FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

城崎旅行10

2018.07.10 (Tue)


08-5.jpg

何か分からないドリンクの瓶と蓋が、
ベッドのサイドテーブルの上にだらしなく転がっていて、
その横にある椅子に座ったNさんの前、言われるがままに膝間づかされた裸の私、
男の人の先から滲み出る透明な愛液と、自分の唾液、くちびるの端から滴らせ、
音を立て、髪を揺らしながら、彼の太い男の人のもの、吸い続けていました。

0ee5e817-s.jpg

時折、腕を伸ばしたNさんの熱い手のひらが、
私のたわわな乳房の柔らかさ、楽しむように揉み上げていました。
胸元から広がる快感が、裸の身体を薄桃色に染め上げていたし、
お口の奥を突かれ続けられることで私の身体、私の秘唇、
誘われるように、男の人を迎える準備、
幾らもしないうちに、済ませようとしていました。

e523568a-s.jpg

さっきから、お布団の敷かれた座敷の方から、
私たちのいるベッドルームの、僅かに開いていたドアの隙間から忍び込んできた、
細いすすり泣きの声が漏れ聞こえてました。

それは、紛れもなく、奥様と主人との営みの中で、
我慢できないのだろう、奥様の悦びの声であることが分り、
私、いたたまれなくて、それまで以上に、くちびるをすぼめ、
Nさんに喜んでもらえるように、髪を揺らしたのでした。

1735-690x900 (1)

地中海旅行では、私のこと、あんなに泣かせたのに、
台湾では、とうとう、Nさんのこと、迎えること、できなかったのです。
それは、人妻である私にとって、幸いだったことなのか、そうでなかったのか、
今はよくわからないけど、やっぱり、お相手にも良くなってもらわなければ、
女として、申し訳ない気がしたのでした。

gansha_4373-069s.jpg

急に、甲高い叫ぶような声が聞こえきました。
それは、裸の身体を繋ぎ、激しく抱きしめ合いながら、
悦びの頂に、同時に昇り詰めることを求める、奥様のはっきりとした声だったのです。

その途端、私のお口の中を犯し続けているNさんの男の人のもの、
脈打つように跳ねるのがわかりました。
そして、息を荒げた彼、傍らのベッドの上に寝かせつけた、私の白い太ももの、
乱暴だと思えるほど、自分の逞しい腰で押し開き、
そして、痛いほど強く押し付けてきたのです。

sc1018.jpg


関連記事
15:23  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(14)

Comment

今月中の誤り

伊集院さん、こんにちは。
お返事が遅くなってすいません。

雨の方はいかがでしたか。
そちらの方も、ひどかってみたいで、
心配しています。

姪っ子のところに泊まっています。
初めての赤ちゃんで、たいへんみたいなので、
時間に余裕のある私が、お手伝いにいってます。

「幸せの行方」
期待してもらってありがとうございます。
全文は、殆ど書きあがっているんですけど、
慌てる必要もないので、
ゆっくり、発表するつもりです。

本当ですね、柚葉さんのことも、
もっと、聞いてみたいですね。
ふふ。

コメント、ありがとうございました。
暑くなってきました。
ご自愛されてお過ごしください。

順子 |  2018.07.10(火) 15:29 | URL |  【編集】

いよいよ同室でのスワップ

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。
雨の方、大丈夫だったのかなぁ。

「最後に愛してる旦那様と抱き合える背徳の時間を取り戻す」
人妻でありながら、他の男の人の匂いに包まれたまま、
夫に抱かれるとき、やっぱり日頃と違う興奮、
夫から感じることがあります。
それに、私だって。

「一度好きになった男性から心が離れたこと」
夫の時と同じように、いえ、もしかしたら、
それ以上に強い力で、
Nさんの背中を抱きしめていた瞬間があったかもしれません。
そんなNさんとどうなってしまったのか、
余り、思い出したくな時間でした。

続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2018.07.10(火) 15:45 | URL |  【編集】

