訳なかったけど、
頬をゆったりと流れ伝う彼のまぎれもない印を感じながら、
仕方のないことだと、その時は、そう諦めるしかなかったのでした。

29.jpg


清々しい、柔らかな朝の涼風が、
温泉街の端にある東山公園の灰色の展望台に、
重なるようにして佇む、Nさんと私の傍らを流れていました。

「これからも、僕の恋人でいてくれるかい」

既に他人ではないはずの、そんなNさんの言葉に、一瞬、私、言葉を探しましたが、
繋いでいた手を、思わず、そっと握り返してしまったこと、
言葉にはできない人妻である私の、正直な応えだったのかもしれませんね。

見下ろした視線の先には、
二日前に降り立った城崎温泉駅の、ホームに掛かる跨線橋の横に、
急行でしょうか、発車を待っているらしい白い電車の屋根が、
朝靄の中に見えていました。

午後には、あのホームから、それぞれの街に帰る予定のNさんと私、
それは、これからの私たちが、どんなふうに向かっていくのか、
その時は何も、分からないままだったのです。

higashiyama-park1009_r.jpg


関連記事
14:17  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(10)

Comment

Nさんは恋人の一人

順子さんにとって、Nさんは身体を許し船上では恋人だった人だからこそたくましくあってほしい気持ちが、何でもしてあげたくなるのでしょう~
swはお互いがヒフティであるべきなのに、本来寝取られでいい旦那様が奥様と恋人のような関係で楽しむ姿はいつもと逆ですね~
順子さんが寝取られてしまって…
しかし、今回は目の当たりに見られましたが、順子さんのお友達方と旦那様も関係を持たれて、寝取られだけでなく自分も楽しまれていることがわかりました。
きっと旦那様Nさんの奥様から求められただけでなくお互いに身体があうのでしょう~
きっとこれからも4人の関係は続くと思いますよ~
わんぱく |  2018.07.19(木) 04:55 | URL |  【編集】

インポの根は深い・・?

順子様更新有難うございます。

いや~Nさん激務なんでしょうね~。
がっかりです。でも、小生のレス化のきっかけも似たり寄ったりですかね。柚葉さんのご期待にそえず恐縮です。


「これからも、僕の恋人でいてくれるかい」

勃たない恋人を順子セラピーでどうか、永~~い目で見てやってくださいませ。
伊集院 |  2018.07.20(金) 00:18 | URL |  【編集】

公認の恋人

順子さま
更新、ありがとうございます。
いよいよ、「城崎旅行」編ラストかと思うと流れがどうなっていくのか気になってしかたありませんでした。

わんぱくさまも話されてたように、旦那さまと奥さま恋人のような雰囲気もあるし、身体の相性もいいのでしょうね。
順子さまにとっては、たくましさと、強引さを大人の魅力で誘うNさんの位置づけはどんなものだったのかなって思っていました。
仕方なくでもなく、その時の流れでもなく、お互いにそうなる意識はあるはずだし、かといって、恋だとか愛だとかでも、遊びでもない、表現しがたい関係に見えていました。
重たくならない二組の夫婦の関係のあり方を言葉にするには難しいですね。

Nさん、順子さまをあの初めての旅行の時のように何度も求めて、たくましいモノで
突き上げて悦ばせて欲しかったです。
うすうす感じ取れていた身体の変化を、それでも女として、してあげられることで導く順子さま。
手放したくないそんな気持ちにNさんはさせられるのかもしれませんね。
柚葉 |  2018.07.20(金) 01:55 | URL |  【編集】

4人の関係は続く

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

私が、夫以外の男の人と過ごす時間を望んでいたのに、
そうですね。城崎では、
私が望んでいない夫と奥様の時間が流れていたような気がします。
身体を繋ぎ合わせることはできませんでしたが、
何も身に着けない身体を絡ませ合ったのだから、
やっぱり、妻としては、申し訳ないことだと思っています。

身体の相性ってありますよね。
Nさんにも、何度も言われたし、
私自身も、それは痛いほど感じていました。

これから、四人、どうなってしまうのでしょうか。
わんぱくさんの言われるように、
これからも、続くのでしょうか。

順子 |  2018.07.20(金) 15:49 | URL |  【編集】

これからも、僕の恋人でいてくれるかい

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

男の人って、たいへんだなぁって思います。
可愛そうなくらい。
抱かれなかったことは別として、
目標が果たせなかったこと、
申し訳ないような気がしています。

長い目で見ていればどうにかなることなんですか。
お薬とか、そんなものもあるって、
聞いていますが、
それを望むことは、
人の妻として、言ってはならないことだし。

伊集院さん、妙案があったら、
教えてくださいね。
夫には申し訳ないけど、
やっぱり、Nさんに、もう一度、元気になってもらいたいのが、
正直な気持ちなのかもしれませんね。

ありがとうございました。
いつも、コメント書いていただいて、
お礼申し上げます。
順子 |  2018.07.20(金) 15:55 | URL |  【編集】

表現しがたい関係

柚葉さん、こんにちは。
お忙しい中、コメント、ありがとうございます。

そうですね。
身体の関係ができても、
いつのまにか、お逢いしなくなる人もいるけど、
Nさんとのことは、
永い時間の中で、離れがたい男の人になってしまっているのでしょうか。
素敵な人だし、
それに、相性も良くて忘れられないことに、なっているのかもしれません。

柚葉さんのこと、話題になってましたよね。
文章お上手だから、
ブログで経験談、読ませていただいたら良いなぁって、そう思っています。

コメント、ありがとうございました。
楽しい夏のご予定あるのかなぁ、
お土産話、楽しみにしてますよ。

順子 |  2018.07.20(金) 16:01 | URL |  【編集】

お次のチャプターは?

順子さま

つぎなる舞台ははわいでしょうか?いやはや京都での未だ明らかになってない逢瀬?

それとも…。楽しみです。
今度は元気なフィニッシュを期待しております!
伊集院 |  2018.07.23(月) 17:40 | URL |  【編集】

お次のチャプターは?

順子さま

つぎなる舞台ははわいでしょうか?いやはや京都での未だ明らかになってない逢瀬?

それとも…。楽しみです。
今度は元気なフィニッシュを期待しております!
伊集院 |  2018.07.23(月) 17:40 | URL |  【編集】

元気なフィニッシュ

伊集院さん、おはようございます。
コメント、いつも、ありがとうございます。

えぇ、Nさんと、今後いつお逢いするのかわかりませんが、
それまでには、元気になっていただきたいですね。
やだぁ、それって、
抱かれること、私が望んでるってことなんですよね。
ふふ、人妻として、駄目ですよね。
パパに叱られちゃうわ。
でも、
もしかしたら、もう、お誘いもないかもしれませんね。

毎日、暑い日が続いていますが、
いかが、お過ごしですか。
ご自愛され、素敵な夏休みをご計画ください。
順子 |  2018.07.24(火) 09:11 | URL |  【編集】

結局。。。

順子さんこんばんわ。楽太郎です。

あ~~、N部長はやっぱり号砲を順子さんの中に響き渡せることはできなかったんですね。

けど、身体の繋がりだけでなく、N部長から心の繋がりの申し出に対して順子さんの答えが「YES」と言うことを、ご主人はどのように受け止められたのでしょうか?

ご主人とN奥様は単なる身体のみの関係と勝手に推測してますので、ご主人の気持ちの葛藤が興味ありますね。

N部長の次回の出演を楽しみにしております。
 |  2018.07.24(火) 19:51 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/498-8366a8a3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |