FC2ブログ
06月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫08月

城崎旅行7

2018.06.20 (Wed)


昨日の夜は、パパから、しっかりと愛してもらったし、
その後も、お宿の次男坊の青年と、驚くほど硬いもので身体を繋げ合い、
そして、若く熱い男の人の液、溢れるほど身体の奥に注がれた恥ずかしい夢を見た私、
ちょっと、お寝坊して、遅い朝ご飯になりました。

furo_agari_4991-193s.jpg

他の人に気づかれないように、小さなあくびをしながらフロントに行くと、

「まぁ、随分とお寝坊だったのね、可愛がってもらったの?」

って、奥様に言われちゃいました。
俯いて何も言えない私の様子が、その応えだったのです。
もぅ、恥ずかしいわ。

berochu_5205-052s.jpg

午前中に、『城崎にて』のイモリのシーンに出てくる桑の木の場所に行ってみたいって、
女将さんに言うと、
歩いても行けない距離じゃないけど、ちょっと、遠いからって、
お宿の自動車を出してくれることになりました。

暫くすると、玄関先にライトバンが来て、
「おはようございます」って、
あぁ、次男坊の彼が、爽やかなご挨拶。
私、なんだか恥ずかしくて、彼の顔、まともに見られなかったんですよ。

若い人のものらしい、驚くほど硬い、彼の男の人のもので、
お口の中を犯され、背中を見せながら、身体の奥に迎えたのです。
そして、最後には、熱い男の人の液、たっぷりと注ぎ入れられた、
そんな、夢、見ちゃったんですものね。

blowjob_6688-004s.jpg

やっぱり、自動車、お願いしてよかったみたい、
舗装された道路だけど、ずっと上りだし、歩道がないところもあって。

降ろしていただいたところ、
『城崎にて』で、城崎温泉に逗留されていた志賀直哉先生が、
お散歩の時に来られ、ふと偶然見つけたいもりとの関りをもった場所。
その場所なのか、その場所の手前なのか、
書かれている桑の木の場所が、ここだそうです。

141024_kinosaki_03_03.jpg

道路沿いでしたが、静寂が、私たちを包んでいました。
見上げた桑の木の葉が、ヒラヒラヒラと忙しく動くことを待ち、
傍らにあるのだろう流れを探しました。
思いもかけず、道沿いの少し下を、電車が走り抜け、
暫くすると、また、同じような静寂が、皆を包み始めていました。

来てよかったって、思いましたよ。
大好きな夫、その妻でありながら、心ならずも身体を開き、今は、他人ではないNさん、
そして、夢の中で、あんなに狂おしく、迎え入れてしまった青年。
そんな、大切な男の人たちに、包まれていました。

『城崎にて』で、
尊敬する志賀直哉先生が、そのテーマのために使われたこの場所は、
今の私にとって、まったく、かけ離れた、違った意味合いの場所でしたが、
ある意味、幸せなところだったのかもしれませんね。

ae0d76d6d99a6ed22e913facf7dc9eff-630x864.jpg

次男坊君の運転で、来た道を下っていくと、
「ロープウェイに乗ってみようか」って、Nさん、私の手を握ったのです。

「Nさんたち、行ってくればいいですよ、僕たちは、外湯めぐりしときますから」

えっ、そんなことって、思いましたが、
何か言葉を探そうとする間もなく、三人を乗せた自動車を見送っていたんです。

ロープウェイ乗り場の階段の前に、足湯や源泉の施設があって、
二人で温泉玉子、スプーンで頂きましたが、自然な塩味で美味しかったです。

o0671037313740712495.jpg

大師山頂までを結ぶロープウェイ、
幸い、前に並んで立って、前を見ている若いペアだけ、
私たち、一番後ろのシートに座ると、Nさん、私の腰に、手を回してきたんです。
傍目には、仲の良い夫婦のように見えたかもしれませんね。

「昨日の夜は、どうだったの。可愛がってもらったの?」

髪を分けてささやく、Nさんの熱い息遣いを感じました。

「駄目ですよ」

ちょっと、笑みを浮かべながら、そう言いながらも、
昨日の夜、悦びの声をあげながら、自分から白い太ももを開き、
大好きなパパのもの、迎え入れたこと思い出し、
そっと、まぶたを閉じたのでした。

数分で着いた頂上には、見晴らしの良いカフェがあって、
お団子が美味しかったですよ。

3983590019ca3baebd1230c0f157d5ce6fb67f34.jpg

城崎温泉街を、見下ろす素敵な眺めでした。

「温泉しかない小さな街ですが、皆、頑張って、工夫をして暮らしているんです」

そう教えてくれた自元の叔父さんの言葉が、こころに沁みましたよ。

000014026006002000000A001.jpg



関連記事
09:01  |  「順子の日記」  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

Comment

大阪の地震、皆さん大丈夫ですか。

皆さん、おはようございます。
沢山のコメント、ありがとうございます。

姪っ子のところに泊まっていて、
皆さんのコメントにお返事書けなくて、
本当にごめんなさい。

大阪の地震、北陸も少し揺れたんでしょうけど、
能天気な私は気が付きませんでした。
コメントを書いていただいている方の中には、
関西圏の方もいらっしゃって、
ここ数日は大変だったんだろうなって、
お察し申し上げます。
何もできませんで、すいません。

城崎旅行のお話を続けています。
いろいろなこと、書いていただいて、
書いている私も、楽しみに読ませていただいています。

更新、少し日が空くかもしれませんが、
読んでみてくださいね。

コメント、ありがとうございました。
お礼申し上げます。

順子 |  2018.06.20(水) 09:08 | URL |  【編集】

この先になにがあるの?

城崎温泉には行ったことないのでわかりませんが…ロープウエイにN部長が誘った訳がありそうですね~
きっと2人で密会できるような何かが…
そこで待ってましたNさんの真打ちの竿が登場するのでしょうか?
なんだかしばらく待たされそうな更新予告でしたので、それまで待ちましょう。
地震ですが、職場の駐車場に止めたときに揺れを感じましたが、ここまで大阪に被害がでるとは思いませんでした。
わんぱく |  2018.06.20(水) 12:43 | URL |  【編集】

誘った訳

わんぱくさん、こんにちは。
コメント、ありがとうございました。

城崎温泉、良い処ですよ。
旅館がちょっとお高いですけど、
関西の人たちは、お金持ちが多いから、
なんでもないんでしょうね。
わんぱくさんも、是非行かれて、
ロープウェイ乗ってみてくださいね。

地震はたいへんでした。
大きな被害で出ましたね。
親戚が熊本にいますから、
いろいろとお話を聞いていて、当時のことを思い出します。

コメント、ありがとうございました。
お話の内容が、ちょっと、間延びしてて、ごめんなさい。
志賀直哉先生のこと、
あんまり関心のない方には、退屈かもしれませんね。

また、お願いします。
順子 |  2018.06.20(水) 12:55 | URL |  【編集】

順子さま
毎日お忙しそうなのに、更新ありがとうございます。

Nさん行動に出ましたね。
こんな時のNさんの奥さまの心情はどうなんでしょう。
それぞれのパートナーと楽しみましょうと割り切れてる反面、軽くやきもちなんてやかないのかなぁって…
Nさんには、女の人のことで泣かされたこと少なくないから、大人の女の余裕もあるのかなって、気もするんですが…
夫婦としてだけでなく、男と女としての時間を持つのも目的のひとつなのでしょうね。続き、楽しみにしています。

地震、まだ余震がきたりもすると思うので
みなさま気をつけてください。



柚葉 |  2018.06.20(水) 16:25 | URL |  【編集】

旅情たっぷり…。

順子さま
更新ありがとうございます。

いやはや、焦らしますねー。
なかなか真打がでてきません。

名著に因む名所巡りもよろしいのですが、浅学非才の身で生憎せっかくの良さがわからず恥ずかしいことこの上ないです。

なにやら、クルーズツアーの時の教会が見えるホテルへのイントロを想起させます。
伊集院 |  2018.06.20(水) 18:38 | URL |  【編集】

大人の女の余裕

柚葉さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

えぇ、この時、やっぱり望まない時間が開くのかと、
やっぱり、心配していました。
主人や奥様と離れてNさんと二人だったからです。
地中海や台湾でのことがありましたから、
奥さまがどんなことを想われているか、
なんだか、わかるような気がしていました。
でも、このときはどうだったんでしょうね。
もちろん、お聞きするわけにはいかないし。

コメント、ありがとうございました。
続き、楽しみにしておいてくださいね。
順子 |  2018.06.25(月) 16:08 | URL |  【編集】

教会が見えるホテル

伊集院さん、こんにちは。
コメント、ありがとうございます。

ふふ、別に焦らしてるわけじゃないんですよ、
城崎ではこんな風な時間が流れたんです。

すいません、名所案内みたいになっちゃって、
でも、城崎、Nさんとのこと以外にも、
いろいろとこころに残ることがありましたよ。

ノートルダム ド ラ ガルド寺院。
ホテルの窓越しに、教会を望み見ながら、
思いもかけない恥ずかしい時間を過ごしました。
今思っても身体が熱くなってしまいます。
恥ずかしいです。

コメント、ありがとうございます。
続き、読んでみてくださいね。

順子 |  2018.06.25(月) 16:21 | URL |  【編集】

コメントを投稿する

Url
Comment
Pass  編集・削除するのに必要
Secret  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://jo6ehm.blog47.fc2.com/tb.php/494-7c419df0

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | HOME |