二度と戻ってこない危さも秘めている現実

楽太郎さん、こんにちは。
コメント、いつも、ありがとうございます。

大変な災害が起こって、
こんなときに、こんなお話UPしてて、いいんでしょうかって、思います。

Nさん、奥さまのこと、愛されているから、
私の身体、こんなに求めるのかもしれませね。
息が詰まるほど、抱き締められながら、
やっぱり、Nさんの求めているのは、
私ではなく、奥様との時間なんだろうなぁって、
そんな風に思える瞬間があったような気がします。

コメント、ありがとうございました。
続き、読んでみてくださいね。


順子 |  2018.07.10(火) 15:52 | URL |  【編集】

少なからずも興味あります。

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

雨、大丈夫だったですか。
そっちの方も、随分とふったようですね。
室見川も、ぎりぎりだったの見ましたよ。

女の人が、私のお話を読んで、
どうなるのか、考えたことはありましんでしたが、
「女の人は、ドキドキしながら潤っていくのでしょう」
そんな柚葉さんの言葉、
もしかしたら、柚葉さんも身体を熱くしてもらったのでしょうか。
そうだったら、恥ずかしかったり、嬉しかったり。
もう少し、詳しく聞かせてくださいね。

コメント、まっています。
きっと、殿方も、まっていらっしゃると思いますよ。

順子 |  2018.07.10(火) 16:00 | URL |  【編集】

以前カメラマンの方に撮られたもの

海原さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

あぁ、この和服の女性の写真は、
主人が貼ったものです。

えぇ、あの頃は、写真にもひどく興味があって、
夫と一緒に写真教室に通い、
生徒の皆さんと泊りがけの写真会にもよく行ってました。

若かったこともあったし、主人たちに言われて、
お友達の奥さまと裸身を撮ってもらったこともあるんですよ。
綺麗に撮ってもらっって嬉しかったけど、
やっぱり恥ずかしいですね。

コメント、ありがとうございました。
また、お願いしますね。
順子 |  2018.07.10(火) 16:08 | URL |  【編集】

隣室swでしょうか?

ツインのベットでお互い見せ合いながらではなくほんのり距離がある隣室で声が聞こえる状況ですね~
Nさんは
奥様がそそぎ込まれた声に反応して、順子さんの密壷に挿入できたようですが、果たして射精できたかどうか?デスネ…
柚葉さんは、Nさんの奥様と自分をだぶらせれば、しっとり濡れると思います。
この先、夫婦に戻って取り戻しの儀式があるのかないのかですね~
swは取り戻しの儀式で、中に出された液を自分のカリで掻き出し、自分の液を入れて妊娠しても大丈夫という気持ちになる。どっちの子かわかりませんが(笑)
わんぱく |  2018.07.10(火) 17:29 | URL |  【編集】

取り戻しの儀式

わんぱくさん、こんばんは。
早速、コメント、ありがとうございました。

そうですね、男の人にとって、取り戻しの儀式での強烈な刺激が、
こんな関係の悦びなのかもしれません。
女の人は、ただ、男の人のために、
何人もの人に身体を開いているのかもしれませんね。

これまで、夫ではない男の人の液、
身体のおもむくがままに、たっぷりと何度も注がれて、
お医者のお世話にならなかったこと、本当に幸いだったと思います。
結構、覚悟した時もあったんですけど。

コメント、ありがとうございました。
主人は、今夜はちょっと遅そうです。
なんだか、こんなこと書いてたら、
なんだか、身体、熱くなってしまっています。

順子 |  2018.07.10(火) 19:19 | URL |  【編集】

順子さま
更新ありがとうございます。

災害がこんなにも広い範囲で起こり、被害のすごさにおどろいています。
博多の町も、博多祇園山笠で賑わいはじめています。
もともとは、疫病が博多の町で広がり、除去というのか鎮めるために始まったそうです。今回の災害も早く鎮まり、被害にあわれたみなさまの生活が一日も早く、今までと変わりない日常に戻れますように。

雨の影響で、交通機関の影響で大変な目にあった人は多いようでした。
自然災害は本当に怖いですね。


ついに、二組の夫婦の儀式がはじまってしまったのですね。
奥さまのそんな声を聞いてしまった順子さまも、Nさんも身体の反応がありましたね。愛する人の声、愛する人がしていること、自分の身体の欲求を隠さずにすむ状況。今だけはNさんの硬いものは順子さまだけのもの。
お互いに肌のぬくもりは感じていても、心は違ったかもしれませんね。
この興奮と潤った身体を旦那さまに晒したいような気持ちを持ちつつも、他人に愛されたばかりの身体を差し出さなければならない葛藤と僅かに残る羞恥心のような…
順子さまのお話し読ませてもらってて引き込まれると私はかすかにしっとりしているのを感じます。
情景が浮かぶからだと思います。
自分の身体を触ってしまうことも少なくありません…
こんなこと話すのはちょっと恥ずかしいですけどね。

このあとNさんは無事に順子まさに思いを遂げられるのか気になります。
お互いに満足して欲しいと思いながらも、さらに、旦那さまに染め直して欲しいとも思ってしまいます。
柚葉 |  2018.07.11(水) 17:08 | URL |  【編集】

柚葉さん グー!

順子様更新有難うございます。

星新一ではありませんが、今回はショート・ショートですね~~。
中々、話を進めない、あらなた焦らしですね。((+_+))

柚葉さん、具体的に体のどこを触られるんですか・・?(^_^;)
伊集院 |  2018.07.11(水) 23:37 | URL |  【編集】

博多祇園山笠

柚葉さん、こんにちは。
週末、いかがおすごしでしょうか。

博多山笠、そろそろなんですね。
福岡に親戚がいるから、一度見に来たらって、
昔から言われているんですよ。
あぁ、飾り山笠って、置いてあるの見たことがあります。
平日の朝方なんでしょ、なかなか大変ですね。

いろいろなことがあった城崎旅行、
次が最後になる予定です。
順子 |  2018.07.14(土) 15:08 | URL |  【編集】

今回はショート・ショート

伊集院さん、こんにちは。
お返事遅くなって、すいません。

ショート、ショートにしているつもりはないんですけど、
流れから、そんな風になってしまいました。
城崎温泉でのこと、
次回で、おしまいにする予定です。

楽しい週末をお過ごしくださいね。
順子 |  2018.07.14(土) 15:11 | URL |  【編集】

博多山笠

いよいよ明日の早朝でフィナーレを迎えます。
締め込み姿の男だらけのお祭りです。
綺麗なお尻もあればちょっとみぐるしいお尻もあります。
お尻フェチの人には絶好のチャンスかも。

そういう私、女性のお尻の形は敬愛の心をもった眼差しでついつい見つめてしまいます。
ゆずポン |  2018.07.14(土) 15:15 | URL |  【編集】

順子さま
機会があれば、一度山笠見られてくださいね。15日の早朝ではありますが、夜中から準備でみなさん集まるので、日付が変わるまでは、嵐の前の静けさというのがぴったりな、どくとくな雰囲気に町が包まれる感じです。こんな時間に、こんなにたくさんの人が集まって、山笠を見てるのも、その雰囲気にいつの間にか溶け込める感じです。あの不思議な緊張感はなかなか味わえないかもしれません。
「純くん」さんとお会いになったら、また危うい何かがあるかもと、心配というか期待もあったりしちゃいますけどね…

城崎温泉編は、次がラストなんですね。
Nさんの思いが、順子さまを悦ばせてくれるスパイスになっていたらと思いますが、
先が読めない。どうなってしまうのか、気になります。


伊集院さま~そんなに聞きたいですか?
女の人が触られたら、恥ずかしくて、でもすぐにしっとりさせてくれて気持ちがいいとこですよ…
奥さまにそっと触れて、そんなご夫婦の気持ちいい時間作ってみてくださいね。
報告楽しみにしてるんですけど…
柚葉 |  2018.07.14(土) 20:29 | URL |  【編集】

博多祇園山笠も終わり・・・

京都祇園祭が始まり、北九州の八幡西区の黒崎でも祇園祭、大分県日田市では今週末が祇園祭。
祇園祭一色の日本列島ですが、城崎温泉の順子さんが気になって仕方ありません(笑)

ところで柚葉さんの今までの体験も気になってます。
順子さんから柚葉さんの経験談を聴取してもらって、次のシリーズになると嬉しいですね。
ゆずポン |  2018.07.18(水) 07:23 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/497-1584a9ab

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |